ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

枠珍は日本政府による国民有権者へのホロコースト 絶対に打ってはダメ‼‼
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

枠珍は日本政府による国民有権者へのホロコースト 絶対に打ってはダメ‼‼

2021-03-06 12:09







    「これは新しいホロコーストだ」 - ハイム・ヤティヴとセリグマン博士

    イスラエル政府が何百万もの用量のmRNA COVIDワクチンを確保するためにファイザーとの取引を行った後、イスラエルが実験的COVIDワクチンで、人口の最も高い割合に急速にワクチンを接種したことを報告しました。


    ヴェラ・シャラフ[Vera Sharav]は書きました

    イスラエル政府が国民の健康をファイザーに託したことは驚くべきことである。イスラエルの人々を研究対象者として登録した秘密契約を締結することで、彼らの知識や同意なしに研究対象者にすることができる。

    See:

    Are More People Being Harmed by the Pfizer Experimental “Vaccine” than from COVID? Israeli Population Now the World’s Lab Rats Sold Out to Pfizer


    これまでのところ、イスラエルのワクチン接種率は53%を超えており、次に近い国であるイギリスの26.9%の2倍となっています。



    企業メディアが発表した「公式ニュース」では、イスラエルでのCOVIDの発症率低下にワクチンが効果を発揮したと主張していますが、エクス・マルセイユ[Aix-Marseille]大学医学部新興感染症・熱帯病ユニットのエルヴェ・セリグマン[Hervé Seligmann]医師とエンジニアのハイム・ヤティヴ[Haim Yativ]が精査・検討し、『ナキム[Nakim]』と呼ばれるディスカッションフォーラムサイトで結果を発表しました。

    この情報は瞬く間に広まり、現在では複数の言語に翻訳され、Arutz Sheva 7、IsraelNationalNews.comを含む世界中の様々なニュースサイトで取り上げられています。

    モルデカイ・ソネス[Mordechai Sones]は書いています

    FranceSoir紙に、一部の専門家が「ワクチンによる死亡率の高さ」と呼んでいることについて、ナキムのウェブサイトで得られた知見についての一面記事が掲載された。

    同紙は、エクス・マルセイユ大学医学部新興感染症・熱帯病ユニットのエルヴェ・セリグマン医師とエンジニアのハイム・ヤティヴに、彼らの研究とデータ分析についてインタビューしている。

    彼らは、ファイザーのショットは、若い人の死亡率は、ワクチンなしのコロナウイルスによる死亡率と比較して何百倍も大きく、高齢者では数十倍も大きく、コロナウイルスからの文書化された死亡率は、ワクチン接種と密接に関連して、このように心臓発作、脳卒中などからより大きな死亡率を追加すると、主張している。

    エルヴェ・セリグマン医師は、フランスのマルセイユにあるエクス・マルセイユ大学医学部の新興感染症・熱帯病研究ユニットに勤務している。イスラエル・ルクセンブルグ国籍。エルサレムのヘブライ大学で生物学の学士号を取得。 また、100以上の科学論文を執筆している。

    FranceSoir紙は、彼らが出版物、データ分析、ワクチン接種に関する各国のフィードバックを追っているため、ナキムの記事に興味を持ち、彼らの分析とその限界を理解するためにインタビューを依頼したと書いている。

    記事の著者は、イスラエルで子供を持つこと以外には、利害の対立や利害関係はないと宣言している。

    プレゼンテーションの後、著者らは、データ分析、実施された検証、限界、そして何よりも、厚生省の情報公開法の要請により入手したデータと比較した結論について議論した。

    彼らの発見は次のとおり:

    • 当局が公表しているデータと現場の現実との間にはミスマッチがある。

    • 当局には、インターネットを通じて受け取る電子メールや有害事象報告書の他に、3つの情報源がある。その3つの情報源とは、イスラエルのニュースサイト「Ynet」、イスラエル保健省のデータベース、そして米国連邦政府のワクチン有害事象報告システム(VAERS)のデータベースである。

    • 2021年1月のワクチン有害事象の記録は3,000件で、そのうちmRNAワクチンの記録は2,900件であった。

    • 他の年に比べて死亡率が40倍高い。

    • 2月11日、Ynetの記事でワクチン接種に関するデータが発表された。ナキムの記事の著者は、Ynet自身が発表したデータに基づいてこの分析を論破したと主張している。「我々は、5週間に及ぶワクチン接種期間中の死亡率を見てデータを取った。これらのデータを分析することによって、私たちはワクチンに有意な死亡率を帰属させる驚くべき数字に到達した。」

    • 著者らは、「ワクチン接種は、コロナウイルスが同じ期間に引き起こしたであろうよりも多くの死亡を引き起こした」と述べている。

    • ハイム・ヤティヴとセリグマン医師は、イスラエル当局が市民にワクチンを接種するよう圧力をかけている中で、彼らにとって「これは新たなホロコーストだ」と宣言している。

    彼らはまた、分析を完了するために専門家を招待し、彼らの発見の法的フォローアップを追求するつもりである。保健省のFranceSoir紙の調査結果についてのコメントを得ることはできなかった。


    モルデカイ・ソネス[Mordechai Sones]はイスラエルで自身のラジオ放送も行っており、数週間前にはファイザー社の実験的COVID mRNA注射の後に死亡した28人の名前を読むことから放送を始めました。

    このリストは年配のラビから始まりますが、健康上の問題がなく急死したとされる若者も含まれており、その中には25歳の女性も含まれています。

    これらの28人の名前を読んだ後、モルデカイは述べています。

    リストは続いていますが、時間の都合上、ここに全部を持ってくることはできません。

    この朗読をYouTubeに投稿したイスラエル人男性は次のように述べています。

    私はモルデカイ・ソネスの音声放送を使って、この短いビデオを作りました。

    しかし、この情報はどれもメインラインのメディアには伝わっていないようです。

    私は、この悪事がすぐに止められるように、皆に祈り、主に求めていくように呼びかけています。

    こちらはランブルチャンネルの動画ですが、ビチュートチャンネルにもあります。

    https://vaccineimpact.com/2021/death-rates-skyrocket-in-israel-following-pfizer-experimental-covid-vaccines/


    今イスラエルで起きていることは、実験的なファイザーCOVID mRNAワクチンの大規模な展開によって、グローバリストが世界各国で何を望んでいるかが試されていると結論づけてもいいと思います。ですから、イスラエルが今何をしているのか、アメリカをはじめとする世界中の国々に何が来るのか、誰もが注意深く見ていなければなりません。


    モルデカイ・ソネスのフェイスブックページより。


    イスラエルでは、「登録済み」の事業所への入場を得るために、COVIDワクチン接種の証明を提示することを義務付ける「グリーンパス」プログラムを開始しました。これは昨日、2/28/21のエルサレム・ポストに掲載されたものです。

    その国は日曜日に、ルーチンに戻ることを進めると予想され、これを促進するために、保健省はその「グリーンパスポート」プログラムを展開します。

    グリーンパスポートは、特定の場所に入場し、特定の活動に参加するために必要になるでしょう。ワクチン接種を受けているか、コロナウイルスから回復した人だけがその資格があります。

    プログラムの一環として、登録されたジム、劇場、ホテル、コンサート、シナゴーグなどが来週から営業できるようになります。

    「我々はワクチン接種者に巨大な道筋を与えています」と、ユリ・エデルスタイン[Yuli Edelstein]保健大臣は木曜日の大規模なブリーフィングの中で述べました。



    「これは通常の生活への第一歩です。」

    「ニューノーマル」へようこそ。イスラエルや世界中の人々は、これに従うのでしょうか?


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。