ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

東京都新宿区おとめ山公園と戸山公園(大久保地区)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

東京都新宿区おとめ山公園と戸山公園(大久保地区)

2018-10-08 22:44
    1.行き先の概要
    名前と住所と広さ:
       おとめ山公園(Wikipedia)新宿区下落合2  27,566㎡
       戸山公園(Wikipedia)新宿区大久保3-5-1 186,807㎡
    備考:
     JR高田馬場駅は東京メトロ高田馬場駅であり、西武線高田馬場駅でもあります。縦横に走るそれらの線路と駅を全て挟んで2つの公園が存在します。おとめ山公園は元々御留山などと書き徳川将軍家の狩り場でありました。明治維新後庭園となり国有地を経て、現在は区立公園として開園時間を制限して庭園として管理されている新しい公園です。戸山公園は尾張徳川家の下屋敷(庭園)が陸軍施設となり、戦後まもなくから周辺の団地、公共施設と共に整備されてきた古い公園となります。
     新宿区にある2つの公園。実に好対照なので合わせて紹介させていただきます。

     おとめ山公園は新しい公園らしく整備ノウハウが行き届いており、住宅街の狭間ながら渓谷を錯覚する景色は、古くは周辺住民から「落合秘境」と呼ばれたという自然を今に伝えています。湧き水が流れる小川では子供らがカニ釣りをしていました。


     戸山公園は都心の古い公園らしくマンションの渓谷にあり、子どもボール遊びから演劇の練習、昼寝、ペタンク、居住?など多目的に使用されているかと思えば、整備中の遊具近くや日当たりの強い築山の近くなど居辛い場所では無人の静寂があります。


     自然豊かな都会の公園と、とても自然体な都会の公園。
     貴方はどちらが自然だと感じるでしょうか。


    2.ベンチステータス
    ベンチの数:おとめ山公園        83
          戸山公園(大久保地区のみ) 86

    ベンチの傾向
    おとめ山公園:
    手すり付きベンチ、運動用ベンチ、茶室風ベンチなど、新しい公園らしく全てのベンチが新しいものです。利用者の殆どが芝生でくつろぐため森の中のベンチは殆ど人がいません。
    戸山公園:典型的な都会の中の公園であるように紹介いたしましたが、ほとんどのベンチが一人掛けという点は珍しいものです。背もたれがあるものもないものも1人用ばかり。背もたれ付きは長時間座り続けることができるデザインで、とても人気でした。

    今日のベンチオブベンチ:
    【ADVでパーツを揃えると次の扉が開くギミック】

    (戸山公園)

    3-1.おとめ山公園のベンチ











    3-2.戸山公園のベンチ









    4.雑感
     
    休日に晴天が少なかったから9月雨ばかりと感じた、と思っていたらどうやら例年に比べてかなり日照時間が少ないセプテンバーだったようです。久々の晴天も台風の影響で起きた異常気象(フェーン現象)だと考えると手放しで喜べない……と思うのは部屋にいる間だけで、いざ外に出ると心地よい日射しと風、写真撮影にバッチリな日照にウキウキとしました。現金なものです。
     繁忙期に入って10月の平均睡眠時間は4時間程度になる予定ですが、何とか三連休はもぎ取りました明日からそのしわ寄せをもみほぐして伸ばす予定ですが、この三連休は怠惰にyoutubeを見たりドラクエ7をしていました。やっとオルゴデミーラとの初戦が終わり四大精霊を探しているところで、こまめなレベル上げの結果、既にプレイ時間は60時間を越えています。
     10年前の記憶を手繰りつつのリメイク版プレイですが、主人公がクセのある女性にモテることに気づいて妙に新鮮味を噛みしめています。マリベルがゲームにおけるツンデレの先駆けという主張もありますが(個人的には異議が山ほどある)、なんだかDQ7発売から5年後に発売されるつよきすを思い出しました。
     ちなみに主人公は最近ずっと井戸魔人でしたが、さっきエビルタートルになりました。

    以上です。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。