ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

引き続き人口削減してくようです‼<ワクチン接種後に死亡 “接種と因果関係あると結論 事例なし”>
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

引き続き人口削減してくようです‼<ワクチン接種後に死亡 “接種と因果関係あると結論 事例なし”>

2021-07-22 11:32

    引き続き人口削減してくようです

    厚生労働省は、現時点で接種体制に影響を与える重大な懸念は認められないとして引き続き接種を進めていくことにしています

    新型コロナウイルスのワクチン接種を受けたあとに死亡が確認された人について、厚生労働省は接種と因果関係があると結論づけられた事例はないとする見解を示しました。


    これは厚生労働省が21日夜開いた専門家部会で報告しました。

    それによりますと、今月11日までにファイザーかモデルナのワクチンの接種を受けた人は合わせておよそ3760万人で、このうち男女667人が接種後に死亡していたことが確認されました。

    ▽ファイザーのワクチンでは100万人に18.3人、
    ▽モデルナでは100万人に2.8人の割合となっています。

    接種と死亡との因果関係については、664人が情報不足などで評価できず、3人は因果関係が認められなかったということです。

    また、血小板減少症やくも膜下出血を起こして死亡した1人については、唯一「因果関係が否定できない」としていましたが、「因果関係は評価できない」という見解に改めました。

    厚生労働省は、これまでに死亡が確認された人について「接種と因果関係があると結論づけられた事例はなく、統計的に因果関係が認められる症状もない」としています。

    一方、ファイザーかモデルナのワクチンの接種を受けた男女30人に、心臓の筋肉や膜に炎症が起きる「心筋炎」や「心膜炎」が確認されました。

    ▽ファイザーのワクチンでは100万人に0.8人、
    ▽モデルナは1.1人の割合で、多くの人は軽快するか回復しているということです。

    また、ファイザーかモデルナのワクチンの接種を受けたあとに、国際的な指標でアナフィラキシーに該当する症状が確認された人は合わせて327人でした。

    ▽ファイザーのワクチンでは100万回の接種につきおよそ6人、
    ▽モデルナは100万回におよそ1人の割合となっています。

    厚生労働省は、現時点で接種体制に影響を与える重大な懸念は認められないとして引き続き接種を進めていくことにしています。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。