日本語の歌の良さ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

日本語の歌の良さ

2017-08-22 03:00
    日本語で作った自分の歌を英語に訳していて思ったのは、
    日本語は、母音を全部発音するので、メロディが細かく出来るんだと思った。
    英語に訳すと大体メロディに言葉が足りないです。
    日本語の歌の良さは、明らかに在ります。
    英語は、発音毎にメロディに乗せる事が出来ない様です。
    聴いても意味が分からなくなるみたいです。
    実際には、「静か」を「silent]にした時 「サ ・アイ ・レント」ってメロディに乗せたら、分からないって言われたんです。
    だから、音符を減らして平らになっちゃったんです。
    それはそれで良さがあるみたいですが、
    僕は日本人で良かったって思いましたよ。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。