• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

Twitter

ブログ・メルマガ

  • 未来と炎上と黒川塾と・・・

    それと私自身もクラウドファンディングを過去にやりましたが、クラウドファンディングに関してはやや厳しい局面を迎えつつあるのかもしれないですね。 大御所?ピーター・モリニュー氏もネット上で非難を浴びています。十分な作品を仕上げないまま新作にシフトしたとして非難。批判を浴びています。ちなみに助っ人で加入したディレクターという人の経歴もなかなかしょっぱいので面白い案件になっています。

    3日前

    • 0 コメント
    ダウンロード
  • 「大阪、神戸、大阪、そして・・・」

    僕の場合はどうだったかというと、おかげさまで今でも元気に生きています。エンタメ業界オンリーという意味ではずいぶんと長いこと仕事させてもらっています。ありがたいことです。前職で得たノウハウや人的なネットワークをうまく生かして知識や経験を積むことができました。 あと何年このようなことができるのかどうかはわかりませんが、今は個人として活動できることに満足しています。はい、でも、もちろん不安もありますよ。来月仕事がなくなったらどうだろうな?というものです。よく芸能人の売れっ子の人がいいますよね。来年売れているかどうかわからないので不安になる・・・って。

    2015-01-29

    • 0 コメント
    ダウンロード
  • 「キックスターターは死んだ?・・・クラウドファンディング考察」

    要約すると、オカネが集まらないのはオマエ(キックスターター)のせいだからプロジェクトやめた!というものです。でも、過去にキックスターターで集金したプロジェクト(、『 Asylum 』)が未完成の状態で新規のプロジェクトを立ち上げたというところの問題があったのではないでしょうかね。   そんなことはお構いなくプロジェクト管理者が「 Kickstarter は死にかけている」と訴えたという経緯です。   まあ、待てい! ちょっと違うんじゃないのかな。   『 Asylum 』に支援した 3 割のユーザーが、今回のプロジェクトでも引き続きサポートしてくれたということを引き合いに出して、ゆえに支持されているのに、うまくいかなかったのはキックスターターのサイトが死んでいる(「衰退期」に入っている)からだということ。   それもあるかもしれないけど、確かに詐欺っぽいこともあるし、玉石混交だしな。   でも、さらに興味深いのはキックスターター側が、ここまでディスられたにもかかわらず同じプロジェクトを2倍以上の集金額で引き受けたことですね。  

    2014-11-28

    • 0 コメント
    ダウンロード
  • 「原田、部活始めるってよ~黒川塾・二十壱を振りかえって」

    さて、もうひとつの「部活」というキーワ-ドですが、これも同じく原田さんによるものですが、「サマーレッスン」を開発しているなかで、会社側の理解がなかなか得られないままでいるときに、バンダイナムコゲームスの鵜之澤副社長からは「原田、部活で作ってくれ・・・ww」といわれたとのころです。

    2014-11-19

    • 0 コメント
    ダウンロード
  • 人との出会いと「東京ワンピースタワー」の繋がり

    この黒川塾の活動も今度で 21 回目ですね、 25 ヶ月で 20 回でしたので、ややペースが落ちています。ただ内容を劣化させるつもりはありませんので、これからもご期待に沿えるような内容にしていきます。 実は 12 月には別の企画でセッションを予定しており、年始 1 月には関西方面での開催を準備しています。 はたして関西方面でお客様が着てくれるでしょうか。まあ、私の知名度はたかだか知れているので、どれだけ著名なゲストや皆様の関心のあるテーマで開催できるかにかかっているのではないかと思います。そのためにも努力してまいります。 またブログやツイッターやフェイスブックなどで告知していきますのでえよろしくお願いします。

    2014-10-24

    • 0 コメント
    ダウンロード
  • 仮想現実(VR)の夜明け

    HMD 製品として見ても,パネル解像度が 2560 × 1440 ドットと,フル HD となった Rift DK2 よりもさらに上のものが使用されており,カメラ内蔵で, HMD をつけたまま周りが見えるようになっているためなにかと安全と,なかなか完成度が高いように思われますね。 メリットはワイヤーレスというポイントかもしれません。   今後の課題はワイヤーの処理をどうするか? という点だと思いますので、その点ではアイディアでは勝っているように思います。     このように、 VR 関係デバイスが一気に登場してきましたので、今後のゲームシーンを占う意味でも注目しておきたいところですね。

    2014-09-25

    • 0 コメント
    ダウンロード
  • ゲーム業界無双勃発!

    さて、最後はすでに全世界で1000万台を販売したPS4の出番ですね。   SCEの河野プレジデントの退任というニュースでちょっとザワつきましたが、その後、あまりニュースがでないということは何かスキャンダルがあったとかではなく、何か河野さんの個人的な事情でもあるのでしょうかね・・・。教えて偉い人。 後任は ソニー創業者の盛田昭夫さんの甥である盛田厚氏がアジアのカンパニープレジデントに就任となりました。

    2014-09-03

    • 0 コメント
    ダウンロード
  • 「明日は我が身のネット詐欺?!」

    さて、それらのブログや記事に書かなかった・・・・ま、ほとんど全部のことは書いてしまいましたが、やはり一番最初にやることは、カード会社への対策です。   警察はあとでも構いません・・・・。なぜかって、それはあまり役にたたないからです。   もちろん警察の捜査力や権限は大きな力をもっていますが、このような小さい詐欺的な案件にはほとんど関わってくれません。   最近の顕著な事例は・・・ 中野のまんだらけ「変や」での鉄人28号ブリキのオモチャ盗難事件です。

    2014-08-21

    • 0 コメント
    ダウンロード
  • ワンピース テーマパーク(仮称)と、プロジェクト53と、人と人の出会い(長いっ!)

    大里さんが独立して、1977年に創業して、最初にプロデュースしたのは吹奏楽器のホーンのチーム「ホーンスペックトラム」でした。ま、このバンドを初めて見たときは驚きましたね・・・ラグビーの防具をつけたステージ衣装で、ガチガチのホーンバンド、ま、昔のシカゴとかタワー・オブ・パワーみたいなバンドでしたね。   そのあとは原田真二さんだったと思いますが、売れましたね・・。原田さん、「てぃーんずぶるーす」とかね・・・そして、そのあとにサザンと来るわけですよ。このあたりの話は面白いので、いつか黒川塾にお招きしたいですね   そして、あれから37年です。大里さんのことは昔からお名前は良く存じ上げておりましたが、お会いする機会はありませんでしたが、それは却ってよかったなと思いました。やはり人には出会いのタイミングがあるんだと思うのです。その逆もありますけどね。

    2014-07-17

    • 0 コメント
    ダウンロード
  • 「なんでやっているのか?」って、経過と結果に何かがあるのです。黒川塾

    株式会社CBS・ソニーレコード ( 現・ 株式会社 ソニー・ミュージックエンタテインメント ) において、「ロックの丸さん」としてジャパニーズ・ロックを育成し、多くのアーチストを輩出。 株式会社 ソニー・コンピュータエンタテインメント の 創業に参加し、プレイステーションのハードとソフトの導入を成功裡に導いた丸山茂雄氏。   また、同じく、CBS・ソニーレコード出身で、 株式会社 ソニー・コンピュータ エンタテインメント 創業に深く関わり、営業、内部開発ソフトの責任者であった佐藤明氏を招聘します。   お二人は、日本の音楽シーンを経験し、その後ゲームへの転身を遂げました。丸山氏と佐藤氏は、セールス、クリエィティブ、プロデュースなどの側面で相互補完の関係にあったと思われます。   また、音楽、ゲームの両面において、丸山氏、佐藤氏と、同じ時間や体験を共有したゲームデザイナー松浦雅也氏に登壇をいただき、音楽とゲーム、その両方をプロデュースし、成功を収めた丸山氏、佐藤氏、松浦氏から、エンタテインメント...

    2014-07-10

    • 0 コメント
    ダウンロード

生放送

動画

動画が見つかりませんでした。