• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • 夏になりましたね

    2016-08-10 18:371

    熱いです!暑いです!!
    街中では炎天下の中、ポケモンGOをしながら歩く人を見かけ、
    甲子園も始まり、4年に1度のオリンピックまで!
    暑い夏はまだまだ続きますね。

    ということで、こんにちは。配信担当Tです。

    7月下旬に修理していた機材が復活し、
    定期的な配信が再開致しました。
    配信が出来ていなった期間、大変ご不便をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    そして、明日11日より雀サクッ事務局がお盆休みに入ります。
    16日まで対局配信がございませんので、ご了承ください。

    私は地元に帰省してまいります。
    年に1~2回帰れる貴重な時間なので、
    皆さんも是非お時間ありましたら帰省してみてはいかがでしょうか??

    では、お盆明けにお会いしましょう!!

  • 雀サクッTVからのお知らせ

    2016-07-07 17:18
    ご無沙汰しておりました。
    配信担当Tです。

    7月4日『天鳳位の部屋』を最後に配信プログラムが2週間程ありません。
    これは、配信機材修理の関係でございます。
    日頃から雀サクッTVをご覧の皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、
    何卒、ご理解いただけると幸いです。

    さて、『天鳳位の部屋』ですが、
    予選が終了し、次回はいよいよ決勝戦です。
    決勝のメンツは、
    サイコロ太郎プロ
    田内翼プロ
    ASAPIN
    友添敏之プロ
    となっています。
    玉利一プロは残念ながら敗退となってしまいましたが、
    最後に連続で連帯を取り意地を見せました。
    決勝を制すのは誰になるのでしょうか?
    配信は8月になる予定です。こうご期待ください。

    では、配信機材の復旧まで今しばらくお待ちください。
    よろしくお願いいたします。

  • 第10期夕刊フジ杯西日本リーグの全日程を終了しました。

    2016-04-08 09:45
    ブログってどうしても放置がおおくなってしまってもうしわけありません。
    配信担当Yです。
    先日の個人プレーオフをもちまして、夕刊フジ杯西日本リーグの全日程が終了しました。
    これから何回かにわたり夕刊フジ杯の模様を書かせていただきます。

    今回チームが決定したときに僕が注目していたのは
    「京都グリーン法律事務所」チームです。
    関西女流プロのパイオニアともいえる櫻井はるかプロ、決勝進出回数はとびぬけている石井阿依プロ、
    初出場で個人準優勝の中尾美穂さんという関西ではかなり豪華な布陣。
    続いては牌テンション&らいらい荘チーム。
    関西女流初のB2リーグに昇格した今ノリノリの可南プロと、里見プロの2店舗による合同チーム。
    同じ大阪1組には、大三元チームがおります。
    大三元チームは大島麻美プロと夏月美勇プロの新人2人構成となっております。
    もう1チームはアマチュアのチームシンバルの竜崎玖美さん 竜崎みみさんコンビです。

    この4チームで大阪1組を争う事となりました。
    ベテランvs中堅vs新人vsアマチュア。
    関係者内の下馬評ではやはり京都グリーン法律事務所チーム有利となっておりましたが・・・・

    結果は、牌テンション&らいらい荘チームが圧勝しました。
    京都グリーン法律事務所チームは第1節第2節でつまずいてしまい、そのマイナスをとりかえせませんでした。
    チーム戦の場合はチーム内の絆が強ければ強いほど、仲間のミスを取り返そうと必死になります。
    スタートダッシュに成功した牌テンション&らいらい荘がそのまま逃げ切り。

    個人戦でも可南プロが1位、里見寧々プロが3位となりました。

    京都グリーン法律事務所チームは個人で櫻井プロ、中尾さんがトップ条件で最終節に登板するも
    残念ながら条件をクリアできず。
    櫻井プロは夏月プロから大三元を和了るなど、見せ場もたっぷりあり、ベテランの貫禄を
    十分に見せてくれました。

    新人コンビの大三元チームは先輩の厚い壁に跳ね返されてしまいました。
    しかし、最終節でみんながトップ欲しいという状況でトップを獲ったのは、今後のプロ人生において
    大きなプラスになってくれるのではないでしょうか?

    アマチュアシンバルチームは個人戦で竜崎玖美さんがプレーオフ決勝まで進みましたが、
    そこで力尽きました。
    この様なチーム戦はプロでも対局経験を積むことはありません。
    その中でこの成績は非常に頑張ったのではないかと思います。


    次回は大阪2組のレポートを書かせていただきます。