ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

千葉市動物公園のベンチ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

千葉市動物公園のベンチ

2018-02-18 10:09
    間万事塞翁が馬なんて言いますが、Twitter始めて7年経った今年、初めて投稿した写真が200回以上RTされました。…『バズった』の定義は分かりませんが私のアカウントに巡ってくるバズったツイートは大抵1,000を超えるRTがされているので、これはバズったと言うには少なく、事実何か影響があったかというとフォロワーが増えたわけでもなく、このブログのアクセス数は3つくらい増えただけという感じ。そもそも写真はネタありきで適当に選んだ光源も構図もよろしくないもので……あっ、今いいねの数が600いった。嬉しいデース。

     それじゃ、いつも真剣に撮影して構図も考えてるベンチ行きます。


    1.行き先の概要
    名前:千葉市動物公園
    住所:千葉県千葉市若葉区源町280
    広さ:339,722㎡(Wikipedia参照、HP
    備考:
     入場料大人700円、中学生以下無料。JR千葉駅から千葉都市モノレールにゆられて6駅。レッサーパンダの風太くんで有名になった動物園です。正門(モノレール動物公園駅の最寄り入口)から入るとすぐに道が分かれ、左手の坂が動物園、右手が野鳥誘致施設の大池となっており動物園が目的の方は注意が必要です。また車で来て西口、北口ゲートから入場する場合も飼育舎までは坂道となるため予め覚悟が必要です。動物の種類、飼育舎の広さのわりに園全体の面積はそれほど広くなく、お子様連れ・ご高齢でも半日の内に全て周ることができると思います。その代わり、ふれあいコーナーなど子どもが楽しめるエリアが充実しており、1日動物に囲まれて過ごすには十分な施設です。語弊を恐れず言うと、都内からのアクセスは易いのに上野や多摩と比べて来場者が少なめなところも個人的に気に入りました。

    2.ベンチステータス
    ベンチの数:329(ほぼ全敷地を一定の基準によりカウント)

    ベンチの傾向:
     
    動物たちの前に座れるベンチは意外と少ないように感じました。これは動物たちへの配慮もあるのかも知れません。
     写真を載せてありますが、連結した長いベンチが多くあった印象です。よって今回のカウントはかなり主観が強いです。
     動物園、というか商業施設全般に言えることですが売店やステージの席が多いためベンチとのより分けが大変でした。これらの座席は「明らかに園内の他のベンチと同じもので流用していることが分かるベンチ」以外はカウントしておりません。

    オススメベンチ:
    ①【くつろぐ】正門の右手、大池前の広場のベンチ
     
    動物園と反対側になる大池はとても静かです。


    ②【見る】中央広場噴水前売店横のベンチ
     ここの4脚だけゼブラ・キリンカラー…なぜ?


    ③【楽しむ】草原ゾーンカンガルー舎前のベンチ
     アクティブなカンガルーたちのバトルを見ることができます。



    3.ベンチじゃない写真(動物たち)
    ・野菜を食べよう。


    ・オッサン一人にもちゃんとアピールしてくれたプロ


    ・ガンのつけ合い飛ばし合い♪


    ・眠る百獣の王


    ・眠る動物園の王(風太くんさん)



    4.その他今回撮影したベンチ














    以上です。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。