管理監視の スーパーシティ カナダで中止 【ディストピア】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

管理監視の スーパーシティ カナダで中止 【ディストピア】

2020-09-30 23:04
  • 2

見出し画像

スーパーシティ カナダで中止


安倍政府がこれまで三度も未審議でとり下げられたスーパーシティ法案(国家戦略特区法改定案)を参院本会議で審議入りさせ、5月中に成立させる動きを見せている。

個人情報管理などさまざまな規制緩和を国主導で押し進め、外資にその情報をみな明け渡していく危険性へもつながる内容だ。しかし、これまで政府が先進モデルとしてきたカナダ・トロントでの「スマートシティ開発」は住民が猛反発し、事業主体のグーグル系企業がプロジェクト撤退を表明した。

今回のスーパーシティ法は「事前に住民合意を得ている」なら、計画案の段階で内閣府が仲立ちし、各省に必要な特例措置を求めることができる。

各省庁の審査を受ける前に内閣府が点検し、内閣府が各省庁に「このような特例措置をとるべきだ」と迫るような内容も盛り込んでいる。

規制緩和で収集対象となるデータは、移動(自動走行、データ活用による交通量管理・駐車管理等)、物流(自動配送、ドローン配達等)、支払い(キャッシュレス)、行政(オンライン化)、医療・介護、教育(AI活用)、エネルギー(水の自動管理)、環境(ゴミ収集)、防災(緊急時のエネルギー供給、防災システム)、防犯(ロボット監視等)を含み、生活全般にまたがっている。そうした個人データを無規制で活用する「スーパーシティ」事業が横行していけば、あらゆる個人情報は行政機構に筒抜けになり、なにに使われるかわからない。

カナダのスマートフォンメーカー・ブラックベリーの元CEOであるジム・バルシリー氏もサイドウォーク・ラボのとりくみについて「監視資本主義の植民地化実験」と指摘している。

(長周新聞より)


ちょうどコロナ大騒動のあと、超監視法案ってタイミングいいですね

今はお店はいるにも検温とか称して体をスキャンされるようになっちゃいましたね。







広告
×
携帯の位置情報も人出がどうだったかという形で公然と流れるようになりましたね。むろん、『個人を特定しない』という条件でしょうけど、その条件の提示も何もなしに、テレビのニュースで報道しているのを見て、少々驚きました。
マクロで統計データを取得するには、ミクロの情報が必要であって、その気になれば、個人情報などすぐ取れると思いますが、どこかでガードかけられているのでしょうか?
4週間前
×
これはあなたの興味を引くと確信しています- https://878sex.com
4週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。