• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 【編集長:東浩紀】ゲンロンβ27【人文とシネマの彼方へ】

    2018-07-20 21:10
    540pt
    【編集長:東浩紀】ゲンロンβ27【人文とシネマの彼方へ】
    ◆――◇――◆――◇――◆――◇――◆――◇――◆――◇――◆――◇――◆――◇

     ゲンロンβ27【人文とシネマの彼方へ】
     2018年7月20日号(テキスト版)
     編集長=東浩紀 発行=ゲンロン

    ◆――◇――◆――◇――◆――◇――◆――◇――◆――◇――◆――◇――◆――◇
    ◆◆『ゲンロンβ27』試読版
    https://issuu.com/genroninfo/docs/genronb27issuu/22
    こちらから今号を試し読みいただけます。

    ◆◆◇◇ 目 次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━


    1. 観光客の哲学の余白に 第12回 触視的平面の誕生(3) 東浩紀
    2. 人文的、あまりに人文的 第20回(最終回)『知の果てへの旅』『知ってるつもり――無知の科学』 山本貴光+吉川浩満
    3. ポスト・シネマ・クリティーク 第26回(最終回) 「〇七年」とポストシネマの時間性=歴史性――水崎淳平監督『ニンジャバットマン』 渡邉大輔
    4. スマホの写真論 第15回 スマホとSNSによって溶ける撮影行為 大山顕
    5. アンビバレントヒップホップ 第14回 無名の群衆 vs. ラップヒーロー 吉田雅史
    6. 展評――尖端から末端をめぐって 第3回 人間・高山辰雄展――森羅万象への道 梅津庸一
    7. トゥルーエンドを探して 第11回 結局地元 西島大介
    8. 五反田アトリエからのお知らせ 藤城嘘(カオス*ラウンジ)
    9. ゲンロンカフェイベント紹介
    10. メディア掲載情報
    11. 編集部からのお知らせ
    12. 編集後記
    13. 読者アンケート&プレゼント
    14. 次号予告


    表紙:今年1月5日のゲンロンカフェイベント、「『人文的、あまりに人文的』な、2017年人文書めった斬り!」に登壇した山本貴光氏(左)と吉川浩満氏(右)。両氏は16年5月刊行の『ゲンロンβ2』から、「人文的、あまりに人文的」と題して話題の人文書2冊を紹介する対談連載をしている。単なる書評にとどまらず、清新な切り口で人文学の現状と未来を俯瞰する好評の連載は、今号で最終回を迎える。連載第1回を再録した吉川氏の新著『人間の解剖はサルの解剖のための鍵である』が今月刊行された。


     
  • 【編集長:東浩紀】ゲンロンβ26【チェルノブイリと哲学】

    2018-06-22 22:20
    540pt
    【編集長:東浩紀】ゲンロンβ26【チェルノブイリと哲学】

    ◆――◇――◆――◇――◆――◇――◆――◇――◆――◇――◆――◇――◆――◇

     ゲンロンβ26【チェルノブイリと哲学】
     2018年6月22日号(テキスト版)
     編集長=東浩紀 発行=ゲンロン

    ◆――◇――◆――◇――◆――◇――◆――◇――◆――◇――◆――◇――◆――◇
    ◆◆『ゲンロンβ26』試読版
    https://issuu.com/genroninfo/docs/genronb26issuu/22
    こちらから今号を試し読みいただけます。

    ◆◆◇◇ 目 次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━


    1. チェルノブイリは観光地化を進めるべきか――観光客によるインタビュー アレクサンドル・シロタ 通訳・翻訳=上田洋子
    2. 観光客の哲学の余白に 第11回 観光の余白としての哲学 東浩紀
    3. ひとが「神」になったとき――アイドルOと慰霊をめぐって(後) 中森明夫+弓指寛治+東浩紀(司会)
    4. 「ポスト」モダニズムのハード・コア――「貧しい平面」のゆくえ 第25回 黒瀬陽平
    5. トゥルーエンドを探して 第10回 I Care Because You Do 西島大介
    6. 五反田アトリエからのお知らせ 藤城嘘(カオス*ラウンジ)
    7. ゲンロンカフェイベント紹介
    8. メディア掲載情報
    9. 編集部からのお知らせ
    10. 編集後記
    11. 読者アンケート&プレゼント
    12. 次号予告


    表紙:二〇一八年六月、第五回ゲンロンチェルノブイリツアーが実施された(主催は旅行会社のエイチ・アイ・エス)。二〇一六年一〇月に開催された前回のツアーから一年八ヶ月のあいだに、チェルノブイリの観光地化は大きく進んでいた。チェルノブイリ立入制限区域に入るための検問所ディチャトキにもついに土産物屋があらわれた。ゾーン内の詳細な地図やTシャツ、マグネット、それにガスマスクなどあらゆるものが売られており、ツアー参加者もそれぞれお土産を買い求めた。撮影=高橋慧


     
  • 【編集長:東浩紀】ゲンロンβ25【アイドルとアンドロイド】

    2018-05-25 21:40
    540pt
    【編集長:東浩紀】ゲンロンβ25【アイドルとアンドロイド】

    ◆――◇――◆――◇――◆――◇――◆――◇――◆――◇――◆――◇――◆――◇

     ゲンロンβ25【アイドルとアンドロイド】
     2018年5月25日号(テキスト版)
     編集長=東浩紀 発行=ゲンロン

    ◆――◇――◆――◇――◆――◇――◆――◇――◆――◇――◆――◇――◆――◇
    ◆◆『ゲンロンβ25』試読版
    https://issuu.com/genroninfo/docs/genronb25issuu/26
    こちらから今号を試し読みいただけます。

    ◆◆◇◇ 目 次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━


    1. ひとが「神」になったとき――アイドルOと慰霊をめぐって(前) 中森明夫+弓指寛治 司会=東浩紀
    2. 実存主義的ゲームにむけて――『Detroit: Become Human』の問い デヴィッド・ケイジ 聞き手|東浩紀 
    3. スマホの写真論 第14回 写真に姿を現すスマホのカメラ 大山顕
    4. ポスト・シネマ・クリティーク 第25回 ポストシネフィリー映画としてのVRゲームSF――スティーヴン・スピルバーグ監督『レディ・プレイヤー1』 渡邉大輔
    5. 展評――尖端から末端をめぐって 第2回 ヌード NUDE―英国テート・コレクションより 梅津庸一
    6. 人文的、あまりに人文的 第19回『翻訳地帯――新しい人文学の批評パラダイムにむけて』『日本文学の翻訳と流通――近代世界のネットワークへ』 山本貴光+吉川浩満
    7. トゥルーエンドを探して 第9回 Young, Alive, in Love 西島大介
    8. 五反田アトリエからのお知らせ 藤城嘘(カオス*ラウンジ)
    9. ゲンロンカフェイベント紹介
    10. メディア掲載情報
    11. 編集部からのお知らせ
    12. 編集後記
    13. 読者アンケート&プレゼント
    14. 次号予告


    表紙:中森明夫さんと弓指寛治さん。1980年代に社会現象になったあるアイドルをテーマにした弓指さんの個展「四月の人魚」の会場にて。対談では、時代とメディアの鏡に映る「アイドルの本質」が問われた。背景にあるのは弓指さんの作品《スイスの山々》。撮影=編集部