• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • BitSummit Volume 6:ついに発売を迎えるインディーゲーム『LA-MULANA 2』 NIGORO楢村匠氏と『LA-MULANA』プロジェクトを振り返る

    2006年にパソコン用フリーゲームとしてリリースされ、遊びごたえのあるハードな内容が国内外で支持された2Dアクションゲーム『LA-MULANA(ラ・ムラーナ)』。開発者であるゲーム制作集団NIGOROは、まだ「インディーゲーム」という言葉が国内に定着する前から小規模のチームでインディペンデントな活動を繰り広げ、今や日本のインディーゲームシーンを代表する存在になりました。彼らの活動を振り返ると、日本のインディーゲーム開発者のトップランナーとして実績を挙げてきたことが分かります。 2011年6月:Wiiウェア版をリリース 2013年1月:Steam Greenlightを通過してSteamでのリリースが決定 2013年3月:第1回の『BitSummit』に出展 2013年4月:SteamでPC版を全世界にリリース 2013年9月:新作『LA-MULANA 2』デモ版を『東京ゲームショウ』に出展 2014年1月:『LA-MULANA 2』の『Kickstarter』プロジェクトを開始 2014年2月:『LA-MULANA 2』の『Kickstarter』プロジェクトが目標金額の20万ドルを達成 2014年12月:PS Vita版『LA-MULANA EX』がピグミースタジオから発売 2015年7月:『LA-MULANA 2』がBitSummitアワードの朱色賞(大賞)を受賞 『Kicksta...

    2日前

    • 0 コメント

    RSSから

  • BitSummit Volume 6:『PLAYISM』が7周年で『LA-MULANA 2』や『ケロブラスター』Switch版などを出展

    5月12日から13日にかけて京都・みやこめっせで開催されたインディーゲームの祭典『BitSummit Volume 6(ビットサミット ボリューム シックス)』。会場ではインディーゲームシーンの成長を受けて、インディーゲームを専門に扱うパブリッシャーの存在感が大きくなっていることを実感しました。特に注目を集めていたのが、PCゲームのパブリッシャーとして始まり、海外向けの『Steam』での展開、『Kickstarter』プロジェクトの成功、コンシューマー機へのパブリッシングと実績を上げてきた『PLAYISM』。7周年を記念したプロジェクトの発表と展示について、『PLAYISM』の水谷俊次氏に解説していただきました。 Switch版『ケロブラスター』 『洞窟物語』で知られる開発室Pixelの『ケロブラスター』は、2013年の第1回『BitSummit』でサプライズ発表された作品。iPhone版、PC版、PlayStation 4版がリリースされていますが、今夏リリース予定のNintendo Switch版が出展されました。「Switch版として特典があるわけではないですが、非常に遊びやすくなっています」(水谷氏)。 【PLAYISM】ケロブラスター トレーラー 日本語 by 開発室 Pixel(YouTube) https://youtu...

    2日前

    • 0 コメント

    RSSから

  • BitSummit Volume 6:インディーゲームの祭典が過去最高の来場者数を記録 2日間で1万740人が来場

    インディーゲームの祭典『BitSummit Volume 6(ビットサミット ボリューム シックス)』が5月12日から13日にかけて京都・みやこめっせで開催され、その総来場者数が主催の一般社団法人日本インディペンデント・ゲーム協会(略称:JIGA)から発表されました。 2日間の来場者数の合計は1万740人。過去最高の1万人を超える結果となりました。 5月20日(土):5954人 5月21日(日):4786人 合計:1万740人(昨年9346人) 最終日に8部門にわたって発表された『BitSummitアワード』の結果は下記記事をご覧ください。 BitSummit Volume 6:優れたインディーゲームを表彰する『BitSummit アワード』12作品を選出 『BLACK BIRD』が最優秀賞とサウンド賞の2冠を獲得 http://getnews.jp/archives/2044001[リンク] ■開催概要 名称:BitSummit Volume 6(ビットサミット ボリューム シックス) 日程:2018年5月12日(土)・13日(日) 時間:10:00 ~ 17:00 会場:京都市勧業館「みやこめっせ」1階 第2展示場 主催:BitSummit 実行委員会 ・一般社団法人日本インディペンデント・ゲーム協会(JIGA) (Q-Games / PYGMY STUDIO / Skeleton Crew Studio / Digital Developme...

    4日前

    • 0 コメント

    RSSから

  • BitSummit Volume 6:優れたインディーゲームを表彰する『BitSummit アワード』12作品を選出 『BLACK BIRD』が最優秀賞とサウンド賞の2冠を獲得

    日本のインディーゲームを世界へ発信することを目的に2013年に立ち上がったイベント『BitSummit』。第6回のイベント『BitSummit Volume 6(ビットサミット ボリューム シックス)』が5月12日から13日にかけて京都・みやこめっせで開催され、最終日には優れたインディーゲームを表彰する『BitSummitアワード』が8部門にわたって選出されました。 例年、大賞として発表される朱色賞(VERMILION GATE AWARD)は、PS『moon』やPS2『チュウリップ』を手がけた木村祥朗氏率いるOnion Gamesの『BLACK BIRD』が受賞。エクセレンスインサウンド賞と併せて2冠を獲得しています。 バーミリオンゲート賞:もっとも優秀な作品に贈られる賞 『BLACK BIRD』(Onion Games) [リンク] BLACK BIRD (Prototype version of 2016)(YouTube) https://youtu.be/fmCGndARBoY 受賞理由: アート、ゲームデザイン、音楽、全てにおいて非常にクオリティーが高く、BitSummitの大賞として相応しい作品である。 ポピュラーセレクション賞:イベント参加者からの投票でもっとも得票が多かった作品に贈られる賞 GrayScale(チームGrayScale/NCSゲーム制作部) [リンク] GrayScale(Y...

    2018-05-14

    • 0 コメント

    RSSから

  • ミニファミコンの少年ジャンプVer.登場! 全20タイトルに『キン肉マン』『キャプテン翼』などを収録

    2018年にまたブロッケンJr.を取り合うことになろうとは……。 『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ』の『週刊少年ジャンプ』創刊50周年記念バージョン が発売されることが分かりました。発売日は2018年7月7日(土)、価格は7980円(税抜き)です。 収録タイトルは全20種で、『キン肉マン マッスルタッグマッチ』(1985)、『ドラゴンボール 神龍の謎』(1986)、『聖闘士星矢 黄金伝説』(1987)、『キャプテン翼』(1988)、『ファミコンジャンプ 英雄列伝』(1989)など、ファミコン全盛期に発売されたジャンプゲームの人気タイトルが集結。『ジャンプ』本誌をモチーフにしたパッケージが特徴で、本体にはゴージャスなゴールド塗装が施されています。 <収録タイトルリスト(カッコ内は発売当時のメーカー名)> 暗黒神話 ヤマトタケル伝説(トンキンハウス) キャプテン翼(テクモ) キャプテン翼II スーパーストライカー(テクモ) キン肉マン マッスルタッグマッチ(バンダイ) キン肉マン キン肉星王位争奪戦(バンダイ) 魁!!男塾 疾風一号生(バンダイ) 聖闘士星矢 黄金伝説(バンダイ) 聖闘士星矢 黄金伝説 完結編(バンダイ...

    2018-05-14

    • 0 コメント

    RSSから