ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

東京都浮間公園のベンチ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

東京都浮間公園のベンチ

2019-02-24 22:26
  • 4
1.行き先の概要
名前:浮間(うきま)公園(Wikipedia
住所:板橋区舟渡二丁目、北区浮間二丁目
広さ:117,330.24㎡


備考:
 東京都と埼玉県の県境となる荒川のそば、板橋区と北区にまたがる浮間ヶ池を囲む都立公園です。最寄り駅は埼京線浮間船渡駅、二つの地名をまんま繋げただけ。なんだか何から何まで境目の場所ですがそのユニークな成り立ちを考えれば無理もありません。


(浮間ヶ池)

 この浮間ヶ池、元は蛇行していた荒川の一部で昭和初期に治水工事を行って池となったそうです。荒川の向こうが埼玉県、というのは当時からそうだったようで、埋めて東京側になった河川敷はそこだけ県境が出っ張って今でも埼玉県(GoogleMAP)となっています。
 撮影日は穏やかな陽気に恵まれたせいもあり池の周囲をランニングしたり散歩する方が多くいらっしゃいました。大きいけど大きすぎるほど大きくはない池はちょうどいい感じです。板橋区側には野球場、テニスコートなどもありました。
 また、穏やかな水面を湛える池はカモメやカワウ、カモやバンなど水鳥憩いの場となっており、季節柄ウメの木にはメジロが。バードサンクチュアリでは羽を休めるダイサギやアオサギ、ゴイサギの姿がありました。いずれも都内の池のある公園ならよく見られますが遮蔽物が少ないので簡単に見つけられます。双眼鏡を持った子供たちがウォッチングを楽しんでいました。
 余所にない公園の特徴としては風車があること。板橋区はお台場ガンダムに対抗してガンダムファイトに参戦しようとしたのかな?公園のシンボルとして設置されたらしいのですが、電動の風車らしいので正しい分類は扇風機ですね。上の浮間ヶ池の写真右下にちんまり写っていますが、風車なのにさながらドン・キホーテのようです。


(風車)

2.ベンチステータス
ベンチの数:167

ベンチの傾向:
 池を囲むように設置されるのは池、湖のある公園の正道ですが、公園に入る前から目についたのが入り口の植木等(など)を囲む木製ベンチ。長くて他ではあまり見ない種類のベンチで10セットもありました。それと野球場とテニスコートの間にあった藤棚?を囲う柵型ベンチ(というかベンチに転用できる柵?)。公園全体のテーマが『囲う』なんでしょうか。


(入り口近く)


(藤棚?)

3.その他今回撮影したベンチ

















4.雑感
 毎回ムダに写真を撮っては取捨選択してる風に直感で決めてここかTwitterで掲載していますが、今回は今ある写真が撮ったベンチのほぼすべてです。
 梅の木をメジロが跳ねて、菜の花の蜜をハナアブが集めている穏やかな日。まあ要はだいぶ春めいた日だったので公園もベンチも利用者が多くカメラが向けづらい、そんな季節が今年もやってきました。もうちょいすれば夏がきて公園から人が減り、秋めいたらまた増えて、冬になったら減って……あれ? 1年経った。と気づくんです。こわいね。

 ドラクエビルダーズ2を相変わらずシコシコとやっていますが、今週は休日らしいことをしようということで映画を観ました。『スーパーマリオブラザーズ』って知ってますか? 1993年公開の、あのゲームがハリウッドで映画化された作品なんですけど。よく見てる映画レビューの動画で紹介されていたので実に四半世紀ぶりくらいに観ました。映画化といえば…というネタではよく見る本作ですが、1度しか見たことがなかったのでうろ覚えどころかほとんど初見に近い状態。結論としてはアクションコメディとして大変楽しんで観ることができました。勿論ネタ映画として低いハードルで視聴したということもあるのでしょうが。

以上です。
広告
×
川口市いわく「ほぼ東京」だから駅前以外マジで何も無い浮間も東京だねぇうnうn
29ヶ月前
×
全体的に殺伐とした板橋区の中でも貴重な、まともに整備されてる駅が浮間舟渡だと思っているので、
この公園の存在は大きいかな
鳩が結構人慣れしてて癒やされるし
29ヶ月前
×
>>1
コメントありがとうございます。

境界にある地域は両方の地域性が混在していますが、
境界に『川』がある地域は対岸で明確な差ができることがあります。

しかし現代はその壁を貫いて鉄道が通っているので、
川を超えた遠隔地の駅(川口や大宮、船橋)周辺が都心と同化して、
逆に合間にある地域(日暮里、深川)の方が
距離的には近いのに雰囲気が違う、なんてことも。

都心でも駅・中心街から離れるように散策するとレトロな風景に出くわして楽しいです。
29ヶ月前
×
>>2
コメントありがとうございます。

板橋区と言えば、先日は城北中央公園、茂呂山公園を記事にしました。
どちらも個性のある公園で、特に茂呂山公園は
住宅街に突然山が現れたような異界感があります。

浮間公園周辺に広がる空気感は少し江東区に似ている気がしました。
埋め立て地のため平坦で地縁が少なく、整備がやりやすかったのでしょう。
他方、江東区と違い川の埋め立てであるため大型商業施設が建つ余地は少なく、
結果として居住のみに特化した区域になっていると思います。
29ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。