ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【ドミニオン】医者(Docter)というカード
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ドミニオン】医者(Docter)というカード

2017-05-13 22:55


    【前提】

    ここでは、主に二人戦を前提にした認識で書いていきます。
    先に医者について書いてる以下のblogに目を通しておくと良いかと。

    新 ドミニオンを考える #195 医者
    http://sin3theta.blog.fc2.com/blog-entry-198.html

    医者-へそくり
    http://d.hatena.ne.jp/hirotashi-domi/20140824/1408891502

    【ドミニオン】医者にかかってみる
    http://hanhans.net/blog/mullinKAI/?p=418

    【ドミニオン】「医者」(ギルド)を考える
    http://pinkpinewoodpotato.cocolog-nifty.com/weblog/2014/04/post-4859.html


    ・↓サプライは医者使う時のイメージで適当。
    ・自分から見ると、このサプライの戦車競走はそれほど強くない。
    ・初手4-3時にどちらかの金量で医者を購入することを主眼としています。
    ・なので、過払い効果については今回は特にあまり触れません





    こんにちは。yzxです。
    雨の日は基本的に出かけないので、今日という土曜日に雨が降っていたこと、
    昨晩の↓これ見て、


    おいおいちょっと待てよ って思った所から、久々にドミニオンに関することを書くこととなりました。

    書くのメンドクセェなぁ とか思いつつも、「イイネ」してくる人達のプレッシャーに負けました。

    まぁ、適当にBGMでも流しながら流し読みで


    それでは改めて。
    医者は1枚の手札で、【自分の他の手札を消費せず】に最大3枚までの圧縮を実現するカードです。
    これは執事や再建と違って、手札を消費することなく圧縮できるので、
    初手で購入した場合には3・4ターン目で2枚以上の圧縮をしつつ、且つ3金のカード購入が充分に狙えるカードということです。
    コンボパーツを集めたい側には大事なお話ですね。

    (なお、再建は屋敷を廃棄しつつ3金のカードを獲得できるので、再建があった場合は初手5金からの過払い医者でない限り、
     たいていの場合はそちらの方がデッキ構築は安定しますが。)

    しかし、医者には二つの欠点があります。
    1つは中盤~終盤にかけて無駄なカードとしてデッキに残り続けるということ。

    そして、もう一つは序盤に安定した圧縮はできるものの、
    【銅貨を廃棄宣言した場合の次のターン】は屋敷を2枚以上引いてしまい、最悪パスの場合を引き起こす可能性があるということ。
    それは単純に、2金で買える礼拝堂から4枚廃棄してパス宣言をするよりも弱い行動ということになる。

    序盤であればあるほど、医者は銅貨を廃棄しやすく、且つ金量不足を引き起こしやすく、
    中盤以降はデッキにカード種類が増えてきて廃棄効果がままならなくなるという、
    だから、時によって使いやすく、時によって使いにくい。
    使う人次第で多面性のあるカードとも言えるでしょう。

    但し、初手5金からの過払い医者は屋敷1枚を廃棄できる可能性が非常に大きく、
    その医者の次のプレイ時には銅貨の宣言をしやすくなり、且つ金量不足によるパスを引き起こしにくく、
    礼拝堂に次ぐその圧縮能力でありながら購入という行動ができるから、相手を圧倒しやすい。
    非常に分かり安い。

    では、仮に4金からの過払い医者はどうなのかというと、
    これは銅貨がめくれる可能性が大きく、その場合は金量不足を引き起こしやすい。
    時と場合によって、それは悪手になりがちでもある。
    屋敷がめくれたなら、おめでとう!
    あなたはこのゲームの勝者だ! 夕飯はドン勝つだ!

    まあ、序盤で屋敷1枚が廃棄できるかどうかはそれだけの影響があるという話でもあるけれど。

    とはいえ、この【銅貨を廃棄宣言した場合の次のターン】
    この弱いターンを、もしケアできるとしたらどうなるだろう?
    倉庫や隠遁者との相性が良くて、それを実戦している方はお察しかと思う。
    そこについては今更、特に書かかないでもいいだろう。


    では、【序盤に屋敷を廃棄宣言する場合】である。
    序盤に屋敷を廃棄宣言するケースは手札に屋敷が全くない時を除いてあるのかということ。
    仮に3T目の手札が屋敷・医者・銅貨・銅貨・銅貨として、
    山札の中に銀貨もしくはそれに相当するカードがあり、且つ屋敷が2枚残っているケースである。

    それは、屋敷を最低1枚でも廃棄できればよく、且つ5金以上のカードパーツを購入したい時に起きるケースといえる。
    山札にある屋敷を廃棄することで次ターンの金量を引き上げ、5金の出力を確定させるのである。
    例えば、3T目に村を買って、4T目に辺境伯が"絶対に買いたい"なら当然のように狙うこともあるだろう。

    しかし、ここで銅貨を廃棄宣言し、2枚の銅貨は廃棄したが4金止まりで辺境伯が買えず、
    そのまま追いつけなくなる場合も当然のようにあるので気をつけたい。


    同じ話の繰り返しにはなるが、医者を使う時は序盤に2枚以上の圧縮を期待して銅貨を宣言する場合が多いけども、
    屋敷廃棄はそのままデッキの次のシャッフル時における平均金量を引き上げるのである。
    そして、もし屋敷を1枚廃棄できたのだとしたら、次からは銅貨廃棄の宣言だけで良くなるのは
    5金過払いからの行動で先に書いた通りである。
    序盤であればあるほど、屋敷の廃棄効果は如実に現れ、より医者は生きやすい。

    屋敷1枚しか廃棄できなかったと言いつつ、もしあなたが何かのカードパーツを買えていたなら、
    それは序盤における充分な結果であり、更に【山札のカードを廃棄している】ことによって、
    あなたはデッキを掘り進めているのである。

    相手が銅貨を3枚廃棄していようと、相手が屋敷を廃棄できない限りは金量不足は起きるし、
    あなたが次から【山札に残っている銅貨を2枚以上廃棄する】行動を繰り返せばあっという間に追いつく、
    もしくは差は広がりやすいのである。

    銅貨を廃棄しつつコストの高いカードを狙うなら金貸しで良い。
    とにかく銅貨を消してデッキを回すことを優先するなら香辛料商人で良い。
    しかし、医者はその二つと違って、屋敷を廃棄することができる。
    更に、屋敷3枚廃棄できる可能性もあれば、屋敷が廃棄できた次のターンはより良いモノが手に入るターンがやってくる。

    医者で大事なことは"1枚の屋敷を廃棄すること"が重要な場合は多々ある。

    そして、廃棄ができなかった時にこういって欲しい。

    『 ヤ ブ 医 者 だ っ た よ 』

    と。




    そういえば二版から登場した「Seecret Passage (日本語訳:秘密の通路?)」



    こいつとの組合せを書こうと思ってたけど、たいして書くほどのことじゃあないか。
    まあいいか。

    なお、サプライの画像は適当ですが、私なら上記のサプライに『移動遊園地』を加えて、
    初手騎士見習い→デッキトップから医者を3金で購入します。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。