FTAによる皆保険制度破壊か‼?政府が健康保険証の将来的な発行停止を検討、マイナカードとの一体化
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

FTAによる皆保険制度破壊か‼?政府が健康保険証の将来的な発行停止を検討、マイナカードとの一体化

2020-11-17 04:43

    健康保険証がマイナンバーカードと来年から一体化することに伴い、政府が現在使われている保険証の発行を将来的に停止する方向で検討していることがわかりました。

     来年3月からはマイナンバーカードが健康保険証として医療機関や薬局などで使えることになっていますが、健康保険組合などには保険証の発行義務があり、発行を続けることで事務的な負担に加え、マイナンバーカードへのスムーズな移行の妨げになることが指摘されています。
    このため、政府は省令の改正などによって発行義務を緩和できないか検討していて、来月まとめるデジタル化に向けた工程表にも盛り込む方向で調整が進められています。

     マイナンバーカードの交付率は先月の段階で20.5%にとどまっていて、政府としては発行停止によってカードの普及率向上にもつなげたい考えです。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。