• このエントリーをはてなブックマークに追加
新しい頭の使い方を体験できるキット『DEDEkit(デデキット)』発売!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

新しい頭の使い方を体験できるキット『DEDEkit(デデキット)』発売!

2016-12-20 17:37
    こんにちは、ヤマセです。
    最近昔に比べて頭が固くなってしまっている気がするなと、最近よく思います。

    ずっと同じ仕事をしていたり活動範囲が狭かったりすると、視野も狭くなってしまうもの。海外へ出かけるなどすれば、またリフレッシュもできそうなものですが、なかなかそんな時間が取れないのが実状です。

    そんなちょっと思考が固くなってるなと感じた時に、おすすめのキットが登場したので紹介したいと思います!

    ピタゴラスイッチを手がける佐藤雅彦が考案!

    sub4.jpg

    「新しい頭の使い方」ができるキットとして登場した『DEDEkit(デデキット)』は、ピタゴラスイッチの生みの親である佐藤雅彦氏と木村稔氏が企画・監修・アートディレクションを務め、悩んで考える楽しさを子供達に教える美術教材として開発されました。

    その後4年間の開発期間を経て、美術教育と学校教育の枠を超えて完成。
    子供はもちろん、大人も対象となり、これまでとは異なる手を使って考えることで「脳のトレーニング」「問題を解決する力の育成」「豊かな感性の醸成」「コミュニケーションスキルの錬磨」などが遊びながらできるキットとなりました。

    頭をほぐせる3つのラインナップ

    main.jpg

    『DEDEkit(デデキット)』のラインナップは全部で3種類。
    1つめは「一刀切り(いっとうぎり)問題」
    sub10.jpg

    一刀切りとは、はさみをたった一回使うだけで、様々な図形を切り出すことができる方法です。
    単純な図形から複雑なアルファベットなどが描かれた紙をうまく工夫して折り込み、正解を導き出すため、主体的に考える力が養われます。
    sub2.jpg


    2つめは「レイヤーの彫刻」
    sub1.jpg

    「レイヤー=層」という言葉どおり、複数の平面プレートに図や絵を描き、層として配置することで立体を立ち上がらせるという不思議なキットです。
    人間の手と優れた認知能力によってつくり上げ、見る人の頭の中で完成する立体、それが「レイヤーの彫刻」です。
    sub7.jpg
    sub5.jpg

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。