ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

クリエイターズマーケットへ出店、成功を目指して
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

クリエイターズマーケットへ出店、成功を目指して

2013-08-07 23:41

    ハンドメイドで作っている「レジンダマスカス」の事を知りたい方はこちらをどうぞ

    レジンダマスカス ResinDamascus


    出店してきました。

    クリエイターズマーケット出店してきました

    以下は出店前に書いたものです。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    12月初めにある、名古屋クリエイターズマーケットに出店します
    http://www.creatorsmarket.com/
    12月8日 日曜日 ポートメッセ名古屋 11:00~18:00
    (クリエイターズマーケットは7日8日開催ですが、私が出るのは8日のみです)
    ブースNo.は C-136 ファッション・アクセサリーカテゴリです。



    サークル名は

    「レジンダマスカス」
    「ResinDamascus」

    できるだけ中二っぽくしたいです。
    出品するものは、ペーパーナイフとアクセサリー。
    どちらも同じ素材をメインに使用して制作しています。
    主に二人で作っていて、私はナイフをメインに制作。
    できるだけ安い価格のアクセサリーと、ちょっと値段が高めなナイフの
    二本立てで行こうと思ってます。

    出店自体が初めての経験ですので、色々教えてくれる方を募集しています。
    アクセサリー等を作っている人 販売してる人 クリエイターズマーケット出展経験の
    ある方、ぜひ声かけてください。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    出店の経緯
    ・・・適当に書いてるので乱文
    夏の名古屋クリエイターズマーケットの開催前日に急に行く用事が出来まして
    なんの事前情報もなく一般参加することになりました。
    出店されているのはアクセサリーや服、写真や造形物など、まったく版権が絡まないもので
    コミケやフリーマーケットとは反対側のイベントでした。
    ニコニコ動画に技術動画をあげつつ工作をする私には、大変新鮮なイベントでした
    ほとんどの制作物に版権元があり、いわばコピーを作って満足している自分には、
    全くの一から自分の力で作ったものを、自分で値段をつけて売っている様子は
    多少動画の再生数があったからといって、それがどうなんだと。
    てめえがやってるのは、いわば素人の工作遊び。こっちはプロの世界だ・・・と。
    物を売ってお金をもらうことの大変さを日々知っている私は、完全に負けているように
    思えました。
    これはいかん・・・と。
    くやしいと。
    モノづくりでそこら辺のお嬢ちゃんにまけるわけにはいかない・・・と
    (アクセサリーが多いので、女性が作って売ってる事が多い)
    そしてあわよくばそんな女性と友だちになろうと。

    しかし、ものを作って売るというのは大変難易度が高いです。
    上記のような目的で出店するので、例えば羊毛フェルトやビーズアクセ デコ系の
    だれでも作れるけど、センスと加工精度で他人と差をつける系では違いを見せつけられないし
    たぶん返り討ちです。
    今まで自分がやってきた工作で、版権が絡まず売れるものというとナイフになります。
    リーフスプリングを使ったナイフとなると、まあかっこいいし切れ味もあるし
    実用にもなります。
    しかし、どうやっても形状が似てきてしまうし、やってる人もいっぱいいて、明確な
    差を付けられる要素がありません。
    ナイフじゃ女の子と仲良くできなさそうだし。
    そして何より、どう頑張っても売れるほど数が作れません。
    売ることだけを考えるなら、時間あたりの工賃を無視して、完全に趣味の、売れば売るだけ
    赤字製作にすれば安くすることも出来ます。
    でも、はたしてそれで、売ったことになるのだろうかと。
    そんなもの、客にお金を「払って」物を買って頂いてるだけじゃないかと。
    そして何よりフェアじゃない。
    ちゃんと儲けを出す値段設定をする出品者に申し訳が立たないと。
    素人の思いつきの金持ちの道楽みたいな物で、場を荒らすのはダメじゃないかと思うのです。

    なので、版権に絡まず ちゃんと儲けが残り 現実的な作業時間でできて、その値段で
    買ってくれるものを作らなければ、周りの出店者たちと同じ土俵に
    立つことが出来ないわけです。
    このあまりに高いハードルに、一時は諦めていました。
    絶対無理だと。今の自分の持ち駒では、太刀打ち出来ないと。
    もう自分はなんか一般ウケしそうな版権物を適当に作って、動画にして
    適当な再生数を稼ぐような人生がお似合いだと。

    しかししかし、人生というものは面白いもので、全てを解決する一つのマテリアルを
    この絶妙なタイミングで発見することが出来ました。
    正確には、もともとそういうものがあるということは知っていました。
    でも、全部を一つにしようと思いつくには、

    いままでナイフなどを作っていて、
    鉱石で「切れないナイフ」を作っていて、道具以外のナイフの存在を知っていて
    なにか自分の特技を活かしたものを作って売れないか考えていて
    Twitterをやっていて
    自分が板金も塗装もやっていて
    自分がその会社を経営していて
    各種道具を自由に使える時間があり
    クリエイターズマーケットに出店して見返してやろうという気持ちが

    すべて揃わなければ、今作っているものは形にはなりませんでした。
    そして、冗談でTwitterに載せたこの画像に反応してくれた皆様


    ありがとうございました。
    思ったよりも反響があったので、これはいけるんじゃないかと
    思い立つことが出来ました。
    人生何があるかわからんもんだね。
    そして、手広く色々やってみるのも悪くないもんだなぁと思った出来事でした。
    上の素材を使って、最初に作ったペーパーナイフがこれです







    売れるかどうかはまだわかりませんが、少なくとも、自分っぽさを最大限に
    出すことができつつ、現実的な値段と作業時間で、自分が好きになれるぐらいの
    クオリティを保ったものを、売ることができるようになりました。
    これがちゃんと売れれば、周りと対等にはなれると思います。
    そして、胸を張って言えます。
    自分の作ったものは、版権に頼らずに売ることもできる。

    まだ出店まで時間があるので、もうちょっと色々作ってみたいと思います。


    さらに思いつきで、ナイフ飾り台を作りました。



    もともとシース(ナイフをしまう鞘)が好きではないので
    (しまうと模様が隠れちゃうし)
    面白い飾り台が出来ないかどうか考えていました。
    ワインのビンを飾る台からヒントを得て、絶妙なバランスで自立するように
    できています。




    こっちの台も自信作で、これもたぶん売ります。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






    以下、現在製作中のものです。すでにあげちゃったりしてるものもあるので
    全部が売り物というわけではありません。メガネとかは自分用だし。

    完成次第追加していきます。

    これが持ってくナイフ、全部です。おもったより沢山出来ました。






















































    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・















    上から L M N


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ちなみに、私のお気に入りはこの3点








    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。