• 【上裸ネクタイ】SCHECTER PA-ZK-Y6(小林信一モデル)を正直にレビューしてみた

    2020-01-21 19:002時間前
    あけましておめでとうございます、北島優実です(ΦωΦ)
    今年も何卒よろしくお願い致しますm(__)m


    さて、先日からtwitterで
    #ネコハッカーソロコンテスト
    なるコンペが開催されています。
    優勝者は未来のネコハッカーさんの楽曲にコラボできる!とあり、
    ブログ主も必死でソロを録りました。

    ブログ主の演奏はこちら

    ちなみにコンテストは今月末まで開催されるそうなので、
    皆さんも是非挑戦してみてはいかがでしょうか。既にラスボスいっぱいいるけど。


    本題ですが、今回はそのコンテストで使用したこちらのギター

    SCHECTER PA-ZK-Y6のレビューをしたいと思います。

    以下長文となりますので、
    適度に飛ばしつつ読み進めていただけると幸いですm(__)m




    1.SCHECTER PA-ZK-Y6について
    2.特徴
    3.総評




    1.SCHECTER PA-ZK-Y6について

    このギターは「地獄のメカニカル・トレーニング・フレーズ」シリーズの教則本や、
    上裸にネクタイのパフォーマンスで最早お馴染みの
    小林信一」先生のシグネイチャーモデル(の廉価版)です。

    ブログ主は以前小林信一さんのセミナーを受講したことがあり、
    楽器そのもののサウンドについては予め知っていたので、
    今回購入に至りました。

    小林信一さんのシグネイチャーモデルは多数あり、
    今回購入したモデルはAC-Y6(以下、本家)の廉価版となる
    PA-ZK-Y6(以下、廉価版)というモデルです。
    2つのモデルで異なる点と共通点を以下にまとめてみました

    本家と異なる点
    ボディトップ


    本家は4Aのキルテッドメイプル、廉価版はラミネートキルトのメイプル。
    ボディバック
    本家はスワンプアッシュ、廉価版はアッシュ。
    フレット
    本家はJescar Fretの表記あり、廉価版は無し。
    指板
    本家はエボニー、廉価版はパーフェロー。
    ブリッジ
    本家はオリジナルのフロイドローズ、
    廉価版はシェクター製のロッキングトレモロ。

    ヘッドロゴ


    本家は縁取りあり、廉価版は縁取り無しで「PROGAUGE SERIES」表記あり。
    シグネイチャーロゴは両者あり。
    裏面サインは本家のみ。


    本家との共通点
    ピックアップ
    フロントはダンカンのSHR-1n
    リアはダンカンのTB-14が搭載されています。

    ペグ
    ゴトー製(恐らくSG381)が搭載されています。
    各ボディカット
    コンター、ウエストカット、ウルトラアクセス4ボルトのヒールカットジョイントは
    恐らく本家と同様の深さで加工されています。




    2.特徴

    PUのキャラクターがよく出ているギターと感じました。

    リアのTB-14は硬めの歪み、そして煌びやかな分離感が特徴ですが、
    それらがしっかりと出音されていて、特にロック系のジャンルでは
    バッキング、リード共によく馴染みそうです。
    以下、サウンドハウスのTB-14レビューから抜粋
    よく言われるように硬い音ですが、耳に痛い高音域がないのでスカッとしていて実に気持ちがいいし色気もある。良く鍛えられ体の引き締まった八頭身のイケメン、しなやかなスポーツマンのイメージ。女優に譬えるなら、サバサバした性格だけど順応性のある演技力が魅力の「真木よう子」のイメージ。
    つまりはこういう音が出ます/(^o^)\

    フロントのSHR-1nは比較的評判の良いシングルハムバッカーで自分も好きなPUですが、
    アッシュボディとの組み合わせでほんの少し高域が強い印象です。
    また、粘り気が減って歯切れも良くなった印象。
    これは一長一短で、
    良く言えば小林さん風のシグネイチャーサウンドが繰り出せますし、
    悪く言えばフルピッキング時に演奏の粗が分かりやすいので
    誤魔化しがきかなさそうです。


    続いてプレイごとの私感ですが、
    バッキングはアッシュボディよろしく心地よい低音域と発音の良さで、
    歪ませてからブリッジミュートでパワーコードを弾くだけで
    めちゃくちゃ上手くなったような錯覚に陥りますw

    これで半裸にネクタイ付けるとミュートの上手さが1.5倍増しになるとか

    そしてリードプレイでは「分厚い」の一言。
    一音弾くだけで圧倒的な存在感が出せるので、
    それこそ小林信一さんの弾くような激しめのギターインストにはもってこいではないでしょうか。

    前述のヒールカットが非常に浅めに入っているのも、
    この分厚いサウンドの要因の一つではないかと推測しています。知らんけど\(^o^)/

    また、ブログ主はトグルSWが大好き(前回の記事を参照)なので、
    PUセレクターがデフォルトでトグルSWなのは非常に嬉しい点です。
    Voノブとの距離感もドンピシャで操作もスムーズに行えます。
    ちなみにトグルSWは、
    レスポール等に付いている物よりもやや小さめのミニトグルSW(こんなの)なので、
    最初のうちは慣れが必要かもしれません。

    楽器の作りに関しても、廉価版だからと言って特に問題は無くとても弾きやすいです。
    強いて言うなら、弦交換時にトレモロのザグリ部分にクロスを入れて固定した際に、
    ピンク色の塗装色がクロスに付着しました
    こういう所でお茶目な部分出してくるのすきです。

    短所まではいかないものの、
    欲を言えばブリッジはやはり可動域とチューニングで多少不満が残ります
    ブログ主はスクウィールとクリケットを軽くかける程度で行っていますが、
    より激しくアーミングされる方はオリジナルのフロイドローズとの比較を行って、
    じっくりと検討されたほうが賢明です。



    3.総評

    オールマイティとはいかないものの、
    音の厚みもありロックサウンドに帯域が合っている為、
    歪ませての演奏がメインの方には特におススメしたいギターです。

    トーンノブやコイルタップ等は無いので、
    クリーントーンでのカッティングやリード演奏、
    細かくニュアンスを整えたい方は若干手こずるかもしれませんが、
    恐らくこのギターを欲する人には関係の無い話でしょうか(・ω・)

    価格も本家と比べると滅茶苦茶リーズナブルなので、
    是非一度試してみてはいかがでしょうか。


    北島優実




    このギターの詳細についてはこちらから
    https://www.schecter.co.jp/schecterjapan/artistmodels/pa_zk_y6.html
  • 広告
  • 【PRSをより弾きやすく!】PUセレクターをレスポール位置に移設してみた

    2019-12-08 14:03
    こんにちは、北島優実です(b・ω・)b

    すっかり年末となりましたが、皆さんは各年末セールは楽しんでいますか。
    ブログ主は色々と大量購入につき、
    来月のクレジットを支払えるかどうかの瀬戸際です\(^o^)/

    さて、今年の1月にブログ主はとあるギターを購入しました。
    それがこちら


    PRS CE24 Japan Limited」です。

    2016年に日本国内限定で販売された
    アルダーボディサテンフィニッシュのCEで、
    本来のPRSから更にハイミッドが強調された為
    カッティングをより気持ちよく弾くことができ、
    ローミッドの効いたリードサウンドも出せる個人的に化け物ギターです。

    過去の動画でも使用しています。



    そんなCE24ですが、
    ブログ主はどうしても改造したい部分がありました。
    それはPUセレクターの位置です。


    ・独特の位置にあるPUセレクター。ロータリーSWではないだけマシですが…

    ブログ主は元々レスポールタイプの位置を気に入っており(ブレードタイプが許せない)、
    CE24に関してはレスポールの位置では無いもののトグルSWだったため

    まあ慣れればブレードタイプよりは使いやすいやろ(^ω^)ドンチキ

    と楽観的思考で購入しました。
    しかしいざ弾いてみるとこれが変えにくい変えにくいww
    クリケットでアームをボディエンド側に向けようものなら完全に邪魔をします。

    そういった訳で一時は売却も考えましたが、
    音色に関しては過去一で気に入っている為、

    せや!こうなったら改造したろ!(^ω^)おっ

    と思い立ちリペアショップへ連絡しました。



    ・知る人ぞ知る仙川の工房「ヨシカワギターリペア」へ

    ネットで工房を調べて片っ端からメールを出した結果、
    引き受けてくださったのが、
    東京都の仙川にひっそりと工房を構えている
    ヨシカワギターリペア」さん。

    早速予約を入れて工房へ。
    工房はこんな感じ。(撮影許可頂きました)


    ・施工中のギターがびっしり。レアな個体も見え隠れ。

    ・マニア涎もののアンプがずらり。

    ・作業台

    ・ガムのセットにピッタリ収まるBOSSのエフェクター達ww

    ギタリストなら好きであろう秘密基地感が満載です。(^ω^)住みたい

    さっそく工房主の吉川さんに現物を確認していただき、
    作業に関していくつかの問題点が浮上しつつも
    念入りに打ち合わせをしていただき、いざ施工。

    打ち合わせ内容は以下の通り
    ・移設後のPUセレクターに関しては、
     ESPのミニスイッチに変更することで開ける穴を小さくして、
     PUセレクターのバックプレートがウエストカットに被らないようにする
    ・元々のPUセレクターの位置にはキルスイッチを設置する。
    ・基本調整、タップスイッチをPush-Pushタイプにする等

    そんなこんなで施工前がこちら


    ・空けた穴を塞ぐプレートがウエストカットを邪魔しないよう、
     試奏しながら設置位置を決定。

    そして施工中


    ・トグルSWを入れる穴、プレートをはめる穴で2段階に穴を開ける。

    そして施工後がこちら



    素晴らしい(恍惚)

    前述の通り、PUセレクターをESPのミニスイッチにすることで
    かなりタイトに穴を開けていただいた為、
    バックのプレートもウエストカットの干渉も皆無。


    ・フロントPUへ穴を通し配線しています。

    ・うまくウエストカットに干渉せずにバックプレートを取り付けていただきました。

    そして前述のキルスイッチに関しては、


    吉川さんの工房にあったこちらのかなり魔改造されたストラトに付いていた
    キルスイッチが押しやすかった為、
    同様のものを設置してもらいました。


    ・なんての?こんな変わり種のPRS、僕は結構気に入ってます。



    ・まとめ



    無事改造を終えたCE。
    しかし、皆さんもお気づきかもしれませんが、
    このPUセレクター、かなりフロントPUに近く設置しています。

    これは前述の「バックプレートがウエストカットを邪魔しないように」もあるのですが、
    演奏しながら設置場所を決める際に
    カッティング→リード等の移行でスムーズに切り替えられる場所
    ブログ主がカッティング時のピッキングを指板22フレット辺りで行う為、
     誤って当たることが少ない
    この2点を考慮して、かなり近めでも問題なかった為です。

    吉川さんから
    普通の人だったらガンガン当たってしまう場所なので、
     優実さん専用の位置ですね。僕もガンガン当たりましたw

    と言われ、
    一気にシグネイチャー感が増してニヤニヤするブログ主でした。



    今回初めて工房に赴いて依頼をしましたが、
    とても丁寧な対応で最初から最後まで安心して任せることができました。

    吉川さんとの打ち合わせは、
    こういう改造ならより良くできる
    この位置を1mmずらせばもっと弾きやすいかも」と、
    こちらが満足するまで真摯に付き合っていただきました。

    その他にもギターの湿度管理やよくあるリペア内容、
    各ギターメーカーについてのぶっちゃけトーク等…
    ネットでは知り得ない情報も沢山聞くことができて
    ギターの改造以外にも沢山得たものがありました。

    ヨシカワギターリペアさん、ありがとうございますm(__)m

    レスポール位置にPUセレクターを移設したい皆さん、
    是非トライしてみてはいかがでしょう。


    北島優実




    ヨシカワギターリペアさんについてはこちらから
    https://www.yoshikawaguitarrepair.com/
  • 年末のご挨拶~来年の目標(演奏案件等)

    2019-11-25 11:28

    初めまして、北島優実ですm(__)m
    ブログは初投稿となります。


    今年も残すところ1か月と数日となりましたが、
    年末に向けて忙しくなる(ブログ主が年末調整等に追われている)為、
    早めのご挨拶と今年の振り返りをさせていただきたいと思い
    初めてブログを投稿してみました。

    以下長文となりますので、
    適度に飛ばしつつ読み進めていただけると幸いです。



    1.今年の振り返り
    2.来年の目標
    3.まとめ




    1.今年の振り返り

    さて、ブログ主は今年の目標として下記の2点を掲げていました。
    ①Youtubeのチャンネル登録者数を10倍にする
    (当初の登録者は50人だったので目標500人)
    ②オリジナル曲をアップする

    まず①ですが、
    こちらは本記事投稿時点で383人と力及ばず目標には到達していませんが、
    それでも約7.5倍と着実に増加しています。
    ※ようつべのチャンネルはこちら

    また、登録していただいた方の多くは、
    おそらくこちらの動画から登録していただいたのではないでしょうか。
    ぬきたしOP 弾いてみた

    去年の12月26日に友人から「この曲いいゾ~」と教えてもらい
    なんだこの良曲は・・・。たまげたなあ
    せや!久しぶりに弾いてみた上げよ!」と思い立って
    2日で仕上げて投稿した急造動画ですが、
    ぬきたしの土台の人気にぬきたし2の発表も相まって、
    一気に再生数を伸ばし自身初の5桁再生を達成することができました。
    (ワイからしたら4桁いけば快挙なのに…)
    ありがとうございます!m(__)m

    この動画を見ていただいた皆様には、
    是非CDを購入して原曲を聴いていただきたいです。
    まずベースの打ち込みが魅力的ですし、チップチューンからの転調は何度聴いても爽快ですし、よく聴くとこんなシンセ要素が?と気づかされたりとかなり作曲欲を駆り立てられると同時に聴けば聴くほど好きになるスルメ曲ですえびかれー先生すき(早口


    ステマじゃないよ!
    ぬきたし公式アカウントにフォロバしてもらえてないもん!()




    次に②ですが、
    念願のオリジナル曲を2曲投稿することができました。
    1曲目はベースが主役のベースインストナンバー
    The Tempura Gozen!!

    自分の大好きなスラップ奏法を詰め込みつつ、
    天ぷらよろしく歯ごたえのあるメロディーを意識しました。は?


    そして2曲目が
    本日投稿しましたギターインストナンバー
    Leon

    この曲で私のギターヒーロー且つ飲み友達の
    佐々木隆太(どらごん 以下どらにき)さんフィーチャリングして、
    ギターソロを弾いてもらったりギターバトルを繰り広げたり、
    色々と協力していただきました。

    どらにきとは約4年ほど前からの付き合いで、動画で私が使用しているIbanezのSV5470F
    学生時代どらにきに憧れて必死でバイトして購入したもので、
    コンデンサからノブまで一緒にしています

    ※購入当時のワイのSV


    動画中盤で両者のSVを並べてみましたが、

    なんての?夢にまで見たこの構図が個人的に気に入ってます\(^o^)/



    2.来年の目標

    Youtubeのチャンネル登録者数を800人にする
    1000の大台まで高望みはしませんが、
    現時点の倍である800人を目標に精進します。
    演奏のお仕事を受ける
    実は今年も1,2件程度と少ないながら受けていたのですが
    来年は名前を売るために、より受けようと考えています。
    基本有償を考えていますが、
    知名度アップの為に無償でも受けていこうと思っている(応相談)ので、
    皆様、僕の演奏で需要ありましたらどんどんお声かけくださいm(__)m



    3.まとめ

    改めまして今年も1年、
    ご声援とご支援いただきありがとうございました。

    ニコニコ、ようつべ等のすべてのコメントには返信できていませんが、
    1件1件しっかりと読ませていただいております

    ほんとにもう、1件コメントが来るだけで、1つ高評価が付くだけで
    支えになっていますし、実際1人でウキウキしてます(///・Д・////)

    思えばギターを始めて早5年、
    まだまだ演奏のクオリティは低いですが、
    ようやく自分で作り上げた音楽を公開できるようになり、
    そしてその音楽に協力してくれる仲間が出来ました。

    これまで色んなことに挑戦してきましたが
    音楽は4歳から唯一続いている趣味で、
    今年は特に「音楽を続けてて良かったな」と思える、
    そんな充実した1年でした。

    来年、再来年はさらに作曲にも力を入れて、
    ゆくゆくはM3やストリーミング等でオリジナルアルバムを発売できたらなと

    カバー演奏も続けていくので、
    リクエスト等ありましたらどんどんコメントしてくださいね

    最後になりましたが、残り1月、
    そして来年は
    より一層精進してまいりますので
    今後ともよろしくお願いいたしますm(__)m









































    来年はウマ娘アプリで逃げ切りシスターズ育てたい
    サイゲさん、いつまでも待ってます