• このエントリーをはてなブックマークに追加

■ニュース&トピックス

2014/10/23 17:19

3DCGで漫画を作る会(マンガロイド会)をfacebookグループで作成しました。

3DCGを活用してマンガを作る事を目的とした会です。

背景の一部や、キャラクターの一部を3DCG化したマンガでも大丈夫です。
情報の共有や、作品の告知、ノウハウ等の意見交換をして行きたいと思います。

ご興味ある方はこちらまで。 https://www.facebook.com/groups/758069714266862/

【マンガロイドチャンネル】

マンガロイドチャンネル

マンガロイドチャンネル

絵を描く能力。この能力を磨く事が、今までの漫画制作においては、必須となっておりました。 3DCGで漫画を作る文化「マンガロイド」は、絵が描けなくても、マンガを作る事を可能にします。 絵を描けない人までが、漫画家になれる時代が到来した事で、新しいジャンルや世界観のマンガがの登場するはずです。 そのキッカケとなるような、マンガロイドのノウハウや情報をお伝えしていきます。

2014/04/25 開設 3動画

ブログ・メルマガ

  • 19.アニメーションとマンガの境界線について(後編)

    このアニマロイドを実現する上で、 一番ネックになるのは、制作コストです。 既存の技術でもアニメ動画(アニマロイド)の 制作コストをある程度まで削減する方法はあるのですが、 今後はさらに技術革新が進み、簡単により安く動画を作れる環境が 整ってくると思います。 制作コストを削減する具体的な技術としては、 以下の4つが重要なポイントとなります。 (1)3Dキャラクターデータ (2)モーションキャプチャー (3)フェイシャルキャプチャー (4)各種(画像・音楽・効果音・モーション)ライブラリー (1)の3Dキャラクターデータについては、 マンガロイドの普及した世界では、 効率的に3Dキャラクターを制作するツールが生まれているので、 それを活用することになります。 3Dキャラクターデータは動かせば直ぐにアニメーションになる為、 動画との親和性がとても高い状況です。 (2)のモーションキャプチャーは、クーマリオンや、 次世代のKinectを使用する事になると思います。 これにより動きが簡単に付けれるようになります。 次世代のKinectがどこまで進化しているのか、 非常...

    2014-11-13

    • 0 コメント
  • 18.岩崎夏海クリエイター塾

    今年の7月から、岩崎夏海クリエイター塾の講義を受けています。 なぜ、この塾に参加しようと思ったのかというと、 今、僕が一番必要としているのが、 作品を作る上で必須となる より高次元のクリエイティビティだからです。 学生の頃より、さまざまなジャンルの書籍を かなり膨大に読んでいる事もあり、 それなりの知識量があると自負しているので、 どこまで自分の為になるのかは、 参加するまでは分からなかったのですが、 一言で言うと、予想以上の収穫がありました。 いきなり280万部の書籍(もしドラ)を執筆できる能力というのが、 どのようなの知性から生み出されるのが良く分かります。 出版については何の実績もなかった当時の岩崎さんが、 一番初めに出す事になった書籍「もしドラ」の執筆を始める前に、 200万部売れる事を認識されていたという逸話があるのですが、 「なるほど。この人なら、可能だろうな…」と思わされます。 岩崎さんの凄い所は、あるテーマに対して、 徹底的に自分の頭で考え抜いている点だと思います。 どこかで読んだような、聞いたような話・・・というのが 1つもなく、本当によく...

    2014-09-28

    • 0 コメント
  • 17.アニメーションとマンガの境界線について(中編)

    以前、600万人くらいに広がる ケータイ上のコンテンツを作った事があるのですが、 その時も「媒体特性に紐付いたコンテンツを制作する」 という事を念頭において、コンテンツを作っていました。 他にも重要なポイントはありますが、 媒体特性を活用する(紐付かせる)という考えは、 コンテンツを作る上で、常に念頭に置いておくべき 考えだと思います。 (3DCG)マンガは、今後スマホ上で、 フルカラー化が進み、声優のアフレコが入り、 簡易アニメーションがつくように進化していくと思います。 それがスマホの媒体特性に紐付いており、 それらを活用しないマンガと比べると、 コンテンツとしての付加価値が高い為です。 イメージとしては、 フラッシュアニメと現在のTVアニメーションの 中間くらいに位置する簡易アニメーションが、 スマホ上で視聴されるようになるのではないかと 考えています。 ※この3DCGによる簡易アニメーションは、 技術的な要因をいろいろと考慮すると、 フラッシュアニメより低コストで制作が可能になると 考えています。 これは紙媒体で読まれていたマンガが、 スマホ上の電子媒体という...

    2014-08-25

    • 3 コメント
  • 16.アニメーションとマンガの境界線について(前編)

    マンガが3DCGデータで作成されるような時代になると、 今度は、アニメーションとマンガの境界線が従来のマンガと比べかなり曖昧になってきます。 漫画用の3DCGデータキャラクターがあれば、 動かして表情をつけカット割りを行えば、 すぐにアニメーションにする事ができる為です。 今回のブロマガは、3DCGマンガが広がった後に、 どのようにアニメーションへ繋がって行くのかについて、 いろいろと考察してみたいと思います。 僕は今、アニメーションの制作手法や製作スキームを、 マンガロイド(3DCGマンガ)に応用できないかなと考え、 アニメーションや映像業界を作って来た方々から、 いろいろと学ぶ機会を得ているのですが、 最近になって、ようやくこれからのマンガ(アニメ)の 新しい方向性が見えてきた気がします。 ちょっと話は飛びますが、 まず今後の10~20年を考える上で、 一番重要なメディアが何になるか、 考えてみたいと思います。 これはあまり異論は出ないと思いますが、 スマホ以上に重要なメディア(デバイス)は、 今後10~20年は出ないように思います。 マンガを読むのを、 アニメー...

    2014-08-22

    • 1 コメント
  • 15.最高のマーケティングとは、マーケットクリエーションである

    とまぁ、ベタな表現から入りましたが、 真実であるがゆえに、いつの時代でも古びることのない原理原則が、 この言葉の中には含まれています。 今回は、ある特定の方々に向けたブロマガにしたいと思います。 端折って書くので、意味が分からなかったら、すみません!! もし、ピンと来るものがあれば、 それはあなたに向けて書いているからです!!! マーケットの規模が小さければ、 もしくはマーケットを占有できる時間軸が短かくても良ければ、 このような言葉に惑わされる必要はないと思います。 どんどんガツガツと、やればいい。 ただ、5年10年の時間軸で、 プライスリーダーになれる程の本質的な強さを獲得し、 マーケットのシェアNO.1を取りに行くのであれば、 自らが新たなマーケットを創造する為に、 苦難の道を進まなければなりません。 2匹目のどじょうは、効率が良いですが、 このような変化の早い時代には、 とくにインターネットが絡んだビジネスには、 2匹目のドジョウは、なかなか現れません。 あと、短期的には儲かりますが、 他人のマネをする文化が浸透してしまうと、 組織として拭い去ること...

    2014-07-01

    • 2 コメント
  • 14.アイドル?俳優?3DCGキャラクターの分類とその特性

    最近テレビでドラマなんかを見ていると、 実にいろいろなバックボーンを持った方々が 出演しています。 アイドルだったり、歌舞伎役者であったり、モデルであったり、 イラストレーターであったり、もちろん俳優さんも・・・。 そこでふと考えるのですが、 アイドルと俳優の境界線は、一体どこにあるのか・・・・? アイドルは、普段は歌を歌っていて、人気が出てくればテレビドラマや映画にも出演します。 俳優は、テレビドラマや映画や舞台等に出演することがメインの活動です。 両者の違いを単純に分類すると、本業で演技を行っているか、 兼業で演技を行っているかの違いになるのではないかと思います。 3Dキャラクターも現時点では明確な分類や定義が存在していませんが、 ”アイドル””俳優”の分け方と、同じような分類ができるのではないかと 最近思っています。 例えばMMDキャラクターは、表情のモーフ設定のパラメーターが少ない為、 ウインクや笑顔といったアイドル的な表情を作る事ができるのですが、 演技を行う為に必要十分なモーフ設定を持っていません。 その為、MMDの動画を見てても感じるのですが、どこか...

    2014-06-17

    • 2 コメント
  • 13.拡張型スターシステムの可能性

    スターシステムとは、マンガの登場人物を俳優に見立て、 異なる作品に登場させる手法の事を指すのですが、 手塚治虫がヒゲオヤジやアセチレンランプといったキャラクターを、 自身の複数の作品に登場させた事が、その始まりとされています。 3DCGマンガが普及すると、スターシステムの概念が、 拡張される事が予想されます。 どのような事かと言うと、特定の著者の作品だけではなく、 複数の著者(マンガ家)間の作品に、有名3DCGキャラクターが出演したり、 実在の俳優さんがマンガ作品世界の中に登場するといった事が 起きて来るという意味です。 例えば、著作権の縛りのゆるい有名3DCGキャラクターがあったとして、 そのキャラクターが、主人公や悪役として、 複数のマンガ家の作品に異なる役名やキャラクターで、 出演するようなイメージです。 MMD動画の世界では、初音ミクや鏡音リン・レンといったキャラクターが さまざまな動画に登場し共作文化が広がっておりますが、 3DCGのマンガの世界でも、同じような現象が起き、 汎用的に使用する事ができる著名な3D漫画キャラクターが、 登場してくるのではないかと思います。 ...

    2014-05-26

    • 2 コメント
  • 10.スマホと電子書籍とコマ割と...

    これからのマンガについて考えてみたいと思います。 今後10年位の間に、マンガ業界で起こる一番の大きな変化は、発表する媒体が紙の書籍や雑誌から、スマホやグーグルグラスといった電子書籍に移行していく事だと思います。 特にスマホの場合、画面が大型化してきたとは言え、 1ページを1画面で表示するのはかなり読みにくい状況です。 今後は、1コマずつ表示する方式か、comicoで多く見られる コマ割りのない見せ方に変わって行く方向に進む可能性が高いと思います。 もしコマ割が残るとしたら、初めからスマホで読むことを前提に、文字や絵を大きくし、 1ページ3-4コマといったコマ数の少ない方向に進む事も予測されます。 マンガ家の鈴木みそ先生は、Kindleを中心にで漫画を発表し、 紙媒体から電子書籍への対応を早くから行っており、 収支についての情報も公表されておりますので、 その活動は非常に多くの注目を集めております。 電子書籍に移行すると、再販指定の適用外になりますので、 さまざまな価格帯の漫画が流通する事になりますし、 国外からの配信には消費税が掛からないなど、さまざまな問題も起きてきます。 今後数年間は、3DCGを...

    2014-05-03

    • 2 コメント
  • 6.マンガの面白さとは....

    面白いマンガ、読みたくなるマンガとは、どのようなものでしょうか? 人それぞれ面白さのポイントは異なってくると思いますが、 3DCGマンガだから読みたい!・・・という方は、ほぼいないでしょう。 マンガの面白さの本質は、ストーリーや、テーマ・題材、 そしてキャラクターといったものであり、 技術的側面にしか過ぎないマンガロイドに、重要な付加価値はありません。 この本質は、見誤ってはいけないと思います。 マンガロイドは、3DCGを使ってマンガを描くという、単なる制作手法に過ぎません。 とは言いつつも、軽視することもできません。 技術的な革新が、そのマンガの面白さの本質的な部分について、 影響を及ぼす可能性がある為です。 例えば、映画を例に考えてみましょう。 CGが存在しなかった頃の映画は、アニマトロニクスやコマ撮り撮影などを駆使し、 実写では表現の難しい題材やテーマの撮影を行っておりました。 CGで実写映像を表現できるようになってからは、 事実上映画にできないテーマや題材は、なくなりました。 映像化できる作品の幅が、大きく広がったのです。 ではマンガロイドが、具体的にマンガ制作に与える利点とは、どのよう...

    2014-05-02

    • 1 コメント
  • 1.【はじめまして】絵は描けないけど、漫画を作ってみた。

    マンガロイド初回のブロマガ

    2014-04-18

    • 0 コメント

■マンガロイドとは?【動画解説】

絵は描けないけど、マンガを作ってみた

◆↓公式サイト「エクゾジャケット」はコチラ↓◆

公式サイト「エクゾジャケット」

■マンガロイド作品募集

■第1話:「海猿」の佐藤秀峰先生のお弟子さんの漫画家・吉田貴司先生に、マンガロイドを取材して頂きました。

漫画onWeb

■第2話:漫画ルポルタージュ  トーンを巡る攻防?!

マンガロイド取材漫画ルポ2話

■最終話:漫画ルポ 今後のマンガはどうなる?!スマホとマンガロイド 

■漫画ルポ最終話 スマホとマンガロイド

■ロケットニュース24の取材を受けました

ロケットニュース24の記事

■ねとらぼの取材を受けました

ねとらぼ記事

■第1話:大坪商介ドキュメンタリー

大坪商介ドキュメンタリー

動画

16:37

マンガロイド入門編

再生371 コメ0 マイ4

32:00有料

3Dキャラの頭(表情)の改造

再生256 コメ0 マイ1

ニコニコポイント10pt1日間

 

▼マンガロイドとは?【動画解説:夜明け編】

マンガロイド解説:夜明け編

エクゾジャケット第1話

エクゾジャケット第1話

エクゾジャケット第2話

エクゾジャケット第2話

エクゾジャケット第3話

エクゾジャケット第3話

エクゾジャケット第4話

エクゾジャケット第4話

エクゾジャケット第5話

エクゾジャケット第5話

エクゾジャケット第6話

エクゾジャケット第6話

エクゾジャケット第7話

エクゾジャケット第7話

エクゾジャケット第8話

エクゾジャケット第8話

エクゾジャケット第9話

エクゾジャケット第9話

エクゾジャケット第10話

エクゾジャケット第10話

Twitter

生放送

放送済みの番組はまだありません。