ダビスタ96RTA チャート(メモ)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ダビスタ96RTA チャート(メモ)

2018-09-14 06:20
    ます、どんな馬が使えるか↓
    長距離G1
    スピ85↑、スタコメ有、根性コメ有、気性70程度(先行指示で叩き合わせる)
    スピ110↑、スタコメ無(60台)、根性コメ有、気性70程度(追い込みワンチャン)
    スピ105↑、スタコメ有、根性コメ無、気性90台or逆フロー(逃げ)
    短距離G1
    大は小を兼ねるということで長距離G1で使うような馬のスタミナが少ない奴でも可
    スピ105↑、スタコメ無、根性コメ無、気性普通 みたいなのも使える。
    牝馬G1
    スピ75↑、スタコメ有、根性コメ有(面白なら無でも?)、気性70程度
    こんな馬を目指して生産

    チャート

    初期牝馬ループ~金策
    エドムラサキ49、ノーマジーン45、タケノマジック45、グリニッジビレッジ47、オオシマナギサ49(数字はマチカネイワシミズを付けたときの爆発力)
    以上の5頭にマチカネイワシミズを配合、主に短距離G1を勝てる馬を探しつつ、不要な馬を売る。
    牡3200万↑、牝馬2600万↑の1歳たいへん元気が当たりの可能性が高い。(ヤンチャは大体気性難、おとなしは根性爆死の可能性高し)
    牝馬はスピードが高ければ他の能力が悪くても残し、次世代の馬を売却して更に金策に使える。(ニシノエトランゼ、リードワンダー等の安定A短距離早熟型を配合)
     また、タケノマジックの場合ネイティブダンサーを活かした代重ねで長距離G1用の馬を狙う事も可能。
     配合例と爆発力(スピ、スタ)
     ×オグリキャップ×シェルシュールドール×アスワン(48、42危険)
     ×オグリキャップ×スイフトスワロー×アスワン(45、42)
     ×オグリキャップ×スイフトスワロー×ラシアンルーブル(43、42面白)
     ×オグリキャップ×ノーザンテースト×アスワン(47、42超危険)
     ×オグリキャップ×ノーザンテースト×ラグビーボール(43、42面白)
     ×オグリキャップ×シェイディハイツ×フラッシュオブスティール(43、42)
     ×シェルシュールドール×アスワン(45、38)

    金策~G1馬狙い
    マチカネイワシミズから短距離G1馬が出ず、牝馬も途絶えたら新しく繁殖を購入してG1を取りながら金を稼いでいく。初期牝馬の5頭を買いなおしても良い。
     配合例と爆発力
     タケノマジック同様にネイティブダンサーを使える繁殖牝馬
     ディヒターリーベ、プリンキピア、シルクスクリーン
     バニティケース×スイフトスワロー(45、34危険面白)
     キタアカネ×ノーザンテースト×アスワン(50、38超危険)
     キタアカネ×シェルシュールドール×アスワン(51、38危険)
     パノニカ×ノーザンテースト×アスワン(47、38超危険)
     パノニカ×シェルシュールドール×アスワン(48、38危険)
     ファンティリュージョン×ノーザンテースト×アンバーシャダイ(39、33超危険面白AA)
     ファンティリュージョン×ノーザンテースト×アスワン(48、38超危険)
     ファンティリュージョン×ノーザンテースト×スイフトスワロー(46、38危険面白)
     ナノフラッパー×バンブ―アトラス×バンブ―アトラス(48、30超危険AA) 

    G1馬狙い
    短距離G1等を取りながら金が貯まったら高額牝馬に持続型&パラメータAのノーザンテーストを配合して3.4歳限定戦や長距離G1を取っていく。
    安定Aで爆発は期待しづらいのでスピスタが7以下と非ニックス、アウト配合は除外させてもらう。
     パリティビット 94.86(22、20面白)
     スローバラード 92.88(28、24)
     ユアウェルカム 86.82(24、24)
     インソムニア 90.78(24、24)
     プラチナロゼカラー 80.94(28、20面白)
     ロイヤルシュプール 82.88(24、24面白)
     サブリミナルムービー 78.80(24、20面白)
     スライドディジー 75.80(25、20面白AA)

     G1級の牝馬(超危険以外)にサンデーサイレンスやリアルシャダイの持続型をつけてもいい

    調教
    目標レースにもよるが、デビュー前にダート併せ強め以上を20本以上追い、3歳G1出走予定なら芝も10本くらい追いたい。
    デビュー前はだいぶ重い状態で調子が維持されるのを利用した順調固定がおすすめ。(危険配合は体調崩しがあるので無理)
    時間に追われている時なら早熟型を3歳4月までお任せ委託、放牧から自厩舎というのもアリだが、スタ根が入らないのでちょっと厳しめ。

    レース
    突出したスピードが無い、根性コメが無い馬は調子が重要。根性は絶好調105%、順調&相変わらず100%、毛づや&良くも悪くも85%
    マイル以上の距離は出来れば休み明けは避ける。
    騎手は田中勝先行等根性アップ系がお勧め、長距離は武や河内の牝馬等気性アップ系もいい。スタミナが無いからと言って岡部お任せは悪手、前に行くと結局垂れるので追い込み指示。
    JCと凱旋門はほぼ前が叩き合って止まらない。




     
     
     
     
      
      
     
     


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。