ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【MMD艦これ】N2+CShaderで川内の質感を追求してみたGLIDE【フルHD・60fps】で使用したエフェクトについて
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【MMD艦これ】N2+CShaderで川内の質感を追求してみたGLIDE【フルHD・60fps】で使用したエフェクトについて

2016-04-04 21:00
    2016/4/4に投稿した動画で使用したエフェクトについて、使用したエフェクトの紹介をしていきたいと思います。

    ↓動画はこちら


    重くて見られない方はこちらをご覧ください⇒ https://youtu.be/HVjjiqCmojQ


    動画説明文にも書いたように、今回はN2+CShaderの質感について色々試してみました。
    前提として、「霧の出ている夜景」という限定的で陰影の扱いが難しい背景を選択してしまったため、調整にだいぶ手間取ってしまいました(^^;
    単純に質感を出すなら、順光の明るい状態が一番楽だと思います。


    ベースとなったNCHLShader2とはいくらかの変更点がありますが、ユーザー側から見て一番の違いは、『パラメータ制御がモーフ化された』ことにあるのではないでしょうか。
    これにより、シェーダーを使用する敷居が低くなったのと同時に、シェーダーの効果を経時的に変化させることも可能となりました。

    では、次に各材質に対してシェーダーを使用してみた感想について簡単に紹介します。

    ・髪
    N2+CShaderでは、『+ヘアー光沢』というパラメータがあるため、髪の質感はかなり良いものになったと感じています。
    私は今まで髪にはd_pmothairを使用していたのですが、ライティングの問題(pmothairは独自光源のためハイライトや明暗が標準光源に追従してくれない)があり、少し使いづらさを感じていたため、有無を言わずに乗り換えてしまいました。

    ・服
    NCHLShader2同様、川内さんの硬めな服の質感には適したシェーダーだと思います。
    ただ贅沢を言えば、『ノーマルマップの2層化』でしょうか。
    通常のノーマルマップ適用で服の皺や模様を表現し、微細なサブノーマルマップでレザー感が出せると理想の質感になると感じています。そこは、今後のシェーダー開発が待ち望まれる点です。

    ・艤装
    NCHLShader2とは大きく異なります。
     〇 NCHLShader2の場合



     〇 N2+CShderの場合



    N2+CShaderのノーマルマップは艤装の凹凸に適用されていて、NCHLShader2のような反射率の低く傷、というか凹凸のある金属にはなりませんでした(個人的にはNCHLShader2のほうが好みだったのですが...)。

    ・肌
    N2+CShaderはパラメータにウェットな光沢が加わったため、肌に適用してものっぺりすることがなくなり、肌用シェーダーとしても優れています。
    が、現状ではスフィアが適用できないため、肌の質感に関しては、個人的にはAdultShader系統のほうが優れているのではないかと思います。
    ただ、N2+CShaderを適用したモデルに肌シェーダーを適用することを考えると、他の材質との親和性やライティングを考えて、今回はN2+CShaderを適用することにしました。
    とは言っても、N2+CShaderには豊富なパラメータがあるため、私の動画よりも良い質感が作れるかもしれません。


    次に、今回使用したポストエフェクトについて簡単に紹介します。
    描画順は自己流なのであまり参考にならないかもしれません。
    あと、全部入れるとかなり重いです。もしPCが燃えたらごめんなさい。

    hkFog(白い霧を中距離~遠距離で出すフォグエフェクト)
    NightFog(夜の雰囲気を出すフォグエフェクト。z値をやや大きくして青めにしてます)
    AmbientController(シェーダーの付属エフェクト)
    BackLightController(シェーダーの付属エフェクト)
    Diffusion(みんな大好きDiffusion。Si=5, Tr=0.3とぼかしを強くしています)
    ExcellentShadow(シェーダーの付属エフェクト。高品位版を使っています)
    HgSAO(シェーダーの付属エフェクト。高品位版を使っています)
    HgSSAO(針金P作のSSAOエフェクト。影のようなものをつけます)
    o_SelfOverlay_Soft(オーバーレイ合成するエフェクト)

    SoftLightA(シェーダーの付属エフェクト)
    SoftLightB(シェーダーの付属エフェクト)
    PostAdultShaderS2(夜の妖しい雰囲気を出すポストエフェクト)
    AutoLuminous(川内さんの探照灯用。x, Rx, Ryをいじってます)
    Water2_low_水たまり(N2+CShader対応。Si=100で使用しています)
    CheapLens(画面端の減光、色収差、ボケを表現するエフェクト)
    MotionBlur3(重いモーションブラーです)
    ikBokeh(カメラのピントを擬似的に表現するエフェクトです)
    PostMovie_青系(ビームマンP作の映画風フィルターです)
    SoftSmoke_SP(足元の霧の正体です。パラメータをいじって霧っぽくしてます)
    BlackOut(暗転エフェクトです)
    MLAA(高品位アンチエイリアスです)

    最後に、上記エフェクトを作成された皆様に心から感謝を申し上げます。
    それでは、ここまで読んでくれた皆様にも、よきMMDライフを。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。