• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

生放送

Twitter

無料動画

  • マクガイヤーチャンネル 第85号 【科学で映画を楽しむ法 第1回:『コンタクト』――なぜジョディ・フォスターは小保方さん化するのか?――】

    さて、今回のブロマガから不定期で『Dr.マクガイヤーの科学で映画を楽しむ法』という連載を始めようかと思います。 これまでニコ生で『オデッセイ』や『ゼロ・グラビティ』や『ジュラシック・パーク』といった映画を科学的に解説する番組を放送してきましたが、同じようなことをブロマガでやって欲しいというリクエストを頂いておりました。 「科学」という視点から解説することで、皆が気づいていない映画の面白さについて語る。あるいは、一般的につまらない映画も、「科学」という視点から解説することで新しい魅力が出る。その逆に、一般的には秀作や傑作とされている映画も、「科学」という視点からみると、大きな欠点や問題点がある……みたいなことをやってきたわけですが、自分が思う以上に好評だったので、嬉しく思っています。 ただ、いつもそのような映画が新作として公開されているわけではありません。毎回毎回、その時々の新作映画で同じようなことをするのは難しいのです。そこで、過去作を取り上げて語ることになります。 取り上げる作品はいずれも公開後少なくとも数年は経った映画になります。ネタバレ前提の解説になりますが、本当に重大なネタバレの前...

    6日前

    • 0 コメント
  • マクガイヤーチャンネル 第84号 【『君の名は。』と川村元気メフィストフェレス説】

    さて、今回のブロマガですが、『君の名は。』と新海誠、そしてプロデューサーの川村元気に関して話し足りなかったことについて書かせて下さい。 新海誠は90年代美少女エロゲー・セカイ系文化圏を出自に持つアニメ映画監督です。日本ファルコムで『イースIIエターナル』や『英雄伝説 ガガーブトリロジー』のオープニングムービーを製作していたことは有名ですが、日本ファルコム退社後も『BITTERSWEET FOOLS』『Wind』『はるのあしおと』『ef』といった、minoriというブランドのエロゲー作品のオープニングムービーを製作しています。 minoriは新海誠が所属しているコミックス・ウェーブの関連会社(当時はソフトウェア事業部)であり、振られた仕事という理由もあったのかもしれません。ともかく、エロゲー仕事を黒歴史にしたりせずきちんと自分のサイトで解説したり( http://www2.odn.ne.jp/~ccs50140/works/minori_haru/index.html )、『美少女ゲームの臨界点』という評論集の表紙を描いたりしていることから、新海誠が自分の出自に自覚的などころか、相応のプライドを持っていることが伺えます。 自分が今あるのはエロゲーのおかげ、というプライドです。

    2016-09-12

    • 0 コメント
  • マクガイヤーチャンネル 第83号 【おれとペット その3 肺魚編】

    さて、今回のブロマガですが、前回の続きです。 就職して数ヶ月が経ち、ボーナスも出て、それなりのお金が定期的に使えるようになると、欲しかったなんやかんやを買うようになりました。 具体的には、パソコンやらバイクやら今まで買うことを躊躇していた高額な本やガレージキットなどなどなのですが、その中の一つとして、120センチ水槽を買ったのです。 就職を機に、会社の寮で一人暮らしを始めたのですが、どうしても熱帯魚を飼いたかった――というか、水槽のある生活が普通だと思っていたのです。 ちなみに部屋はよくあるタイプの1DKです。

    2016-09-05

    • 0 コメント
  • マクガイヤーチャンネル 第82号 【おれとペット その2 イグアナ編】

    さて、今回のブロマガですが、前回の続きです。 何度か書いていますが、SF好きな子供は大きく二種類に分けられるということがよくいわれています。一つは、物理の理論書や望遠鏡を覗いて、宇宙の深淵に思いを馳せるタイプ。もう一つは、生物図鑑や顕微鏡を覗いて、恐竜や怪獣に思いを馳せるタイプです。 両立する人もいますが、自分は明らかに後者だったわけですね。 パパガイヤーの熱気にあてられた自分も、ホームセンターで60センチ水槽セットを買い、熱帯魚飼育をはじめました。

    2016-08-29

    • 1 コメント
  • マクガイヤーチャンネル 第81号 【おれとペット その1 アロワナ編】

    さて、今回のブロマガですが、自分のこれまでのアクアリスト生活というか、爬虫両生類飼育史というか、飼って来たペット史みたいなものについて書かせて下さい。 「マイナー生物大バトル」で、山田玲司先生が千石正一先生とのエピソードを話してくれましたね。あれほど爬虫両生類の専門家だった千石先生も、結局一番大好きなのは猫だった――という、実に良い話でした。 何故良い話かというと、自分も結局猫に辿り着いたからです。 そもそも自分が「生き物を飼う」ということに興味を持ち始めたのは、小学生の頃でした。

    2016-08-22

    • 0 コメント
  • マクガイヤーチャンネル 第80号 【鈴木敏夫大博覧会in六本木ヒルズ】

    さて、今回のブロマガですが、さすがに4週連続で『シン・ゴジラ』について書くのはさすがに心苦しいので、別の話題です。先日「ジブリの大博覧会」なるものに行きましたので、その時のことについて書かせて下さい。 数年前に猫を飼って以来、家族揃ってどこかに泊まりに行く……というイベントは我が家から無くなりました。 何回か猫をペットホテルに預けたのですが、その度ごとに戦場から帰ってきた兵士みたいにビクビクしっぱなしなのですね。猫という動物は基本的にひきこもりなので、環境が変わるのを嫌がるのですね。

    2016-08-15

    • 0 コメント
  • マクガイヤーチャンネル 第79号 【映画の中の科学者と『シン・ゴジラ』】

    さて、今回のブロマガですが、再度『シン・ゴジラ』について語らせて下さい。 前回のブロマガで書き忘れたことが二つあります。 まず、映画監督が役者として出演する映画の例として、庵野秀明監督の『式日』を紹介するのを忘れていました。 『式日』は「カントク」と呼ばれる男が主人公です。この男を演じるのが、よりによって岩井俊二なのです。 、そしてヒロインは、当時庵野と交際していたという噂のあった藤谷文子であり、藤谷文子が自分の家族関係を反映させて書いた小説『逃避夢』が原作となっています。 ロケ地は庵野秀明の出身地である山口県宇部市であり、松尾スズキと林原めぐみが主人公とヒロインの心の声的なナレーションを勤めているのも、庵野秀明のフィルモグラフィーを考えると面白いところです。 なぜ岩井俊二が主演を務めているのかというと、それは「映画監督だから」なのでしょう。 もう一つは、映画の中に監督の分身として登場する科学者のことです。

    2016-08-08

    • 0 コメント
  • マクガイヤーチャンネル 第78号 【『シン・ゴジラ』と役者として出演する映画監督】

    さて、今回のブロマガですが、本当に観た『シン・ゴジラ』についてです。 本ブロマガをお読みの皆さんなら当然既に映画館で観ているものと思うのですが、一応、明示するまでなんとなくネタバレしないように書きますよ。 ゴジラ映画といえば、宮崎アニメ以上の「国民的映画」だった時代があったわけです。 だから、宮崎アニメの3倍、細田アニメの10倍くらい色々言われます。「不安」だの「期待してる」だの「希望を持ってる」だの、公開前から毀誉褒貶激しいわけです。別にゴジラ新作がコケても当たってもメリットもデメリットも無い人間――関係者でもなんでもない人間が大半なのですから、不安も期待も希望も関係ないのですが、それだけ「自分」と「ゴジラ映画」とを心の中の同じ箱に入れている人間が多いということでしょう。 つまり、それが「国民的映画」です。

    2016-08-01

    • 0 コメント
  • マクガイヤーチャンネル 第77号 【『シン・ゴジラ』みました。】

    さて、今回のブロマガですが、『シン・ゴジラ』についてです。 業界内でも限られた人しか試写に呼ばれないと話題の本作ですが、実は一足早くみることができました! 一ニコ生主なのに、なんと幸運なことでしょう! せっかくですので、我が愛するブロマガ読者さんにだけ映画の内容について簡単にお知らせしようと思います。特別ですよ! 絶対にネタバレしないように書きますが……信じるか信じないかはあなた次第です! まず、映画の冒頭で、『シン・ゴジラ』の「シン」の意味がはっきりします。 題名の一部をカタカナにし、複数の意味を持たせるのは庵野作品というか『エヴァンゲリオン』ではよくやられていたことです。

    2016-07-25

    • 0 コメント
  • マクガイヤーチャンネル 第76号 【ピクサーの目からみたスティーブ・ジョブズ(後編)】

    さて、今回のブロマガですが、前回の続き――スティーブ・ジョブズについてです。 スティーブ・ジョブズ、エド・キャットムル、アルヴィ・レイ・スミスのおっさん3人がハグをしあい、こうしてピクサー・アニメーション・スタジオ社が1986年に設立されました。 自分がジョブズのことを知ったのは、この数年後、高校生の頃だったかと思います。 友人の家にMacintosh LCが置いてあり、めっちゃ自慢されたのです。 自慢話の中には、ジョブズとウォズによるガレージでの創業、ジョブズがスカリーを口説き落とした名文句、自分が作った会社を追放されたジョブズ……というような、一連のアップルの社史までついてきました。今やられたら、ウザすぎてたまったものではありません。

    2016-07-18

    • 0 コメント

マクガイヤーからご挨拶

1:16

再生1,824 コメ18 マイ10

2015/01/29 00:11 投稿

マクガイヤーチャンネル開設

Dr.マクガイヤーがついにブロマガチャンネルを開設第一回放送は、2月5日(木)20:00〜、テーマは「FREEexメンバーが語る、真...

めっちゃ儲かってるな 笑いすぎて腹が痛てえ 期待してるぜ! 発行:株式会社タチ...