• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

生放送

  • 4日後

    放送予定 12/10 20:00 - 22:00

    タイムシフト予約 77

    子宮頸がん予防(HPV)ワクチンの副反応や、HPVワクチン薬害研究についての疑義、というか捏造報道など、ワクチンに関する報道や話題が盛り上がっています。 そこで、そもそもワクチンとは何か、どのように発明されどのように使われてきたのか、何故大事なのか、なに...

  • 1週間後

    放送予定 12/16 20:00 - 22:00

    タイムシフト予約 61

    いつも通り、最近面白かった映画や漫画について、まったりとひとり喋りでお送りします。 詳細未定。 番組へのご意見・ご質問はコチラ →http://ch.nicovideo.jp/macgyer/letter 会員以外でも冒頭は無料で視聴することができます マクガイヤーチャンネルへの入会は...

  • 3週間後

    放送予定 12/30 20:00 - 22:00

    タイムシフト予約 17

    年に一度のお楽しみ! 2016年度のオタクトピックについて独断と偏見で語りまくります。 詳細は未定ですが、『ローグワン / スターウォーズ・ストーリー』について語ることだけは決まっております。 番組へのご意見・ご質問はコチラ → http://ch.nicovideo.jp/macgye...

Twitter

無料動画

  • マクガイヤーチャンネル 第96号 【ASKA逮捕と坂口安吾と今だから読みたい『クラクラ日記』】

    さて、今回のブロマガですが、以前番組の中でちょっとだけ話題にした『クラクラ日記』についてきちんと書かせて下さい。 ●ASKAさん再逮捕 11月28日、元CHAGE&ASKAのASKA容疑者が、覚醒剤取締法違反の容疑で二度目の逮捕をされました。 この逮捕に関しては、普通の感覚では理解できないことが沢山あります。 一つは、ASKA容疑者自らがわざわざ警察に通報し、訪れた警察官に任意での尿検査を要請され、ここで陽性反応が出たことが逮捕の決め手となったことです。 ASKAさんは、2014年の最初の逮捕で執行猶予中の身でした。もう一回逮捕されれば実刑は免れられません。にも関わらず、再び覚醒剤に手を出したばかりか、わざわざ自らの手で警察に通報したのです。 なぜ通報したのか。ASKAさんは逮捕直前に電話出演した『ミヤネ屋』のインタビューで「ギフハブという組織に盗撮・盗聴されている」と訴えています。ASKAさんはAppleIDを盗まれた挙句、スマホに盗聴・盗撮アプリを埋め込まれたのだそうです。そして、ギフハブはアプリを通じてAR(おそらく拡張現実のことでしょう)を利用したテクノロジーを用いてASKAさんの行動を監視しているというのです。

    1日前

    • 0 コメント
  • マクガイヤーチャンネル 第95号 【『聲の形』と『レイダース!』と作中で映画を作る意味】

    さて、今回のブロマガですが、ニコ生でも話題にした『レイダース!』と 『聲の形』 について語らせて下さい。 この二作には共通点があるのです……というか、『聲の形』の原作漫画で理解しづらい終盤の映画製作エピソードは、『レイダース!』(と以前のニコ生でも言及した 『リトル・ミス・サンシャイン』 )を補助線にするとぐっと分かりやすくなると思うのですよ。 日本ではネットフリックスのみで公開されている『レイダース!(Raiders!: The Story of the Greatest Fan Film Ever Made)』は、どうかしてる映画です。 https://www.amazon.com/Raiders-Story-Greatest-Blu-Ray-Digital/dp/B01EG1R9IO 1981年に公開された『インディ・ジョーンズ シリーズ』の第1作 『レイダース/失われたアーク』 について知らない人はいないでしょう。 往年の冒険活劇を(当時としては)現代的なSFXと10分に1回はピンチが訪れる現代的なテンポで再現した本作は、今となっては 『スター・ウォーズ』 と並ぶ名作シリーズとして位置づけられています。最初の三部作の評価が高く、21世紀になってから作られた4作目以降の評価が低いのも同じですね。

    2016-11-28

    • 0 コメント
  • マクガイヤーチャンネル 第94号 【今だからこそちょっとだけ観たいテレビドラマ版『この世界の片隅に』」】

    さて、今回のブロマガですが、テレビドラマ版『この世界の片隅に』について語らせてください。 一応、明示するまではなるべくネタバレしないような表現で書きますね。 漫画、映画、テレビ、小説……というのはそれぞれ異なるメディアです。 だから、同じ物語を語るとしても、違う表現になるのは当然です。 たとえば、原作漫画版『この世界の片隅に』では直接的だった玉音放送後のすずの台詞が、映画版では若干ぼかした表現になっています。○○旗も短い時間しか映りません。これは、直接的な台詞にするとあまりにも説教臭くなり、観客が白けてしまうからです。漫画は自分のペースで読み進められますし、いつでも中断できます。一方で、映画は、観客を二時間暗い室内に拘束し、強制的に映像を見せ続けるメディアです(上映途中に退席するのは作品に対してはっきりと「NO」をつきつけるメッセージとなってしまいます)。映画の観客は、漫画の読者と比較して、集中力・読解力がある程度引き上げられた状態になっていることが前提となるわけです。 映画版ではリンさんテルさんのエピソードがかなりの部分カットされ、すずが周作の「秘密」に気づいてない状態にあり...

    2016-11-21

    • 0 コメント
  • マクガイヤーチャンネル 第93号 【科学で映画を楽しむ法 第2回:『コンテイジョン』――科学的正確さと映画的面白さの両立―― その3】

    さて、今回のブロマガですが、前回の続き――科学で映画を楽しむ法 第2回:『コンテイジョン』――について書かせてください。 ●いや増す「この世の終わり」感 不穏な音楽と共に、「この世の終わり」感がどんどんいや増してきます。 マリオン・コティヤールは、仲間だと思っていたスン・フェンに拉致され、軟禁されます。故郷の村で感染者が発生し、スン・フェンは治療法を求めているのです。しかし、ワクチンも抗ウイルス薬もこんな短時間ではできないので無駄骨です(ということが、CDC内の模様もみている観客には分かります)。おそらくスン・フェンはネットの陰謀論、それもジュード・ロウに代表される嘘に惑わされているのです。 ただ「我々は列の最後尾だ」は本当です。スン・フェンが連れて行く故郷の村は、みるからに貧乏そうなアジアというイメージで満載です。こんな村、本当に香港にあるのかどうか疑問ですが、中国の貧乏な村をイメージしているのかもしれません(特別行政区である香港から中国国内への移動は厳しく、国境を越えるのとほぼ同じ扱いになります)。どんなに医療が発達しても、資本主義的格差からくる医療格差が厳然と存在しているのです...

    2016-11-14

    • 1 コメント
  • マクガイヤーチャンネル 第92号 【科学で映画を楽しむ法 第2回:『コンテイジョン』――科学的正確さと映画的面白さの両立―― その2】

    さて、今回のブロマガですが、前回の続き――科学で映画を楽しむ法 第2回:『コンテイジョン』――について書かせてください。 ●BSL-4(P4)実験室 舞台は実験室、それもBSL-4実験室です。 BSLとはBioSafety Levelの略で、感染症の原因となる微生物やウイルスなどの病原体を取り扱う実験室や施設の国際的な格付けです。かつては物理的封じ込め(Physical containment)の頭文字をとってP4実験室と呼ばれていました。 病原体は、危険度により4段階のリスクグループに分類され、4段階の実験室で扱う取り決めとなっています。 通常の実験室であるBSL-1、 実験に使用した器具を滅菌できるオートクレーブと、エアカーテンで遮断された安全キャビネットが設置され、許可された人物のみが入室できるBSL-2、 前室が設置され、外部から常に空気が流入し、排気はエアフィルターで除菌されるBSL-3 ……と、レベルが上がるごとにどんどん施設が厳重になっていきます。 BSL-4はその中でも最も危険な病原体を取り扱う施設です。宇宙服のような防護服を着用するタイプと、グローブボックス型と呼ばれる外気と遮断された箱をBSL-3に置くタイプがあります。本作に出てくるのは前...

    2016-11-07

    • 0 コメント
  • マクガイヤーチャンネル 第91号 【科学で映画を楽しむ法 第2回:『コンテイジョン』――科学的正確さと映画的面白さの両立―― その1】

    さて、今回のブロマガですが、今回こそ「科学で映画を楽しむ法」第2回として『コンテイジョン』について書かせて下さい。 科学的正しさは映画的面白さと対立する――そう考えられがちです。 例えば『スター・ウォーズ』では、真空のはずの宇宙空間で、宇宙船の推進音やビームの発射音や爆発音が鳴り響きます。無重力である筈の宇宙空間なのにきっちり上下が決まっていたり、ファルコン号にもX-ウイングにも回転部が無いにも関わらず艦内にはきっちり重力が発生していたりします(スター・ウォーズ世界に「重力井戸」の設定ができたのは旧三部作完結後の1989年です)。 これは、『スター・ウォーズ』が科学的裏づけに支えられたハードなSF映画ではなく、片手に剣、片手に美女でカッチョ良い宇宙船に乗って銀河を又にかけて冒険しまくるというスペースオペラを映画で実現しようという作品だったからです。『スター・ウォーズ』は科学的正しさよりも、『フラッシュ・ゴードン』のようなスペースオペラ的爽快感や格好よさを重視する映画でした。 仮に『スター・ウォーズ』の宇宙シーンを無音にしたら、面白さは半減してしまうでしょう。 例えば『シン・ゴジラ』は...

    2016-10-31

    • 0 コメント
  • マクガイヤーチャンネル 第90号 【オフ会大盛況でした】

    さて、今回のブロマガですが、オフ会のことについて書かせて下さい。 そもそも自分は引き篭もりで人見知り体質なので、あんまりオフ会なんてしたくなかったわけですよ。 しかしですね、挨拶がてら参加した山田玲司チャンネルの映画上映オフ会が存外に楽しく、自分もやる気になったわけです。 これまでマクガイヤーゼミでは様々な映像作品を話題にしてきましたが、その中にはTSUTAYAにもなかなかDVDが置いていない、視聴し難いものもあります。それを解説つきで上映するオフ会なんていいなあ、と思ったわけです。 ただ、本当に上映できるかどうか分からなかったので、内容未定で募集を行いました。 数人くらいしか集まらないかと思いきや、なんと30人以上の応募がありました! ありがとうございます。

    2016-10-24

    • 0 コメント
  • マクガイヤーチャンネル 第89号 【川越まつりと100円のコーラを1000円で売る方法】

    さて、今回のブロマガですが、今回こそ「科学で映画を楽しむ法」第2回として『コンテイジョン』について取り上げ……ようかと思ったのですが、ちょっと地元のお祭り、川越まつりについて書かせて下さい。 自分はダサイタマこと埼玉県の川越市に住んでいます。 「どこに住んでいるのか?」と問われた時に「埼玉です」ではなく「川越市です」と答えるので有名な川越市です。大宮や所沢や熊谷とは違うぜ! というプライドがあるわけですね。

    2016-10-17

    • 0 コメント
  • 【オートファジーとトリコと基礎研究の大切さについて 】マクガイヤーチャンネル 第88号

    おはようございます。ついこの前まで大隅良典先生をみるとセーラー服おじさんこと小林秀章さんを連想する人もいるのかなーなんて思ってたマクガイヤーです。 でも、これからは違いますね! なにせノーベル賞ですよノーベル賞。安部首相でなくても「日本の誇り!」と興奮してしまいます。 今回こそ「科学で映画を楽しむ法」第2回として『コンテイジョン』の解説をしようかと考えていたのですが、こんな機会めったにないので、オートファジーについて解説させてください。

    2016-10-10

    • 0 コメント
  • 【「自業自得でない人工透析患者とは」どんな人か?】 マクガイヤーチャンネル 第87号

    元フジテレビアナウンサーの長谷川豊さんが、 「自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ!無理だと泣くならそのまま殺せ!今のシステムは日本を亡ぼすだけだ!!」 http://blog.livedoor.jp/hasegawa_yutaka/archives/48479701.html というタイトルのブログを書き、盛大に炎上しています。

    2016-10-03

    • 3 コメント

マクガイヤーからご挨拶

1:16

再生1,856 コメ18 マイ10

2015/01/29 00:11 投稿

マクガイヤーチャンネル開設

Dr.マクガイヤーがついにブロマガチャンネルを開設第一回放送は、2月5日(木)20:00〜、テーマは「FREEexメンバーが語る、真...

めっちゃ儲かってるな 笑いすぎて腹が痛てえ 期待してるぜ! 発行:株式会社タチ...