ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

国内の医師ら450人が新型コロナワクチン接種中止を求めて嘆願書を提出
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

国内の医師ら450人が新型コロナワクチン接種中止を求めて嘆願書を提出

2021-07-02 05:39



    新型コロナウイルスワクチンの安全性に懸念を訴える全国の医師ら計450人が24日、連名で接種中止を求める嘆願書を厚生労働省に提出した。

    嘆願書に同意したのは国内の医師390人と地方議員60人で、発起人の高橋徳・米ウィスコンシン医科大名誉教授(クリニック徳院長)は同日午後に国会内で会見。「死亡率が非常に低く、感染者の80%が軽症にもかかわらず、安全性もまだ分かっていない遺伝子ワクチンを国民全員に接種させる必要があるのか疑問だ」と説明。出席した他の医師からも「治験が終わっていない」「接種後に少なくとも356人の方が亡くなっている」などの発言が相次いだ。

    この日は河野太郎ワクチン担当相が自身のブログを更新し、ワクチン接種を巡って「医師免許を持っているにもかかわらず、デマを流す人もいます」と批判。「長期的な安全性がわからない」などの意見も具体例に挙げたが、高橋氏は「情報の出所は厚労省のホームページ」と話し、他の医師からも「大臣がデマだと言い切る根拠は何か」と驚きの声が上がった。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。