• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

ブログ・メルマガ

  • ゲームに何ができるのか・・・3・11/東日本大震災 「エネシフゲーム」

    「エネシフゲーム」には正解はありません。そして結論もありません。そこにあるのはプレイヤーという体験者に対しての問いかけです。殺人事件で「包丁」が使われたとき、「包丁」が悪いということではなく、そこには、それを使う人間の倫理に由来する悪意が存在します。歴史のなかで、起こってしまった事実を元に戻すことはできません。   あと何年、何十年、何百年かかろうが、我々は前を向いて対応して行くことになるでしょう。小関氏は私がアンドロイド版が完成した3月11日に取材したときにこう言いました。「今回は企画から開発に時間が掛かってしまいましたが、エネシフゲームの支援者、協力者、制作スタッフ全員に対して感謝の気持ち、そして、福島ならびに東日本大震災による被災者の一人一人の方々が一日も早く幸せな思いを感じられるようになってほしいと願う気持ちでいっぱいです。」と・・・。

    2014-04-02

    • 0 コメント
    ダウンロード
  • SCEが放つヘッドマウントディスプレイ「プロジェクトモーフィアス」

    家庭用ゲームにおける進化はキネクトなどの体感型デバイスで完成をみたかのように思えましたがその体感をさらに加速させるデバイスが、この仮想現実を視界で表現するヘッドマウントディスプレイではないかと思います。   皆さんも経験があると思いますが、初めて3Dグラスをかけて映画や映像を観たときに、目の前に飛び出してくるオブジェクトに手を伸ばしたことはありませんか?まさにその感覚が、閉ざされた視界のなかでゲームというエンタテイメントで体感できるものが「プロジェクトモーフィアス」です。   会見終了後のQA(質問)タイムには、この「プロジェクトモーフォアス」によって、プレイステーション4が今以上に特別なハードウェアになっていくだろうというコメントや、多くのゲームスタジオ(開発会社)にあらゆる可能性を秘めた「プロジェクトモーフォアス」向けのソフトにチャレンジしてほしいというコメントで結びました。

    2014-03-24

    • 0 コメント
    ダウンロード
  • 出会いが無いのは、出会わないからだ。

    しかし、当日のゲストのおひとりであったゲッターズ飯田さんのコメントは世間一般の意見を総じているものだと思いました。   それは 1・ゲームは怖いものだ 2・なぜ怖いかというとお金を吸い上げられるイメージがある 3・ゲームのダウンロードにしかたがわからない。わかりにくいからやらない 4・ゲームじゃないアプリを消した時にほかのデータまでリセットされてしまったことあり、何か操作するのは怖い 5・コントローラなどボタン操作が多くて複雑でゲーム操作の方法がまず理解できない   という指摘でした。

    2014-03-14

    • 0 コメント
    ダウンロード
  • ビットコインと魔の山

    マウントゴックスが銀行ではなく、取引所と称しているのもそのようなわけで、個人間でやり取りをする通貨という理解でよろしいでしょうか? 教えてわかる人・・・ま、ともなく円とかドルとかとの交換レートが日々変化するため投機目的でビットコインに換金していた人が多いということです。   さて、話をすこし戻しますが、さきほど書いた Web2 ・ 0 的というのは理由があります。   1・インターネットを介した金融ビジネス的な演出と実態 2・ネットを介しての投機ムーブメントの演出と実態 3・ギーグ(オタク)的外国人CEOの起用 4・ハッカー攻撃という前ぶれ 5・世界規模

    2014-03-01

    • 0 コメント
    ダウンロード
  • プレイステーション4は国民機にはなれない

    「PS4は発売されたばかりだから注目されるだろう、おそらくその理由は久しぶりのソニーらしい高性能なマシンだから。しかし国民機にはなれないだろう。その理由はところどころの隙(すき)が無いような高性能は隅々までに普及しないと思う。隙というのは愛嬌みたいなもので、PS4のたたずまいは高級なインテリアでアパート一間におけるような雰囲気のものではない。ファミコンはチープな佇まいで四畳半でも違和感がなく置けた。PS2も偽物(コピーソフトという意味だろう・黒川注)が動き、薄型になって愛嬌が出た。PS4やPS3にはそれはない、国民機というには(価格ではなく)高級すぎる」というものだ。

    2014-02-22

    • 0 コメント
    ダウンロード
  • 黒川文雄プログラマー化計画ww マジだぜ

    すでにIOSのデブ專・・・ならぬDEVCEN( Develper   Center 開発者専用プログラム)にも登録もしました。気分は 「男子三日会わざれば刮目して見よ。」 ですね。   ははは、意味は 「日々鍛錬する人が居れば、その人は3日も経つと見違える程成長しているものだと言う意味。」 (三国志より)ですね。   おめーらバカにすんでねーぞ! あ、別に誰に言っているわけでもありませんが、近いうちにアプリ開発者デビューするのが当面の目標です。別にすごくk複雑なゲームやアプリを創ろうというtもりではなく、自分の可能性とかポテンシャルを確かめてみたいだけなんですよ。

    2014-02-08

    • 0 コメント
    ダウンロード
  • 任天堂はおもちゃ会社なのだから。黒川塾ご参加御礼など・・・

    記事中には「スマホ全盛期において携帯ゲーム機にこだわりすぎた」とありますが、やや説明不足の感がありますので補足しますが、任天堂はゲーム会社でもなく、ゲーム開発会社でもないのではないでしょうか。任天堂はおもちゃ、玩具会社なのであると私は位置付けております。つまり購買者が、月のお小遣いの 5 千円を握りしめて購入するようなおもちゃをプロデュース販売する会社なのだと思うのです。当たり前だろうが・・・と言われれば当たり前なのですが、経済誌や新聞などにはその視点を敢えて避けて記述してIT系のゲーム会社という視線での未来物語がよく書かれていることに違和感を感じています。   もちろん町場のおもちゃ屋さんや玩具系販売が不調なことも認識はしていますが、そもそも、ネットで何かアクションをさせるとか、そこを起点に何かをさせるというのも、少なくとも「山内」オーナーの眼中にはなかったと思っています。ゆえに取材に対しても私は「山内氏の生前の言葉、山内語録を参照すべき」と思います。そこには「ネットワークゲームは次世代の主流にならない、という私の考えが正しかったと証明されるのを見ずに辞めるのは心残りだ」...

    2014-01-31

    • 0 コメント
    ダウンロード
  • 任天堂営業赤字350億円に思う。

    その黒川塾のテーマでもあるのですが・・・まさに「混迷の時代」です。まあ、これもよく使われる言葉ですけどね。   その混迷をよく表しているのは任天堂の不調です。世のガラクタ・アナリストどもが・・・   「任天堂ビジネスモデルが破たん」とか・・・ 「ハードを発売し、それに対応したソフトで稼ぐという事業モデルが崩壊した」とか   彼らの商売ですから日経あたりの記者から聞かれれば嬉々として答えるのでしょうけど。一体全体どうなんだというのは・・・一方では、CESAの鵜之澤会長は賀詞交歓会で「ゲームでクールジャパンを牽引する」と息巻いておりました。  

    2014-01-18

    • 0 コメント
    ダウンロード
  • 2014年、あけましておめでとうございます。

    2000 年代の後半になるとガラケーのゲームコンテンツを中心に小規模、中規模のパブリッシャーが台頭、その中から、ソーシャルゲーム・シフトが急速に進み、MIXI、GREE、DeNAなどプラットホームを持つ、新しいパブリッシャーが生まれてきました。そこでは「有料ガチャ」による課金システムが促進され、大規模なキャッシュを生むマーケットが形成されました。   しかし、その「有料ガチャ」も消費者庁からの勧告により自主規制となり、同時にスマートフォンの普及による新しいマーケットが生まれ、パブリッシャーや個人開発者によるコンテンツが多数導入されました。海外ではユーザーとデベロッパーが直接的なファイナンスを行うクラウドファンディングが積極的に活用されています。クラウドファンディング自体も考え方や方法は間違っていないと思いますが、日本での実例がマイクロファンディング(少ない金額しか集まらない)にとどまっています。   また、メイドインジャパンのコンシューマー市場は開発費の高騰や、新ハード待ちの市況環境によってヒット作に恵まれないまま、 2014 年を迎えることになりました。ゲームソフト開発...

    2014-01-09

    • 0 コメント
    ダウンロード
  • 2013年_最後の更新 プロデュースとは・・・

    作品は友人であり映像クリエイターYさんの手によるもので、僕はポニーキャニオン様との発売・販売にかかわる契約や実際に交渉雑務、ANA様との契約面交渉、資料作成、パッケージデザインなどの調整、宣伝関係の準備と実行などを行っています。   進め方として撮影はYさんにお願いしているというものです。   とはいえ、僕も人手が足りない時は実際に機材(飛行機のことをこう呼びます)に搭乗し撮影や音声収録なども行いました。たぶん 2014 年すぐには厳寒の新千歳空港への撮影ヘルプに同行すると思います。これはホントに寒くてキツイのですが、Yさんがやっているのでもちろんできる限り手伝います。

    2013-12-26

    • 0 コメント
    ダウンロード

Twitter

生放送

動画

動画が見つかりませんでした。