ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

東京都薬用植物園と東大和南公園のベンチ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

東京都薬用植物園と東大和南公園のベンチ

2018-03-19 00:09
    1-①.行き先の概要
    名前:東京都薬用植物園(東京都健康安全研究センター内紹介ページ


    住所:東京都小平市中島町21−1
    広さ:31,398㎡(パンフレットより)
    備考:
     薬用植物・有毒植物を各種栽培している知る人ぞ知る植物園で、なんと園内では厳重警備の元、ケシの栽培も行っております。とはいえ公営の植物園であり入場は無料、今の時期はまだ寂しいですが季節の木々や花々が咲き誇り、園内の売店では鉢植えの販売を行っているなど(毒性の解説書きを気にしなければ)のんびりと楽しめるプレイスです。
     なお、西武拝島線東大和市駅が最寄り駅となっておりますが、住所は小平市。でも川ひとつ向こうは立川市という面白い立地となっております。


    2.ベンチステータス
     ベンチの数:70(園内ステージにある62を除く)
    ベンチの傾向:
     場所柄、というべきでしょうか、移動可能なベンチが多くありました。園内の中央にはお花見を想定してか屋根付きのベンチもありましたが限られています。また、園の奥には林などありますちょっとした散歩が楽しめますが、一切ベンチがありません。
     なお、薬草教室や医学生などの研修で使用する野外集会場には62の固定ベンチありましたが、全体数からは除いてあります。





    1-②.行き先の概要
    名前:都立東大和南公園(東大和市HP内ページ


    住所:東京都東大和市桜が丘二丁目
    広さ:約100,000㎡
    備考:
     敷地の真ん中に徒競走のトラックがあり、市民体育館、市民プール、野球場などが敷地内にある市民の総合運動施設という立ち位置がメインテーマの公園です。しかしTの字型の公園不思議な形をした園内を歩くと、突如として現れるのが上の写真、旧日立航空機立川工場変電所(Wikipedia)です。機銃掃射で出来た戦傷が生々しく残るこの史跡が春の陽気に駆け回る子どもたちと相まって、平和を噛みしめることが出来ます。


    2.ベンチステータス
     ベンチの数:94
    ベンチの傾向:

     公園の各所で見られるベンチは、厚みを感じるデザインです。運動目的の利用者が多く、近くの学校に生徒が部活目的で利用しているため、広く運動に適した場所には設置が少なくなっています。水遊びができるらしい人口の小川がありましたが、この周辺にベンチがなかったのは少し解せませんでした。





    3.今日のベンチ
    今日のベンチオブベンチ【光と影】(東大和南公園北側)


    東京都薬用植物園






    東大和南公園







    4.ベンチじゃない写真







    5.雑感
    た少し、構成を変えてみました。いかがでしょうか。
    薬用植物園についてはうっかり展示室を見ないで帰ってしまったことを今思い出したので、また行きたいと思っています。東大和南公園はなんとなく訪れたのですが思わぬ掘り出し物でしたね。ベンチは少ないですが、個性的なベンチでした。
    近、宮城谷昌光先生の『三国志名臣列伝後漢篇』を読んで、何進の解釈に感銘を受けいわゆる宮城谷版三国志を文庫で読んでいます。実は以前手をつけて、ほったらかしになっていたんですね。氏の作品は短編と長編でガラリと印象が違い、長編のクドクドと脱線していく筋は正直合わないと感じて放置していたのですが、私の読書観が変わったのかはたまたこれも老化の一種なのか、毎日の通勤で読み漁っています。でも、やっぱり、文庫2巻分使って後漢王朝の衰退から黄巾の乱のはじまりを説明をするのは長すぎだと思いますよ先生・・・

    以上です。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。