ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

100名城のスタンプを押しに九州に行った帰りに砂丘とか京都に寄った話
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

100名城のスタンプを押しに九州に行った帰りに砂丘とか京都に寄った話

2019-04-07 22:56
    洗濯を済ませて気持ち的には折り返しな感じのスタンプ押すおじさんの朝は今日も早い。


    ホテルのミニ弁当付きでした。


    鳥を眺めながら駅まで歩く。



    電車はこんな感じでした。

    そんな電車に乗る事約30分


    安来駅に着きました。

    ここからバスに乗り換えて月山富田城のスタンプを押しに行きました。



    スタンプ設置場所付近の自販機

    バスの時間と電車の時間の都合でバスを降りて30分後には戻るバスに乗るという最早城を見ていない説濃厚な強行軍でした。
    いいの、老後に行くからと思いつつ安来駅へ戻り次の電車へ。

    道中見える大山を眺めつつ、だいぶ前に亡くなった祖父が死後役所の手続きをしている中、実は出身がこの大山の辺りだったということが判明したのをふと思い出し、多分親戚とかいるんだろうな(互いに存在を知らない)と思いを馳せたり、安来駅で買った稲荷寿司を喉に詰まらせて祖父の所に危うく逝きそうになったりと自分に強い印象を残した大山でした。



    この日の目的地は鳥取、写真は鳥取駅前のアーケード、奥に見えてるかもしれないのが駅


    朝早く出た甲斐もありお昼過ぎには鳥取に入れました。

    予約した宿に荷物を預けて早速昼の街へと繰り出します、雨降ってますけど。


    信号待ちの時に見た謎の玉






    最初に向かったのは鳥取市役所、普段地元の役所にもろくに行かないのに鳥取まできて最初に向かったのはここでした。



    到着後早々に鳥取市民でもないのに市役所の食堂でスラーメンを食べる(250円)
    なんかわからないけど物凄く美味しかったです。
    時間も昼を少し過ぎて自分以外誰もいなかったのでなんとなくゆっくりできました。
    稲荷を食べてなければ鳥取カレーも食べれたかもしれなかったと若干思いつつ次の目的地へ



    鳥取城スタンプ設置場所の仁風閣

    北海道の十勝とかそっちの方に住んでる人にはちょっと身近な感じの展示もあるので十勝から鳥取に行かれる方にはお勧めの場所です。
    十勝に住んでない自分でもああ、これがあのあれか!と思いました。


    ここを出た後はすぐお隣の博物館に行くかどうしようかと迷ったものの歩いて砂丘まで向かう事にしました。
    駅まで歩いて戻るのが面倒だなと思ったのが理由ですが今から思えばバス乗れよ、と思うばかりです。

    知らない町を歩くのはそれなりに好きなので多分それが理由で歩こうとしたのかなと思いますが途中から登り坂になるとは思ってませんでした。(ちゃんと調べよう)

    小雨降る中歩いていても誰も歩いてる人がのをいいことに軽く歌いながら歩いてました。


    なお選曲

    多分まだ元気だったんだと思います。




    遠巻きに見える鳥取市街




    ここを抜ければ砂丘だと信じてやまなかった砂丘トンネル



    砂丘だ!と思ったもののもう少し歩く事が判明

    この頃の選曲、地図をよく見ていなかったことを反省している様子




    そんな感じで反省しながら歩いていた所、家を出て歩いてる時に横を過ぎていく車、そのナンバープレートで一番家に近いのは何処だ選手権を毎日開催していたのですが砂丘の近くで見た青森ナンバーが一番家の最寄りでした。

    最終的に宮城で見た室蘭ナンバーまで記録更新はされませんでした。
    ちなみに九州にいた時でも品川ナンバーとか習志野とか、東京近郊か大阪近郊がその日の記録としてメモに残ってました、やっぱり大都市ですね。


    そんな感じで歩く事一時間と少し、ようやく砂丘に到着しました、鳥取にきたらやっぱり砂は見とかないと!



    雨の為人が思ったほど多くない砂丘



    多分馬の背まで行きましたがタイミング的に人が誰もいない状態でした、砂丘を独り占め!


    多分緑化してる所、水が溜まってました。

    砂丘なんて行っても砂しかないよ、とかよく言われてるのを耳にしてましたが砂を見に来てるんだから当然のように満足でした、帰りに砂の入ってるボールペン買っちゃった。

    戻る途中にキャリーケースを押したまま砂丘の中を歩いてる人がいて凄い人がいるなと感心して遠巻きに眺めてましたが登り坂の途中にキャリーケースが置いたままになって明らかに諦めたなと思われる瞬間を見れたのもなんとなく満足でした。

    流石に戻るのはバスに乗ろうと思いバスを待っていると目の前を砂まみれのキャリーケースが通過した時がこの日のピークでした。

    そのあとはバスで鳥取駅まで、この頃充電用のケーブルが断線しかけてるような気がするものの気のせいという事に。

    夕食は駅にあった砂丘そばを食べました。


    かつ丼がおいしかったです。


    お土産屋を眺めて砂に見える出汁塩に砂丘帰りのせいか魅力を感じたので購入、宿へ戻りました。

    この日のお宿

    この列の手前から二番目

    立っても大丈夫なカプセル

    こちらのお宿は泊まってみてなんとなくそうじゃないかと思ったのですがゲストハウス寄りのカプセルでした、泊ってる人は外国の人ばかりでした。
    ゲストハウスではありますが勿論自分がこの後声を発する事はチェックアウトまでありませんでした。


    この日の移動した地図


    翌朝、早寝したので割と早起きでした。
    予定していた100名城のスタンプは昨日の鳥取城で終了したのでここからは適当な感じで段々北上する予定です。

    朝食は1階のおしゃれなカフェでパンとゆで卵のセルフサービスでした。
    あまりにお洒落な空間過ぎて若干の気まずさを勝手に感じているものの2枚食べました。

    この日鳥取駅の辺りは明らかな豪雨でした。
    楽しかった砂丘を思い出しつつさっさと電車に乗ります。





    足りなかったらしくサンドイッチを食べる様子


    この日、9時過ぎに電車に乗り、乗り続けること気が付けば15時半、京都までやってきました。

    京都で降りるのは3年振りらしいです、前の年にも通過はしてるみたいです。

    その日の宿が駅から近いかと思ったら結構遠かったので急いで宿へ。

    この日の宿




    こんな感じの朝食が出るらしいのでこちらにしました。

    以前は朝食バイキングに魅力を感じていたのですが津和野の辺りからはバイキングでなくとも地物を出してくれる様な朝食に魅力を感じていました。

    部屋について休憩がてら充電しつつ、日が暮れてきたのでちょっと散歩に出かけます。



    宿の近くにあった清明神社、無双OROCHIで使ったことがある。



    ちょっと歩いてたら見かけた堀川、良い散歩道でした。



    歩いてる途中に見た看板、なんか止めさしてきそうだなと思った。



    御金神社、お金欲しいです。



    結構歩いて鴨川



    真っ暗でした。

    ホテルの近くまで来たところで再び豪雨
    夕食をスーパーで買い込んだらすぐホテルへ戻って食べました、もうちょっと自分の胃の許容量を考えたらよいと思いました。



    厳しい闘いを強いられたチキンボール


    この日の移動した地図



    次回、関東へ!



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。