• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • 「あとは自分で考えなさい。」第187回 「なあんちゃって三国志wニッポン総選挙公示前日SP」連動ブロマガ10月9日号!

    2017-10-09 15:58

    「なあんちゃって三国志wニッポン総選挙公示前日SP」連動ブロマガ109日号!

     

    タイムシフト視聴 http://live.nicovideo.jp/watch/lv307239556

    ダイレクトメール yassy@tanakayasuo.me

     

    田中康夫HP http://tanakayasuo.me

    「だから、言わんこっちゃない!」 http://tanakayasuo.me/youtube

    https://www.youtube.com/playlist?list=PL3QM0FVH-k9BQKwpvE8MvdeoVbmUSl_1s

    「あとは自分で考えなさい。」 http://ch.nicovideo.jp/yassy

    Twitter https://twitter.com/loveyassy/with_replies

    Facebook http://www.facebook.com/yassy.tanaka.1

     

    ✽✽

    「自己都合解散高転び総選挙」 924日(日)執筆「田中康夫の新ニッポン論」Vol.52@「VERDAD

    http://tanakayasuo.me/archives/21363

    http://tanakayasuo.me/top/wp-content/uploads/2017/09/a6f59d256f496cddf5ef4f44c9118ac7.pdf

    「だから、言わんこっちゃない!」Vol.115 『政局でなく政策を!?いえいえ、「この国のあり方」という理念こそ総選挙の争点。』

    https://www.youtube.com/watch?v=-W4s5am5S78&t=6s

    「だから、言わんこっちゃない!」Vol.117 『逃げる大将、敵より怖いw 自民も希望も・・・ノーブレス・オブリージュなき「国難」ニッポン 

    https://www.youtube.com/watch?v=FrCwc2t0VJk

    「だから、言わんこっちゃない!」vol.116『政局でなく政策を!?いえいえ、「この国のあり方」という理念こそ総選挙の争点。』

    http://tanakayasuo.me/youtube#vol116

    「だから、言わんこっちゃない!」vol.115『お笑い安倍ちゃま「自己都合解散」 お間抜け小池・前原・小沢「自己都合結党」クロウト ver.

    http://tanakayasuo.me/youtube#vol115_ver

    「だから、言わんこっちゃない!」vol.114『お笑い安倍ちゃま「自己都合解散」 お間抜け小池・前原・小沢「自己都合結党」シロ~ト ver.

    http://tanakayasuo.me/youtube#vol114_ver

     

    「希望の党2005年 総務省 明るい選挙推進協会

    監督:金子修介 脚本:松枝佳紀 党名&イメージカラー発案:松枝佳紀

    前篇 https://rutube.ru/video/8810e5b7633278ed4e9246061087ee34/

    後篇 https://rutube.ru/video/1482baf484ce7b3d8a68f19d0cf7d64e/

    https://www.j-cast.com/2017/09/26309501.html?p=all

    http://news.livedoor.com/article/detail/13662811/

    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/214393/1

     

    レジュメ形式で

    鉄は熱いうちに打て!? 安倍ちゃま卒社の神戸製鋼所(涙目)

    神鋼、過去にも深刻な不正 ばい煙値改ざんや違法献金…

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171008-00000011-kobenext-bus_all

    強度偽装、組織ぐるみで常態化 神戸製鋼「納期の重圧」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171008-00000057-asahi-soci

     

    首相動静 

    https://twitter.com/loveyassy/status/916605016714108933

    #会いに行ける国難 #Aアラート #ステルス街宣

    ヘタレな誤送船団記者クラブ

    「秋葉原のトラウマ」日程非公表、問われる首相の姿勢

    http://www.asahi.com/articles/ASKB751YWKB7UTFK00F.html

    自民、首相の遊説日程を非公表 街頭でのヤジ警戒?

    http://www.asahi.com/articles/ASKB65F6HKB6UTFK00P.html?iref=pc_extlink

    産経新聞

    https://twitter.com/Sankei_news/status/916629028676689920

    http://www.sankei.com/politics/news/171007/plt1710070091-n1.html

    アベマTV

    https://twitter.com/value_investors/status/916998893337845760

     

    投票難民増やした「百合子希望」失速感も/議席予想 角谷浩一予測

    https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201710090000296.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp

     

    ✽共同通信速報

    速報10/08 14:41 大規模金融緩和の出口戦略は時期尚早と首相

    安倍首相は党首討論会で、大規模な金融緩和策を終わらせる出口戦略に関し「まだデフレ脱却していないのに、時期尚早だ」と述べた。

    速報10/08 14:33 基礎的財政収支の目標は将来示すと首相

    安倍首相は党首討論会で、基礎的財政収支(プライマリーバランス)を黒字化する目標時期に関し「いつまでにということは、現段階で材料がそろっていないため示せない」とした上で、将来的には示す考えを強調した。

    速報10/03 19:07 3メガ銀首脳が金融緩和の長期化懸念表明

    三菱UFJフィナンシャル・グループなど3メガバンクの首脳が3日、東京都内で開かれたシンポジウムに出席し、日銀による大規模な金融緩和策の長期化に、そろって懸念を表明した。

    詳報

    金融緩和の長期化懸念 3メガバンク首脳が表明

    三菱UFJフィナンシャル・グループなど3メガバンクの首脳が3日、東京都内で開かれたシンポジウムに出席し、日銀による大規模な金融緩和策の長期化に、そろって懸念を表明した。
     三菱UFJの平野信行社長は、日銀が昨年2月に導入したマイナス金利政策について「実体経済への効果が明確ではない」と発言。官民一体となって、金融政策が正常化に向かう構図を作り出す必要があると提言した。
     円高ドル安の是正といった大規模な金融緩和策の効果を評価した三井住友銀行の高島誠頭取は、大規模緩和が5年目に突入し「デメリットが強くなってきているのではないか」とも指摘した。
     みずほフィナンシャルグループの佐藤康博社長は、米連邦準備制度理事会(FRB)と欧州中央銀行(ECB)が金融政策の正常化へ動きだしている中で、日銀が大規模緩和を続ければ為替や株式の市場に悪影響が出る恐れがあると分析。市場と広く対話し、緩和縮小を「柔軟に考えてもらいたい」と注文を付けた。

     

    速報10/08 14:02 加計氏招致は本人が決めることと首相

    安倍首相は党首討論会で、森友、加計学園の問題を巡る昭恵首相夫人と加計孝太郎理事長の国会招致に関し「妻については私が代わって十分、話をしている。加計氏は、本人が決めることだ」と述べた。

    速報10/08 13:32 加計、私が関与したと言う人一人もいないと首相

    安倍首相は、加計学園問題を巡り「反省すべき点はあるが、私が関与したと言う人は一人もいない」と述べた。

    速報10/08 13:14 日本の未来を決める選挙だと首相

    安倍首相は、日本記者クラブ主催の党首討論会で「安定した政治の下でこの国を守り抜く。日本の未来を決める選挙だ」と述べた。

     

    速報10/08 10:57 公明党代表、9条改正に慎重な考え示す

    公明党の山口那津男代表は8日のNHK番組で、憲法9条改正について「国民の理解がなければ、国民に問うのは時期尚早だ」と述べ、慎重な考えを示した。

    速報10/08 13:57 北朝鮮にもうだまされるわけにいかないと首相

    安倍首相は党首討論会で、北朝鮮の核・ミサイル問題に関し「米朝枠組み合意」や6カ国協議に触れ「話し合いを時間稼ぎに使われた。もうだまされるわけにはいかない」と述べた。

    速報10/08 13:39 私立高校授業料無償化検討と首相

    安倍首相は党首討論会で、私立高校の授業無償化を検討したいと述べた。

    IWJ

     

    特別寄稿】笑顔でリベラル「排除」を口にする小池代表の「リベラル派大量虐殺(公認拒否)」断行!――前原誠司・民進党代表は「安倍(政権)倒す倒す詐欺」に騙された!? (ジャーナリスト・横田一) 2017.10.1

    http://iwj.co.jp/wj/open/archives/399497

    民進・前原誠司代表記者会見詳報(4)「小沢一郎氏に色んなアドバイスをいただいた」「小池百合子氏に『国政に出てもらいたい』という期待が大きいのも紛れもない事実」

    http://www.sankei.com/politics/news/170928/plt1709280201-n3.html

    --自由党の小沢一郎代表は希望の党に合流するのか

    「これまで小沢先生には色んなアドバイスをいただいてきた。旧民主党政権の大きな失敗は、人の好き嫌いで政治をしてしまったこと。親小沢と反小沢で党を割るようなけんかをガチンコでしてしまった。それが大きな反省のポイントです。 (平成24年12月に)下野してから、ある方を通じて小沢先生とお会いするようになり、何回も何回も食事をしたり、色んな話をさせていただく中で、自民党の権力者であったことも踏まえて素晴らしいアドバイスを多々いただいたし、この間も(希望の党との合流について)中身は別にして色んなアドバイスをいただいてきたのは事実だ。他方、自由党さんがどうするかは民進党が関わる話ではない。自由党と希望の党の話し合いの中でお決めになることだ」

    三宅雪子

    https://twitter.com/miyake_yukiko35/status/917256141763076096

    https://twitter.com/miyake_yukiko35/status/917212967367667712

     

     

    IWJ

     

    一本化に向け大きく譲歩をした日本共産党の志位和夫委員長は、7日に行われた「ニコニコ動画」でのネット党首討論で、「希望の党」の小池百合子都知事に「自民党と希望の党の違いは何ですか?」と聞いた際に、小池都知事が「新しくできた党なのでしがらみがない。それから受動喫煙防止です」と答えたことに言及。
     この小池都知事の答えはSNS上でも「自民と希望には違いがないと認めているようなもの」と話題になっていますが、昨日の新橋でも聴衆から失笑が。志位委員長は、「どっちが勝っても日本の政治は変わらない。自公補完勢力に負けるわけにはいきません!」と訴えました。

    昨日日本記者クラブで行われた党首討論では、自民・公明・希望・維新・こころが見事なナイス連携プレーで、互いに、互いの党の触れられたくない部分を覆い隠しました。
     安倍総理が得意の「北朝鮮脅威論」を振りかざし、アベノミクスでの「嘘の実績」を並べ立てる中、公明の山口那津男代表は「公明党こそが安倍政権の進む方向の間違いを正してきた」とうそぶき、小池代表は安倍総理に「シニア世代の大学入学」という突拍子もない提案をして改憲や安全保障論議を避けました。
     また維新の松井一郎代表は、「なんで自民と共産は大阪で共闘しているのか?」と意図不明な質問を展開。日本のこころの中野正志代表は「立憲民主党は菅直人氏が最高顧問を務め、菅内閣で官房長官を務めた枝野氏が代表、官房副長官を務めた福山哲郎氏が幹事長。まるで菅内閣そのものではないか。立憲民主党に投票するのは菅直人内閣を信任するようなものだ」と、まったく意味不明の質問を繰り広げました。

     しかし、迷言・妄言オンパレードの中にあっても「千両役者」は安倍総理です。やはり、ただ者ではありません。レベルの違う、突き抜けた失言が飛び出しました。「森友・加計問題」について社民党の吉田党首が安倍総理に「森友・加計問題では国民が納得していない。最大の原因は、キーパーソンが出てきていないからです。安倍昭恵さん、加計孝太郎さんは、国会に出てくるべきでは?」と問うと、安倍総理から驚きの発言が飛び出しました。
     「私の妻については、もう私が代わって十分に話をさせていただいています。そして加計氏は、これはご本人が決めることだろうと思っています」
     はあぁっ!? 夫は夫、妻は妻です。別々の個人です。妻に様々な疑いがかかっているとき、夫が代弁したからもういいだろう、という話がなぜ押し通せるのでしょうか? 何より、国会招致を求めているのに、加計孝太郎氏「ご本人が決める」とはどういうことでしょう? 国会という場は、一私人が自分の気分次第で行く・行かないを決めることのできる場なのでしょうか?

     安倍総理にはこの後も、「加計学園」問題に関する質問が集中。日本記者クラブ企画委員が、「朝日新聞の調査では9月の段階で国民の79%が説明不足だと感じている」と指摘すると、安倍総理は急に顔色を変えて、「朝日新聞は(国家戦略特区ワーキンググループ座長の)八田(達夫)さんの報道もしておられない。いや、ほとんどしておられない。アリバイづくりにしかしておられない。(前愛媛県知事の)加戸(守行)さんについては、証言された次の日にはまったくしておられない!」と、興奮して声を荒げました。
     朝日の編集委員はこれに反論。さらに朝日は「首相『朝日ほとんど報じてない』 紙面、10回以上掲載」という記事をデジタル紙面に載せました。
    ・首相「朝日ほとんど報じてない」 紙面、10回以上掲載(朝日新聞、2017108)
    http://www.asahi.com/articles/ASKB85JXNKB8UTIL01D.html

    加戸守行氏や八田達夫氏の発言をマスコミが報じていないというのは、安倍総理やネトウヨの鉄板ネタです。しかし、実際には上記のように、朝日は繰り返し報じており、しかも八田氏や加戸氏の国会での発言は、単に安倍総理を擁護するような内容(加戸氏の場合は、「県会議員と加計学園事務局長がたまたまお友だちということで飛びついた」「教育再生会議の場で構造改革特区本部長の安倍総理を前に訴えた」などトンデモ発言も飛び出ていますが)で、疑惑解明に結びつくようなものではありません。

    構造改革特区の時代に安倍内閣は「加計学園」の申請事実を把握していた! 参院でも追及される「120日」発言に、安倍総理は「整理が不十分だった」と無理筋の弁明! 「公募」はやはり建前だった!? 2017.7.25
    http://iwj.co.jp/wj/open/archives/393181
    安倍総理が閉会中審査で堂々とウソをついた! 次は証人喚問しかない!! 「腹心の友」が獣医学部新設を狙っていることを「今年の120日まで知らなかった」は過去の答弁と矛盾! 2017.7.24
    http://iwj.co.jp/wj/open/archives/392810
    「官邸サイドからの働きかけが直接あった」閉会中審査に前川喜平・前文科事務次官が出席し、現役時代の実体験を暴露! 総理の代弁者・萩生田官房副長官は「特区については記憶がない」と遁走! 2017.7.11
    http://iwj.co.jp/wj/open/archives/389008

    NHKのニュースのように、毎日安倍氏、小池氏の顔ばかり映すメディアもあって、漫然とテレビを見ている視聴者は、真の野党の存在を忘れれせられてしまうでしょう。IWJは、そうしたマスコミのスピンコントロールに惑わされることなく、多くの有権者の方に、市民目線で本当のことをお伝えしていきます。

     本日も、新潟への日帰り出張取材を終えて最終便で帰京した岩上さんが、朝10時より、立憲民主党の枝野幸男氏に緊急で単独インタビューを行います! 民進党の代表選のときにも岩上さんのインタビューにこたえた枝野氏は、「緊急事態条項」についてはっきりと「まさにナチスがこれをやったんです」と即答しました。一方、民進党分裂の戦犯となった前原氏は、「初めて見ましたけど、これはひどいですね」「あんな復古調なやつ、全部読む気しないでしょ」と、とぼけて見せました。

    岩上安身の取材で「緊急事態条項」について「まさにナチス」と危機感を示した枝野氏と「自民改憲案? 読んでいない。緊急事態条項? 初めて知った」とトボけた前原氏――両者の違いは明白! 2017.10.3
    http://iwj.co.jp/wj/open/archives/399880
     今日のインタビューでは、あの代表選からの民進党分裂劇や前原氏の「クーデター」の裏側、全国で進む野党共闘の行方、そして安倍政権とその補完勢力が目論む「9条改憲」とその後の「緊急事態条項」の実現など、みなさんの「ここが知りたい!」というところを、余すところなくお訊きします!

    岩上安身による立憲民主党 枝野幸男代表インタビュー
    [
    日時] 2017109日(月)1000頃~
    [YouTubeLive] https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?view=2&flow=grid
    [
    ツイキャス] http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

     

    定見なき (涙)ヨシフ・スターリン(爆)

    民進党が「希望の党」に合流する構想 有田芳生氏が批判「悪魔との握手だ」927

    http://www.huffingtonpost.jp/2017/09/27/yoshifu-arita_a_23224213/

    トロイの木馬(爆)928

    https://twitter.com/aritayoshifu/status/913401199692439552

    現代版「国共合作」928

    https://twitter.com/aritayoshifu/status/913400956758327296

    着眼大局 着手小局928

    https://twitter.com/c_lover_c_lover/status/913382502479175682

    藤原新也

    https://twitter.com/aritayoshifu/status/913402972679184384

     

    Tweetから

    月に祈りを発熱中&谷口金太郎 自衛隊 憲法

    https://twitter.com/qintarou/status/917051424478978048

    大神 ユリノミクス BI

    https://twitter.com/T_oogami/status/916651517410557952

    布施佑仁

    https://twitter.com/yujinfuse/status/917042326316343297

    じじい通信

    https://twitter.com/KakioKueba/status/917119953823662080

     

     

    2016年参院選

    政見放送・チラシ・ポスター http://tanakayasuo.me/movie_words/poster

    演説動画・文字起こし http://tanakayasuo.me/movie_words

    「壊憲・改憲・創憲」「田中康夫の新ニッポン論」@「VERDAD

    http://tanakayasuo.me/archives/19244

    http://www.nippon-dream.com/wp-content/uploads/verdad20160729.pdf

    「憲法・9条・おおさか維新、そして田中康夫」

    http://tanakayasuo.me/no9

    「サンデー毎日」「ささやかだけど、たしかなこと。」

    http://www.nippon-dream.com/wp-content/uploads/mainichi_last2.pdf

    「週刊SPA!」緊急インタヴュー

    http://tanakayasuo.me/archives/18713

    http://tanakayasuo.me/top/wp-content/uploads/2016/06/160621_0959_001_s2.pdf

     

     

  • 海図なき「空威張り凄いぞニッポン」に「だから、言わんこっちゃない!」Ya’ssy降臨w「あとは自分で考えなさい。」9月30日号

    2017-09-30 15:14

    タイムシフト視聴

    http://live.nicovideo.jp/watch/lv305897082

    田中康夫公式サイト

    http://tanakayasuo.me

    田中康夫YouTube公式チャンネル「だから、言わんこっちゃない!」 

    http://tanakayasuo.me/youtube

    Yassy選曲&お喋り「たまらなく、AOR」 

    http://tanakayasuo.me/archives/category/aor

     

    http://www.facebook.com/yassy.tanaka.1

    https://twitter.com/loveyassy/with_replies

    yassy@tanakayasuo.me

     


    論長論短
    No304  日本がまた中国の政治体制を学ぶ日 宋 文洲

    「経済一流、政治二流」。30年前によく日本人から聞いたコメントです。
    今思えば田中総理や中曽根総理などのような世界に通じる総理大臣と、いつでも総裁の椅子を狙う有能な政治家が自民党にたくさんいました。今のような「他に居ないから安倍総理を支持する」状況とは真逆でした。
    もし今の日本の政治が二流であれば、当時の日本政治は間違いなく一流でした。

    そもそも一流とか二流とかは世界との比較論の中で成り立つ話です。選挙で選ぶならば、身の回りの生活や自分の関心事に合わせて投票するのであって、世界と比較して選ぶわけではないのです。だから実のところ、一流か二流かはどうでもよいことです。
    それでも当時の人々はなぜ敢えて「政治は二流」と言うかというと、それは「経済が一流」であることを強調するための言葉のバランスだと思います。日米関係に強く依存し、国際的に独自の戦略を持たない苛立ちでもあると思います。
    しかし、経済が一流と言えなくなった今、日米関係に当時以上に依存しているにも関わらず、日本には「政治が二流」である意識が全く無くなっています。これこそ日本の政治的危機だと思うのです。
    戦後日本は結果的に自民党の「一党独裁」でした。日本の本当の民主主義は自民党の中の派閥闘争によって実現していました。それぞれの派閥が異なる利益団体や集団に属し、異なる理念を持ちながらも反対のための反対という無駄をしませんでした。自己主張しながらも他の党内勢力との牽制や妥協を繰り返しました。
    その結果、日本の政治家は確かに国際的顔を持つ人は少なかったのですが、日本の総理ということで日本国としての政治的存在感は今よりはるかにありました。それは外国にいないと分からないことです。
    安倍総理はよく国内向けに自分が外交に強いようなことをアピールしますが、先日の国連演説のガラガラの会場をみれば分かるように、実態は日本の大手マスコミの宣伝とは違うのです。鳩山総理の国連演説のほうがよほど人気で聴衆が多かったです。
    一党独裁でまともな党内闘争もない。国内マスコミをコントロールし、人気を演じる。選挙のテクニックだけは三代世襲のおかげで誰よりも長けて「世界一流」である。不正や失策があっても選挙に勝てばリセットされ正当化される。
    このような形だけの民主主義は長期的に見た場合、国家衰退の原因にもなると私は思うのです。

    国民の利益を政治と政策に反映させることに反対する国民などは居ません。皆さんと同様に私達中国人も日本人と全く同じです。違うのは体制(やり方)だけです。
    13
    億もいれば、利益の複雑さは日本の10倍になるのです。それぞれの政党に自分の利益を代表させ、選挙戦で戦う西洋式な政治も一つの選択肢ですが、4大文明の一つとしての中国には、異なる方法で同じことを実現させようとする工夫とシステムがあってもおかしくないのです。
    中国の一党独裁体制も既に70年間近く続きました。その結果、優秀な人材は殆ど共産党体制内部に集まりました。党内闘争も優秀な人材同士の戦いになり、激しさは想像を絶します。建国の父である毛沢東が死んだ途端、奥さんが逮捕されるくらいですから、どれほど党内の力が複雑かつ強力かは分かります。
    国営マスコミは報道しませんが、中国人の多くは党内政治の様子を知っており、利益闘争から路線闘争までの情報を共有し、独自の方法でそれぞれへの支持と反対に加担するのです。共産党も調査機関を通じて国民の動向をよく知っているのです。政権のまずい政策が続くと国民の不満が言論からデモや暴動に発展していくので党内の反対派が自然にそれを利用して力を増していくのです。

    「中国は崩壊する」と思われながら、数百年来ぶりの復興を成し遂げる事実は変わりません。年間一億人以上の国民が海外旅行を楽しんで国に戻ってくる。毎年50万人の留学生が出ていきながらほぼ同様の数の留学生が戻る。
    北朝鮮のような抑圧な社会ならば、中国社会の今の活力を説明することができません。米国式の政治システムを中国に導入すべきだと考える中国人の数が急激に減ってきたと欧米の調査機関も発表しています。
    中国の政治システムが優れていると思ったことがありませんが、少なくとも多くの日本人が思うほどダメなものではありません。選択肢がないのに「選んでくれた国民」に責任を押し付ける現在の選挙制度の弊害を直さないと、いずれやっぱり中国の体制がいいと日本国民は考えるのではないでしょうか。
    今、こんなことを聞くと笑ってしまう人が多いかもしれませんが、20年後のことを予想できる人はいません。40年前、ソ連崩壊を予想しましたか?20年前、中国が再び政界位置のGDPを生み出すと予想できましたか?
    そして2千年にもわたって日本が中国の体制を学んできた歴史にそれだけの理由はあったに違いありません。だから今日のタイトルは笑うだけで済ませるのではなく、今の日本政治を考察するヒントになれば幸いです。今日の本意はそれ以上でも以下でもありません。


    http://www.softbrain.co.jp/mailmaga/list.html


     

    2005年 総務省&()明るい選挙推進協会 


    「希望の党」 脚本家:松枝佳紀(まつがえ・よしき)発案


     

     

    https://www.j-cast.com/2017/09/26309501.html?p=all


    http://news.livedoor.com/article/detail/13662811/


    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/214393/1


     



     



  • 「だから、言わんこっちゃない!」と4年以上も繰り返し諫言してきたのにぃぃ(涙)4月12日Y’assy生誕祭にお届け「あとは自分で考えなさい。」

    2017-04-12 14:42

    「だから、言わんこっちゃない!」と4年以上も繰り返し諫言してきたのにぃぃ(涙)4月12日Y’assy生誕祭にお届け「あとは自分で考えなさい。」

     

    ダイレクト・メール yassy@tanakayasuo.me

    タイムシフト視聴 http://live.nicovideo.jp/watch/lv295485723

    昨夜の「たまらなく、AOR」 http://tanakayasuo.me/archives/20474

    初回からのジャケ写&YouTube音源データhttp://tanakayasuo.me/archives/category/aor

    「たまらなく、AOR」ポータル http://tanakayasuo.me/aor

    「憂国呆談」 http://tanakayasuo.me/archives/20456

    「米国から購入したペイトリオット(ミサイル)さえあれば(北朝鮮の攻撃にも)一安心という安易な発想は、ダムさえ造れば治水は完璧だと護岸補修や浚渫、森林整備を行わないのと一緒だよ」 /田中康夫×浅田彰 17/05月号 憂国呆談 ソトコト

    「田中康夫の新ニッポン論」資源大国・北朝鮮 http://tanakayasuo.me/archives/20424

    「週刊東洋経済」インタヴュー http://tanakayasuo.me/archives/20439

    VOGUE」インタヴュー http://tanakayasuo.me/archives/20408

    ロッタとお出掛け http://tanakayasuo.me/archives/20251

    「生島ヒロシのおはよう一直線」4月11日radikoタイムフリー http://radiko.jp/#!/ts/TBS/20170411060159

    2065年推計人口は8808万人。何故か50年後も1億人維持可能と閣議決定。「裏付け」は経済財政諮問会議が毎年20万人の移民受入提言。「国柄」を護ると巧言の似非「保守」

    4月13日「モーニングCROSS」出演ね!

    これからのメディア出演情報 http://tanakayasuo.me/media

    Twitter: https://twitter.com/loveyassy/with_replies

    Facebook: https://www.facebook.com/yassytanakayasuo/

    「週刊SPA!」「その『物語』、の物語。」

    芸術的な装飾ケーキで親馬鹿満喫!愛娘の誕生日

    http://www.nippon-dream.com/wp-content/uploads/img-Y06173145.pdf

    http://www.nippon-dream.com/?p=12709

     

    ✽✽

    もし「共謀罪」が成立したら、私たちはどうなるか【全国民必読】
    知らなかったと後悔する前に

    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51376

    首相夫人それでいいの? 安倍昭恵氏に疑いのまなざし

    http://www.asahi.com/articles/ASK474PXVK47UTFK00H.html

    ファーストレディーのありようは 元首相秘書官に聞いた

    http://www.asahi.com/articles/ASK477GKSK47UTFK019.html

    「私人は喚問しながら首相夫人は」識者が語る官邸の暴走

    http://www.asahi.com/articles/ASK485JLCK48UTFK00C.html

    校長就任前日に…昭恵夫人が府私学審会長と“疑惑の面会”

    http://news.livedoor.com/article/detail/12907918/

    森友問題の要所には必ず、アッキーの影 昭恵首相夫人「主犯説」を追う〈週刊朝日〉

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170410-00000066-sasahi-pol&p=1

    安倍昭恵女史の言葉の全文テキスト – アキエリークス

    https://akie-leaks.com/2017/04/10/fulltextofmeat0905/

    森友学園問題 首相夫人付「いけにえ」か 佐賀新聞

    http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/420480

    安倍内閣不支持50% 全道世論調査 前回より8ポイント増 北海道新聞

    http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/politics/politics/1-0388678.html

    おおらかな大阪どこへ? 編集者、江弘毅さんと考える

    https://mainichi.jp/articles/20170405/dde/012/040/055000c

    「関わっていたなら総理大臣も国会議員も辞める」発言を含む国会議事録、ごっそり「消滅」

    http://buzzap.jp/news/20170404-moritomo-minutes-lost/

    森友学園に関する国会議事録がネット上から「消滅」?衆議院は「隠しているわけじゃない」

    https://www.buzzfeed.com/kotahatachi/what-is-mizuhonokuni33?utm_term=.xlE1mYQbJ#.xwvP6a8Ro

    真偽を検証佐川理財局長が言った“自動的に消去”システム

    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/202960

    「新証言!昭恵夫人が籠池夫妻に機密漏洩か?伊勢志摩サミット決定を公式発表前に連絡と寄付者が証言」をちょい読み

    http://lite-ra.com/2017/04/post-3054.html

    昭恵夫人の機密漏洩報道を訂正した『グッディ』はおかしい! 証言者の記憶違いではごまかせない矛盾と疑惑

    http://lite-ra.com/2017/04/post-3065.html

    昭恵夫人のサミット機密漏洩に新証拠! 発表前日、知人に伊勢志摩開催報告、会場選定と伊勢神宮参拝にも関与

    http://lite-ra.com/2017/04/post-3068.html

     

    韓国大統領選、安氏が支持率首位に 文氏を上回る

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK09H1T_Z00C17A4000000/

    首相 北朝鮮情勢「いかなる事態でも国民守り抜く」

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170410/k10010943771000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002

    防衛相「教育勅語には現代でも通用する価値観 」

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170411/k10010944231000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

    社説 教育勅語は道徳教材に使えぬ

    http://www.nikkei.com/article/DGXKZO15091960Z00C17A4EA1000/

    中曽根内閣は「教育勅語」を否定し是正勧告を出していた

    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/202811

     

    初報「事実無根ではない」 退位、陛下の揺るがぬ信念

    http://www.asahi.com/articles/ASK4761F8K47UTIL03Z.html

     

     

     

     

    小池新党、台風の目 他党議員ら次々吸収、政策は見えず

    http://www.asahi.com/articles/ASK475251K47UTIL02K.html

    <大阪万博誘致>提案書はカジノ「隠し」 タブー国の票意識

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170409-00000008-mai-soci

    五輪レガシーいまや重荷に 長野ボブスレー競技場|オリパラ|

    http://style.nikkei.com/article/DGXKASDG15HE6_V21C16A1CC1001?channel=DF220420167266

    原発大国日本に期待の声 原子力産業協が年次大会

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ11HBO_R10C17A4000000/

    日本国「債務超過」490兆円、資産の多くは売却困難

    http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20150213/277449/?rt=nocnt

    水道料金、30年後は1.6倍に 人口減で収支悪化 政投銀試算

    http://www.nikkei.com/article/DGXLZO14967450V00C17A4EE8000/

    電気自動車、走行中に無線で充電 日本精工・東大など 

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ05HK6_V00C17A4TJC000/

    広告費、ネットが初の首位 17 年世界市場予測

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDC06H0T_W7A400C1TI1000/

    1年で200億円の赤字」――藤田社長が投資するAbemaTVの“謎”

    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1704/07/news119.html

     

    中高生の英語力、達成は36% 政府目標の50%は遠く 

    http://www.nikkei.com/article/DGXLZO14970870V00C17A4CR8000/

    東日本大震災が一因? 躍進する海外メディア日本語版

    http://www.asahi.com/articles/ASK474WQ8K47UTIL021.html?iref=comtop_8_01

    AIの東大挑戦、解けなかった問題は 「8割の高校生が負ける」教育への警告

    http://www.dailyshincho.jp/article/2017/02080800/?all=1

    「生きることは自由を懸けた戦い」ホセ・ムヒカ氏、N高入学式で魂の祝辞

    http://www.huffingtonpost.jp/2017/04/05/n-highschool-mujica_n_15826626.html

    ✽ 新50ユーロ紙幣が登場、非難の的の獣脂は使わず

    http://www.cnn.co.jp/business/35099361.html?ref=rss

     

    エジソンの電球手放すGEの試練

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASGN07H17_X00C17A4000000/

     トランプ大統領、バノン氏らの更迭検討 勢力争いを懸念=WSJ

    http://jp.reuters.com/article/usa-trump-staff-idJPKBN17B10N?feedType=RSS&feedName=topNews&utm_source=Sailthru&utm_medium=email&utm_campaign=Weekday%20Newsletter%20%282017%29%202017-04-10&utm_term=JP%20Daily%20Mail

    米国民の57%がシリア攻撃支持 CBS世論調査http://www.nikkei.com/article/DGKKASGM11H16_R10C17A4EAF000/

    米シリア攻撃の大義名分「化学兵器使用」は本当にあったかhttp://diamond.jp/articles/-/124328?utm_campaign=doleditor

    「軍事政権化」したトランプ政権

    http://www.newsweekjapan.jp/suzuki/2017/04/post-3.php

    経団連会長、人手不足への対応「日系人に日本で働いてもらう」 

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL10HQ1_Q7A410C1000000/

    経団連会長「人手不足なので日系人受け入れ」に相次ぐ批判 「追い返したくせになんというご都合主義」

    https://news.nifty.com/article/economy/business/12117-6060/

    将来推計人口 「減少」直視した対策を

    http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/opinion/editorial/2-0112166.html

    将来推計人口 条件付き推計を同時公表 希望出生率達成なら1億人維持http://www.sankei.com/life/news/170410/lif1704100026-n1.html

    将来推計人口 高齢者「引退」なき時代へhttps://mainichi.jp/articles/20170411/k00/00m/040/102000c

    2053年に1億人割れ 前回より5年遅く

    http://mainichi.jp/articles/20170410/k00/00e/040/179000c

    外国人旅行者に受入れに向けた宿泊・飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み

    http://food-stadium.com/special/13348/

    Flash - United passenger dragged off overbooked flight - France 24

    http://m.france24.com/en/20170410-united-passenger-dragged-off-overbooked-flight?ref=tw_i

    なぜこんなことに? 米ユナイテッド航空はなぜ乗客を引きずりおろした 

    http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-39562378

    米ユナイテッド便で過剰予約、乗客を引きずり出す強制措置に非難殺到

    http://www.cnn.co.jp/business/35099564-2.html

    ユナイテッド航空、乗客引きずり下ろしで非難殺到 理由はパイロットと客室乗務員を乗せるため

    http://jp.wsj.com/articles/SB12580682065743184470104583077691537916374

    ユナイテッド航空 定員超過で乗客引きずり降ろす

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170411/k10010944201000.html

    米航空の引きずり出し、乗客絶叫の衝撃映像 「やつらに殺される」、警察官が3人がかり

    http://toyokeizai.net/articles/-/167204

     

    ✽✽

    (耕論)政策と首長の賠償責任 上原公子さん、安藤高行さん、新海聡さん

    http://digital.asahi.com/articles/DA3S12856745.html?rm=150

    http://digital.asahi.com/articles/photo/AS20170324000132.html

     

    公約だった景観保護のため、高層マンションの建設阻止に動いた市長に、業者の営業を妨害したとして数千万円の個人賠償を命じた判決が確定した。全国の首長に与える影響や教訓は。

     ■公約実行で違法、恐ろしい 上原公子さん(元東京都国立市長)

     景観保護を公約に掲げて、市長に当選しました。東京都で初めての女性市長でした。

     公約は市民との契約です。履行するために全力を尽くすのは当たり前。それが、こんな結果になるなんて。

     もともと国立市は環境や景観に対する市民意識が高い。だから問題のマンション計画でも、住民から高さを制限する地区計画づくりを要望され、条例もつくりました。

     すると業者は営業を妨害されたとして、4億円の損害賠償などを求めてきました(左の年表のA訴訟)。これに対して、市民も業者に高さ20メートル以上の撤去を求める民事訴訟などを起こして闘います。

     裁判はまず、A訴訟の一審で市が敗れます。一方で、市民による民事訴訟の一審では、20メートル以上の撤去を命じる判決を勝ち取りました(高裁で逆転敗訴)。景観に関する認識が、裁判官それぞれで違っていたのです。

     A訴訟は結局、市が負け、3120万円を払います。すると業者が同額を市に寄付してきたのです。市の財政に損害はなくなり、政治的に決着したなあと思いましたね。

     だけど違った。住民が賠償金を私に払わせろと、市を訴えたのです(B訴訟)。

     今さら何を言っているの、と思いました。だから敗訴したときは、はーっ?ていう感じ。そのうえ、11年の市長選で、私に払わせると唱えて勝った新市長が控訴を勝手に取り下げてしまいます。

     それで、C訴訟へ。

     しかし、当時の市議会は新市長の判断に反対し、私への求償権の放棄を議決します。14年の一審判決は、その議決や業者の同額寄付も踏まえて市の訴えを退けました。

     ところが翌年、事態が一変します。市議選があり、新しい議員らが求償権の行使を求める決議をしたのです。

     東京高裁は議会の変化も見て、私に支払いを命じ、そのまま判決が確定しました。

     私腹を肥やしたわけでもない個人に、巨額の賠償をさせる司法って何なのでしょう。

     業者の寄付と私の賠償金を受けとれば、市は二重取りでもうかっちゃいますよ。

     反省点ですか? 全くありません。公約を守ることに妥協などできますか。そもそも市長にはマンション建築の許認可権がない。それでも建設を止めるために、できることは何でもやりました。

     それを判決は、私が市の内部情報で住民運動をあおったとか、議会答弁などで営業を妨害したと認定したのです。

     こうした行動を違法だと言われるのは恐ろしい。地方自治を殺すのか、と言いたい。

     これでは首長は何もできなくなります。東京・豊洲市場に関して、小池百合子都知事だって訴えられかねません。

     こんな判決で、多くの首長がひるんでは困ります。(聞き手 論説委員・坪井ゆづる)

         *

     うえはらひろこ 49年生まれ。脱原発をめざす首長会議事務局長。市長時代に住基ネット離脱、自衛隊のイラク派遣に反対。

     

     ■政治活動狭めた判決疑問 安藤高行さん(九州大学名誉教授)

     一連の訴訟には全く関わっていませんが、判決文を読んで疑問を抱きました。

     市長は行政マンであると同時に政治家です。

     上原氏が問われたのは、政治家としての「政治活動の自由」でした。むろん、それは無制限ではありません。問題は制限の基準です。

     上原氏に賠償を命じたC訴訟の判決は、主な基準として「社会的相当性」を挙げています。しかし、その内容が具体的、客観的に明示されていないため、「社会的相当性」の有無が結局、裁判官の主観的判断のみでなされているように思えます。

     判決には「地区計画等の策定等の法的な規制を及ぼす手続きのみをしていれば、国家賠償法上の違法と言われることはなかった」とあります。

     あたかも、法令で与えられた行政マンとしての権限の行使を越えた活動は行き過ぎだと言わんばかり。要するに判決は政治家である首長を、行政マンとしか見ていない。

     判決は、上原氏の住民集会での発言や議会での答弁などを、業者の信用を毀損(きそん)し、営業を妨害するもので違法行為だと認定しました。

     これも疑問です。虚偽の風説を流布したり、偽計・威力を用いて業務を妨害したりした事実はありません。住民運動を利用したかのような指摘もされていますが、方針が同じ住民や団体と共闘するのは政治活動として当然です。

     C訴訟で、市議会の求償権の「放棄議決」と「行使決議」を同列に並べたのもおかしい。放棄議決は地方自治法に基づくもの。失効させるには、市長が再議を求める必要があるのに、それをせず、放棄もしなかった。一審判決はその市長の対応を権限の濫用(らんよう)だと指摘していました。

     もう一方の行使決議は単なる要望で、法的な裏付けはありません。それを「現在の民意を反映している」として、放棄議決を消滅させるのは法的にナンセンス。この点について、最高裁が何も言及しないのは不可解です。

     そもそも業者の寄付で、実質的には国立市が支払った賠償金は戻りました。それでも上原氏に返還を求めたB訴訟や、それを受けたC訴訟は、市政での反上原派のリベンジ訴訟に見えます。それは求償制度を政治目的に使うもので、制度の本来の趣旨にかなうか甚だ疑問です。

     いま、沖縄の米軍基地問題で、翁長雄志(おながたけし)知事は行政マンとしての法的権限で抵抗しています。でも法的権限を否定されたり、手段が尽きたりした場合は、政治活動で反対運動を続けるしかない。

     今回のように、自治体の首長の政治活動の自由を極めて狭く解した判決は、翁長知事の今後の政治活動に相当不利な影響を及ぼすおそれがあるのではないでしょうか。(聞き手・坪井ゆづる)

         *

     あんどうたかゆき 41年生まれ。専門は憲法。著書に「憲法と自治体争訟」「人権判例の新展開」「現代の行政活動と市民」など。

     

     ■法的リスク管理の教訓に 新海聡さん(弁護士・全国市民オンブズマン連絡会議事務局長)

     市民運動から出てきて市長を務めた上原さん、住民の視点で行政をチェックするオンブズマン活動に取り組む私にも、応援したい気持ちはあります。今回の判決で、「首長が萎縮してしまう」と言うのは分からなくはないし、批判する気は毛頭ありません。

     ただ、酷な言い方になるかもしれませんが、首長である以上、こうした法的リスクの管理は当然、やっておくべきことだと思うんです。今回のケースは、どうすれば経験の少ない首長が賠償責任を負わないようにしながら政策を実現していけるのか、サポートのあり方も含めて、検証する機会にすべきだと思います。

     政策実行にあたり、何をどこまでやっていいのか。行政指導の限界とは。選挙に勝ったからと一方的に進めるばかりではなく、異なる価値観にも目配りして、粘り強く進める。法的に前に進めないようなら、いったん引き、支持者に理解を求める勇気も必要です。弁護士などブレーンの態勢の組み方、ノーと言ってくれる職員の確保を含め、首長や支援者、市民が教訓にすべき点は多いと思います。

     むしろ好ましくないのは、政策変更というよりも個別の言動を賠償の根拠に認定した今回の判決を、「住民訴訟が首長の萎縮につながる」と一般化してしまい、必要以上に萎縮したり、あまり賠償責任を負わなくてもいい制度に変えたりしてしまうことです。

     住民訴訟には、税金の使われ方のチェックを通じて、自治体に情報開示や説明責任を尽くさせる機能があります。長年、情報公開請求や住民訴訟を手がけてきて思うのは、ただでさえ議会のチェック力不足で説明を怠りがちな行政には、「住民訴訟に耐えられるように」という緊張感が不可欠だということ。かつて住民訴訟が食糧費や官官接待などの問題を追及し、今も住民やオンブズマンなどが目を光らせているからこそ、いい加減な公金支出や文書管理ができなくなったのです。

     政府は今国会に、重大な過失でなければ住民訴訟での賠償額に上限を設けられるようにする改正法案を提出しましたが、軽い過失なら大して責任を負わなくていいようになれば、また緩みかねません。むしろ本当に不必要な萎縮を防ぐには、正当な政策変更で業者などに損害が出た場合は、個人ではなく自治体が堂々と補償する制度を、きちんと整えてもいいと思います。

     ちなみに日本の住民訴訟地方自治法の仕組みで、国レベルでは起こせません。米国のように、国レベルでも可能にすべきだと思います。そうすれば、大阪の国有地売却のような騒動も起きづらくなるはずです。疑念を持たれる価格で売っておいて「文書は捨てた」なんて言っていたら、まず住民訴訟では勝てませんから。(聞き手・吉川啓一郎)

         *

     しんかいさとし 61年生まれ。90年に弁護士登録し、95年から現職。地元・愛知で名古屋市民オンブズマン代表も務めている。

     

    春の国会論戦にモノ申す 目につく野党攻撃、ずれた答弁 「安倍語」の5年目

    https://mainichi.jp/articles/20170411/dde/012/010/014000c

    「艱難汝(かんなんなんじ)を玉にす」という。苦労を重ねれば、人間も磨かれる、という意味だが、再登板から5年目の春を迎える安倍晋三首相はどうだろう。今国会をのぞくと、以前にも増して、野党攻撃や粗い答弁が目につくのだ。「共謀罪」などの審議も本格化する、後半の国会論戦。これでいいのだろうか。【吉井理記】

     永田町にも春は来る。国会議事堂前の憲政記念館の桜、今が盛りである。その春色を遠く望む衆院第1議員会館。政権にモノ申す自民党のベテラン議員で、元行革担当相の村上誠一郎さんが、深いため息をついていた。

     「あきれているんだ、今国会の論戦に。安倍首相の答弁が軽い。本質からずれている。森友学園の問題、軽々に『自分や妻が関わっていたら総理も国会議員も辞める』と言ったがために『森友国会』と化してしまって。真相究明は重要だが、大事な問題はほかにもある。成立すれば将来に禍根を残しかねない『共謀罪』(テロ等準備罪)だ。だが安倍首相の説明、相変わらず本質からずれている」

     最近やたらと耳にする「テロ等準備罪」、ざっくり言えば、犯罪は実行段階で処罰対象になるのが基本だが、新たに犯罪の準備・話し合いの段階でも罰することができるよう、組織犯罪処罰法を改めるものだ。しかし、準備の定義などがあいまいで、反戦運動や政府批判も処罰対象になった治安維持法のような、法の拡大解釈につながる恐れは残ったままだ。

     「犯罪処罰の概念を大きく変える重大な事態だよ。テロ対策が必要でも、本当にこの法律が必要か。安倍首相は『(法律がなければ)東京五輪は開けない』とずれたことを言う。これでは議論が深まるはずがない」

     実際、1月26日の衆院予算委で「テロ対策は現行法で可能だ」との趣旨の指摘に、首相は「テロ対策の穴を埋めなくても五輪を開けばいい、という考えはとらない」というずれた答弁をしていた。先日も法案の必要性に触れ「安全確保が五輪成功の大前提だ」(4日、政府の五輪推進本部)と述べ、五輪とヒモづけて法案を押し通す構えは崩さない。

     村上さんは「それが安倍首相の特徴なんだ」と苦り切った。安保法制の時も、憲法解釈の変更だけで集団的自衛権の行使を認めていいのか、が議論の本質だったのに「一国だけでは自国の安全は守れない」という議論を展開し、国民の熟議を妨げた、という。

     「2週間の五輪のために、この法律を通していいのか。熟議こそ民主国家の土台であり、熟議は本質を議論することからしか生まれない。これでは国会審議どころか、国の行方が思いやられる。ため息しか出ないよ」

    「切り返しより誠実さを」

     この「特集ワイド」でも、論点を外した、あるいは質問をけむに巻くような安倍首相の発言を「安倍語」と名付け、検証してきたのは読者もご存じかもしれない。事態が変わった様子はないが、桜は盛りでも、国会論議がお寒いままではやはり困る。長年、政治家取材を重ねた大御所は、今国会に何を思うか。

     「特に気になるのは、野党やその質問を軽く見るような安倍首相の発言や態度です。国会議員は、本来は国民の範となるべき存在だが、そこがどうにも、ね」と首を振るのは政治評論家の森田実さん(84)である。

     こんな一幕があった。3月13日の参院予算委である。安倍首相の親しい友人が経営する大学が新学部を開設する際、首相の便宜の有無を問うた社民党の福島瑞穂氏の質問に、安倍首相が言った。

     「確証はあるのか。安倍晋三をおとしめようとするような質問はやめた方がいい」

     さすがに与党からも「質問封じだ」との声が漏れたらしい。民進党の小西洋之参院議員は「そもそも与野党の国会議員の質問は、国民を代表して政府監督の一環としてするものです。質問自体を否定する安倍首相の答弁は国民の軽視のみならず、国民主権とは何かを分かっていないのでは、と思わざるを得ません」と首をひねるのだ。

     その小西さんもこの日の質疑に立ったが、安倍首相から、からかうかのような言葉を浴びる場面があった。「目が泳いでいますよ」と。

     「もっとも質疑のやり取りで、最初に私が安倍首相に『目が泳いでいますよ』という言葉を発したのは事実ですが、そのまま『仕返し』するとは……。驚きです」

     「これこそ風刺の出番です」と話すのは、コント集団「ザ・ニュースペーパー」の元メンバーで戯作者の松崎菊也さん。16日に永田町で開くトークライブに備え、安倍首相の答弁の読み込みに忙しい。

     松崎さんが注目するのは、3月28日の参院決算委でのやり取りだ。森友学園問題で、前理事長が国会で証言した「首相の妻・昭恵氏からの100万円寄付」の真偽を問う民進党の斎藤嘉隆参院議員に、首相は「御党の辻元(清美)議員にも(学園経営の幼稚園に侵入した、などとする疑惑を巡り)同じことが起こっている。今朝の産経新聞に疑惑が出ていました」と返した一件だ。

     思い返せば2月7日の衆院予算委、やはり野党議員の質問に「新聞の記事で政府を追及されても困るんです。新聞も間違えますよね」と答えていたのは、安倍首相その人であった。

     「野党が何か言うと『じゃあ、お前はどうだ』と言い返す。これでは国民のための議論などできるはずがない。安倍首相だけじゃない。野党もしっかりして、きちんと戦略を立てて質問しなければ議論にならない。学級会で終わっちゃう」と松崎さん。

     再び永田町。桜咲く憲政記念館では、1970年代の国会論戦を振り返る企画展が開かれている。高度成長期の総仕上げを担った自民党の宰相たちの写真に、森田さんの言葉を重ねた。

     「例えば大平正芳さん。不器用で、答弁に詰まると『あー』『うー』と言っていたが、野党を立てつつ、彼なりに言葉に悩み抜いた末の『あーうー』だったんだ。安倍首相にあの誠実さがあるか。言葉の切り返しは素早いが、長期政権になって、すっかり高慢になってしまった。その典型が今国会。哲学者・アリストテレスは『政治は善の中の善』と言ったが、せめてその心意気だけでも後半国会に期待したいね」

     おごれる者は久しからず、という。我が世の春の安倍自民党を、国民は注視しているのだ。

     

    「私人は喚問しながら首相夫人は」識者が語る官邸の暴走

    http://www.asahi.com/articles/ASK485JLCK48UTFK00C.html

    http://www.asahi.com/articles/photo/AS20170408002804.html

     

    ■対談 長谷部恭男・早稲田大教授×杉田敦・法政大教授

     安倍晋三首相の妻、昭恵氏は私人と言い切れるのか。公務員が問い合わせに回答するのは職務ではないのか。先月から相次いで閣議決定された政府答弁書にまつわる疑問。さらに、「首相への侮辱」だとして私人が証人喚問される一方、官僚は文書を廃棄したと開き直る。このような行政権力、とりわけ官邸の「暴走」の底流に何があるのか。長谷部恭男・早稲田大教授(憲法)と杉田敦・法政大教授(政治理論)に語り合ってもらった。

     杉田敦・法政大教授 森友学園問題に関連して、さまざまな閣議決定が出ています。安倍晋三首相夫人の昭恵氏は公人ではなく私人である。夫人付の政府職員が調査・回答した行為は職務ではない。いずれも説得力を欠き、こんな決定を乱発していいのか疑問ですが、そもそも、閣議決定の法的性格とは。

     長谷部恭男・早稲田大教授 新たな閣議決定で上書きされるまで、内閣はその決定に拘束されます。ただそれは自身を拘束するだけで、立法権や司法権を必ずしも拘束するわけではない。政府への質問書に対する答弁を決めるには閣議によるしかなく、決定してはいけないとは言いにくい。結局は、中身の問題です。

     杉田 では、首相夫人は私人でしょうか。

     長谷部 公人か私人か、簡単には割り切れません。天皇の行為は、国事行為以外はすべて私的行為かというと、違います。やはり公人としての行為があり、それがいわゆる象徴としての行為です。同じようなことが首相夫人についてもあるのではないか。

     杉田 森友学園の籠池(かごいけ)泰典前理事長は私人ですが、国会で証人喚問されました。ところが公人たる政治家や、官僚は、野党の要求にもかかわらず誰ひとり証人喚問されていない。

     長谷部 国政調査権の使い方がいかにも党派的です。米議会や英議会では、国政調査権を党派的に発動しないというのが大原則です。どちらかの党派に有利/不利だから呼ぶ/呼ばないという判断は、少なくとも建前としてはしないことになっている。中長期的な国政上の課題について調べることが目的ですから。

     杉田 証人として呼ぶのは、犯罪の嫌疑がある人だとする政治家もいました。

     長谷部 話が逆転しています。従来議論されてきたのは、国政調査権を行使することで犯罪の捜査や裁判の遂行に不当な影響を及ぼすのはよくない、捜査対象者は呼ぶべきではないのではないか、という点でした。

     杉田 官房長官は籠池氏を偽証罪で告発する可能性にも言及しましたが、これは国会が判断することで、行政権、内閣がとやかく言うのは筋が違うのでは。

     長谷部 議院証言法で、告発は議院や委員会の権限と明記されていますから、その通りです。さらに、偽証罪が問われる「虚偽の陳述」とは、客観的事実に反する陳述ではなく、証人の記憶に反する供述を意味するというのが判例ですから、立証のハードルはかなり高いですね。

    ■「教育勅語国民主権と相いれぬ」

     杉田 昭恵氏が国会で証言すれば、白黒がつく可能性もある。安倍首相は「悪魔の証明」は出来ないなどと言いますが、当事者の言い分が食い違うことは、よくあること。どちらが信用できるかを裁判等で判断するのであって、それは悪魔の証明でも何でもない。単なる事実認定です。

     長谷部 ボールは政権側のコートにある。同じコートに出て打ち返すことは、悪魔でなくてもできます。首相を侮辱した、というわけのわからない理由で私人が証人喚問されている。私人にそこまで要求しておきながら、文書は破棄したので何も言えないと官僚は開き直り、首相夫人は私人だからで済ませています。極めてバランスが悪い。

     杉田 官僚の文書廃棄については専門家から、違法ではないかとの指摘さえあります。保存期間を定めた公文書管理法の欠陥もありそうですが、仮に違法とまでは言えないとしても、そうした無責任な行政のあり方が許されるものなのか。

     長谷部 違法でなければ何をやってもいいのか。私人であればOKです。人のひんしゅくを買うような行為でも、それは個人の判断です。しかし、公人や公務員は違う。中長期的な社会公共のために行動する、そのために様々な権限や便宜を与えられているのだから、私人と同じように法に触れなければいいということには、なりません。

     杉田 先日、教育勅語を教材に…