• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • 全6種コンプリートしたい! 『ファイナルファンタジーXV ポケットエディション』の限定ポケットティッシュが東名阪エリアで配布決定[PR]

    みなさん、街で配布しているポケットティッシュって受け取りますか? 伏し目がちに通過したり、なぜか会釈しちゃったりする人も多いのではないでしょうか。しかし、今回に限っては是が非でもゲットしたいスペシャルなポケットティッシュが配布されるようです。 本日2月9日(金)にゲームアプリ 『ファイナルファンタジーXV ポケットエディション』 が配信開始となったのを記念し、「XV」にちなんだ2月15日(木)限定で、同タイトルの 人気キャラクターをあしらったポケットティッシュを東京・大阪・名古屋の街頭にて配布 。限定生産で、もちろん無料です! いわば、ポケット“ティッシュ”エディションってなワケですな。 また、新宿駅周辺では、運が良ければ『ファイナルファンタジーXV』の開発者に会えるかもしれないとのこと。 <配布場所> 東京エリア:新宿駅周辺、渋谷駅周辺、有楽町駅周辺、品川駅港南口周辺 大阪エリア:梅田駅周辺、なんば周辺 名古屋エリア:名古屋駅周辺、栄駅周辺 ※絵柄の指定・交換は不可。配布数には限りがあります。 2016年に『プレイステーション4』と『Xbox One』向けに発売され、全世界で累計660万本を売り上げた『フ...

    2018-02-09

    • 0 コメント

    RSSから

  • JAEPO2018:伝説のビデオゲーム『PONG』が現代に復活! 今夏タイトーからアーケード版も登場!!

    アミューズメント関連の展示会『ジャパンアミューズメントエキスポ(JAEPO)2018』のタイトーブースにて、コーヒーテーブルとして復活した名作ビデオゲーム『PONG』の実物展示が行われた。さらに、今夏にはアーケードタイプもリリースすることが判明。本稿では、実際に展示されていたテーブルタイプの写真とともに、詳細をお届けする! 最新機能&デザインで新登場! 1972年11月にアタリより発表され、大ブームとなった名作ビデオゲーム『PONG』。テニスや卓球のように画面上を行き交うボールを打ち合うという超シンプルな内容ながら、“商業的に成功した最初のゲーム”として今もなお語り継がれている。そんな『PONG』が最新機能・デザインとなって現代に蘇る。 今回、タイトーブースで展示されていた筐体は、もともと海外クラウドファンディングのプロジェクト『Table Pong Project coffee table』で実現したもの。レトロな効果音や反射時の点滅効果など、オリジナルを忠実に再現しているのが特徴だ。また、プレイ時以外はLEDクロックを表示する、Bluetoothスピーカー内蔵、スマートフォン充電用のUSBポート4口搭載など、現代に寄せた最新機能も充実している。 そ...

    2018-02-09

    • 0 コメント

    RSSから

  • 公道が冒険の舞台になる位置情報RPG『八百万クエスト』を一足先に遊んでみました

    トイロジックが2月にリリースするiOS/Android向け位置情報RPG『八百万クエスト』。プレス向けの体験会に参加してきたので、レポートをお届けします。 『八百万クエスト』は、ゼンリンの地図情報を利用することにより、全国のすべての公道をゲームの舞台にして遊べる位置情報RPG。街を歩いてゲームを遊ぶことができます。 プレイヤーは実際の地図と連動するダンジョン上に現れる敵とのバトルやイベントを通してシナリオを進行、キャラクターを獲得したり育成していく本格的なRPGが楽しめます。ゲームは2人から4人のマルチプレイにも対応。協力して開けられる宝箱や、複数プレイヤーで一緒に戦うボスが出現します。 キャラクターは、日本ゆかりの武将や偉人、妖怪、昔話などから150以上を収録。毎月新キャラクターを追加していきます。 ゲームの大きな特徴となるのが『ご利益システム』。重要キャラクターの“ヤオヨロズ”とプレイ中に“ご縁”を深めていき、“ご縁”が100%になると“ご利益”を獲得できます。“ご利益”は図鑑に追加されていくので、“ご利益”のコンプリートを目指すのもゲームの目的のひとつ。特定の“ご利益”を組み合わせることで、特殊な効果が発動する“...

    2018-01-31

    • 0 コメント

    RSSから

  • 迫りくるビートをライトセーバーで斬りまくれ ジェダイ気分を味わえるVRリズムゲーム『Beat Saber(ビート・セーバー)』

    チェコのインディーゲームスタジオ、Hyperbolic Magnetism(以下、同スタジオ)が最新作となるVRリズムゲーム『Beat Saber(ビート・セーバー、以下本作)』のゲームプレイ動画を『YouTube』にて公開しています。 Beat Saber Gameplay Teaser(YouTube) https://youtu.be/3rIjcRK_BNU 本作は、プレイヤーめがけて迫ってくるビートと同期した青と赤の2色のキューブを、両手に持ったライトセーバーのような青と赤の剣2本で斬りまくるVRリズムゲームです。いわゆる“音ゲー”と、スマートフォン用ゲーム『Fruit Ninja(フルーツニンジャ)』のような“スラッシュアクション”が融合したゲーム内容となっています。本作には短時間で楽しめるクイックプレイモードと、長く遊べるキャリアモードの2つのモードが用意されています。 Beat Saber Gamescom Preview(YouTube) https://youtu.be/CyvdqaYIblA ゲームズコム(gamescom)2017に出展した時の様子。 同スタジオは、Apple Design Award 2016受賞作『Chameleon Run』の開発元でもあるだけに、注目度は高いようです。 たった2人で作ったゲーム「Chameleon Run」がApple Design Awardを取るまで。そして,...

    2018-01-24

    • 0 コメント

    RSSから

  • 「#任天堂を許すな」がトレンド入り →白猫ファンの抗議タグかと思いきや多幸感あふれる大喜利に発展

    人気スマートフォン向けRPG『白猫プロジェクト』に特許権の侵害があるとして、運営会社であるコロプラが任天堂より提訴されたことを発表。同タイトルの配信差し止めと損害賠償44億円の支払いが求められている。 注目企業同士の係争にネット上でも大きな反響を呼び、『Twitter』では 「#任天堂を許すな」 がトレンド1位に。コロプラ側は「任天堂の特許権を侵害する事実は一切無い」と説明しており、『白猫プロジェクト』のプレイヤーたちが非難の声を上げた……のかと思いきや、意外にもそのタイムラインには優しい世界が広がっているじゃありませんか! SWITCHという神ハードにゼルダの冒険という神ゲーをあわせて発売するという極悪非道な行為によって去年ほぼ1年間他の趣味をする時間は無くなってしまった。任天堂を許すな。#任天堂を許すな — なかつ くにあき (@nakatsukuniaki) 2018年1月11日 SWITCHという神ハードにゼルダの冒険という神ゲーをあわせて発売するという極悪非道な行為によって去年ほぼ1年間他の趣味をする時間は無くなってしまった。任天堂を許すな。 #任天堂を許すな うちの母親は「ご当地検定DS」にハマりすぎて、最終的に「高...

    2018-01-11

    • 21 コメント

    RSSから