• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 【男女の友情】 次回生放送予告(12月17日(日)20時〜)

    2017-12-06 23:25

    みなさんこんにちは。桃山商事の森田です。

    次回放送(
    1217() 20時〜)に向けて、打ち合わせを行ってきました。
    もちろん朝活スタイルです。
    インスタ映えする写真を載せたいという清田代表の二ヶ月越しの希望をかなえるべく、場所は青山に設定しました。


    土曜の朝9時だというのに、当初行こうと思っていたお店は満席。おそるべし青山。
    それでこんな感じのカフェにたどりつきました。

    a7d1cf19793442107e2c386c20ba030700cc271f
    髪のラインが揃っている二人



    代表は今日も卵系をチョイス。

    aa10273459365491c2e694958a5856dccdfffdc8
    シンプルだぜ


    2e5ff157de98fd096449a4a74da22ff8f847dab0
    ぱく。



    6f563f8d1ffec508be496c3bb0b8355bd730ec08
    あー



    打ち合わせを終えた後は、ちょっとだけ街をぷらぷら。

    7df836f70f4d718c1d4a54704f73e8f20f8a2c27
    この二人が並んで歩いているところは見飽きない。冬だなー。


    ★★
    さて次回放送のテーマは、「男女の友情」です。
    永遠の大テーマを真正面から考えてみたいと思います。
    打ち合わせのなかで見えてきたのは、ひとくちに「男女の友情」と言っても、人によってその築き方やスタンスがバラバラであるということです(どのようにバラバラなのかは、放送でのお楽しみ!)。

    放送では、それぞれの「男女の友情観」やそれにまつわるエピソードを紹介していくことで、恋愛や男女の関係を捉え返してみたいと思います。
    たぶんみなさんいろいろな考えや、その理由となっている異性の友達やエピソードをお持ちだと思いますので、ぜひご投稿ください(投稿は番組のページか桃山のアドレスmomoyama.radio@gmail.comまでお願いします)。
    放送のポイントになりそうな質問を書いておきます。

    「あなたは男女の友情が成立すると思いますか?成立する・しないと思うことの理由を教えてください(できればそれにまつわるエピソードも!)」

    「異性の友達の前にいるときの自分と、同性の友達の前にいるときの自分には、どのような違いがありますか?」


    それではみなさん、
    1217日(日)の20時にお会いしましょう!

    9523d6611f8167181a6f443948075ea933e4157f
    これも男女の友情


  • 【清田代表の恋バナdiary・その1】

    2017-12-02 14:01

    毎日何らかの恋バナをしている清田代表が、その日に見聞きした恋バナについて書き綴っていきます。よろしくお願いします!

    0a5951c3b35dc64e927ec963123e22bbcd7849f6
    いつも失恋ホストで利用させていただいている貸し会議室


    20171127日(月)【N子さんのジェットコースター恋愛01
    今週は、前に失恋ホストで話を聞いたN子さん(39)のエピソードを振り返る。広告代理店勤務の男性(36)と婚活パーティで知り合い、会ったその日に猛プッシュを受けて付き合い始めるも、肉体関係を2回持った後からLINEのリアクションが悪くなり、以後1か月も会えていない状態でやってきた。いわゆる「ハイスペのヤリチン男あるある」みたいな話かもしれないが、そんなことよりN子さんの苦しみのほうが圧倒的に切実な問題だった。
    「自由奔放な姉を反面教師にして育った」というN子さんは、親や教師の言いつけを守り、これまで真面目に生きてきた。コツコツ貯金をし、自分用のマンションも買った。しかし、何かにつけて受け身な性格で、自分がどうなりたいのか、自分が何をしたいのか、イマイチわからないのが悩みだという。(続く) 


    20171128日(火)【N子さんのジェットコースター恋愛02
    職場に出会いはない、友達もみんな結婚していて紹介は期待できない。
    そんな中で参加した婚活パーティで彼と知り合った。
    ルックスもさわやか、頭が良くて話題も豊富、学生時代はヤンチャしていて、おまけにテレビでよく見かけるCMまで担当しているという彼から猛アプローチを受けた経験は、N子さんいわく「地味で目立たない私が、なぜか学年で一番モテる不良男子からいきなりアプローチを受けたレベル」。
    ものすごく顔が好みだ! 婚活パーティにはもう行かないで欲しい! とにかく俺を見てくれ! ……そんな少女漫画のような体験に、N子さんは言いようのないトキメキを覚えた。(続く) 



    20171129日(水)【N子さんのジェットコースター恋愛03
    最初にN子さんからもらったメールはひたすら切実さに溢れていた。
    〈連絡が途切れがちになってから、一度さみしくて「会いたい」とLINEしたところ、「仕事で忙しい時期にそういうのは重くのしかかる。憂鬱な気持ちになった」と返事がありました。その後、何度か体調を気遣うLNEをしたものの、既読スルーかそっけない返信がくるのみです。大変な仕事というのは聞かされていたので理解はしたいのですが、付き合いはじめて間もない状況で会えない・連絡もほぼないのは苦しいです。本当は「会えない間に私、誕生日を迎えたんだよ。子宮筋腫も見つかった。会えなくてさみしかったし、連絡も欲しかった。あなたは恋愛に慣れているし自分のペースを崩されたくないんだろうけど、私の気持ちはどうしたらいいの?」と言いたい気持ちですが、そんなLINEを送ってしまったら彼が離れる気がしてできません〉(続く)



    20171130日(木)【N子さんのジェットコースター恋愛04
    大手広告代理店勤務のイケメンCMディレクター(しかもバツイチ子持ち、離婚原因は浮気)が、「奥手で恋愛経験に乏しいが、男性にリードしてもらいたいという願望はある」というN子さんを言いくるめるのは、正直言って容易いだろう。
    「仕事が忙しい」「憂鬱な気持ちになった」はつまり「これ以上踏み込んでくるな」という足止めの呪いだろうし、かといってハッキリ別れを告げてくるわけでもない。
    やってることだけ見れば、まぎれもなくクソメンだ。
    近づくことも遠ざかることもできない状態は
    N子さんにとって地獄の苦しみだと思うが、そっけない返事でも連絡が来れば気持ちが一瞬で上がってしまう。
    ジェットコースターのような感情の上下運動は、N子さんがこれまでの人生で味わったことのないものだという。
    それをもたらしてくれる相手に対し、「私はそれだけ彼のことが好きなのだ」と認識してしまうのも無理のない話だ。依存症とかなり近しい状態ではないか。しかし、「そんな男はやめておけ!」でやめられたら苦労はない。恍惚と絶望が繰り返される恋愛は抜け出しづらい。自分にも似た経験があるから痛いほどわかる。(続く)


    2017121日(金)【N子さんのジェットコースター恋愛05
    N子さんにメールで現状をうかがってみた。
    そこには、〈あのあと、彼からLINEで「まともなお付き合いはムリだと思う。休みが全然なくて疲れていて、会いたい気持ちが生まれない」と連絡がありました。LINEで別れ話をされるのは納得できなかったので会って話したいと伝え、「時間できたら連絡する」と言われました。その後、プロジェクトを数本抱えているようで忙しく、いまだに会えてはいません。ですが、LINEでの連絡は取っていて、「このままじゃいけないと思っている。ちゃんと話そう」と言ってくれています。今は、「別れる」というよりは「お互いの気持ちを話そう」という方向の気持ちになってくれているようです〉とあった。音信不通の地獄が続いているわけじゃなくてよかったと思った。でも、相変わらずズルい男だな……とも感じた。
    どんな結果になるにせよ、N子さんが納得する結末になることを祈るばかりだ。ジェットコースター恋愛の恍惚と恐怖について考えさせられるエピソードだった。(おわり)




    c3b38b547606e8eeb564286d46df3419b185867eN子さんのお悩みを図解しながら整理していった

  • 【森田専務の恋愛よももやま日記-2】 オンナとオトコの隠語

    2017-11-18 23:382

    こんにちは。桃山商事の森田です。

    「恋愛よももやま日記」は私の個人ブログになります。ここでは、放送の前日譚や後日談を中心に、恋バナを理屈っぽく綴っていきます。



    第二回生放送は、二村ヒトシさんをお迎えして、「オンナとオトコの隠語祭り」をお送りしました。二村さんのおかげで、いつもよりハイテンションな“祭り”となりましたし、隠語の面白さも存分に引き出されたように思います。


    b946d34d155e8fd2b0415e0de292906efb19bc79
    隠語祭り実行委員会の面々

    そもそも隠語とは、「特定の社会・集団内だけで通用する特殊な語(デジタル大辞泉)」のことです。この1か月、メンバーそれぞれが周囲に「隠語をくれ!」と取材した結果、集まった隠語は
    60個以上。まず、その数に驚きました。
    みんな結構使ってるんだな。
    そうやって集めた多様な隠語を一覧にして眺めたときに、その作られ方によって、“言い換え系”と“命名系”という2つにグルーピングできることが見えてきました。それぞれ異なる特徴や魅力があるため、2回に分けて考えていきたいと思います。
    今回は、“言い換え系”の隠語です。

    683ce0a007dd0d79e3c7ca3a12897119bd0d0fd2
    放送で紹介した隠語たち

    ★★
    “言い換え系”の隠語は、直接口には出しづらい言葉を、それとわからない別の言葉に置き換えているものです。女子会で「セックスの話」を「塗り絵」と言うとか(由来はSex and The City)、女友達同士のやりとりのなかで「仮性包茎」を「仮性→火星→マーズ」と隠語化しているという話もありました。

    “言い換え系”の隠語は、特定の業界の専門用語(ジャーゴン)が転じているケースが多いのも特徴です。証券会社に勤めている私の友人は、証券の売買の成立を示す“約定(やくじょう)”というジャーゴンが、男女一線を越えることの隠語として使われていることを教えてくれました。もとよりジャーゴン自体が隠語的な言葉であり、それがさらに隠語化するという、いわば“二重の隠語”になっているのが構造的に面白いと思います。

    ★★★
    さて、“言い換え系”の隠語を考えるうえでのポイントは、「なぜ、その言葉を隠語にするのか」という点です。
    いや、直接口に出すには憚られる言葉だからでしょ、と思われるかもしれません。
    もちろんそれは大きな理由のひとつなのですが、そこだけに限定してしまうと、隠語の持つ魅力を捉え損ねることになるように思います。

    たとえば、清田が知人の女性に教えてもらった「ミラノサンド
    ABC」という隠語は、ドトールのミラノサンドの種類(A=定番の生ハム、B=シーフード、C=期間限定メニュー)にかけて、「本妻(彼女)=A、愛人=B、セフレ=C」と言い換えたものでした。このとき必ずしもABCという序列があるわけではなく、Bの潮の香りにも惹かれるけど、なんだかんだAの安定感はすごいし、Cもたまに味わうのにはいいかな……、といった気分が表現されているそうです。

    愛人やセフレは、一般的には避けた方がよいネガティブなポジションとして捉えられがちですが、「そっちのが楽」という場合だってあるわけです。それは「私が選択すること」であり、その意味でまさにメニューであるところの「ミラノサンド
    ABC」が気分的にもフィットしたということなのでしょう。
    ただし、これは能動的にその立場を楽しんでいる人だからこそポジティブな意味になるという話であって、「相手をなし崩し的に愛人やセフレにして、本命への昇格を匂わせつつ、気持ちやセックスを搾取して苦しめている人」の免罪符にはなりません、念のため。

    話を戻すと、つまりある言葉を隠語に言い換えるのは、そのように表現した方が「気分に合うから」とか「感覚にフィットするから」という側面も大きいように思うのです。だからこそ隠語には、それを使う人たちの価値観や感覚がソリッドに反映されるのだし、特別に仕立てられた「オリジナル」な言葉であるがゆえに、そのコミュニティーにしか存在しない独特のリズムを持ったコミュニケーションも生むのだと思います。

    ★★★★
    “言い換え系”の隠語のもう一つの事例として最後に触れておきたいのが、「恋人同士の隠語」です。その例として放送の中で最初に紹介したのが、“いつもの先輩”(男性、41歳)が寄せてくれた隠語「修二と修子」でした。
    これは元カノとの間で使われていた隠語で、“いつもの先輩”の名前が修一(「修」は仮名)なので、彼女が彼の性器のことを「修二」と呼んでいたそうです。用例は「修二さん元気になってるよ」とか、「そろそろ修二を」といった具合で、なんかほっこりしますよね。
    ちなみに「修二」と言い出した元カノはこれまでに数人いたらしく、“いつもの先輩”いわく、「名前に数字が入っている人にとっては『あるある』なのではないか」とのことですが、どうでしょうか。心当たりのある方はご連絡下さい。

    あと、「修二」と言っていた元カノのなかで一人だけ、自分の性器を「修子」と呼んでいた方もいたそうです。こういうことを憶えているところが“いつもの先輩”だなあと思います。(“いつもの先輩”が常連投稿者として大活躍している
    podcast番組『二軍ラジオ』もぜひ聞いてみてください)

    生放送中にいただいたコメントのなかで、「恋人同士の隠語には独特のエグみがある」といった感想があったのですが、おそらく、それが恋愛空間という密室の、さらに奥にしまわれている最陰部だからではないでしょうか。
    いつも番組にエピソードを投稿してくれる会社の後輩女子は、「隠語あったんですけど、ちょっと恥ずかしくて投稿できませんでした。でも、みんな似たようなことやってるんですね」と、放送を観た感想をくれました。
    やってんですよね、きっと。

    翻って、「なぜ、その言葉を隠語化するのか」を考えてみると、恋人同士の“言い換え系”の隠語は、もともとは言いづらい言葉を伝えるという必要性によって生まれることが多いのでしょうが、繰り返し使われるうちに定着して、やがて二人の間で特別な響きを持つようになるのだと思います。
    それは当然だけど別れたら死語”になってしまうものだし、二人の中でも流行り廃りがあるわけで、そう考えると随分儚い言葉です。
    あ、不死鳥のように蘇る「修二」みたいな隠語もたまにあるわけですが。

    ★★★★★
    ということで、今回は“言い換え系”隠語について改めて考えてみました。次回は“命名系”隠語について振り返ってみたいと思います。