• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

イベント

Twitter

#プロ観 を含むツイート

ブログ・メルマガ

  • NEXT TOJ 〜TOJの歴史を振り返る〜 Vol.105

    2013年 ツアー・オブ・ジャパン 東京ステージ 2013年 第16回ツアー・オブ・ジャパンの成績は下記のものになります。 [個人総合時間賞] 1位 フォルッナート・バリアーニ(チームNIPPO・デ ローザ) 2位 ジュリアン・デービット・アレドンド(チームNIPPO・デ ローザ) 3位 ダミアン・モニエ(ブリヂストン アンカー) [個人総合ポイント賞] 1位 ピエールパオロ・デ ネグリ(ヴィーニ ファンティーニ・セッレ イタリア) [個人総合山岳賞] 1位 ダビデ・ヴィガノ(ランプレ・メリダ) [新人賞] 1位 ジュリアン・デービット・アレドンド(チームNIPPO・デ ローザ) [団体総合時間賞] 1位 チームNIPPO・デ ローザ ■栗村コメント 前年の東京ステージを制していた西谷泰治選手が(愛三工業レーシングチーム)堺ステージと東京ステージをダブルで制する活躍をみせました。 個人総合では2013年にアジアでは初となるUCIプロフェッショナルコンチネンタルチームとなったチャンピオンシステム・プロサイクリングチームより出場した西薗良太選手が6位に食い込んで周囲を驚かせました。 そして、この年の美濃ステージの前夜祭会場にて、栗村は当時の大会デ...

    5日前

    • 0 コメント
  • NEXT TOJ 〜TOJの歴史を振り返る〜 Vol.104

    2013年 ツアー・オブ・ジャパン 堺ステージ 2周目に福島晋一選手(チームNIPPO・デ ローザ)を含む6人の先頭集団が形成されます。 メイン集団は有力チームがペースを保ち続け、中盤にはグリーンジャージを着用しているパク・ソンビャク(KSPO)選手らは後方集団に後退しました。 残り1周、単独で逃げているクリスティアーノ・モングッジ選手(ヴィーニ ファンティーニ・セッレ イタリア)を9人の追走が追う展開に。エールパオロ・デ ネグリ選手(ヴィーニ ファンティーニ・セッレ イタリア)、ジュリアン・デービット・アレドンド選手(チームNIPPO・デ ローザ)、フォルッナート・バリアーニ選手(チームNIPPO・デ ローザ)が追いつき、2対2の争いになります。 最終的にはモングッジ選手が脱落し、不利な状況でのスプリント勝負に入ったデ ネグリ選手が制してステージ優勝。総合はアレドンド選手が1位、バリアーニ選手が2位になりました。 ■栗村コメント NIPPO勢は前年のステージ3勝に比べるとこの年はステージ優勝ゼロとなりましたが、それでも南信州ステージでみせた力と戦術はさすがといった感じでした。 レース序盤からジャブの様にアタックを繰り返...

    6日前

    • 0 コメント
  • イベント「プロ観と振り返る衝撃の8日間。"NTN presents 第20回 ツアー・オブ・ジャパン"反省会」開催のお知らせ

    今年のツアー・オブ・ジャパンをみなさん一緒に、栗村さん、プロ観編集部の2人で振り返りたいと思います。 【出演】 ・ツアー・オブ・ジャパン 大会ディレクター 栗村修さん ・プロ観戦者への道 ハセベ ・プロ観戦者への道 宇田川海人

    6日前

    • 0 コメント
  • NEXT TOJ 〜TOJの歴史を振り返る〜 Vol.103

    2013年 ツアー・オブ・ジャパン 堺ステージ ランプレ・メリダ ■2013年の参加チーム [海外チーム] ランプレ・メリダ(イタリア) ヴィーニ ファンティーニ・セッレ イタリア(イタリア) チャンピオンシステム・プロサイクリングチーム(中国) ヒューオン サーモン・ジェネシス ウェルス アドヴァイザーズ(オーストラリア) ドラパック サイクリング(オーストラリア) KSPO(韓国) OCBCシンガポール コンチネンタル サイクリングチーム(シンガポール) [国内チーム] 愛三工業レーシングチーム チームNIPPO・デ ローザ シマノレーシングチーム ブリヂストン アンカー マトリックス パワータグ 宇都宮ブリッツェン チームUKYO C プロジェクト 日本ナショナルチーム ■栗村コメント 出場チームとしては世界最高峰のUCIプロチーム(現UCIワールドチーム)であるイタリアのランプレ・メリダが来日。大きな注目を集めたもののメンバー的には若干薄目の布陣となっていました。 戦力的にみると前年同様にNIPPO勢が強力で、ディフェンディングチャンピオンのフォルッナート・バリアーニ選手やジュリアン・アレドンド選手らが引き続きレースを支...

    6日前

    • 0 コメント
  • NEXT TOJ 〜TOJの歴史を振り返る〜 Vol.102

    2013年 ツアー・オブ・ジャパン 堺ステージ 今回からは2013年の第16回大会になります。 ■日程 5.19(日)堺ステージ 大仙公園周回コース 2.65km 5.21(火)美濃ステージ 旧今井家住宅 → 横越 → 美濃和紙の里会館前周回コース 160.7km 5.22(水)南信州ステージ 飯田駅 → 下久堅周回コース → 松尾総合運動場前 148.0km 5.24(金)富士山ステージ ふじあざみライン入口 → 富士山須走口5合目 11.4km 5.25(土)伊豆ステージ 日本CSC周回コース 146.4km 5.26(日)東京ステージ 日比谷シティ前 → 大井埠頭周回コース 112.7km ■栗村コメント ステージ数は前年同様の6ステージながら、UCIのレースクラスが国内のステージレースとしては最高の1クラスに昇格した2013年大会。 堺ステージの個人タイムトライアルを制したのは愛三工業レーシングチームの西谷泰治選手。前年の東京ステージでの優勝から年をまたいでの連勝となりました。また、日本人選手としては久しぶりとなる緑のリーダージャージにも袖を通しています。 2013年 ツアー・オブ・ジャパン 堺ステージ 2013年 ツアー・オブ・ジャパン 堺ステージ 前年、東京ステージを勝利した西谷泰治...

    1週間前

    • 0 コメント
  • NEXT TOJ 〜TOJの歴史を振り返る〜 Vol.101

    2012年 ツアー・オブ・ジャパン 東京ステージ 2012年 第15回ツアー・オブ・ジャパンの成績は下記のものになります。 [個人総合時間賞] 1位 フォルッナート・バリアーニ(チームNIPPO) 2位 ジュリアン・アレドンドモレノ(チームNIPPO) 3位 ヤロスラフ・ダブロフスキ(アモーレ・エ・ヴィータ) [個人総合ポイント賞] 1位 西谷 泰治(愛三工業レーシングチーム) [個人総合山岳賞] 1位 ジュリアン・アレドンドモレノ(チームNIPPO) [団体総合時間賞] 1位 チームNIPPO ■栗村コメント 戦前の予想通りにNIPPO勢が死角なしの強さで勝利を収めた大会となりました。 6ステージ中3ステージを制する圧倒的な力と支配力を発揮し、個人総合=バリアーニ選手、山岳賞=アレドンド選手、そして団体総合もかっさらっていきましたね。 愛三工業レーシングチームの西谷泰治選手もロード選手としての成熟期に入り、東京ステージでは大集団を制して同時にポイント賞も獲得しました。ちなみに西谷選手は富士山ステージがあるにも関わらず個人総合でも13位に食い込んでいます。 2012年 ツアー・オブ・ジャパン 東京ステージ 2012年 ツアー・オブ・ジ...

    2017-05-18

    • 0 コメント
  • NEXT TOJ 〜TOJの歴史を振り返る〜 Vol.100

    2012年 ツアー・オブ・ジャパン 富士山ステージ ツアー・オブ・ジャパンで総合成績を狙う選手、チームからすると、この富士山ステージはとても重要なステージになります。 ここでの成績が個人総合時間賞の順位に大きな影響を与えることが多いです。 かつては個人タイムトライアルの形式でしたが、前回の2010年からロードレース形式になっています。 レース序盤でブリヂストン・アンカーの清水都貴選手が積極的に動き、先頭集団は20名ほどに絞り込まれました。 先頭集団が11名になったときには、集団の中には日本人選手は宇都宮ブリッツェンの増田成幸選手のみ。 最終的にはチャンピオンシステム・プロサイクリングチームのクリス・バトラー選手、チームNIPPOのジュリアン・アレドンドモレノ選手とフォルッナート・バリアーニ選手の3人に絞り込まれ、バリアーニ選手がアタックしステージ優勝。コースレコードまであと2秒という好タイムでグリーンジャージを手に入れています。 ■栗村コメント 2012年は栗村が宇都宮ブリッツェンの監督になってから最も成功を収めた年でもありました。ツアー・オブ・ジャパンでは狙っていた成績は残せなかったものの、増...

    2017-05-17

    • 0 コメント
  • NEXT TOJ 〜TOJの歴史を振り返る〜 Vol.99

    2012年 ツアー・オブ・ジャパン チームNIPPO ■2012年の参加チーム [海外チーム] チャンピオンシステム・プロサイクリングチーム(中国) アモーレ・エ・ヴィータ(ウクライナ) ジェネシス・ウェルス・アドヴァイザース(オーストラリア) トレンガヌ・サイクリングチーム(マレーシア) OCBCシンガポール・コンチネンタルサイクリングチーム(シンガポール) ホンコンチーム(香港) [国内チーム] 愛三工業レーシングチーム ブリヂストン・アンカー キャノンデール・スペースゼロポイント マトリックス・パワータグ シマノレーシングチーム チームNIPPO チームUKYO 宇都宮ブリッツェン パールイズミ・スミタ・ラバネロ 日本学生自転車競技連盟選抜(大学選抜ジャパン) ■栗村コメント 注目チームはなんといっても大幅な戦力強化を進めたチームNIPPOで、2008年のジロ・デ・イタリアで総合12位に入っているフォルッナート・バリアーニ選手を筆頭に、後にジロ・デ・イタリアでステージ優勝と山岳賞を獲得することになるジュリアン・アレドンド選手。そして、2007年のジロ・デ・イタリアでステージ2勝を記録しているマキシミリアーノ・リケーゼ...

    2017-05-16

    • 0 コメント
  • NEXT TOJ 〜TOJの歴史を振り返る〜 Vol.98

    2012年 ツアー・オブ・ジャパン 堺ステージ 今回からは2012年の第15回大会になります。 ■日程 5.20(日)堺ステージ 大仙公園周回コース 2.65km 5.22(火)美濃ステージ 旧今井家住宅 → 横越 → 美濃和紙の里会館前周回コース 160.7km 5.23(水)南信州ステージ 飯田駅 → 下久堅周回コース → 松尾総合運動場前 148.0km 5.25(金)富士山ステージ ふじあざみライン入口 → 富士山須走口5合目 11.4km 5.26(土)伊豆ステージ 日本CSC周回コース 146.4km 5.27(日)東京ステージ 日比谷シティ前 → 大井埠頭周回コース 112.7km ■栗村コメント 2011年大会は東日本大震災の影響で延期になり、2年ぶりの開催となった第15回は、栗村のTOJブログなどでも何度か書いているように、大会事務局側の体制が大きく変わった年でもあります。 国の2010年度予算編成のために当時の民主党政権が導入した事業仕分けの影響もあり、ツアー・オブ・ジャパンの主たる財源である競輪マネーにメスが入ってしまい、大会予算の大幅な削減が実施されたのです。 奈良ステージが消滅してステージ数はそれまでの7ステージから6ステージに減り、大会全体の規模感も明確に縮小してしまいま...

    2017-05-15

    • 0 コメント
  • NEXT TOJ 〜TOJの歴史を振り返る〜 Vol.97

    2010年 ツアー・オブ・ジャパン 美濃ステージ クリスティアーノ・サレルノ選手(デローザ・スタックプラスチック) 2010年 第14回ツアー・オブ・ジャパンの成績は下記のものになります。 [個人総合時間賞] 1位 クリスティアーノ・サレルノ(デローザ・スタックプラスチック) 2位 アンドレイ・ミズロフ(カザフスタンナショナルチーム) 3位 アレクサンドル・シュシェモイン(カザフスタンナショナルチーム) [個人総合ポイント賞] 1位 マイケル・マシュー(チームジャイコ・スキンズ) [個人総合山岳賞] 1位 クリスティアーノ・サレルノ(デローザ・スタックプラスチック) [団体総合時間賞] 1位 カザフスタンナショナルチーム ■栗村コメント ステージ2勝を挙げ総合優勝を飾ったデローザ・スタックプラスチックのクリスティアーノ・サレルノ選手は、LPR、Liquigas、Cannondale、Boraなどのトップチームに所属したトップ選手ながらも、キャリアを通じた勝利は、このツアー・オブ・ジャパンでのステージ2勝と総合優勝のみでした。自転車ロードレースで勝ち星を挙げることがいかに大変かがわかるエピソードですね。 ちなみにデローザ・スタックプ...

    2017-05-12

    • 0 コメント