ポケットモンスター緑VC! 生放送しました!!その4
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ポケットモンスター緑VC! 生放送しました!!その4

2016-04-24 15:14
    今回のポケモン緑VC版生放送はゴールデンボールブリッジを渡り、マサキの家手前まで来ました。
    イワークに不意に遭遇したところから「ポケットモンスターを極める本」の話題になりました。
    新しく加わったメンバーもいないので、前述の本のツッコミどころを記憶といただいたコメントを頼りに列挙したいと思います。

    1.炎タイプがゴミのようにけなされている。
    一章に一回は炎ポケモンダメ説(原文ママ)がでていました。
    確かに当時はハッサムやエアームド、ナットレイがいないので弱点がつけず、なみのりが手軽に覚えられる上で弱点を突かれるので炎タイプは弱かったですが、もっとディスらなければいけないタイプもあるだろうと。
    弱点の多すぎる草と岩、エスパーに弱点を突かれる毒、まともな技のない格闘、虫、ドラゴンなど・・・・

    2.イワークがやたらプッシュ
    イワークの防御がめちゃくちゃ高いことから何ターンでも耐える不屈の要塞みたいな書かれ方をしていました。どの章でも一回は名前が出ていたかも
    なみのりに弱い=すごく弱いという理屈ならイワークも同様なハズ。
    防御が高い=凄く強いという理屈ならパルシェン、ゴローニャ、マタドガスなんかもいます。
    パルシェンはなみのり半減、ふぶきと冷凍ビーム習得可能、自分は凍らない。とイワークよりずっと強いハズ。

    3.要注意ポケモンにユンゲラーが
    対策必須のポケモンが10匹前後紹介されている章があり、その中にユンゲラーが。
    ユンゲラーも確かに脅威ですが、フーディンのほうがパラメーターが高いです。
    なぜフーディンを差し置いてユンゲラーが・・・・
    フーディンが通信交換進化で入手が難しいためユンゲラーが代役という言い訳は同じ章でゲンガーが紹介されており、ゴーストが紹介されていないため通用しません。

    4.ダメポケモンの中にウィンディが!
    このポケモンだけは使うな!といっている章があって幼虫ポケモンやさなぎポケモン、コイキングに混じってウィンディがいました。
    前述の炎タイプであることと進化の石で進化させるともうレベルアップで技を覚えなくなるのが原因ですが、技マシンで補強すればいいし、同じ理屈でアウトになるポケモンもたくさんいるはず。
    (ポケモン個別記事では進化の石で進化するポケモンには技を覚えさせてから進化させるように書かれていたので石で進化するポケモン代表のつもりだったのかも)

    5.ポケモン151匹全部レベル100にした際のパラメーターがのっている
    同じ本の中で個体値、努力値が不完全ですが紹介されており、大体の目安だよと明言されていますので無意味とは言いませんが、お疲れさまですとは言いたい。

    6.周回プレイ前提
    パーティ紹介の最初のパーティはなんとミュウツー6匹!!
    こんな調子で技マシン14(ふぶき)やイーブイの進化形、御三家など一本のソフトでは一個、一匹しか手に入らないポケモンやアイテムの複数個使用を進めています。
    再現するにはゲームボーイ2台と通信ケーブル、ソフト2本と莫大な時間が必要です。
    ゲームボーイ2台と通信ケーブル、ソフト2本と莫大な時間を小学生に強いるんじゃない!

    やっつけ気味パーティ紹介











    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。