恋愛ラボ #03「宣戦布告のサヨとエノ」 感想
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

恋愛ラボ #03「宣戦布告のサヨとエノ」 感想

2013-07-19 17:00
  • 2
前回の感想はこちらから。

「ダンガンロンパ」と同じアニメイズム枠の「恋愛ラボ」も三回目です。
この両作品のギャップは凄いですねw


今回で1巻を完全に消化し、前回での感想通りの流れ。
4巻で一区切りの流れとみて間違いなさそうです。

このアニメを見て思うのは、完成度の高さでしょうか。
スズが原作以上に動いている以外は、ほぼ原作に沿ったストーリー展開。
毎回違うリコの髪型等、細かい所も忠実に表現されており、非常に好感が持てます。

アニメならではの表現も、今回良かったですね。
ラストの委員長会議の所は、マンガ以上の表現だったかと。

追い詰められてのマキの表情は、流石に「琴浦さん」のチームだなと。
そこでの外野のきつい言葉も、アニメで表現されるとここまで厳しいものかとw
周りのモブキャラも動きますし、なかなかアニメもいいですねぇ。


原作の再現度、空気感が非常に良く醸し出されていて、原作ファンもアニメからのファンも納得できる出来なのでは無いかと。
次回からは生徒会五人で本格的に活動となるので、楽しみがあります。

ただ、今までは原作分が削られている部分は少ないですが、これからは五人が動く訳で、削られるパートは動かすキャラの多さにより、尺が無くなっていくのでは?との懸念がありますが・・・。


さて、明日くらいはいい加減、競馬でもやらないといけないのでしょうねw
もう一本くらい今期アニメ見れる余裕があるんだけどなぁ・・・。

広告
×
春からやってる進撃の巨人はどうですかね?
92ヶ月前
×
あー、それ見てませんね。
原作も過去編突入してからはさっぱり見てないのでw
92ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。