恋愛ラボ #04「恋愛研究再開!と思ったら……」(4話) 感想
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

恋愛ラボ #04「恋愛研究再開!と思ったら……」(4話) 感想

2013-07-26 14:36
    前回の感想はこちらから。
    「恋愛ラボ」の四回目。
    五人揃っての初めての回です。


    ここで感じたのは、四コマではなく、シチュエーションコメディとしてはどうかという点ですね。
    シチェーションコメディとして見ると、テンポが悪いという印象でした。

    どうしても、会話と会話の間で相手を待ってしまっているので、テンポの悪さと感じてしまいますね。
    一拍置いているだけに、リコのツッコミにキレが無くなっています。

    ポンポン速射砲のように会話が飛び交うのであれば、もっとテンポが良くなり面白くなると思うのですが・・・。

    ただ、その分、会話が聞き取れなくなる、相手に発言に被ってしまう事になるので、意図的に避けているような不自然さを感じました。


    流石に「ジーン・クルーパーのドラムの響きを聴くよう」な天才のテンポとまでは言いませんが、それでも、如実に四コマとの違いを感じてしまう回でした。


    やはり、こういうコメディとなると、テンポの違いが見えてしまいます。
    会話の勢いが止まるというのは致命的。

    四コマの方が読者ペースで入ってくるのに対して、アニメでは演者や演出、監督になってしまうだけに・・・。
    惜しむらくはその点でしょうか。


    他の描写は細かいものす、アニメでこそというのも見れたのはいいですね。
    ダッキーの扱いはいいですねぇw

    恋愛研究時のダッキーといい、マキのダッキーの扱いといい、これはアニメで映えます。

    いい所もあれば悪い所も目に付いた回でした。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。