• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

生放送

  • 1週間後

    放送予定 08/26 20:00 - 22:00

    タイムシフト予約 48

    いつも通り、最近面白かった映画や漫画について、まったりとひとり喋りでお送りします。 詳細未定 番組へのご意見・ご質問はコチラ → http://ch.nicovideo.jp/macgyer/letter マクガイヤーチャンネルへの入会はコチラ → http://ch.nicovideo.jp/macgyer?bylaw_type...

  • 2週間後

    放送予定 09/02 20:00 - 22:00

    タイムシフト予約 44

    手塚治虫に「きみの絵だけは描けない」と言われ、宮崎駿に「大好きです」とリスペクトされ、エヴァやハルヒやもののけ姫や諸星あたるの元ネタにもなった唯一無二の漫画家、諸星大二郎。 民俗学や考古学からクトゥルフ神話までを自在に扱いこなし、怪奇・SF・ファン...

  • 放送終了 08/12 20:00 - 22:53

    タイムシフト視聴 144

    7/29に『ドラゴンクエスト』シリーズ久しぶりのナンバリングタイトルにして非オンラインタイトル『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』が発売されます。 『ドラクエ』といえば「国民的ゲーム」の冠をつけられることが多いですが、『ポケモン』や『妖怪ウォッ...

    • 来場数1,708
    • コメ数2,954

Twitter

  • マクガイヤーチャンネル 第132号 【おれとドラクエ】

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ マクガイヤーチャンネル 第132号 2017/8/16 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ おはようございます。マクガイヤーです。 前回の放送「しあわせの『ドラゴンクエスト』」は如何だったでしょうか? http://live.nicovideo.jp/watch/lv303061677 3時間近い放送になりましたが、それなりに喋りたいことを喋ることができ、満足しております。 冒頭に那瀬さんやゲストによるコミケレポートもあり、大変盛り上がりましたね。 マクガイヤーチャンネルの今後の予定は以下のようになっております。 8月26日(土)20時~ 「最近のマクガイヤー 2017年8月号」 http://live.nicovideo.jp/watch/lv304135554 いつも通り、最近面白かった映画や漫画について、まったりとひとり喋りでお送りします。 ・最近のポケモンGOとポケモンGOパーク ・ 『トランスフォーマー/最後の騎士王』 ・ 『スパイダーマン:ホームカミング』 ・ 『新感染』 その他、気になった映画や漫画や時事ネタなどについてお話しする予定です。 ○9月2日(土)20時~ 「諸星大二郎、その魅力(仮...

    23時間前

    • 0 コメント
  • マクガイヤーチャンネル 第131号 【『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』と芹沢達也VS山岡士郎】

    さて、今回のブロマガですが、この前観た『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』が面白かったので、この映画について書かせてください。 本作はマクドナルドについての映画なのですが、”The Founder(創業者)”の現代の通り、マクドナルドの創業についてのお話です。 主人公はマイケル・キートン演じるレイ・クロックです。 レイはミルクシェイク用ミキサーのセールスマンをしているのですが、全米を車で横断する営業活動に熱心なわりに、あまり売れません。 しかしある時、大量のミキサー発注の依頼が来ます。興味を持ったレイは、発注元であるサンバーナディーノのドライブインを訪れます。ドライブインの経営者はマクドナルド兄弟……そう、なんとこの映画は、マクドナルドというブランドをレイが乗っ取る物語なのです! 当然ながら、マクドナルドは映画化に一切協力してませんし、話題にもしてません。

    2017-08-09

    • 0 コメント
  • マクガイヤーチャンネル 第130号 【国立科学博物館 深海2017展と311】

    さて、今回のブロマガですが、夏休みということで上野国立科学博物館で開催されている深海展――特別展「深海 2017~最深研究でせまる“生命”と“地球”~」に行ってきましたので、そのことについて書かせて下さい。 http://shinkai2017.jp/ 夏休みといえば、海か山か恐竜なわけですよ。 でも、海も山も暑いし、恐竜は絶滅しちゃったし……ということで、博物館や美術館や水族館や幕張メッセのようなクーラーの効いた環境で展示物をじっくりみるのが最適なわけです。 これを見越したかのように、夏休み期間中は様々な博物館や美術館で特別展が行なわれていますが、最近の上野国立科学博物館――科博の特別展の力の入れようったらありません。「大英自然史博物館展」、「世界遺産 ラスコー展」、「海のハンター展」……「チョコレート展」といった、一見イロモノにみえる特別展でさえ、科博にしかできない科学・科学史的視点や密度・精度がありました。 だから、最近の科博の特別展はかなり混雑します。土日ともなれば入場前に炎天下の中、数時間待たされることもあります。チケットを買う前に数十分待たされた後、入場するまで更に数時間待たされるのです。 ねらい目は...

    2017-08-02

    • 0 コメント
  • マクガイヤーチャンネル 第129号 【科学で映画を楽しむ法 第5回「『大長編ドラえもん』と科学 藤子・F・不二雄とSF その2」】

    さて、今回のブロマガですが、科学で映画を楽しむ法 第5回として書いている「『大長編ドラえもん』と科学」その2……というか、『のび太の魔界大冒険』の解説になります(基本的に、藤子・F・不二雄が100%コントロールしてると思しき原作漫画版についての解説になります)。 この『魔界大冒険』、ゲストキャラクターとして初めて年上女子ヒロイン――美夜子さんが登場し、魔界での手に汗握る大冒険が繰り広げられる『鉄人兵団』と並ぶ屈指の人気作なのですが、『大長編ドラえもん』の要素が出揃った作品でもあると思うのですよ。 ●『のび太の魔界大冒険』:魔法と科学 いつものようにママに怒られ、野球でミスをし、すっかり現実に嫌気がさしたのび太くん。魔法が使える世界の空想をしていたのですが、ドラえもんにもしずかちゃんにも笑われ、出木杉くんに相談にいきます。 ここでの出木杉君の説明が奮っています。

    2017-07-26

    • 0 コメント
  • マクガイヤーチャンネル 第128号 【メル・ギブソンの最高傑作『アポカリプト』】

    さて、今回のブロマガですが、前回のニコ生の補講……というか、メル・ギブソン監督の前作である『アポカリプト』について語らせて下さい。 2017年の今だからこそはっきりしたと思うのですが、この映画、やっぱり傑作だと思うのですよ。 ●マヤ語を喋る意味 『アポカリプト』はマヤ文明末期を舞台としたアクション映画ですが、他のハリウッド製アクション映画と異なる点がいくつもあります。 まず、俳優が全員無名なこと、そして全員英語ではなく古代マヤ語を喋っていることが挙げられます。 今、日常会話でマヤ語を喋っている人はメキシコ南部から中央アメリカ北部に居住するおよそ700万人のみであり、彼らが喋っているマヤ語は幾つもの語群に分かれています。そして、ここが重要なのですが、シネコンで映画を観るような人達ではありません。 そこで、観客は常に字幕で内容を把握することを強いられます。細かいニュアンスや表現は伝わりませんし、伝えようともしてません。 つまり、『アポカリプト』は、台詞やナレーションに頼らず、映像で恐怖や興奮やドラマを伝えようとして作られているのです。

    2017-07-19

    • 0 コメント
  • マクガイヤーチャンネル 第127号 【『メアリと魔女の花』:夢と狂気のジブリ大学とドクター・デイ=宮崎駿説】

    さて今回のブロマガですが、この前の土曜日についに公開された『メアリと魔女の花』について書かせて下さい。 先日のニコ生、「サバイビング・ジブリ ジブリ・サバイバーとしての米林宏昌と『メアリと魔女の花』予想」にて映画の内容を予想しましたが、 自分が「こうじゃないかなー」と思ってたところは、だいたい合ってましたね! ●『メアリと魔女の花』 『メアリと魔女の花』は、毀誉褒貶激しいというか、普通にみてしまうとなんてことない作品に感じてしまうアニメです。 「元ジブリの監督やスタッフたちが作った」ということを知っていても、それが(観客にとって)プラスに働くとは限りません。本作は絵柄も、キャラクターも、要素も、「ジブリっぽいもの」に溢れています。ジブリで作品を作っていた人たちが作っているのだから、当たり前です。スポンサーや広告代理店が求める「ポストジブリ映画」として絶対に赤点をとらない映画です。 メアリが常に自分の感情を台詞として説明してくれること、エンドア大学の仕組みや秘密を誰かが必ず台詞できっちり説明してくれることも、「赤点をとらないこと」を補強しています。一年に一度しか映画をみないよ...

    2017-07-12

    • 0 コメント
  • マクガイヤーチャンネル 第126号 【科学で映画を楽しむ法 第5回「『大長編ドラえもん』と科学 藤子・F・不二雄とSF その1」】

    さて、今回のブロマガですが、科学で映画を楽しむ法 第5回として、『大長編ドラえもん』と科学について書かせて下さい。 以前、『のび太の南極カチコチ大冒険』を扱った際の放送でも取り上げましたが、『大長編ドラえもん』は「すこしふしぎ」どころではないくらい科学的面白さに溢れた要素・仕掛け・シーンなどに溢れているのですよ。 ●『大長編ドラえもん』とは 『大長編ドラえもん』とは、毎年春に公開されるアニメーション『映画ドラえもん』の原作です。 たいてい映画公開前年の夏に小学生のバイブルであるコロコロコミックで連載がはじまり、半年くらい連載が続いて、映画公開前の3月号か4月号あたりで完結します(だから春休み公開なのに劇中は夏休みだったりします)。

    2017-07-05

    • 15 コメント
  • マクガイヤーチャンネル 第125号 【スタジオジブリとシスの暗黒卿】

    さて、今回のブロマガですが、ニコ生の補講のようなことを書かせて下さい。 みなさんご存知無いかもしれませんが、2015年以降、日本の夏のシネコンでは、一つの戦争が行なわれています。 2015年夏の『バケモノの子』 2016年夏の『君の名は。』と『聲の形』 2017年夏の『メアリと魔女の花』と『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』 ……この並びをみてお分かりかと思います。 日本の夏のシネコンを揺るがす戦争――それがポスト・ジブリ・ウォー、あるいはポスト宮崎駿ウォーです! 「ポスト・ジブリ」 「ポスト宮崎駿」 この冠を戴くため、様々な長編アニメが大金をかけて製作され、夏のシネコンで公開されます。普段アニメなどみない客、それどころか、一年に一回しか映画館に行かないようなマイルドヤンキーたちも、「ポスト・ジブリ」っぽいアニメを観るために映画館におしかけます。時期は夏休みであり、子供も大人も楽しめる「ポスト・ジブリ」っぽいアニメなら家族で観るのに最適です。 結果、よく出来た「ポスト・ジブリ」作品は年間興収ランキングの上位に躍り出ることになります。

    2017-06-26

    • 0 コメント
  • マクガイヤーチャンネル 第124号 【映画『LOGAN/ローガン』その2 『タラレバ娘』の倫子は『ローガン』をどう評価するのか】

    さて、今回のブロマガですが、前回に引き続き映画『LOGAN/ローガン』についてです。 前回の後半と同じくネタバレ前提で書いてますので、お気をつけ下さい。 ●ローガンがローラを受け入れる理由 で、そんな何一つ思い通りにならないおっさんと老人がX-23、ローラと出会うわけですが、彼女は「新しい希望」そのものなわけです。 まず、老老介護の果てには、なんの「希望」もないという絶望があります。プロフェッサーXは死を待つだけの状況です。ローガンも、日々老いてゆきます。人生における撤退戦です。作中でローガンが「希望」のように語っている船の購入も、根本的な解決法ではありません。現実において、老老介護が鬱病や殺人や心中になる場合があるのは、ここに理由(の一つ)があります。ローガンも例外ではなく、だから、自傷したり、アダマンチウムの弾丸を持ち歩いていたりするのです。 そこに現れる新しいミュータント、ローラは、「希望」以外の何者でもありません。ローガンよりも長く生きているプロフェッサーXはそのことをよく理解しています。ローラにスペイン語で話しかけるシーンは、プロフェッサーXが教育者でインテリであるという理由...

    2017-06-19

    • 1 コメント
  • マクガイヤーチャンネル 第123号 【映画『LOGAN/ローガン』その1 ローガンが老眼で老老介護】

    さて、今回のブロマガですが、映画『LOGAN/ローガン』について書かせて下さい。 あちこちで絶賛されている本作ですが、期待に胸をはちきれんばかりに観にいったら、予想以上に面白かったです。 いや「面白い」じゃないな。自分のようなおっさんには、胸にぐっとくる名作でした。 ただ、この映画は女性、特に『タラレバ娘』の倫子のような女性にとっては、どのように評価されるのか気になってもしまいます。 ●アメコミ映画の名作とは? 現在のアメコミ映画は、世界中のシネコンでしっかりとお金を稼ぎまくる、ドル箱のジャンルです。 ですが、興行収入が高い映画が「良い映画」というわけではありません。中には「何故これを作ったんだ?」というダメコミ映画もあります。

    2017-06-12

    • 0 コメント

マクガイヤーからご挨拶

1:16

再生2,039 コメ18 マイ9

2015/01/29 00:11 投稿

マクガイヤーチャンネル開設

Dr.マクガイヤーがついにブロマガチャンネルを開設第一回放送は、2月5日(木)20:00〜、テーマは「FREEexメンバーが語る、真...

めっちゃ儲かってるな 笑いすぎて腹が痛てえ 期待してるぜ! 発行:株式会社タチ...