• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • 「地位は人を駄目にする!」「富すれば鈍する?」etc.各種のブーメランが飛び交うニッポンにお届け無料生放送「あとは自分で考えなさい。」連動ブロマガ「だから、言わんこっちゃない!」5月25日号

    2016-05-25 13:55

     「地位は人を駄目にする!」「富すれば鈍する?」etc.各種のブーメランが飛び交うニッポンにお届け無料生放送「あとは自分で考えなさい。」連動ブロマガ「だから、言わんこっちゃない!」525日号

     

    http://ch.nicovideo.jp/yassy

    視聴予約 http://live.nicovideo.jp/watch/lv263550128

    メール tanaka@nippon-dream.com

     

    http://www.nippon-dream.com/

    http://www.facebook.com/yassy.tanaka.1

    https://twitter.com/loveyassy/with_replies

    https://www.instagram.com/tanakayasuojp/

     

    「たまらなく、AOR」 http://tanakayasuo.jp/aor

     

     

    オバマ大統領の広島訪問 日米政治、彼我の「隔たり」に思いを馳せる

    「ささやかだけど、たしかなこと。」第27

    http://www.nippon-dream.com/?p=16845

     

    アメリカホワイトハウスで外交政策担当するロ大統領副補佐官がオバマ大統領広島訪問についてべ、「アメリカりにうべきだ」と強調した
    http://www.news24.jp/articles/2016/05/18/10330486.html

     ロ大統領副補佐官「オバマ大統領訪問は、戦争による多大人的犠牲と、日米現在構築している関係認識するものだ

     ロ副補佐官は、オバマ大統領外交戦略立案わっている。ロ副補佐官は17講演で、「大統領なき世界目指すだけでなく、歴史正面から見据えてんでいる」と強調し、「我々はアメリカとして今回訪問りにうべきだ」とべた

     また、広島でのオバマ大統領発言については、「現地ることがどんな意味ったかをすことになるだろう」としたで、「大統領のきわめて個人的所感になるので、すかは予測できない」とべた

     

    道義的責任、広島で言及へ オバマ氏、被爆者と接触も

    http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2016051902000277.html

    【ワシントン=共同】ローズ米大統領副補佐官は十八日、オバマ大統領が広島を訪問する際、核兵器を使用した唯一の国として、核廃絶に向けた「道義的責任」があると言及し、原爆投下により「広島、長崎で失われた多くの命」を追悼すると明らかにした。共同通信の単独会見に応じた。

     オバマ氏が広島で発表する所感は短い演説形式になる予定。「核なき世界」を提唱した二〇〇九年のプラハ演説と実質的に同様の核廃絶メッセージが込められることになる。

     ローズ氏によると、所感でオバマ氏は「道義的責任」に触れた上で、核廃絶に向けて将来の核使用を防ぎ、核の役割を低減する意向を表明する。

     一方、別のホワイトハウス当局者は十八日、被爆者との公式な面会は困難だが、オバマ氏が訪問の所感を述べる際の聴衆として被爆者が同じ場所に居合わせ、接触する可能性もあると説明した。

     ローズ氏はオバマ氏のスピーチライターで、プラハ演説を書いた最側近。政権内で慎重論もあった大統領の広島訪問を推進したとされる。

     ローズ氏は、原爆投下への謝罪はしないとのこれまでの立場を強調。「米国が第二次大戦を戦った世代を誇りに思っていると、日本の人々も理解してくれるはずだ」と述べ、原爆投下の是非に踏み込まなくても歴史の直視は可能だとの見方を示した。

     また、被爆者に対するオバマ氏のメッセージとして「戦争が罪のない命を奪い、原爆がすさまじい犠牲をもたらしたことを理解している」と強調。広島と相次いで原爆が投下された長崎に言及し、戦争の全犠牲者を追悼するとした。

     ローズ氏はまた、ロシアが非協力的なために核軍縮が停滞していると指摘、オバマ氏が広島訪問で「(核軍縮の)機運をつくりだしたい」考えだと語った。

    ◆数分間の「所見」表明

     【ワシントン=石川智規】米国家安全保障会議(NSC)のクリテンブリンク・アジア上級部長は十八日、ワシントン市内で開いた記者会見で、オバマ大統領が二十七日に広島を訪問する際、「大統領は数分間の所見を述べる予定だ」と述べた。広島を訪れて感じたことや、原爆投下の犠牲になった人を含めて第二次世界大戦で犠牲を受けた全ての人を追悼する内容になる見込みという。さらに広島平和記念公園で「簡素で威厳のあるセレモニー」を行う予定を明かした。

     

    オバマ氏、27日に広島訪問 現職米大統領で初 

    http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=167539

    【ワシントン共同】日米両政府は10日、オバマ大統領が27日、主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)に合わせて安倍晋三首相と共に広島を訪問すると正式発表した。広島、長崎に原爆を投下した米国の現職大統領が被爆地を訪れるのは初めて。被爆から70年余りを経て実現する。オバマ氏は自らが提唱した「核兵器なき世界」実現に向けた取り組みを国際社会に訴える方針だ。日本政府筋などによると、演説や平和記念公園での献花、原爆資料館の見学を検討している。

    ローズ大統領副補佐官は声明で、オバマ氏の発言を引用し「米国には核兵器を使用した唯一の国として特別の責任がある」と指摘した。(共同通信)

     

    オバマ大統領単独インタビュー 核兵器のない世界 広島から発信

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160522/k10010530421000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

    アメリカのオバマ大統領は、今月25日から日本を訪れるのを前に、NHKの単独インタビューに応じました。この中でオバマ大統領は、現職のアメリカの大統領として初めてとなる被爆地、広島への訪問で発するメッセ―ジには、謝罪は含まれないものの、罪のない大勢の人々が犠牲になった戦争の悲惨さと「核兵器のない世界」を訴えることを明らかにしました。また、かつて敵国どうしだった日米両国が今や最も緊密な同盟国になったことが、世界平和に向けた成功例だという認識を示しました。

    オバマ大統領は、今月25日から日本を訪れ、伊勢志摩サミットに出席したあと、27日には現職のアメリカの大統領として初めて、被爆地、広島を訪れることにしています。
    オバマ大統領の訪日は、2009年の大統領就任以来、今回が4度目です。オバマ大統領は、それを前に、ホワイトハウスでNHKの単独インタビューに応じ、みずからの広島訪問について「初めて日本を訪れたときに、訪問に関心があると述べた。大統領の任期があと僅かとなるなか、戦争の本質をじっくりと考えるよい機会になると思った」と述べ、大統領就任以来の訪問への強い思いを強調するとともに、今回、機が熟したと判断したことを明らかにしました。そして「目的の1つは、戦争では罪のない人たちが巻き込まれ、とてつもない苦難に見舞われると認識することだ。それは過去の話ではなく、今も世界の多くの場所で起きている」と述べて、広島では、大勢の人々が犠牲になる戦争の悲惨さを訴え、命を落とした多くの市民を追悼する考えを示しました。そのうえで、広島では所感を述べる予定だとしたうえで「単に過去を振り返るのではなく、世界中で平和と対話を進めるためにできるかぎりのことをすべきだということ、そして『核兵器のない世界』を追い求めて努力すべきだということを訴えるのが目的だ」と述べ、「核兵器のない世界」を目指すというメッセージを世界に向けて発信したい考えを強調しました。
    さらにオバマ大統領は、訪問で被爆者に謝罪する考えはないとしたうえで、「戦争のさなかに指導者はあらゆる決定を下すということを忘れてはならない。それを検証するのは歴史家の仕事だ。7年半、同じ立場に身を置いた者として、指導者がとりわけ戦争時には極めて難しい判断を迫られることを知っている」と述べ、今回の訪問は原爆投下の是非を論じることが目的ではないと強調しました。
    また、日米関係について「かつての敵どうしが、いかにして世界で最も緊密な関係を築き、最も緊密な同盟国になったかを示す、すばらしい物語だ」と述べ、世界各地で国どうしの争いが続くなか、日米両国は過去を乗り越えて平和を築く重要な成功例だという認識を示しました。
    一方、2009年の大統領就任の年に演説で訴え、その年のノーベル平和賞受賞につながった「核兵器のない世界」の現状については、「僅かながら進展した。核兵器の保有量が大幅に増えることはなかったからだ」と述べました。そのうえで「ロシアと交渉し、大統領に就任した当初は、核軍縮条約の『新START』を締結し、米ロ両国の核兵器の保有を削減することができた。私はさらなる削減が可能だと思うが、ロシアはこれまでのところ、関心を示していない」と述べ、ウクライナ情勢などを巡り対立するロシアが核軍縮に後ろ向きなことが停滞の原因だと指摘しました。

     

    オバマ大統領 単独インタビューの内容をすべて掲載

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160522/k10010531011000.html?utm_int=detail_contents_news-related-auto_002

    アメリカのオバマ大統領は、今月25日から日本を訪れるのを前に、NHKの単独インタビューに応じました。全容は次のとおりです。

    Q1
    今回の訪日で何を期待しますか?
    A1
    今回の訪問の主な目的はG7サミットです。G7は、われわれの最も近い友人や同盟国とともに、さまざまな地球規模の課題について話し合うすばらしい場となっています。そして、ことしは安倍総理大臣が議長を務めます。安倍総理大臣は私と同じように、世界の成長を拡大するために、われわれ皆が協力し、民主国家として国際的な法とルールを守らなければならないと信じていると思います。さらに中東や南シナ海といった不安定な地域や、北朝鮮と核拡散の問題について話し合う機会もあると確信しています。さらに、世界の開発に向けた共通の目標について話し合う機会もあるでしょう。例えば、女性の教育をどのように促進し、彼女たちに、より多くの経済的な機会を与えることができるのか。世界の保健医療を推進するために、われわれはどのような協力ができるのかということです。人々が世界中をこれほど頻繁に移動する現在の環境の中で、保健医療が整っていない非常に貧しい国で病気が発生すれば、エボラ、ジカ熱、SARSなどの病気のように、あっという間に感染が広がってしまいます。このため、話し合うことはたくさんあります。私にとって、アメリカと日本の非常に強力な同盟関係を再確認する、すばらしい機会でもあるのです。日米同盟は、われわれの安全保障の礎の一つであり、われわれが、これまで何十年もの間享受してきた平和と繁栄と安定の創造に貢献してきました。

    Q2
    現在の世界経済を鑑みて、伊勢志摩サミットでは世界に向けて、どのようなメッセージを発信したいと考えていますか?
    A2
    経済成長は、すべての国が雇用の創出や、地球規模の商取引と貿易の拡大を推進するための適切な措置を取ることにかかっている、ということを認識することが重要だと思います。安倍総理大臣とともに、私が主導する最も重要な取り組みの一つが、TPP=環太平洋パートナーシップ協定です。これは、日米両国がアジア太平洋地域全体と協力して、基準を引き上げ、環境保護や、知的財産の保護を強化しようと努力していることを示す例です。こうした、あらゆる措置を取ることで、われわれは同じ競争条件の下で貿易を行うことができます。それは、アメリカの労働者にとってよいことであり、日本の労働者にとってもよいことであり、われわれの経済全体にとって、よいことなのです。われわれがやらなければならないことは、短期的には一つの国に利益をもたらすものの、長期的には地域全体、そして世界全体の成長をより困難にするような行動を取る国に対して警戒することです。

    Q3
    広島訪問という大統領の歴史的な決断を歓迎します。なぜ今回、広島に行こうと決めたのですか?訪問の目的は何ですか?
    A3
    適切なタイミングだと考えています。今回のG7開催地は広島、そして平和公園にも近いです。私が初めて日本を訪れたときに、広島訪問に関心があると述べました。大統領の任期が、あと僅かとなるなか、戦争の本質をじっくりと考えるよい機会になると思いました。私の目的は、単に過去を振り返るのではなく、罪のない人々が戦争の犠牲になったこと、世界中で平和と対話を進めるために、できるかぎりのことをすべきだということ、われわれは引き続き、『核兵器のない世界』を追い求めて努力すべきだということを訴えることです。それは、私が大統領に就任して以来、ずっと取り組んできたことです。そしてこれは、かつての敵どうしが、いかにして世界で最も緊密な関係を築き、最も緊密な同盟国になったかを示す、すばらしい物語です。そして、そのことは、われわれが互いの違いを乗り越え、われわれの子どもや孫たちのために、よりよい未来を作れることを教えてくれています。それは、歴史を無視するのではなく、それを理解し、認識し、よりよい未来をともに目指すことで実現できるのです。

    Q4
    2009年11月のNHKとのインタビューで当時、大統領は広島と長崎を訪問したいと述べました。しかし、それから7年かかりました。広島訪問を最終的に決断するのに、なぜ7年かかったのですか?障害や困難があったのでしょうか?
    A4
    特に障害はありませんでした。アメリカ大統領というのは、とても忙しいのです。私が外国を訪問するときは二国間協議や首脳会談、報道関係者のインタビューなど、数多く行事があります。今回は最も適したタイミングだと思ったのです。しかし、日本とアメリカの国民は戦争がもたらした廃墟と、すべての人が受けた痛みを乗り越えて、同盟関係を結ぶという高まいなビジョンを持つに至りました。こうして、私たちは協力して国際秩序を再構築し、両国の国民に多大な機会をもたらしたのです。今の時代は多くの意味で、世界は狭くなっています。われわれはかつてないほど、互いにつながり合い、依存しています。しかし、そのことは、また、新たな危険、新たな脅威、国境を越えたテロ、テロ組織の手に大量破壊兵器が渡る可能性をもたらしています。だからこそ、私たちは協力していくことが重要であり、現存する核兵器の備蓄の安全性をどのように確保するのかが、喫緊の課題だと感じることが重要なのです。まさに、このことが核セキュリティーサミットの場で、安倍総理大臣が私やほかの多くの国々とともに、取り組んできたことなのです。しかし、世界で、やがては核の備蓄を削減していくなかで、このことを私たちは留意していかなければならないのです。

    Q5
    広島では何をしますか?
    A5
    平和公園を訪れることになると思います。簡潔な所感を述べるでしょう。平和公園は核兵器と戦争のむごさを強烈に思い起こさせる場所だと思います。長い演説は行わないと思いますが、どうすれば世界中で、よりよい平和を築くことができるのか、日本とアメリカの関係を手本にすることで、どのように前進できるのかについて、みずからの見解を述べたいと思います。そして、私の訪問がきっかけとなり、あらゆる問題について、新たな協力の機会が増えることを期待しています。

    Q6
    被爆者の方たちは大統領との面会を強く望んでいます。広島で被爆者の方たちと会いますか?
    A6
    日程はまだ最終的に決まっていません。まだ、はっきり分かりません。しかし、私の目的は日本の人々に語りかけることであり、この地域の人々、アジアの人々、アメリカの人々、世界中の人々に語りかけることです。こうしている間にも、多くの人が、今なお戦争で苦しんでいます。私の目的の1つは、戦争では罪のない人たちが巻き込まれ、とてつもない苦難に見舞われると認識することです。それは単なる過去の話ではなく、今も世界の多くの場所で起きていることなのです。私たちは、それぞれ自分の国を守るために、できるかぎりのことをすると同時に、人類という観点から考えなくてはならないのです。私はアメリカ軍を、この上なく誇らしく思っています。彼らは防衛力を提供し、日本、韓国、その他の同盟国を支援する、よき軍隊として、アジア太平洋地域の平和と繁栄に貢献しています。私たちが前回、日本で大規模なオペレーションを展開したのは、福島の悲劇からの復興を支援するためでした。それは、アメリカ軍の優秀な兵士たちが集団的かつ共通の安全を守り、平和を維持するためのよき軍隊だとみなされることを、私がいかに望んでいるのかを示す例なのです。

    Q7
    広島、長崎の人たちにどのようなメッセージを伝えますか?
    A7
    何を発言するかはまだ決めていません。全体的には先ほど述べたように、戦争の悲惨さ、「核兵器のない世界」の必要性、われわれが前進していくうえで成功例となる日米同盟についてお話しすることになると思います。

    Q8
    メッセージに謝罪は含まれますか?
    A8
    含まれません。戦争のさなかに指導者はあらゆる決定を下すということを忘れてはなりません。それについて、疑問を呈し、検証するのは歴史家の仕事です。7年半の間、同じ立場に身を置いた者として、どんな指導者でも、とりわけ戦争のときには、極めて難しい判断を迫られることを知っています。ですから、私は今回、どうすれば、われわれは前に進むことができるかについて強調すると思います。同時に、先ほど述べたように、人々が戦争でひどく苦しんだという事実を強調し、平和と外交を重視するかたちで、人間らしい対応と制度を進化させていく必要があるということを強調したいと思います。

    Q9
    「核兵器のない世界」についてお尋ねします。世界の核軍縮の現状について、どう見ていますか?
    A9
    僅かながら進展はあったと思います。核兵器の保有量が大きく増えることはありませんでした。核を保有する大国の中では、新たな兵器の増強に重きは置かれていないと思います。私はロシアとの交渉を試みてきました。大統領に就任した当初は、核軍縮条約の「新START」を締結し、米ロ両国の核兵器の保有を削減することができました。私は、さらなる削減が可能だと思いますが、ロシアはこれまでのところ関心を示していません。現在の核兵器を巡る最大の課題は、北朝鮮の核開発計画の脅威です。北朝鮮は無謀で挑発的なかたちで、核兵器だけでなく、核兵器の運搬手段の開発も続けています。国際社会は、その態度を理由に北朝鮮を孤立させようとしているが、これまでのところ、北朝鮮は態度を変えていません。懸念している理由の1つは、北朝鮮には核技術を拡散させた過去があるからです。われわれには、まだやるべきことがあります。北朝鮮は最悪の事例ですが、世界にはとても危険な新たな核技術を開発している国もあります。そして、今日、われわれの能力は非常に高くなっており、いかなる国も新たな兵器を作ることなく、核の保有を増やすことができると認識することが重要です。その一方で、われわれが取り組んでいくべきは、人々が必要とする経済成長、食料、保健医療、子どもたちへの教育といった分野への投資なのです。

     

    ゲバラが残した「悲痛な言葉」 オバマ氏は広島で何語る

    http://www.asahi.com/articles/ASJ5R65LSJ5RUEHF01G.html

     

    舛添都知事が辞めない3つの理由…田中康夫氏が明かす

    スポニチアネックス

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160523-00000098-spnannex-ent

    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/05/23/kiji/K20160523012641730.html

     

    田中康夫氏が語る、舛添都知事が辞任しない3つの理由

    スポーツ報知

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160523-00000033-sph-soci

    http://www.hochi.co.jp/topics/20160523-OHT1T50033.html

     

    片山さつき氏が舛添要一氏との離婚に至った「暴力」「愛人」を暴露

    http://www.huffingtonpost.jp/2016/05/17/satsuki-katayama-flash_n_10015618.html

    片山さつき氏「相当苦しい」 舛添要一氏会見への元妻のツッコミにも非難の声

    http://www.huffingtonpost.jp/2016/05/13/satsuki-katayama_n_9944926.html

     

    舛添知事をかばえず、降ろせず=自公苦悩、出直し選なら人材難

    http://www.jiji.com/jc/article?k=2016052100171&g=pol

    百条委員会、不信任決議…舛添知事を待つ都議会の追及

    http://seijiyama.jp/article/news/nws20160525.html

     

     

    支払い契約書に署名、竹田氏が認める 五輪招致疑惑

    http://www.asahi.com/articles/ASJ5R3K6DJ5RUTQP00Q.html?iref=com_rnavi_arank_nr05

    JOC会長がサイン、コンサル契約巡り 五輪招致疑惑

    http://www.asahi.com/articles/ASJ5N7RJNJ5NUTQP02Q.html

    「東京オリンピック招致委、IOC有力者に多額の現金」イギリスで報道(UPDATE

    http://www.huffingtonpost.jp/2016/05/11/tokyo-2020-bribe_n_9918732.html

     

    FACTA」五輪関連

    http://facta.co.jp/blog/archives/20160523001318.html

     

    基地反対派を「基地外」 自民党神奈川県議が発言 「基地の外にいる人ということで…」

    http://www.sankei.com/politics/news/160524/plt1605240047-n1.html

     

    25年大阪万博誘致、会場「夢洲」軸に検討 知事が方針

    http://digital.asahi.com/articles/ASJ5P04WVJ5NPTIL02M.html?rm=385

     

    米軍の風俗活用が「解決策」 橋下氏が再び持論

    http://ryukyushimpo.jp/news/entry-284251.html

    橋下徹氏、米軍の風俗活用に再び言及 「きれいごとで解決しない」

    https://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=169609

     

    クリントン・トランプ両氏、不人気ぶり際立つ 米世論調査

    http://www.cnn.co.jp/usa/35082996.html

    ケンタッキー辛勝の民主クリントン氏、前途多難か

    http://www.cnn.co.jp/usa/35082832.html

    トランプ氏支持率、クリントン氏を初リード

    http://mainichi.jp/articles/20160525/k00/00m/030/039000c

    ニューヨーク國枝すみれ、ロサンゼルス長野宏美】米大統領選に向け共和党の指名獲得を固めている実業家ドナルド・トランプ氏(69)が世論調査の平均支持率で民主党の有力候補ヒラリー・クリントン前国務長官(68)を初めて上回った。トランプ氏が支持基盤を固め、クリントン氏と激しく競り合っている。

     政治専門サイト「リアル・クリア・ポリティクス」がまとめた13〜19日の全米調査の平均値では、トランプ氏とクリントン氏の対決を想定した場合、トランプ氏支持が43.4%とクリントン氏の43.2%を0.2ポイント上回った。22日発表のABCテレビとワシントン・ポスト紙の合同調査では、トランプ氏支持は46%でクリントン氏の44%を2ポイント上回った。3月上旬はトランプ氏41%、クリントン氏50%だった。

     また23日発表のNBCテレビとウォール・ストリート・ジャーナル紙の世論調査によると、クリントン氏の46%に対し、トランプ氏は43%。トランプ氏は4月中旬の11ポイント差を3ポイント差まで縮めた。

     NBCによると、11月の本選でトランプ氏に投票すると答えた共和党員は4月の72%から86%に伸び、トランプ氏が共和党員の支持を固めつつあることが分かる。クリントン氏にくら替えすると答えた共和党員は1カ月で13%から6%に減った。

     一方、各種調査では両氏の好感度の低さが際立ち、1984年の大統領選以降、最も不人気な候補とも評される。ワシントン・ポスト(電子版)は22日、有権者の6割近くが両氏に好感を持っていないとし、「2大政党の候補者がこれほど厳しい評価を受けたことはない」と報じた。

     同紙とABCテレビの調査ではトランプ氏もクリントン氏も「好ましくない」が57%。「極めて好ましくない」はクリントン氏が46%、トランプ氏が45%を占めた。CBSテレビとニューヨーク・タイムズ紙の調査(13〜17日)でも、両候補を「好ましくない」とする回答が過半数だった。

     米西部のカリフォルニア州立大に通うホセ・アポラヤさん(18)は「何をするか分からない差別的なトランプは論外だし、不誠実な印象のヒラリーにも入れない。本選は第3党の候補を選ぶ」と語った。

     

     

    愛犬一緒機内ごせるチャー便利用した特別企画「ワンワンフライト in 北海道ライト」

    http://news.jorudan.co.jp/docs/news/detail.cgi?newsid=JD1463725896445

     

    客室内でもペットと=の「ワンワンフライト」-全日空

    http://www.jiji.com/jc/article?k=2016052000667&g=soc

     

    おもろいワン 写真特集

    http://www.jiji.com/jc/d4?p=dog111&d=d4_topics

     

    ガリガリ君、米NYタイムズの1面に おわびCMも紹介

    http://www.asahi.com/articles/ASJ5N3WJSJ5NUHBI010.html?iref=com_rnavi_arank_nr03

     

    乙武さんが生きのびるには… 寂聴さんが考えた

    http://digital.asahi.com/articles/ASJ4665Q1J46PTFC01M.html?rm=513

    今から17年前の初夏、乙武洋匡さんが後にも先にも一度だけ、京都の私の住み家、寂庵(じゃくあん)へ訪れてくれた。たしか乙武さん、23歳の時だった。早稲田の学生で、すでに「五体不満足」という本を出版して、本は売れに売れ、有名人になっていた。

     その乙武さんと私との対談を、雑誌「現代」が企画した。

     約束の時間通り、現代の長身の編集者が軽々、乙武さんを胸に抱き、門から入ってきた。玄関に入るなり、私の足元へ、軽い荷物を置くように、抱いてきた乙武さんをひょいと置いた。乙武さんは、その瞬間、私の目には、一個のぬいぐるみのように見えた。そのショックで、私はうろたえてしまった。本も読み、写真も見てはいたが、実際に両手、両足のないその人を目撃した瞬間の驚きは、予期以上のものであった。この体で生まれ、早稲田の学生になって、ベストセラーの本を出すまでの歳月、人のしないどれだけの苦労をしてきたかと思うだけで胸がいっぱいになった。

     対談が始まったら、乙武さんは、すがすがしい美形の顔を真っすぐあげ、私の顔を正面から見て、その清潔で深い瞳で私の目を見つめ、質問に即座に期待以上の答えをくれた。

     「障害は不便である。しかし、不幸ではない」

     と、「五体不満足」の本に書かれたヘレン・ケラーの言葉を、彼の口から、きっぱりと、じかに聞くと、その言葉の重みが、格別の感動を呼びおこすのであった。彼以上の苦しみに耐えて、ここまで爽やかな人間に育てあげた母なる人の、精神の強さと聡明(そうめい)さに、改めて感動した。

     会ったのはその時だけだったが、その後の乙武さんの動きや噂(うわさ)を他人事(ひとごと)ならず注意していた。結婚したと聞いた時も、教育者になったと聞いた時も、子供が次々生まれたというニュースも、自分の肉親の慶事のように嬉(うれ)しかった。

     ずっと陰ながら好意を抱きつづけ、その幸福を祈っていた乙武さんが、突然、不倫の不行跡をあばかれ、週刊誌に書きたてられ、マスコミに非難されている。

     まさか夏の参院選に向け、自民党で立候補するなど思いもかけなかったが、さすがにそれは取りやめた。

     これから生きのびるには、小説家になるしかないのでは。小説家は不倫をしようが、色好みの札つきになろうが、その恥を書きちらして金を稼いでもどこからも文句は言われないよ。

     

     

    リニア計画中止求め提訴 沿線住民「安全に重大な問題」

    http://digital.asahi.com/articles/ASJ5N5FF5J5NUTIL03T.html?rm=497

    2027年に東京―名古屋間で開業予定のリニア中央新幹線について、反対する沿線7都県の住民ら738人が20日、JR東海の計画を認可した国を相手取り、処分の取り消しを求める訴訟を東京地裁に起こした。「乗客の安全や環境への影響に重大な問題があるのに、計画を認可したのは違法だ」と訴えている。

     訴状で住民らは、JR東海による工事の環境影響評価が不十分だと指摘。水源への影響や、トンネル掘削で出る大量の土の処理、工事車両による騒音・振動などについて、十分な検討がされていないと訴えた。地震や火災の際の安全性も確保されていないと主張している。

     提訴について、国土交通省は「訴状を受け取っていないためコメントは差し控える」、JR東海は「特に申し上げることはないが、当社は国交相から工事実施計画の認可を受けており、中央新幹線の建設を着実に進めていく」としている。

    ■「疑問に答えぬJR東海、法廷に出て」

     「JR東海は住民説明会で疑問に全く答えず、情報も出さない。法廷で出してもらうしかない」。原告らは提訴後に東京都内で会見。原告団長で慶応大名誉教授の川村晃生(てるお)さん(69)は提訴の狙いを話した。

     工事による騒音や振動、トンネルから出る土の処理、河川の水量低下など、住民の不安は多岐にわたる。JR東海が公表した環境影響評価を読んでも、疑問に答えているとは思えなかった。

     住民説明会で質問しようとしても、「1人3問、再質問はなし。制限時間がくれば終了」とJR東海が制限をかけたという。川村さんは「アセスメントも説明会もアリバイづくり。あまりに不誠実だ」と憤る。

     訴訟は国が相手だが、JR東海の建設計画そのものの是非を問いたい考えだ。弁護団共同代表の中島嘉尚弁護士は「国の認可が正しかったのかを問う中で、JR東海にも問題に向き合わせたい」と話した。(千葉雄高)

     

    元自民党タカ派の遺言 安倍首相、覚えてますか?

    http://mainichi.jp/articles/20160520/dde/012/010/022000c

    ジョン・レノンのポスターに「政治的」とクレーム 店はどう対応すべきか

    https://www.buzzfeed.com/daichi/war-is-over-if-you-want-it?utm_term=.hf1Pn8XwQ8#.led6947XY4

     

    20兆円規模で難民支援など 総理、サミットで表明へ

    テレビ朝日系(ANN 519()1147分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20160519-00000018-ann-pol

     

     伊勢志摩サミットまであと1週間に迫りました。安倍政権は、開発途上国や低迷する世界経済に向けて20兆円を超える規模のインフラ整備事業や難民支援策を打ち出す方針を固めました。

     (政治部・河本健太記者報告)
     安倍総理大臣は、財政出動をはじめとした「3本の矢」で低迷する世界経済の活性化を図りたい考えです。
     安倍総理大臣:「G7がリードして、世界経済の持続的かつ力強い成長を牽引(けんいん)するために、明確な、そして力強いメッセージを出していきたい」
     また、安倍総理は世界経済への貢献として、アジアやアフリカなど開発途上国に対して20兆円規模のインフラ整備事業をサミットで打ち出す方針を固めました。さらに、8000億円程度の予算を投じ、女性の人材育成や感染症対策に加え、シリア難民を留学生として最大150人受け入れるなど途上国への貢献もアピールする方針です。安倍総理は次々と政策を打ち出すことで、議長として主要テーマである世界経済の議論をリードする考えです。

    最終更新:519()1147

     

    サミット前に顔を売る 地球を回る議長国リーダー 

    http://www.nikkei.com/article/DGXMZO02745780V20C16A5I00000/

     

    よくわかるG7

    https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/g7transition/

     

     

    甘利氏疑惑調査の「元特捜弁護士」は、本当に存在するのか

    https://nobuogohara.wordpress.com/2016/02/16/%E7%94%98%E5%88%A9%E6%B0%8F%E7%96%91%E6%83%91%E8%AA%BF%E6%9F%BB%E3%81%AE%E3%80%8C%E5%85%83%E7%89%B9%E6%8D%9C%E5%BC%81%E8%AD%B7%E5%A3%AB%E3%80%8D%E3%81%AF%E3%80%81%E6%9C%AC%E5%BD%93%E3%81%AB%E5%AD%98/

     

  • 祝150回❤「あとは自分で考えなさい。」連動ブロマガ「だから、言わんこっちゃない!」5月18日号❤♡

    2016-05-18 14:58

    150「あとは自分で考えなさい。」連動ブロマガ「だから、言わんこっちゃない!」518日号❤♡

     

    お待たせしました。150回記念「あとは自分で考えなさい。」

    技術担当ブースカも順調に恢復!

    タイムシフト視聴予約は http://live.nicovideo.jp/watch/lv262768297

    ヤッシーへのメールはtanaka@nippon-dream.com

     

    HP http://www.nippon-dream.com/

    http://www.facebook.com/yassy.tanaka.1

    https://twitter.com/loveyassy/with_replies

    「たまらなく、AOR」 http://tanakayasuo.jp/aor

    これからのメディア出演情報 http://www.nippon-dream.com/?p=16367

    ロッタ写真館 http://tanakayasuo.jp/lotta

    「サンデー毎日」連載第25

    安倍政権は本当に「支持」されているのか?

    「憲法改正」をめぐる「世論」との乖離

    http://www.nippon-dream.com/?p=16759

     

    「サンデー毎日」連載第26

    悠久の都・京都で新たな未来を構想する

    秀逸なる雑誌

    http://www.nippon-dream.com/?p=16552

    バックナンバー http://www.nippon-dream.com/?cat=30

     

    「ソトコト」連載「憂国呆談」6月号

    http://www.nippon-dream.com/?p=16754

     

    VERDAD」連載「田中康夫の新ニッポン論」 「神学論争」

    http://www.nippon-dream.com/?p=16727

     

    「たまらなく、AOR517日深夜放送分

    http://www.nippon-dream.com/?p=16816

    http://blog.fmyokohama.jp/aor/2016/05/m1yo.html

     

     

    これからの出演情報 http://www.nippon-dream.com/?p=16367

    本日の「モーニングCROSS」では「本末転倒 ふるさとパナマ納税」と題して

    「オピニオンCROSS」をお届けしました。

    新車が実質2千円 ふるさと納税、富裕層の節税策に

    http://digital.asahi.com/articles/ASJ5H5GM6J5HULFA005.html?rm=631

     

    房総半島の中央にある人口約1万人の千葉県大多喜町。返礼品は町で使える金券で、ふるさと納税をする富裕層には有名な自治体だ。2014年12月に金券を贈り始め、15年度の寄付額は前年度の40倍近い約18億円に急増した。4月下旬、ネット上で高級ブランド品販売をうたい、金券の使用先として富裕層に人気の「店」を訪ねた。

     建物の2階に「大多喜百貨店」の看板。入り口がわからず、1階の飲食店で尋ねると「鍵を預かっています」。案内されたアパートの一室には千円のサングラスやしゃもじが並ぶ。案内してくれた女性は「普段は誰もいません。専らネット通販の会社だそうです」という。

     「店」はなぜ人気か。

     例えば、給与年収1億円の男性が昨年、町に400万円をふるさと納税したとする。自己負担は2千円で、399万8千円は男性の所得税と住民税から減額される。町からは寄付額の7割、280万円分の金券が贈られ、2千円を引いた279万8千円分が「もうけ」になる。金券を資産に換えれば節税完了だ。

     「大多喜百貨店」は客に金券を郵送させ、高級品を送るのが売りだった。東京の業者が町に「支店」を登記したのは15年4月。町は金券を扱える業者として登録した。業者が持ち込んだ金券は町が換金する。業者は「町にまずはネット販売でいいと言われた」。最近になってネット通販はやめたという。

     町は3月から、寄付に対する金券の額の割合を7割から6割に下げるなど規制を始めたが発行は続く。(青山直篤、杉浦幹治)

    ■金券の束、町内の店に次々

     千葉県大多喜町に2015年末に現れた「大多喜ウォルマーケット」もふるさと納税で贈られた金券を扱い、ネットで家電製品の多様な品ぞろえを宣伝する。だが、店内をのぞくと陳列棚には歯ブラシやシャンプー。建物は廃業したラーメン店で、看板に「ら~めん かぞく」の文字が浮かぶ。敷地は雑草だらけだ。店の関係者は開業の理由について「金券の利用も念頭にあった」と言う。

     こうした業者が町に進出するのは、町が刷った大量の金券と市場規模が釣り合っていないこともある。町が15年度に贈った金券は約12億円。町の年間の町税収入の10億円を上回る。小売業売上高が90億円ほどの町に多額の金券をさばける店は多くないからだ。

     「ふるさと納税の目的は節税」。「100%得をする ふるさと納税生活」の著者、金森重樹氏(46)は断言する。年収は7億円にのぼるといい、15年度にふるさと納税した額は約1300万円。うち約1千万円は大多喜町へ。「大多喜百貨店」を中心に通販で高級腕時計やシャンパンなど数百万円分を買ったという。

     大多喜町のほかのお店にも足を運んでみた。

     大型連休初日の4月29日、家族経営の電器店。川崎ナンバーの高級外車でやってきた自営業の男性と妻が、最新の冷蔵庫など約25万円分を選んでいた。大半を金券で購入。男性は「町を4回訪れ、大きな買い物はここでした」と話した。

     町の複数の電器店が、事実上の通信販売も行ってきた。この店にも全国から注文メールが押し寄せ、対応にてんてこ舞いだ。多くの客は実質負担2千円で高額の家電製品を買っていることになるが、店主は「ネットで価格を比べて、価格にかなり敏感だ」と語る。

     町の中心部のスーパー「いなげや」では、別の夫婦がカートを連ね、かご四つに山盛りの買い物をしていた。レジで渡したのは分厚い金券の束だった。

     町内のある業者はここ数カ月で200万~700万円の新車を数台、全額金券で売った。業者は「町がからんだ、お金持ちの合法的な節税対策が行われている。これでいいのかと迷いながら販売した」。

     総務省は4月、金券や家電製品など資産性の高い返礼品を贈らないよう自治体に通知。しかし、大多喜町は金券発行を続け、自治体の競争は過熱する。町の担当者は「金券は町内使用が前提。一般的な『金券』には当たらない」とみる。

     総務省の通知に逆行するように4月、千葉県勝浦市群馬県渋川市は金券を返礼品に加えた。金券で潤う近隣の自治体に追随した。勝浦市の担当者は「隣が大多喜町。寄付や市内の消費が流出するおそれがあった」と打ち明けた。

    ■「自治体にとっては麻薬」

     ふるさと納税は、菅義偉官房長官が第1次安倍政権総務相の時、「都会の人もふるさとに恩返ししたい思いがある」と創設を求めた。しかし、菅氏が2007年に設けた研究会で返礼品競争への懸念はすでにあった。豪華な返礼品を贈る自治体ばかりに寄付が集まる半面、節度を保つ自治体では、地方の都市でも税収が失われてしまう。

     本来、「寄付」は見返りを求めない。実際、熊本地震後、熊本県南阿蘇村には、返礼品を贈れないのにるさと納税による寄付は数週間で15年度の4倍の額が集まった。見返りが前提の今の制度はこうした寄付の理念をゆがめる。

     一部では高所得者の「節税対策」の形で利用されている。国や地方に納められ、福祉や子育てなどに充てられるべき税は、返礼品に化けて目減りする。街づくり専門家の木下斉(ひとし)氏は「返礼品頼みのふるさと納税は財源のほしい自治体にとって麻薬。業者も返礼品を買い集めてくれる役所に依存する。地方経済のためにならない」と話す。

     

     

     

     

    仏検察、2020年東京五輪招致で「22000万円支払い」を捜査

    http://www.bbc.com/japanese/36283587

     

    買われた? 東京五輪6――メディアの遮眼帯

    http://facta.co.jp/blog/archives/20160515001313.html

    買われた? 東京五輪7――電通の株主総会(Ⅰ)

    http://facta.co.jp/blog/archives/20160516001314.html

    買われた? 東京五輪8――電通の株主総会(Ⅱ)

    http://facta.co.jp/blog/archives/20160517001315.html

     

    「長野県」調査委員会

    http://yassy.system-a.org/keiei/kouhout/gorin/chobo.htm

    http://yassy.system-a.org/keiei/seisakut/tyosai/tyosatop.htm

     

     

    東京五輪、宴の終わりを告げる「最後の祭り」か-人口下り坂へ

    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2015-07-06/--ibse5vkm

    五輪招致で億単位の送金か、菅義偉氏はクリーン強調

    東京五輪招致で2億円送金か 仏検察が捜査

    東京五輪に巨額の「裏金」疑惑。電通の名も浮上 ー英紙

    新聞各紙は「五輪買収」疑惑をどう報じたか? そこに電通の名は?

    http://www.mag2.com/p/news/193922?utm_medium=email&utm_source=mag_news_9999&utm_campaign=mag_news_0518

    東京五輪招致で裏金疑惑報道、組織委は否定

    五輪招致2.3億円使途未確認」 国会でJOC会長

    http://digital.asahi.com/articles/ASJ5J5VDQJ5JUTQP01Q.html?rm=1065

     

    2020年東京五輪招致を巡る、不透明なお金の流れが国会審議で取り上げられた。16日、五輪招委の理事長だった竹田恒和日本オリンピック委員会(JOC)会長が、衆議院予算委員会に参考人で呼ばれた。招致委が、国際オリンピック委員会(IOC)委員が関連したとされるコンサルタント会社に支払った額は、約2億3千万円。竹田会長は「正当な業務に基づくものだった」と主張した。

     「海外コンサルタントなしには、招致は成功しないとまで言われている」。この日の衆院予算委員会。参考人として呼ばれた竹田会長は主張した。

     竹田会長が説明した契約の経緯はこうだ。

     招致決定2カ月前の2013年7月。投票権を持つ国際オリンピック委員会(IOC)委員が多く集まる陸上世界選手権を前に、海外コンサルタント数社から売り込みがあった。招致委は大手広告会社の電通に実績を確認したうえで、その中からブラック・タイディングズ(BT)社(本社シンガポール)と契約。委託した業務は2度にわたり、計約2億3千万円を支払った。

     BT社は、当時IOC委員で、五輪開催を決める委員の票を取りまとめる影響力があったとされるラミン・ディアク国際陸連前会長の息子と関係が深かったが、竹田会長は「知らなかった」。電通は国際陸連の主催大会に関わる全世界のマーケティングなどの権利を01年から29年まで保有するが、電通の広報担当者は「ロビイストとしての実績はある、という事実を伝えたまで。取引は一切ない」とする。

     13年7月、国際ロビー活動、IOC委員の動向と情報収集を委託し、その対価として、約9500万円。東京五輪招致成功後の同年10月には、約1億3500万円を振り込んだ。勝因分析が名目で、成功報酬の意味合いもあった。この額は業務に見合っていたのか。竹田会長は「有形無形の各種報告が成果。票獲得に欠かせなかった」とするが、「どう使われたか確認していない」とも述べた。

     今回問題になっている2億円超の支払いについて、竹田会長は「招致委の口座から振り込んだ。原資は税金ではない」と説明する。招致委の活動報告書によると、20年大会の招致費の総額は89億円。35億円を東京都が支出し、54億円を招致委が寄付金、協賛金、サッカーくじ(toto)からの補助金などで賄った。海外のコンサルには、招致委が計約7億8600万円を支出。元幹部によると、十数社と契約していたという。

     安倍晋三首相は予算委で「政府としてもスポーツ庁を中心に引き続き事実関係の把握に努めたい」と述べた。(阿久津篤史)

    ■コンサル、ドーピング関連の疑惑

     招致委がコンサルタント料を支払ったBT社は、14年7月に閉鎖されている。

     法人登記簿などによると、2006年に設立。シンガポール市街地に近い築50年以上の集合住宅4階の一室を事務所として登録していた。経営者は、30代前半のシンガポール人のタン・トンハン氏だ。電通のスポーツ部門をサポートしているスイスのマーケティング会社AMSが、タン氏をコンサルタントとして契約していた。

     タン氏は、定期的に国際陸上競技連盟の会合に出席していた。ディアク国際陸連前会長の息子とも関係が深かったとされることが、招致を巡る金銭疑惑にもつながっている。また、BT社の口座は、ロシア陸上選手のドーピングをもみ消す賄賂のやりとりにも使われたことがわかっている。

     招致を巡る一連の疑惑は、フランスの検察当局によって浮上した。昨年11月、ディアク前会長がロシアのドーピング隠しに関わった疑いがあるとして、捜査を開始。検察当局は、モナコにある国際陸連の本部などを捜索し、捜査の過程で今回の振り込みが発覚したという。

     今年1月の世界反ドーピング機関(WADA)独立委員会の第2回報告書は、国際陸連幹部の不適切な運営を明らかにする中で、「東京の招致委側が国際陸連に協賛金400万~500万米ドルを支払った」という関係者の証言を紹介。独立委員会は、この問題は調査対象外とし、フランス当局や国際オリンピック委員会の調査に委ねた。(ロンドン=河野正樹)

    ■コンサル、IOC委員と仲介

     ロンドン、リオデジャネイロのみならず、東京に敗れたマドリード、イスタンブールなど、五輪招致では各都市とも例外なく、コンサルタントを雇っている。

     委託する主な業務は、国際広報宣伝、開催計画の立案、最終プレゼンでのコンセプト作り、スピーチの指導など多岐にわたる。その中でも、カギを握るのが、開催都市を決める投票権を持つIOC委員約100人への仲介役だ。

     ソルトレーク冬季五輪では、98年にIOC委員の内部告発で招致の買収疑惑が発覚。10人のIOC委員が追放または辞任に追い込まれた。99年にはIOC委員の立候補都市への訪問が禁止され、各都市が委員と接触するのは難しくなった。それに伴い、委員の家族構成や趣味に精通し、水面下で橋渡しができるコンサルタントの需要が増した。

     東京が雇ったコンサルタントは、失敗した16年大会招致で約20人、20年大会は十数人という。元招致委幹部はかつて「やる気をもって仕事をしてもらうには全額前払いにしない方がいい。招致に失敗した場合は経費が安くあがる」とし、1人当たりの契約金は最高で数千万円で、成功報酬は契約金の2~3割程度と明かしていた。

     BT社との契約は、招致決定までの最終局面だった。約2カ月で2億円を超す巨費。かなり高額な契約が交わされたことになる。(編集委員・稲垣康介

         ◇

     〈東京五輪・パラリンピック招致委員会〉 東京開催を目的に2011年9月15日、日本オリンピック委員会竹田恒和会長を会長に設立。12年4月に特定非営利活動法人化して竹田氏は理事長となった。理事には五輪金メダリスト鈴木大地・現スポーツ庁長官や東京都幹部らが入り、立候補に必要な開催計画の立案やプロモーション活動などを展開。助言機関の評議会の会長は石原慎太郎氏、猪瀬直樹氏ら当時の都知事が務めた。東京開催決定後の14年1月に解散。大会組織委員会に移行した。

     

    東京五輪の裏金疑惑、JOC会長「親族の関係と知らず」

    http://www.asahi.com/articles/ASJ5J45C2J5JUTQP00R.html

     

    2020年東京五輪・パラリンピック招致で裏金が支払われた疑惑がある問題について、招致委の理事長だった竹田恒和日本オリンピック委員会(JOC)会長は16日、参考人として呼ばれた衆議院予算委員会で、2億2300万円を振り込んだ「ブラック・タイディングズ」社について、「(国際陸上連盟前会長の)ラミン・ディアク氏やその親族と関係するとは知らなかった」と述べた。ディアク氏は、開催地を決める投票権を持つとともに、他の票を取りまとめる影響力もあったとされる。その上で、「(経営者が)国際オリンピック委員会委員やその親族でなく、知人であれば問題ない」と述べた。

     竹田会長は契約の経緯について、売り込みがあったコンサルティング業者の中から、大手広告会社の電通の推薦で決めたと説明した。2013年9月の招致決定を挟み、同年7月に国際ロビー活動や情報収集業務として、同年10月に勝因分析業務などとして支払ったという。

    JOC竹田会長「売り込みあった」2・2億振り込み

    http://www.nikkansports.com/sports/news/1648253.html

     

    東京五輪招致疑惑 JOC幹部「国際陸連前会長に近いと知って契約」

    http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00324896.html

    http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20160517-00000896-fnn-bus_all

     

    性懲りもない不正で日本の五輪開催はこれが最後か

    http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/46869

     

    東京五輪招致で1億6千万円の“裏金”に「電通も関与」とイギリス紙報道! だが国内メディアは一言も電通に触れず

    http://lite-ra.com/2016/05/post-2239.html

     

    「コンサル料として正式な支払い」招致委元理事長が声明

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160513/k10010519981000.html

    2020年東京オリンピック・パラリンピックの招致を巡り、フランスの検察当局が捜査の対象としているおよそ2億2000万円の振り込みについて、招致委員会の元理事長でJOC=日本オリンピック委員会の竹田恒和会長は「コンサルタント料であり、正式な業務契約に基づく対価としての支払いだ」という声明を発表しました。

    今回の問題を受けて、招致委員会で理事長を務めたJOCの竹田会長と、招致委員会の樋口修資元事務局長は、13日に連名で声明を発表しました。
    この中では、フランスの検察当局が捜査の対象としているおよそ2億2000万円の振り込みについて、「サービスに対するコンサルタント料で、監査法人などにより正式に監査を受けたものだ」としています。さらに「招致委員会からの支払い」と明記したうえで、「招致計画作り、プレゼンテーションの指導、ロビー活動など多岐にわたる招致活動の業務委託、コンサル料など数ある中の1つであり、正式な業務契約に基づく対価として行ったものだ。契約した会社は実績のある代理店で、アジア中東の情報分析のエキスパートであり、何ら疑惑を持たれるような支払いではない」と強調しています。
    声明では、こうした点をIOC=国際オリンピック委員会にも伝えたことを明らかにしたうえで、「フェアな招致活動で全く潔癖である」と結論づけています。

    竹田会長 業務上必要だったこと強調

    JOCの竹田恒和会長は、大会招致を巡る問題について、都内で報道陣に対応しました。
    竹田会長は、日本側から送金された口座が、招致活動当時のIOC委員で、開催都市を決める投票権を持つディアク氏の息子に関係するとみられるシンガポールの会社だったことについては、「その会社がディアク氏と関係があると言うことは今でも全く確証は持っていないし、どういう関係があるか知らない。確認もされていない。私はその会社や代表者も知らないが、事務局が必要だと言っていた」として、ディアク氏との関連を否定し、コンサルタント業務上で必要だったことを強調しました。
    また、「裏のお金はあるわけがない。正当なお金であり、業務契約に基づいて払われた。ディアク氏を通じた票のとりまとめに使われたという指摘にはびっくりしているし、そんなことはあり得ない」と話し、招致委員会による活動経費として公表されている54億円に含まれる正当な経費だと説明しました。

    鈴木長官「引き続き情報収集を」

    2020年東京オリンピック・パラリンピックの招致委員会で理事を務めていたスポーツ庁の鈴木大地長官は13日午後、成田空港で報道陣の取材に応じました。
    鈴木長官は、フランスの検察当局が捜査の対象としている招致委員会からのおよそ2億2000万円の振り込みについて、「JOC=日本オリンピック委員会からは、招致活動の一環でコンサルティング料としてクリーンな形で支払ったと聞いている。私も招致活動に関わったが、全貌については把握していないので、そういうことなのかと思う。捜査の状況を見守りつつ、引き続き情報収集していきたい」と話していました。

    招致委員会 その役割と活動費

    東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会は、招致活動の中心的な役割を担う組織として2011年9月に設立され、東京都やJOC=日本オリンピック委員会などで構成されました。会長には東京都知事が就任し、実質的な指揮を執る理事長をJOCの竹田恒和会長が務めました。
    招致委員会は詳細な開催計画の策定など立候補手続きを進めたほか、国際会議でのプレゼンテーションや国内の支持率向上を図るPR活動を行いました。そのうえで、開催都市を決める投票の投票権を持つIOC委員に支持を広げるため、ロビー活動に詳しいコンサルタントなどの協力を得て、アジアやアフリカのIOC委員を中心に東京の魅力をアピールする活動を展開しました。
    2013年9月に東京がオリンピックの開催都市に決定したあと、おととし1月に大会の準備と運営に当たる組織委員会が新たに発足し、招致委員会は解散しました。
    招致委員会の活動報告書によりますと、招致活動にかかった費用の合計は、2011年9月から2013年9月までの2年間で89億円に上ります。使用目的の内訳は、「立候補ファイルの策定」が10億円、「国際招致活動」が41億円、「招致機運の醸成」が38億円となっています。
    また、招致委員会と東京都の負担の内訳は、招致委員会が54億円、東京都が35億円で、今回問題になっている、招致委員会がコンサルティング料として支払ったおよそ2億2000万円は、この54億円の中に含まれます。招致委員会の負担分は、寄付金や協賛企業からのスポンサー料などで賄われたということです。

     

    東京五輪招致で仏検察捜査 日本の銀行口座から送金か

    513 1212

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160512/k10010518691000.html?utm_int=detail_contents_news-related-manual_001

    2020年夏のオリンピックの東京への招致に関連して日本側が国際陸上競技連盟に協賛金を支払ったと指摘されている問題で、フランスの検察当局は、日本の銀行の口座から、国際陸連の前会長の息子に関係するとみられる会社にオリンピック招致の名目でおよそ2億2000万円が振り込まれた可能性があるとして贈収賄などの疑いで捜査していることを明らかにしました。

    この問題は、WADA=世界アンチドーピング機構の第三者委員会がことし1月、2020年夏のオリンピックの東京への招致を巡って、日本側が国際陸連などに多額の協賛金を支払ったと指摘したもので、フランスの検察当局が捜査を進めています。
    検察当局は12日、これまでの捜査結果を公表し、日本の銀行の口座から国際陸連のディアク前会長の息子に関係するとみられるシンガポールの会社宛てに、2013年の7月と10月の2回にわたって、「東京オリンピック招致」の名目でおよそ2億2000万円が振り込まれた可能性があるとしています。そのうえで、金銭を不正に受け取った可能性があるシンガポールの会社などの関係者を贈収賄などの疑いで捜査していることを明らかにしました。
    ディアク前会長は、東京への五輪招致が決定した2013年9月には、IOC=国際オリンピック委員会の委員を務めていて、開催地の決定に影響力を行使できる立場にあったとみられます。このためフランスの検察当局は、シンガポールの会社とディアク前会長などとの間の資金の流れや、オリンピック招致との関連の有無など、実態の解明を進める方針です。

    国際陸上競技連盟 ディアク前会長とは

    国際陸上競技連盟のラミン・ディアク前会長は、セネガル生まれの82歳。現役時代は、走り幅跳びの選手として活躍し、1958年にはフランス選手権で優勝しました。
    引退後は、1973年から14年間、アフリカ陸上競技連盟の会長を務めたほか、1978年からの2年間は、セネガルの首都、ダカールの市長も経験し、スポーツと政治の世界で広い影響力を持ちました。
    国際陸連では、1999年11月に前会長の死去を受けて会長代行となり、その後、会長に就任。去年8月に退くまで、16年間にわたって国際陸連を率いてきました。
    また、1999年から2013年までIOC=国際オリンピック委員会の委員を務め、2020年のオリンピック開催都市が東京に決まった2013年9月のIOC総会では、IOC委員として投票に参加しました。その後、IOCの名誉委員となっていましたが、一連の疑惑が報じられたあと、辞任しました。

    組織委「ベストな提案で招致獲得と確信」

    2020年東京オリンピックの招致を巡り、日本側から国際陸上競技連盟側に送金していた疑いが持たれている問題について東京オリンピック・パラリンピック組織委員会はこれまで、大会の招致に当たっていた「招致委員会」は組織委員会とは別組織でこうした問題には関与していないとの立場を明らかにしています。
    そのうえで組織委員会は「東京はIOC=国際オリンピック委員会にベストな提案をした結果として招致を獲得したものと確信している」とコメントし、今回の問題に反論しています。

    IOC「フランス当局と連絡を取り合っている」

    スイスのローザンヌに本部を置くIOC=国際オリンピック委員会は、12日、声明を発表し、IOCの元委員で、その後、名誉委員も務めていた国際陸連のディアク前会長について、不正に関与した疑惑が指摘された去年11月の時点で、事実上、職務を解いたことを明らかにし、オリンピックの招致などを巡る汚職対策の強化に向けて対策を講じていることを強調しました。
    そのうえで、IOCの報道官はNHKの取材に対し、「われわれは、国際陸連への捜査を巡って、フランスの当局などと連絡を取り合っている。現時点では捜査の内容についてコメントしない」としています。

    IOC委員とは

    オリンピックの開催都市はIOC=国際オリンピック委員会の委員による投票で決定されます。IOC委員は、およそ100人でその半数以上は、日本から選出されている竹田恒和さんなど個人の資格で選ばれていて、主なメンバーは王室関係者、実業家、弁護士など各国の有力者が占めています。
    このほか、国や地域のオリンピック委員会の代表、国際サッカー連盟や国際陸上競技連盟といった競技団体の代表、それに、選手の代表から選出されています。
    オリンピックの開催都市が東京に決定した2013年9月には、103人のIOC委員がいて、地域別では、ヨーロッパが最も多い44人、次いで、中東を含むアジアが23人、北中米と南米が18人、アフリカが12人、オセアニアが6人となっていました。

    東京開催決定 投票の推移

    2020年のオリンピックの開催都市は、2013年9月にアルゼンチンのブエノスアイレスで行われたIOC総会で東京に決定しました。
    総会では、開催都市に立候補していたトルコのイスタンブール、東京、スペインのマドリードの3都市が順番にプレゼンテーションをして最後のアピールをしたあと、IOC委員による投票が行われました。
    IOC総会では1回目の投票で、東京が42票を獲得し、トップで最終投票に進みました。一方、マドリードとイスタンブールは1回目でともに26票で並んだため、この2都市で再び投票を行った結果、イスタンブールが49票、マドリードが45票となり、ここでマドリードが落選してイスタンブールが最終投票に進みました。
    最終投票では東京は60票、イスタンブールが36票、欠席が1人となり、東京が過半数を獲得して開催都市に選ばれました。

     

    招致疑惑「支払いは正当な対価」 萩生田官房副長官

    http://www.sankei.com/politics/news/160513/plt1605130051-n1.html

    東京五輪招致「コンサルタント料」、契約書など確認できず

    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2773459.html

    東京オリンピック招致をめぐりフランス当局が捜査を始めたことを受け、民進党はJOC幹部らを呼び事実関係を調査しました。JOC側は、コンサルタント料に対する対価で問題がないという認識を示しましたが、契約書などは現段階で確認できていないことがわかりました。

     Q.契約書そのものは存在しないんですか?
     「契約書は保存されていると思います」(JOC側)

     Q.どこに?
     「JOCにはございません」
     「正確な場所は我々も聞いていません」(JOC側)

     JOCの幹部は、民進党による聞き取り調査でコンサルタント料金の対価として2回に分けて合計およそ2億3000万円を支払ったと明らかにした上で、疑いをもたれる支払いではないと強調しました。ただ、契約書のある場所はわからず、関係者と口頭で確認したにとどまっているということです。(1320:53

     

     

     

    舛添より酷かった石原慎太郎都知事時代の贅沢三昧、登庁も週3日! それでも石原が批判されなかった理由

    http://lite-ra.com/2016/05/post-2228.html

     

    被害にあったのは台湾人観光客だった! 規格違いでセンサー作動せず 東京五輪に向け新たな課題も…

    http://www.sankei.com/premium/news/160514/prm1605140020-n1.html

    焦点:英首相の秘密兵器、大差での「EU残留派」勝利狙う

    http://jp.reuters.com/article/britain-eu-cameron-idJPKCN0Y40K0?feedType=RSS&feedName=topNews&google_editors_picks=true&sp=true

    スコットランド、英のEU離脱決まれば再び独立問う=行政府首相

    http://jp.reuters.com/article/britain-eu-scotland-idJPKCN0VV05G

    文革は「完全錯誤」=50論評中国党機関紙

    http://www.jiji.com/jc/article?k=2016051700512&g=int

    ローマ法王 ペットより隣人を愛せよ…警鐘鳴らす

    毎日新聞2016515日 

    http://mainichi.jp/articles/20160516/k00/00m/030/018000c

    【ローマ福島良典】ペットよりも苦しむ隣人を愛して−−。フランシスコ・ローマ法王は14日、現代人が猫や犬などのペットを偏愛するあまり、人間同士の連帯が時にないがしろにされていると嘆いた。

     イタリアのANSA通信によると、法王はバチカンのサンピエトロ広場で開かれた謁見で、カトリック信徒らを前に「猫や犬には大きな愛情を感じているのに、隣人の飢えは手助けをせずに放っておく人をしばしば目にする」と述べた。

     法王は、難民・移民やホームレスなどの弱者を助ける「貧者の教会」路線を掲げており、他人の苦しみを実感できない現代の「無関心のグローバル化」に警鐘を鳴らしている。

     

    学校のトイレ利用、「本人が認識する性で」 オバマ政権が通達

    http://www.cnn.co.jp/usa/35082601.html

     

    黒い文字は時代遅れ? 最新の資料トレンド事情

    資料作成のルール 秘訣【1

    http://president.jp/articles/-/17892

     

    消費増税延期期間政権運営左右 解散戦略絡 

    2016/5/15 1:30

     安倍晋三首相延期する意向めた2017からの消費税率10%へのげをり、延長幅焦点になってきた。首相景気見通しや財政規律への影響などを見極めながら増税時期再設定するえだが、延期幅解散権自民党総裁任期にもむ。憲法改正など政権戦略にも影響えそうだ。

     首相消費増税延期しても政策経費をどの程度税収でまかなうかをすプライマリバランス(PB)を20年度黒字化する財政健全化目標堅持する方針。このため政府内では時期延期幅しては、1~3範囲中心検討めている。

     1~3延期期間のうち、2年以上延期幅をとる有力だ。20東京五輪には景況回復し、増税環境っている可能性いとの見方があるためだ。現在衆院議員任期である1812月以降増税時期るため、首相増税時期にせずに自由衆院解散時期められる利点がある。

     首相自民党総裁としての任期18まで。衆院解散時期でフリハンドがられれば与党有利なタイミングで解散圧勝することで、総裁任期延長視野る。首相任期中憲法改正意欲しており、任期延長となる。

     懸念材料もある。衆院なり、3ごとの選挙時期まっている参院では19年夏選挙える。延長幅を2にした場合増税時期選挙直前となり、逆風となる可能性がある。増税時期らの総裁としての任期後になるため「安倍政権のうちには増税しない」とれ、財政運営無責任との批判びる可能性もある。

     延長幅を3にすれば19年夏参院選への影響回避することは可能になる。ただ、この場合20年度のPB黒字化目標達成微妙だ。らの総裁任期後まで増税延期した国際公約でもあるPB黒字化目標断念すれば、政権内外からの信認なわれかねない。3年延期は「事実上増税しないとめられる」(自民党幹部)とのれる。

     一方、1年間延期幅安倍政権として責任って消費増税実施する姿勢利点がある。自民党稲田朋美政調会長は「安倍政権消費増税への道筋をつけるべきだ」と主張公明党導入める軽減税率延期幅なら実現見通しがちやすい。

     ただ1延期では景況回復しているかを見極めにくいため、状況次第では再延期判断られる可能性もある。さらに、衆院解散する場合17年末くとも18年初めに断行する必要があり、自民党幹部は「解散のフリハンドがられない」と説明する。

     政局左右する増税延期幅明示するのはしいとのもあり、延期幅明示しないもくすぶる。ただ、首相1411消費増税延期表明したに「延期することはない」と明言している。増税延期する説明責任後退したとの批判れない

     

  • ダイジョウビか10連休明けの日本にお届け&祝ブースカ復帰「あとは自分で考えなさい。」149回連動ブロマガ「だから、言わんこっちゃない!」❤

    2016-05-11 15:48

     お待たせしました。

    技術担当ブースカも順調に恢復!


    タイムシフト視聴予約は http://live.nicovideo.jp/watch/lv259492191


    ヤッシーへのメールはtanaka@nippon-dream.com


     

    HP http://www.nippon-dream.com/


    http://www.facebook.com/yassy.tanaka.1


    https://twitter.com/loveyassy/with_replies


    「たまらなく、AOR」 http://tanakayasuo.jp/aor


    これからのメディア出演情報 http://www.nippon-dream.com/?p=16367


     

    「サンデー毎日」連載第25


    安倍政権は本当に「支持」されているのか?


    「憲法改正」をめぐる「世論」との乖離


    http://www.nippon-dream.com/?p=16759


    バックナンバー http://www.nippon-dream.com/?cat=30


     

    「ソトコト」連載「憂国呆談」6月号


    http://www.nippon-dream.com/?p=16754


     

    VERDAD」連載「田中康夫の新ニッポン論」 「神学論争」


    http://www.nippon-dream.com/?p=16727


     

    「ダウンタウンDX」削除状態(涙)


    https://www.youtube.com/watch?v=LNCeSV77UDw


    冒頭00:3000:45 ロッタ篇02:1006:17 名詞折り事件篇54:30


     

    先ずは秀逸なロイターの論考


    焦点:安倍首相が描くサミット協調、財政出動には内外に難題 


    http://www.asahi.com/business/reuters/CRBKCN0Y10EY.html


    安倍首相とメルケル首相、財政出動めぐり見解一致せず


    http://www.afpbb.com/articles/-/3086113


    ゴーン氏の報酬8.9億円高過ぎる、仏経済相が見直し要求


    http://www.afpbb.com/articles/-/3086051


    舛添都知事「偉くなった気持ちはない」/一問一答


    http://www.nikkansports.com/general/news/1644690.html


    「NEWS23」舛添都知事の生弁明も4・9%


    http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1644887.html


    関連ツイート


    https://twitter.com/loveyassy/status/730180877406199808


    https://www.facebook.com/yassy.tanaka.1/posts/10154197305374586?pnref=story


     

    小林節氏ら参院選出馬へ 安保法廃止訴え政治団体設立


    http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201605/CK2016050902000239.html


    小林氏は本紙の取材に対し「安倍政権が進める政治は怖いが、民進党の旧民主党時代の失政も許せない、共産党とも一線を画したいという有権者の受け皿になる政治団体が必要だ」と既成政党に不信感を抱く有権者に投票を呼び掛ける考えを示した。


    小林氏ら団体設立 反安倍、でも野党不信の「あきらめ票」発掘狙う


    http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201605/CK2016051002000133.html?ref=rank


    小林氏は「改正はいいが、改悪は駄目」という表現で、安倍政権による改憲の動きを批判した。


    自分たちは「『どうせ政治は変わらない』と諦めて棄権してきた無党派層」をターゲットにすると説明する。


     

    おおさか維新・馬場幹事長、乙武氏への正式な出馬要請を否定http://www.sanspo.com/geino/news/20160510/pol16051018130002-n1.html


    本気で憲法改正をしたい人たちへ その「方法論」を私が提示する!倉山満(憲政史家)


    http://ironna.jp/article/3231


     

    ほのぼの一家の憲法改正ってなあに?


    http://jimin.ncss.nifty.com/pdf/pamphlet/kenoukaisei_manga_pamphlet.pdf


    http://matome.naver.jp/odai/2143036859366933801


    (憲法を考える)1947年の祈り 国際基督教大学学務副学長・森本あんりさん


    http://digital.asahi.com/articles/DA3S12342541.html


     

    「サンデー毎日」連載第25


    安倍政権は本当に「支持」されているのか?


    「憲法改正」をめぐる「世論」との乖離


    http://www.nippon-dream.com/?p=16759


     

    田中康夫「憲法改正目的か?手段か?思考停止しているのは誰か?」 安倍政権下で憲法改正は実現するか? 「モーニングCROSS


    https://www.youtube.com/watch?v=5iPWWr8p2xI&feature=youtu.be


     

    田中康夫「子宮頸がんワクチン 新手の公共事業」 HPVウィルスとは? ワクチンは有効? 問題は?


    https://www.youtube.com/watch?v=EW_oNSc90pE


    「ささやかだけど、たしかなこと。」子宮頸がん


    http://www.nippon-dream.com/?p=16653


     

    政府説明 保育士データ、女性のみ比較 賃金格差を少なく見せかけ?


    http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201605/CK2016050102000129.html


     

    余震続く「熊本地震」 震源はどのように広がっていったのか?https://thepage.jp/detail/20160429-00000002-wordleaf


    川内原発はノンストップ運転中


    http://inventsolitude.sblo.jp/article/175021297.html


     

    「ささやかだけど、たしかなこと。」震災対応


    http://www.nippon-dream.com/?p=16699


     

    田中康夫、政府の震災対応が遅い理由を語る|みのもんたのよるバズ!【AbemaTV


    https://www.youtube.com/watch?v=z1svUU20Zfw


    淳と隆の週刊リテラシー(2016/04/30)ゲスト:田中康夫


    https://www.youtube.com/watch?v=3-1lJQA9Nuw


     

    阪神・淡路大震災 田中康夫「神戸震災日記」


    http://tetsugakusya.web.fc2.com/kiji/2016/012.html


     

    国の借金15年度末1049兆円 1人826万円


    http://mainichi.jp/articles/20160511/k00/00m/020/072000c?fm=mnm


     

    ロンドン市長選で労働党候補カーンが勝利したことの意味 小野昌弘


    http://bylines.news.yahoo.co.jp/onomasahiro/20160508-00057445/


    文中で言及の「ザ・ガーディアン」のポンチ絵


    http://www.theguardian.com/commentisfree/picture/2016/apr/29/martin-rowson-jeremy-corbyn-labour-struggles-cartoon


     

    子どもの人口、35年連続減=1605万人で最少更新-総務省


    http://www.jiji.com/jc/article?k=2016050400301&g=pol


     

    ブラジルのルセフ大統領 弾劾進むも「戦い続ける」


    http://www.bbc.com/japanese/36210635


    ブラジル大統領 副大統領が「クーデターに加担」と示唆


    http://www.bbc.com/japanese/36032356


     

    ブラジル下院議長、捜査妨害で停職に 大統領弾劾の中心人物


    http://www.cnn.co.jp/world/35082181.html


     

    前首相もゲイを公表。当たり前にLGBTが暮らす、ベルギーの「プライド」が大切にしていること


    http://www.huffingtonpost.jp/2016/05/05/belgium-lgbt-pride_n_9853762.html


     

    オバマ米大統領、最後の記者会ディナーで辛辣ジョーク連発


    http://www.bbc.com/japanese/36184811


    ノーカット動画 https://www.youtube.com/watch?v=wYB-NuW_SRo