ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

大阪は地獄に変わる 府民には不急を自粛させておいてスーパーシティ進めてる 監視・管理社会にまっしぐら ‼
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

大阪は地獄に変わる 府民には不急を自粛させておいてスーパーシティ進めてる 監視・管理社会にまっしぐら ‼

2021-04-19 14:00

    おいおい大阪! 府民には不急を自粛させておいてスーパーシティ進めてる 監視・管理社会にまっしぐら

    何したら止めれるんだ‼
    大阪をウイグル自治区にしたいのか‼


    大阪府市は、スーパーシティ型国家戦略特別区域の指定に関する公募に提案しました

    大阪市は、このたび大阪府と共同で、内閣府が提唱するスーパーシティ型国家戦略特別区域の指定に関する公募別ウィンドウで開くに提案しました。

     なお、スーパーシティの区域指定については、令和3年5月以降に閣議決定により行われる予定です。

    スーパーシティ構想について

     スーパーシティ構想は、内閣府が提唱する構想であり、生活全般にまたがる複数分野の先端的サービスの提供、複数分野間でのデータ連携、大胆な規制改革を3本柱とし、令和12年頃(2030年頃)に実現される未来の生活の先行実現をめざす取組です。

    提案日

    令和3年4月16日(金曜日)

    提案概要

    大阪におけるスーパーシティの基本方針

     大阪の都市課題の解決のためには、大阪のポテンシャルを活かした、「データ駆動型社会(注1)」の実現が有効です。

     大阪府・大阪市では、「ユースケース(注2)の早期『見える化』」、「好循環によるスケールアップ」、「データ連携基盤による広域化の高速」を基本方針とし、「健康といのち」をテーマに、新規開発型のグリーンフィールドにおいてスーパーシティに取り組みます。

    (注1)実世界とサイバー空間との相互連携が社会のあらゆる領域に実装され、大きな社会的価値を生み出していく社会(2015年 経済産業省CPSによるデータ駆動型社会の到来を見据えた変革」より)
    (注2)アプリケーション・サービスの利用場面、利用事例

    スーパーシティの具体的取組

    夢洲

    【夢洲コンストラクション】
     夢洲(約390ヘクタール)を開発・整備する「夢洲コンストラクション」では、データ連携により、車両、人、モノの情報をつなぎ、建設工事現場内外の移動、建設工事及び資材運搬、建設作業員の安全・健康管理の3つの円滑化を推進します。

    【大阪・関西万博】
     「People's Living Lab(未来社会の実験場)」というコンセプトのもと、「世界との共創」「テーマ実践」「未来社会ショーケース」の3つを実施します。

    うめきた2期

     1日約250万人が行きかうメガステーション前に立地する「うめきた2期」では、みどり、IoT、健康を融合したParkness Challengeを実施します。「みどり」を活用し「健康のシェア」「育てる体験」「感性のシェア」「つなぐ」を4つの柱として、ヒューマンデータ利活用に資するプラットフォームの提供やパーソナルモビリティのシェアサービスなどに取り組みます。

    データ連携基盤の構築

     大阪がデータ駆動型スマートシティを実現するためには、広域展開・フルスペックの機能装備、産官学の強力な推進体制のある広域データ連携基盤の装備が必要です。広域自治体(大阪府)が構築する全国初の本格的なデータ連携基盤の構築をめざします。

    グリーンフィールドのスーパーシティから始まる未来社会をめざして 大阪府・大阪市


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。