【趣味の再生栽培】大山津見からの払い下げ【ブロッコリー・元宝船】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【趣味の再生栽培】大山津見からの払い下げ【ブロッコリー・元宝船】

2017-02-23 21:45
    植え替えによって空いた大山津見の前の器。
    洗って乾かして次の植物が植えられる日を待つ、というのも良かったのですが、何となく、宝船元船員のブロッコリー達をこの器に移す事にしました。
    ただの気まぐれです。


    で、植え替えた後がこんな感じ。左側が正面。
    前の器に植わっていた時の土台をほぼそのままに、この丸深皿に合わせて若干土壌を足したくらいです。
    このブロッコリー達はもっと生長したいと常々考えているようで、茎のいたるところに気根が発生しています。といっても地面から遠くやや高い場所に発生させる為、短い根が密集している玉が茎の上にずらりと並んでいる、といった感じですが。あ、見た目が気持ち悪いので写真には撮りません。
    で、その気根を根として機能させてやろうと、土台の一部を高く高く積み上げていくつかの気根を土壌の下に隠すようにしました。
    うまく行けば不定根として伸びていって、発生箇所より先の枝をもっと力強く生長させる事でしょう。
    それも前の器より広いこの器に植え替えたからこそ出来た事。そう思えば植え替えて正解でした。


    ちなみにブロッコリーは現在花蕾を形成しています。
    ロマネスコ達に比べて小さいですし、これから先もっと大きくなる見込みもありません。
    おそらく適当に伸びて適当な花を咲かせて、適当に自家受粉して適当に萎れるでしょう。そしてなぜか花蕾より下の部分はその後も元気に生き続けるのです。
    去年がそうでしたし、今年も同じに違いありません。


    ブロッコリーとは無関係ですが、ついでにひとつ。
    今期のロマネスコがまたひとつ萎れました。
    写真右側の方。これは結構元気な子だったのですが、やはり春が近づいて雑菌に勢いがついてきたからでしょうか、腐ってしまったのです。
    残念ながらこの株はこれでおしまい。わけあって同居させていたカリフラワーは現在ブロッコリー達の新居に移動させて同居させています。
    そろそろカビとの戦争の開幕のようです。
    残り4株(カリフラワー除く)のうち、何株が無事に春を越えられるでしょうか。


    といったところで今回はこの辺で。
    ではでは。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。