ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【趣味の再生園芸】カリフラワー、始動
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【趣味の再生園芸】カリフラワー、始動

2014-01-12 00:21

    今日、献血してきました。
    そして知った驚愕の事実。
    血を400ml抜いたあとに自転車を10kmほど転がすと、貧血で倒れるという真実。
    家に帰ったあとベッドに腰掛けて一息ついたら、次の瞬間世界に夜の帳が降りていました。
    5時間ほど気を失っていました。

    皆さんは献血のあとは激しい運動は控えましょう。

    育て始めて一ヶ月ほどが経つカリフラワーに、ようやく変化が見えてきました。

    撮影は献血に行く前。
    何かよく分からない粒々を抱えた花蕾の発生です。
    これはカリフラワーの仲間が生長すると必ず発生するもので、沙耶やこれまでのカリフラワーも一度は作っていました。
    残念ながらこの粒々が何なのかはよく分かりません。
    一つ一つがそれぞれ一個の細胞であろう、とは思うのですが、立てられる予測もそれくらい。
    これから大きくなったり何かに変化したりはしないので、何者なのか全然分かりません。

    ただ確実なのは、これが発生するのは生長の準備が完了した証。
    これから色々と変化が見られるようになるはずです。

    あとはその生長の先に待つものが花なのか枝葉なのかということ。
    そればっかりはそのときに直面しないと判断つけられないので、枝葉の方向になるよう願いつつ、世話をしていくのみです。

    またケカビだかミズカビだかが水際近くの葉に発生してしまいました。
    何というか、物凄い発生の仕方をしていて、その部分だけプチ腐海状態でした。
    あまりにも綺麗な生え方をしていたので写真を撮ろうとしたのですが、気がついたら綺麗に取り除いていました。
    どうやら理性では感動しながら、本能的に嫌悪感を抱いていたようです。
    無意識というのは恐ろしい………
    次回発生した際には本能が行動を起こす前に写真を撮っておこうと思います。
    その時は多分カリフラワーが死ぬ時ですけど。









    離れた位置から見るとこんな感じ。
    周りの花蕾と違うものであることが分かる


    育て始めて一ヶ月、ようやっと生長が始まります。
    これから起こる様々な変化を見逃さないよう、しっかり見張っていようと思います。
    ではでは


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。