• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 天国TRPG 制作秘話

    2018-03-06 17:3013

    運営Tでございます。

    3月5日に放送された「天国TRPG~インセイン~」ですが、アンケートが公式放送が「非常に良かった」が90%超え、そしてチャンネル会員限定放送については99%と非常に高い評価を頂けました。
    ご視聴そしてコメントを賜り、スタッフ一同、心より感謝申し上げます。

    5c4913b4c8f1a1ddcd827c7d746bb6dbecd470e7a35c223c047e5a38aedb8c90f0d6f3f7e3e575f3

    放送タイムシフト



    動画はこちらからご視聴いただけます
    fd3cda788e802e297d131f3521964079d4426ad6


    放送が終わった直後、確かな手応えと、難産だったこの番組が終わったことで肩の荷が下りたといいますか、力が抜け落ちた印象がありました。
    この記事では、そんなTRPGの企画の裏側をお話できればと思います。多少自慢気なのは、今回だけはお許し下さい。そして「長い」です。覚悟してお読みください。


    このTRPG企画は、実は苦難の連続でした。
    TRPG企画がスタートしたのは2017年3月、つまり1年前です。
    企画立案は私こと運営Tでしたが、その時点でTRPGのTの字も知らない、リプレイを数回見ただけの「にわか&動画勢」でした。TRPG動画はニコニコ内でも人気コンテンツでしたので、なんとかなるだろうという甘い読みでスタートしたものの、すぐに挫折が訪れました。

    TRPGはルールブックがいわゆる出版物です。そしてシナリオはネタバレをしてしまうことはプレイヤーの皆様の楽しみを奪い、そして出版社様や製作者様の利益を掠め取る行為になります。
    ですので、ゲーム実況天国で放送しても良いかどうかの許諾を頂くのですが、まずここから頓挫しました。各出版社様へ企画の打診を行いましたが、ほとんどが「返信すら無い」状態でした。真摯にご検討いただいた出版社様でも、ゲーム実況天国が有料サービスであることから難色を示され、結局のところは許諾がどこからもいただけない状態になりました。当然、許諾なくては制作ができるわけもなく、そこから半年、TRPGのルールを覚えるなどをしながら、地道に企画書を送り続けました。
    それでもどこからも反応がまったくなく、これはもうTRPG企画は諦めようと思った矢先、一通のメールが届きました。

    そのメールの送信主が今回制作に全面的にご協力頂きましたインセインの生みの親「河嶋陶一朗」様でした。そしてそこには許諾をいただけるという文字が。なんという僥倖。話を聞けば関係ない部署をたらい回しにされ、最終的に製作者様である河嶋様の所に連絡が来たとのことでした。


    ご快諾を頂けたこと、この場をお借りしまして冒険企画局様、そして河嶋様に感謝を申し上げます。

      ルールブック     シナリオ集
      3596a4db5c6253f6dd991d89fa946ac7859a583f   af712ee09d96b8ed6844baa493cde0219bfa9efb
    ※amazonへリンクしております。購入は画像をクリック!
    ※一緒にプレイするお友達は買えません。


    その後、河嶋様からのご推薦でやんわりさんがGMとしてきてくださることが決まりました。そして今回見事なロールプレイを披露していただきました、なな湖さん、タラチオさん、PHABさん、にどみさんの4名のプレイヤーも固まり、いざ収録に。その時すでに企画立案から6ヶ月が経過しておりました。季節は秋になっていました。


    9月某日。

    私も収録現場にいましたが、奇跡のようなセッションがその卓では炸裂し、収録を終えました。ロールプレイ部分は特に撮り直しなどをしないまさに一発出たとこ勝負。ご出演の皆様の掛け合いは、全部アドリブの産物です。打ち合わせもしてません。TRPGの生の感覚をできるだけ盛り込んだ、オフラインセッションらしい展開と誰も想像してなかった超展開に、笑い声を抑えるのに苦労した記憶があります。素晴らしい時間でした。

    そして、ここからが本当の地獄が始まりました。

    それは「編集」という魔物でした。
    TRPGの映像化にはまずほとんどのセリフの書き起こしが必要になります。セリフのテロップ製作数が数百枚。ちょっとしたアドベンチャーゲームくらいあります。その物量が今回編集したスタッフを圧倒していきました。夜な夜な「おわんねーよこんなの!」と吠えていたのを私は何度か見ました。それほどに物量というのは人を追い詰めるのだなと思いました。

    その一方で、映像化にはもちろんビジュアルが必要です。
    プレイヤーには「キャラクターシート」を作成していただいたのですが、ここから今回のキャラクターを作っていきます。

    ※クリックorタップで大きな画像になります。

    西園寺 愛我平
    6a071611451b8eb2887300c3ad2e2432a2e80ba7


    深澄 泉
    40829c28f0e003717bbe217ea665a2d127492632


    綱渡 キーシャ
    7e252c406b3dfeea17b19e78bfd230f107752caf


    抜道 光
    2855490f59504e731294f408058ecf14b1bc036e


    このシートにしかない設定などが色々書かれていますね…
    実はこの日、2本撮りだったため余計な情報も書かれているのですがそれは見なかったことにしてください(笑) たぶん世にでることはないと思います。。。

    ここで必見なのが、キーシャです。
    名前が「渡キーシャ」になっています。これではそのまま読むと「なわわたり」ですね。
    これがPHABさんのコダワリのキラキラネーム的当て字なのか、それとも単なる誤字なのかで悩みましたが、愛我平という超絶キラキラネームが他いるので、ここは読みやすさ優先とPHABさんの天然ボケによる誤字と判断し「渡」へ変更しました。これで合っていましたか?PHABさん。

    そんなこんなでキャラクターデザインは縁あって山本かなさんにお願いしました。

    山本かなさんのブログ「ゲームオタクなアメリカン♡ダーリン」
    http://kana-adam.blog.jp/


    リンク先のブログを見て気がついた方は気がついたかもしれません。そうです、「えいごで実況」でお世話になったアダム先生の奥様なんです。ご縁というのは不思議なものです。
    打ち合わせすること数回、キャラクターシートから想像を膨らませ、素敵なイラストが出来上がりました。’ちなみにかなさんの推しはRPの面白さからキーシャとのことです)

    5539f83127ed65a084d3b5724ae02638cfed1681


    キャラクターが出来、そして背景やら1枚絵やらなにやらを製作依頼し、たった一人で編集しきったディレクター兼編集のスタッフ、こちらも大変お疲れ様でした。私は偉そうに文句しか言ってなかったので、真のMVPはこのスタッフなのではないかなと思ってます。皆様も心のなかで拍手してあげてください。


    時があっという間に過ぎ、1月下旬頃。計画立案から10ヶ月。その段階でやっと制作進行が30%でした。○会議というイベントでスタッフがヘロヘロになっていたので、致し方ありません。しかし、これでは約束した3月公開も危ない。しかし、ええいままよとばかりに猛烈な勢いで制作が進み、公開前日まで編集を行い、そして3月5日になんとか公開にこぎつけました。

    1年越し、そして私と編集兼ディレクターのほぼ2人のプロジェクトはこんな感じで進み、そしてゴールを迎えたのでした。めでたしめでたし。


    苦労話なんて面白くもなんともないものですが、さすがに1年やったことなので記録にまとめておこうかなと思いました。いろんな偶然や出会い、皆様の善意や奇跡でなんとか成り立ったことを忘れずに、今後も精進していきます。
    お目汚し失礼しました。
    願わくば次があることを祈って。

    90135d7918e830365b688ea75dbe62062ae8192a
    2017年9月某日 収録スタジオにて ご出演の皆様




  • ゲーム実況者のど自慢(ストリート)@闘会議2018ステージ、予選番組出演者募集!

    2017-12-13 18:05
     2月10日(土)、11日(日)に幕張メッセにて開催される「闘会議2018」の
     ゲーム実況者エリア内『ゲーム実況天国ステージ』でゲーム実況者のど自慢(ストリート)を実施します。
     闘会議出演をかけた選考番組を1月3日放送!その出演者を大募集いたします!
     選考で選ばれた実況者は、闘会議にてその歌声を響かせることができます!

     応募者は書類選考の末、1月3日に実施予定の選考番組へ出演。生放送内で歌声を披露し、視聴者アンケートと審査員による得点よって選ばれた実況者が見事、闘会議への出演を果たします。

     闘会議当日のステージでは、もちろんカラオケを披露! ステージの様子はニコニコ生放送で完全中継されます。

    1月3日の予選放送はこちら!



    応募条件:ゲーム実況の動画、生放送を行っている18歳以上(応募時点)の方。
         国内在住で、1月3日の夕方17時頃、関東近郊に来れる方。
         闘会議2018、のど自慢ステージへご出演可能な方
         ※予選番組への参加にかかる交通費・宿泊費などの諸経費は自己負担となります。
         ※闘会議へご出演となった場合は交通費・宿泊費は弊社負担となります。
    応募方法:応募要項を記載のうえ、下記の応募専用メールアドレス宛までお送りください。
    応募期間:2017年12月22日17:00まで
    当選通知:ご応募頂きました中から、ご出演をお願いしたい方へメールにて随時ご連絡させて頂きます。


    【応募メールアドレス】

    下記を記入の上、メールにて送信してください。

    【応募要項】
    ・件名:「のど自慢予選参加希望」とご記入ください
    ・お名前:
    ・年齢
    ・ユーザー(ハンドル)ネーム:
    ・ニコニコユーザーページ: ※user/123xxx
    ・ニコニコミュニティ: ※co456xxx等
    ・メールアドレス: 
    ・Twitter ID:
    ・お電話番号:
    ・お住まいの都道府県:
    ・歌いたい曲(2曲):
    ・意気込み:(任意)

    ※グループで実況活動をされている方でも個人でお申し込みください。
    ※応募される方は株式会社Gzブレインのプライバシーポリシーを
     ご覧いただき、賛同された上でご応募願います。

    ※選考後の連絡はメールを使用しますので、gzbrain.jpからのメールを受信できるよう迷惑メールフィルタ等の設定をお願い致します。



  • 「 あの放送をもう一度!」アーカイブアンケート結果

    2017-10-18 13:56

    天国運営のTです。

    アーカイブ化希望アンケート、ご応募ありがとうございました!
    なかなかにマニアックなものから、名作なのになぜかアーカイブ化されていない番組まで目からうろこの番組の数々!結果はこちらです!

    d4a7eb9a4f2364e3ade322ff5e48fe41d9feaa4f

    希望の中から、現時点で決定となっているものはアーカイブ化を進めております!
    また、確認中となっているものは各種の大人の事情を確認している最中です。結果として難しい場合は申し訳ありません。

    ゲーム実況天国では柔軟な対応をモットーにいろいろ企画しておりますので、何か気になることはどんどんTwitterなどでリプライください!

    あらためて、ご応募ありがとうございました!