ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

日本政府による国民に対し前代未聞のホロコーストが起ころうとしている 枠珍はヒトラーを超える悪行 しかし最大の敵は567脳の凡人一般層
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

日本政府による国民に対し前代未聞のホロコーストが起ころうとしている 枠珍はヒトラーを超える悪行 しかし最大の敵は567脳の凡人一般層

2021-02-28 04:16
  • 2



「日本ではワクチンに警戒感が根強い」という海外メディアの記事を見かけた。当たり前である。①そんなに安全なら政府に肩代わりさせず製薬会社が全ての賠償責任を負えばよい。②政府が「肩代わり」した所で一般市民が被害と接種の因果関係を証明する事は非常に困難なので門前払いされる可能性が高い。

③数週間単位でなく数年、数十年単位で副作用が出る可能性は無視されている。数週間の経過観察だけで「安全」を証明した事にはならない。④日頃「自己責任」を叫ぶネオリベ政治屋がワクチン接種では「自己責任」を言わず費用を全額負担し推進する気味の悪さ。費用はともかく接種の可否は自己判断が筋。

⑤巨大製薬会社のCEOが未接種と“白状”した。ファイザーのCEOがインタビュアーから「あなたは接種しましたか?」と聞かれて「してない」旨を答えている動画を見た。また、独逸のビオンテックという企業のCEOも未接種だと1月時点のCNNの報道で明かされていた。
https://www.cnn.co.jp/business/35165065.html

接種して何かあっても因果関係の証明は困難であり、証明出来たとしても大きな労力と費用がかかる。そういうリスクを負って接種するか否かはまさに「自己責任」である。日頃「自己責任」を強調する連中がこの場面では沈黙する不気味さ。この時点でネオリベが好きなのは「自由」ではなく「金」と分かる。

「コロナ」の「設定」は「次々に変異する」というものである。変異するウイルスに対しては表の言説でもワクチンの効果は限定的とされる。インフルのワクチンを接種したのに感染したという話も聞く。「コロナ」ワクチンは何故か全員接種が当たり前の如き空気になっている。この時点で変だと気付くべき。

ワクチン接種して何か起きても結局誰も責任を取らない可能性が高く「自己責任」とされるのなら、接種するか否かの時点で自己判断しリスクを避けようとするのは当然である。かかる当然の警戒感を問題であるかのように言うのはおかしい。「良識派」の如きツラをして道理に合わぬ事を抜かすものではない。

ここで述べたのはリスクを考慮し自己判断する事の重要性です。HPVワクチンの勧奨が中止されたのが2013年だそうで、近年の子宮頸がんの死亡率との間には時間的に見て因果関係はないという指摘もあります。もっと長期の経過を見なければならないでしょう。

医療関係者への「人体実験」が開始された。医療関係者が接種を拒否する自由を抑圧して事実上の強制接種になるような事があってはならない!引用:「4万人のうちおよそ2万人の医療従事者に継続的に観察日誌を記入してもらい接種の安全性について調査を行うことになる」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210216/k10012870301000.html

「ワクチン接種で特典」とは。「マイナンバーカード」ごり押しの手口とまるで同じである。「特典」と引き換えにリスクを引き受けるかは自己判断である。それにしても、何かが「変」ではないか?世の中が徐々に(いや、急速に?)狂ってきているとしか思えない。正気を保とう。
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO69114590V10C21A2L82000/

裏権力走狗は「NWO」関連案件ほど目先の利益で釣って強引に推進しようとする傾向があると分析。そこには「大衆は目先の欲で動く」という随分と人を愚弄した人間観否「愚民観」が透けて見えると思う。「ポイント」などより本当に大事な「利益」というものが何なのかをしかと考え比較衡量すべきである。

「特典」とは「特に必要ないもの」「要らないもの」「ニーズがないもの」さらには「むしろ迷惑なもの」「デメリットがあるもの」を買ってもらう・引き取ってもらう為に付けるものであろう。「特典」を付ける時点で「ワクチン」がそういうものだ人々に思われている事を自覚しているのは確かだと言える。

「ウイルスは変異する」という記事がトレンドに入っている。かといって「ワクチンの効果には懐疑的」とはせずに「ワクチンを何本も打たないといけない」という方向に誘導する狙いではと危惧する。変異し続けるという「設定」の元、半永久的にワクチンビジネスで金儲けしようという魂胆ではあるまいな?

インフルエンザウイルスも変異するとされている。インフルのワクチンもあるが、効果は限定的とされ、「コロナ」ワクチン程にはゴリ押しされた事はない。「コロナ」が特別な「イベント」(イベント201を想起すべし)である事を窺わせる。「インフル」と「コロナ」の“扱いの差”に事の本質があると見る。

「インフル」と「コロナ」の“扱いの差”と言えば、無症状者が感染源になるかについてが典型。インフルの場合は感染はしているが症状が出ていない「不顕性感染」者が感染源になるかは定かではないそうだが、「コロナ」は感染しているかすら分からない無症状陽性者が感染源になると端から断定されている。

厚労省の資料にCOVID-19ワクチン『コミナティ筋注』について「本剤は、本邦で特例承認されたものであり、承認時において長期安定性等に係る情報は限られているため、製造販売後も引き続き情報を収集中である。」と書かれている。https://mhlw.go.jp/content/111230

「長期安定性等に係る情報」とは、数年以上の長期的な影響などに関する情報だと思われる。厚労省は割と正直に書く。要するに長期的にはどんな副作用が生じるかは未知数という事であろう。だから医療関係者に「先行接種」してデータを取ると。「人体実験」という表現は決してオーバーではないと考える。

メディアは「コロナワクチンを接種するのは当然」「ワクチンに懐疑的なのは陰謀論者」という空気を醸成しようとしているが、それを鵜呑みにして厚労省が「承認時において長期安定性等に係る情報は限られている」と書いているワクチンを接種した結果後々何かあっても「自己責任」とされる可能性が高い。

「インフォームドコンセント」という医療倫理上の用語がある。「患者がきちんと説明を受けた上で納得し合意の上で治療する」という程の意味である。リスクについて十分な説明を受ける事も当然含まれるであろう。ワクチン接種を考えている方には一度立ち止まりリスクについても十分考える事を勧めたい。

ちなみに「コミナティ筋注」を開発したファイザーとビオンテックのCEOはワクチン未接種と報道されている(現時点は不明)。端から「ワクチン接種ありき」という感じで「ワクチン懐疑論者は陰謀論を信じているだけ」というメディアの論調を鵜呑みにせず、自分でしかと考え身を守るようにすべきである。

接種後すぐにこれである。長期的には何が起こるか全く分からない。接種を拒否する医療関係者に不利益を与えるなどして事実上の強制接種に追い込むような事があっては絶対にならない!今これを最も危惧している。【コロナワクチン 接種後に悪寒などの症状1件 副反応か 厚労省】
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210221/k10012878791000.html

何故「治験」のアルバイトが高額なのかと言うと、それだけリスクが高いからであろう。何か起きてもアルバイト代くらいでは間尺に合わぬ。「無料」だろうと「特典」付だろうと、厚労省が「長期安定性等に係る情報は限られている」と認めているワクチンを接種した結果何があっても間尺に合うはずがない。

何故ファイザーの実験に応じる妊婦が4000人もいるのか。仮に高額の治験料でも子の事を考えれば到底甘受し得るリスクではないはず。これを見ただけで悲しくなった。引用:ファイザーは2月18日、およそ4000人の妊婦を対象にした臨床試験をアメリカなど複数の国で開始したと発表
https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/vaccine/world_2021/

全世界で行なわれているワクチン推進策は典型的な「アメとムチ」の手口である。【アメ】「特典」を付ける・移動の自由を保証する・イベント参加や旅行ができる..など。【ムチ】移動の自由を制限する・隔離する・イベントや旅行が不可・社会上の不利益を与える...など。諸外国では既に現実化している。

前述の「アメとムチ」の手口を具現化するものが「ワクチンパスポート」である。これの有無にて利益を与えたり、不利益を与えたりして、人々を事実上のワクチン強制接種に追い込もうという薄汚い目論見だと分析する。「黙示録」の「獣の刻印」「666」が元ネタだと推測。根底にある発想が透けて見える。

法的に「ワクチン接種は強制ではない」とは言え、「雰囲気的になんとなく強制や義務と思い込ませる」「不利益を与えて事実上の強制に追い込む」「ワクチン未接種者への差別煽動」等の手口も考えられる。故に「ワクチン接種は強制ではない」という原理原則を確認し、周知する事には意義があると考える。

「海外の事例によれば、副反応の確率は低く、起きても大した事がない。だからワクチンは大丈夫。」という風な誘導に注意。前提がおかしい。重篤な副反応が起こっても「因果関係が不明」などとして「海外の事例」のデータに含まれていない可能性があるし、何より長期的な影響は全く分からないのである。

「差別」を煽動して特定の言説や行動を封じ込める手法はよく行われている。例えば、権力に都合が悪い主張をする人などを「陰謀論者」という蔑称で呼ぶ事で言説の信用を貶めるのが典型である。裏権力及びその走狗の手口はワンパターンなので、ワクチン未接種者へも同じ手口が使われないとも限らない。

ツイッター社は21日からワクチン関連の特定ツイートを「削除」するとしているが、「日本ではワクチンの接種は強制である」又は「強制だと臭わせる」如き「デマ」ツイートは削除するのだろうか?逆に「日本ではワクチン接種は義務ではない」は只の事実。事実を削除するとしたらまさに「真実省」である。

言論統制の強化に備えてツイログで自動保存できるようにしておいてよかった。また、特にコロナ・ワクチン関連のツイートはすぐにまとめて保存するようにしている。「削除」対策は万全である。

『〇〇するとしたらまさに「真実省」』...に非ずして「既に真実省」だろう。コロナ報道への疑問やワクチンへの批判的意見を封殺するゆえ。如何なる情報も最終的に判断するのは個々人である。それを否定すれば「民主主義」とやらも成り立たず。「自称リベラルは実は統制主義者」とはこういう事である。

人類及び生物の進化及び発展においてワクチン程不要なものはないといってもいいでしょう。古今東西の様々な病氣は殆どが食生活ないし生活環境で対処可能な上、天然痘等も日本に定着した種は年月を要するとはいえ弱体化するまでに至っています。 つまり、ワクチンなぞなくてもなんの問題もないのです。

私も食生活や衛生環境などの改善こそが病気に対する根本的な対処法だと思います。あくまで個人的な経験ですが、緑茶を飲んでいると風邪やインフルにかからないです。個々人で条件が違うので一般化はできませんが、私の場合だとそうだとのみ申しておきます。

マスクが新型コロナの感染防止に有効であることを証明する論文、RNAウイルスにワクチンが有効であることを証明する論文、いずれも行政文書においては存在しないという回答です。 #マスクを外そう #ワクチン拒否 「新型コロナワクチン」を家族に打たせてはいけない
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/76502

それでも惑沈、打ちますか?
https://blog.goo.ne.jp/kohamaitsuo/e/60b06f4b4dc584caa647e2ebc91ed694









広告
×
団塊世代優先で、今までお疲れ様♪
1ヶ月前
×
>>1
そのワクチンで被害が出てそれをコロナの症状にすり替え、「これはワクチン打ってない奴のせいで拡大した!」
って方向にもっていきワクチン強制のシナリオ !
他人事ではなくここで阻止しないと必ずあなたにも順番が回って来る強制で逃げられなくなる
80年前の戦争の赤紙と同じ。
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。