ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

多摩動物公園のベンチ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

多摩動物公園のベンチ

2017-02-12 20:34
    ※残念ながらこの記事に動物の写真はありません。ベンチだけです。
     けものはいない のけものもいない。


     今日はスナック感覚で高尾山にでも登ってやろうかと考えていましたが、
     急遽、途中で中央線から多摩モノレールに乗り換えて多摩動物公園に行くことにしました。

     東京モノレールを使用したことは何度もあったのですが、多摩モノレール、いいですね。
     ふつーの住宅街を斜め上から見下ろす楽しさ。
     屋根の上や敷地の全体が俯瞰で見えるのが新鮮です。
     利用した立川南駅もレールの下を通って駅舎に入る大胆構造で面白い。


     さて、ベンチ。

    入場門近くの園内バスのりば。


    パンダ耳?の手すりベンチ
    園内でたまーに見かけましたが法則は不明。古い型なのかしら。


    マレーバク舎屋上のベンチ。マレーバクを見下ろせます。


    コツメカワウソとアナグマ舎前のベンチ。


    ひとつは使用不可。ベンチばかり撮ってると結構あることに気づきます。


    休憩用の広場。開園直後だったので誰もいません。


    今は何もいない旧モウコノウマ舎の前。
    道路も苔むしていて良い雰囲気です。今日のベストベンチ。


    坂が多いのでこのような棚田式ベンチがいくつかありました。


    チンパンジー舎前。
    昔使用していた園内バスなんでしょうか、至るところに飾られていました。


    石油王の檻・・・ではなく、ライオンバス乗り場近く。
    このモスクを模した何かの向こうがライオンです。


    キリンさんなどがいるアフリカ園前のベンチ。


    旧類人猿舎前のベンチ。
    動物のいない檻がいくつかありましたが、ここは特に『役目を終えた』感が強かったです。
    ここのベンチに座って歴史に思いをはせるのもいいでしょう。


    ワシが飛ぶフライングゲージ前。たぶんベンチ。


    たまご広場横にある休憩所。
    立派な屋根付きですが、ここは順路から外れて周りに何もなく行き止まりとなっており、
    何かが予定されていた(あるいは施設があった)けど無くなっちゃったのかな、と思ったり。


    オオカミ舎前のベンチ。
    空が雲ひとつないと、写真が上手くなった気がする。


    オオカミ舎内部。オオカミはライオン・トラと優るとも劣らぬやる気0でした。


    ウマ(家畜)舎。唯一どうぶつと一緒に撮れたベンチ。さすがウマ(家畜)。


    おわり。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。