2018第92回中山記念(中山) 予想
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2018第92回中山記念(中山) 予想

2018-02-24 18:00

    春の中山開幕週、メイン 中山記念は少頭数10頭立て。
    逃げ馬多数のハイペースムード漂うメンバー構成となりました。


    馬場ですが、低温の影響で洋芝の生育が鈍く、三角~四角内側を中心に回復の遅れている箇所が見られるとの事。
    開幕週らしい前残り傾向が強い馬場状態には程遠いものとなっています。


    展開は、柴田善に乗り替わるマルターズアポジー、これは行く一手。
    そして、柴田大のマイネルハニーは淀み無いペースで飛ばしてこその馬。
    さらに、昨年のNHKマイルC馬 アエロリット。
    こちらもスピードの持続力で勝負する馬で、鞍上は良くも悪くも馬に逆らわない横典。
    先週のフェブラリーSではニシケンモノノフに騎乗し、前半34.1-45.8-58.3のハイペースを演出したのは記憶に新しい処。
    ここは大外枠だけに、テンから自然に出して行く形になるでしょう。

    これだけのメンバーでスローは有り得ません。
    ハイペースは確定的で、競り合い含みもありそうな三頭。
    序盤からしっかりとペースが流れそうです。

    中山内回り千八だけに、勝負処の動き出しも早目。
    前でペースを刻む三頭の他にも、前々から勝負をしたいウインブライトが勝負処から動き出して前三頭に絡む様になると、上がりは確実に掛かるはず。

    テンから終盤まで非常にタイトなペースでの競馬となりそうです。


    馬場は開幕週ながら、回復が遅い芝コース。
    展開は終始タイトなペースで流れそう。
    上がりが掛かる展開に馬場になりそうで、溜めが利く馬に利があるか。


    これを踏まえ、本命はショウナンバッハ。
    前走AJCCは、道中気分良く行き過ぎた面があり、終い弾けず6着まで。
    距離も若干長かった印象があり、この千八で改めて見直したい処です。

    重賞掲示板常連で、嵌まれば頭までありそうな末脚を持つキタサンブラックの半兄。

    前走も最終追い切りは抜群でしたが、今回は更に動いて来ました。
    美浦坂路を単走で49.2-36.0-24.0-12.2と、自己ベストを大幅に更新する素晴らしい動きを披露。
    今がキャリアハイとも言えるだけのこの出来ならば、G1馬三頭、G2馬三頭、G3馬二頭を相手に回しても引けは取らないかと。

    前三頭が飛ばすハイペースに上がりが掛かる流れとなれば、この馬の末脚が嵌まっても不思議無し。
    ここは一発があると見ました。


    相手はサクラアンプルール。
    前走有馬記念は16着と最下位入線。
    しかし、三~四角の手応えは出走全馬の中でも絶好と言える程。
    直線で仕掛けた時には、すぐ横にいたシュヴァルグランより前に出て、ひょっとしたら!?がありましたが、スワーヴリチャードが内に切れ込み鞍上の蛯名が立ち上がる程の不利。
    このレースは全く参考外、度外視のレースです。

    中山巧者で、ここは昨年の中山記念で2着の舞台。
    内々からのレースはお手の物で、昨年の中山記念、札幌記念(1着)と、内を見事に捌いての好走。

    前走有馬記念での直線までの内容を見るならば、ここで突き抜けても不思議無いポテンシャルの持ち主。
    今年も勝ち負けを期待します。


    三番手にはディサイファ。
    前走AJCCは4着と、久しぶりに好走。
    小島太師が引退となる事があり、ここはかなり前から狙っていたレースとの事。
    ディサイファ自身も引退レースとなり、仕上げはメイチ。

    今週の美浦坂路では併せ馬で突き抜けての先着。
    51.9-37.5-24.4-12.3の時計も良く、脚を高く上げるフォームにも躍動感があり、いい時の動きに戻っています。

    一昨年のマイルCSでの不利以降、精彩を欠く内容でしたが、最後の最後で輝きを取り戻して来た印象。
    年齢が年齢だけに時計勝負には厳しいでしょうが、開幕週とは言え、傷みが残る馬場状態ならば時計は見込めないかと。
    前三頭が飛ばして上がりが掛かる競馬になれば、この馬も嵌まっても不思議ありません。
    勝ち負けを期待します。


    昨年のマイルCS馬 ペルシアンナイト。
    最終追い切りでは格下の良血馬 トゥザクラウンに外から煽られクビ差遅れ。

    年明けから池江師の調子が悪く、今年はまだ4勝と成績不振気味。
    この事もあり、この稽古での遅れは気になる処。

    G1馬で斤量も背負う面もあるだけに、ここは消して妙味と見て、消しです。


    昨年のドバイターフ覇者 ヴィブロス。
    ここは昨年5着の舞台で、中山内回り千八向きとは言えない印象。
    広いコースでストライドを生かしたい馬だけに、この舞台は忙しい印象。
    ここは叩きの一戦と見て、消しです。


    昨年のNHKマイルC覇者 アエロリット。
    強力同型の存在は明らかにマイナス。
    ここはマルターズアポジー、マイネルハニー共々、共倒れとなりそうで、消しです。


    昨年はスプリングS、福島記念と重賞2勝のウインブライト。
    早目早目の競馬が身上だけに、ペースが早すぎるのは影響がありそう。
    終い甘くなる可能性が非常に高く、ここは決め手ある馬の末脚に屈する可能性が高いと見て、消しです。




    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。