• このエントリーをはてなブックマークに追加
一人旅におすすめの日本の秘境!東京にある謎の孤島「青ヶ島」紹介!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

一人旅におすすめの日本の秘境!東京にある謎の孤島「青ヶ島」紹介!

2016-10-28 18:53
    バックパッカーとなり、世界中を旅する…男の夢のひとつですよね。
    今ひそかなブームとなり年々注目されている1人旅にお勧めのスポットを紹介していくコラム『大人の男の一人旅』。

    第11回目は、東京にある"謎に包まれた秘島"「青ヶ島」を紹介したいと思います。
    住所は東京都ですが、中心部からはなんと358kmも離れた活火山の中にある絶海の孤島で、面積わずか5.98平方km、人口はわずか150人という都会とはかけ離れた場所です。そんな青ヶ島は、今もなお"謎多き島"と呼ばれ、話題を集めています。さっそく紹介していきましょう。

    ◆青ヶ島の場所や交通手段は?

    01.jpg

    こちらが「青ヶ島」。自然が作り出した島の形状は実に神秘的ですね。
    しかしさすが絶海の孤島と呼ばれるだけあって、島への移動手段はなかなか限られているのです。

    青ヶ島へ行く方法は、孤島なので当然海路と空路の2種類。
    どちらの方法でも青ヶ島までの直行便はないため、まずは本土から八丈島を経由することになります。八丈島へは、羽田空港から飛行機で1時間、もしくは竹芝桟橋から船で約11時間です。

    05.jpg

    八丈島に到着したら、次は海路の場合は連絡船に乗り約2時間半で青ヶ島の三宝港に到着します。ただし連絡船は週に3~4便で1日1往復。さらに天候によって平均50%の確率で欠航となるそうです。船で行く際には時間に余裕を持っておくことが必要ですね。運賃は変動しますが、平均2,450円程度です。

    15.jpg

    一方、空路の場合は八丈島からヘリコプターで約20分とかなり時間短縮できます。
    船と比べ、結構率も約2割なので確実に行きたいのであればヘリコプターを利用しましょう。ただしこちらも1日1便で9席のみなので予約は必須、さらに運賃が11,530円と約4倍になります。時間と予算と相談し、自分に合った方法で青ヶ島を目指しましょう。

    ◆世界的に珍しい地形と星空の絶景

    02.jpg

    青ヶ島の魅力は何といっても自然豊かな絶景です。
    この島は、実は大きな火山の一部が海面に出たもので、約3000前に大規模な水蒸気爆発が起きたことで形成された世界的にも珍しい「2重カルデラ」と、1785年の天明の大噴火によってできた火口の中にできた小さな内輪山「丸山」という自然の造形美を見ることができます。

    「大凸部(オオトンブ)」と呼ばれる島の最高峰である丘から一望すれば、その壮大さにこれまでの移動の疲れなどあっという間に吹き飛んでしまうことでしょう。
    広大な山の自然は、四季それぞれで姿を変え、草花や野鳥など都心では味わえない体験が待っています。

    04.jpg

    そして青ヶ島の目玉は、余計な光が一切ない満点の星空。
    島の最北端の牧場付近のエリアは民家や電灯もなく、物音もない閑静な環境で見上げた夜空は「星空のコロシアム」と呼ばれる程、星ひとつひとつが輝きを放ちます。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。