• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

Twitter

ツイートの取得に失敗しました。

ブログ・メルマガ

  • 40年という年月に対する敬意

    それが 40 年ってことなんです。 そして、返信があったのは今日現在( 20 日) 20 名です。   僕の予想では 10% の返答率だったので、今時点ではヨミどおりです。   住所を入力している時点で、ああ、もうここにはK君はいないなあとかわかるんですよ。 なんでかというと昔アパートがあった場所とかは地上げされてマンションになったりしていますし、発送先のなかには明らかにお父さんの赴任地だったりするような住所がありました。自衛隊の駐屯地とかね・・・。まあ、これは絶対に届かないだろうなというは送る前からわかっているんです。   でも送るべきなんだろうと思ったわけです。 なぜか?それが・・・ 40 年という年月に対する敬意だと思ったからです。 必然なんです。

    2016-04-20

    • 0 コメント
    ダウンロード
  • 断られるのには理由がある・・・

    そうそう、そういえば・・・・ここまで書いていてこんな出来事がありましたね。 Fさんというジャーナリストがヤフーの宮坂社長に取材を申し込んだら断られた・・・でも後日、取材しようとした「ニュース全体」のポリシーという内容が朝日新聞にインタビューとして出ていたというものです。 なんともレベルの低いというか、めんどうくさそうな内容なので個人名も記事のリンクもしませんが、興味のあるかたは「ヤフー 社長 取材 拒否」あたりで検索するとのFさんという人のヤフー個人ニュースが出てきます。このヤフーニュース個人でその記事がアップされて、そのままになっていること自体がヤフーの度量とそのメディアとしての姿勢を表していると思うので、個人的にはヤフーさん、素晴らしいよという気持ちです。

    2016-03-30

    • 0 コメント
    ダウンロード
  • 新規連載コラムのご案内

    ゲーム、エンタメ産業としてのダイナミズムの魅力はそれまでに私が経験した音楽や映像産業をはるかに凌ぐもので、そのキャッシュフロー大きさや、トレンドの移り変わりは今も私を強く惹きつけます。そのカテゴリーの中、浮沈するコンテンツ、ハードウェア、さらにはそこに関わる企業体の盛衰も多く見てきました。 この流れの中で、その両方を俯瞰するスタンスとして浮かんだのは、数年前に見学することができた大韓民国と朝鮮民主主義人民共和国の国境線、つまり 38 度線です。この地帯は「非武装中立地帯(通称 DMZ : demilitarized zone )」と呼ばれます。一見、平和を謳歌する首都ソウルから約 90 分、数十キロの地点には停戦状態にある 2 つ以上の国家の国境線が位置しています。私のコラムはその非武装地帯から双方のありかたを俯瞰するようなスタンスでみなさまにお届けできればと思い名づけました。よろしくお願いします。

    2016-02-18

    • 0 コメント
    ダウンロード
  • VRの夜明け 失望なんかしているヒマない。

    そんなVRの現状をテーマに、とある金融関係のセミナーでVRをテーマにセミナー登壇をさせていただきました。詳細は守秘義務の関係で明かすことはできませんが、主には海外への投資業務を行っている金融マンや個人投資家の方々を対象にして非公開セミナー(おそらく顧客を選んでいるもの)でした。   会場にはおそらく 50 名ほど来て頂きました。   私のプレゼンの時間は約 40 分、スライドは 50 枚くらい作りました。 皆さんの注目は・・・・

    2016-01-20

    • 0 コメント
    ダウンロード
  • 仕事が充実しているということは人生が充実しているということだ。

    人生は自分一人ではなんともなりません。いつも誰かとであり、誰かに支えていただいているのが人生です。 今日もふと思ったことですが、僕の場合は人生がイコール仕事のようなものですから、人生が充実するということは仕事が充実しているということであり、仕事が充実しているということは人生が充実しているということの証左なのだと思います。 さて、ある友人が今年はATARI年でしたね・・・とコメントをくださいました。そうですね。その通りです。 2015 年の前半にはまだカタチになっていなかった「 ATARI GAME OVER 」という映像作品を日活さんと一緒に製作して日本語版 ( 字幕 ) を 9 月に発売することができました。そのための日本版の特典映像を撮影するためにロサンゼルスに 7 年ぶりくらいに行きました。E3に参加したのは10年ぶりくらいでしたね。とても楽しい経験でした。

    2015-12-30

    • 0 コメント
    ダウンロード
  • K社ってそういうものだよね。

    さて、先日海外のゲーム系ニュースサイトで、LAで開催された「 The Game Awards 」で小島秀夫氏の「メタルギアソリッド 5  ファントムペイン」が「ベストアクション / アドヴェンチャー賞」を受賞したがコナミ社の事情で小島さんが出席できないという事件?が起きました。 従来ならば小島氏が登壇して受賞しコメントを述べたことでしょう。しかし今回は、司会者から次のようなコメントがあったようです。   「コナミの弁護士から、今夜この場に来て賞を受けることは許されないという通達があった」とのことです。

    2015-12-08

    • 0 コメント
    ダウンロード
  • 2020年の僕自身

    オレはこれからもやっちゃうよ・・・というあたりがすごくいいですね。 60歳をすぎてもこんな感じでいれたらいいですね。まあ、僕も、あとほんのちょっとなんですけどね。 できる限り勇気を与えられる存在でありたいと思います。どんなかたちであってもいいんです。自分も誰かに勇気や情熱をもらって、自分もそれを誰かにあげることができればそれでいいんです。いいんですよ。それで。それで充分です。   とは言っても日々、不安に苛まれたり、些細な出来事で心を乱すこともあります。

    2015-11-24

    • 0 コメント
    ダウンロード
  • 東京モーターショーとエンタメ的な未来感

    さて、ここまでは完全にクルマ・マニアの目線ですが、個人的、IT的、エンタメ的に「自動運転」と「安全対策」が気になりました。   自動運転で事故が起こったら誰の責任なんだ・・・論争もまだまだ解決に至らないところがありますが、すでに日産やベンツなどが実際の路上での実験を始めています。   2020 年の東京オリンピックの頃には一部では自動運転が始まっている、そんな未来を感じます。すくなくともオリンピックの会場内の移動のアシとしては絶対に起用されているはずです。未来だと思っていたことはフツーに自然に生活のなかに浸透しています。   だって、ロボットのある暮らしも、考えてみればルンバとかもロボットみたいなモノじゃないですか・・・。気が付いたらそんな生活になっているんですよ。ある日突然、来た未来みたいなことはないわけです。

    2015-11-09

    • 0 コメント
    ダウンロード
  • 社会人30年目の節目の「黒川塾」

    すでに社会人になって、 30 年以上が経過していますが、すべてはエンタメを軸として仕事してきました。つまり他業種や異業種への転職や転向はありませんでした。遡って考えれば学生時代最後の年にマクドナルドの会社訪問をしたり、当時はまだ一般的ではなかったファックス機器(今では想像できないですよね皆さんは)の営業販売の会社訪問をしたり、あとはファッション系が好きだったので墨田区にある線維系の商社に会社訪問をしたりしていました。まあ、まったく方向性は定まっていなかったですね。でも、自分のなかでは「ミュージシャン」になりたいということと、音楽関係の仕事をしたいということだけはブレてはいませんでした。結果的に銀座の山野楽器の営業販売に社員としての内定をもらい、あとはアポロン音楽工業 ( 後のバンダイミュージックでランティスにつながる系譜 ) に就職することができました。

    2015-10-05

    • 0 コメント
    ダウンロード
  • 時代はゆっくりだが、早く変わる

    思っているほど時代が変わるのは衝撃的なことではありません。気が付いたときにはもうすでに時代は変わって未来になっているのです。   おそらく、今はまだ「若干」の抵抗感があるネットでのデマンド配信も「便利」なものとして、遅かれ早かれ一般に広く流通することでしょう。おそらく、それゆえにツタヤのような店舗形態をもった商流はツタヤ家電のような、場所そのものに付加価値を持たせたものを展開せざるを得ないのではないでしょうか。 現在ある約 1400 店舗もいずれ業態を変えざるを得ないことでしょう。   それもゆっくりですが、必ず変化は訪れます。あなたの近所のツタヤがなくなる日も近いのかもしれません。

    2015-09-16

    • 0 コメント
    ダウンロード

生放送

動画

動画が見つかりませんでした。