• このエントリーをはてなブックマークに追加
■久瀬太一/8月6日/16時
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

■久瀬太一/8月6日/16時

2014-08-06 16:00
    久瀬視点
    banner_space.png
     八千代は当然のように、ホテルのオレの部屋までやってきて、フィッシュバーガーにかみついていた。
    「さっさと食えよ。アイス溶けるぜ?」
     と彼は言った。
    「ああ。そりゃ大変だ」
     オレはいまいち食欲がないまま、フライドポテトを口に運ぶ。
     フィッシュバーカーの包装紙を丁寧に折り畳んでゴミ箱に捨てて、八千代はサーティワンアイスクリームのロッキーロードを手に取る。
    「で? 手紙の内容は?」
    「ファーブルって奴が、オレに会いたいってさ」
    「どんな条件で?」
     オレは手紙の内容を要約して告げる。
    「食事をごちそうしてくれるらしい。時間も場所もこっちが指定していい。向こうから来るのはファーブルひとり。こっちから行くのはオレひとり。それから、直接顔を合わせられたなら、ドイルの秘密を教えてやる、ってさ」
    「オレの秘密ねぇ」
     八千代は紙コップについていた白い半透明のフタを外し、ストローを使わずにコーラを飲んだ。
    「そのことは、オレには話すなって書いてなかったか?」
    「書いていたさ、もちろん」
    「どうして話す?」
    「ファーブルって奴よりは、まだあんたの方が信用できる。そう決めた」
     オレは食欲もないままハンバーガーにかみつく。が、意外と腹が減っていたのか、ケチャップの味が妙に美味く感じた。
     八千代は笑う。
    「ありがたい話だねえ。で、どうするつもりだい?」
    「しばらくはあんたの指示に従う。そういう約束だ」
    「君は危ういくらいに律儀だな」
    「結局、そうした方が上手くいくんだ。少なくとも、オレの21年間の経験じゃね」
     利益を追求すれば正直に、まっとうに商売するしかない。世の中を上手く渡りたければ素直に、律儀に生きた方が効率的だ。オレはそう思っている。
    「賢明だ。それを知らない奴らばかりが、世の中を生きづらくする」
    「で、オレはどうすればいい? この手紙は無視か?」
    「いや。会った方がいい」
     意外な答えだ。
    「どうして?」
    「奴らが知っている、オレの秘密ってのが、ちょっと気になる。それからオレと君とがあんまり仲が良すぎると不自然だ」
     オレはハンバーガーにかみついて、とくに意味もなく首を振る。
    「わかった。会ってくるよ」
     とはいえ、気になっていることもある。
    「今回だけは、教えてくれ。どうしてファーブルはオレに会いたがる?」
    「どうしてだと思う?」
    「普通に考えれば罠だ。捕らえて、強引に悪魔の居場所を聞き出したがっている」
     そうでなければ、直接会う理由がない。ただ話したいだけなら電話で充分だ。
     でも八千代は首を振った。
    「いや。穏健派は嘘をつかない」
    「どうして?」
    「それがあいつらの、良い子の定義のひとつだからだ」
    「いい子?」
    「あいつらは良い子でいたいんだよ。特別なプレゼントが貰えるようにな。だから嘘はつかないし、暴力も避ける」
     わけがわからなかった。
    「誘拐は、良い子のすることか?」
    「あいつらの定義じゃ、誘拐じゃないんだろ。保護とか擁護とか、一見正しげな言い回しなんだよ」
    「殺人は?」
    「もちろん、いけないことだ」
    「でもあいつらはみさきを殺そうとした」
     少なくとも先月、みさきが捕えられた廃ホテルには時限爆弾があった。
    「穏健派と強硬派は思想が違う。それに、強硬派でも殺人はやっぱり禁止されている。君の彼女を殺そうとしたなら、なんらかの言い訳を用意していたはずだ」
    「言い訳?」
    「たとえば、彼女自身が死を選ぶように仕向ける」
     ――ああ。
     それっぽいことを、あの誘拐犯が言っていた気がする。悪魔は自ら死を選ぶ、とかなんとか。
    「馬鹿げた話だ」
    「ああ。馬鹿げた連中なんだ。実際のところ」
     理解することを諦めて、オレはようやくサーティワンのカップに手を伸ばす。ジャモカアーモンドファッジを選んでいたが、表面がすでに溶けつつある。
     それをスプーンですくいながら、オレは尋ねた。
    「じゃあファーブルって奴は、どうしてオレに会いたがっているんだ?」
     こちらに危害を加えないなら、直接顔を合わせる理由なんてないように思う。
    「たぶん、オレには聞かれたくない話をするんだろう。あるいは君を仲間に引き込みたいのかもしれない。オレを裏切らせてね」
     その程度のことなのか。
     なら、確かに会った方がよさそうだ。
     八千代は空になったサーティワンのカップをゴミ箱に放り込んで、言った。
    「魔法の言葉を教えてやるよ」
    「魔法の言葉?」
    「もし奴らを黙らせたいような事態になれば、こう言ってやればいい。――ドイルはメリーに褒められる方法を知っている」
     メリー。――確か、今の聖夜協会でもっとも力を持つ人物だ。
    「メリーに褒められるって、なんだよ?」
    「あいつらはメリーに褒められたいから良い子でいるのさ」
    「どうして?」
    「特別なプレゼントが欲しいからだよ」
     だがプレゼントを与えるのは、センセイという人物だったはずだ。
     メリーじゃない。
    「わけがわからないな」
    「今はそれでいい」
     オレはため息をつく。
     八千代がなんと言おうが、ファーブルに会うのは気が進まない。
     とはいえ、今は嫌なことを避けて通れる場合でもなかった。
    「高いランチでもごちそうになってくればいい」
     と八千代は笑う。
     ああそうするよ、とオレは答えて、とりあえずジャモカアーモンドファッジを食った。
    読者の反応

    aranagi@静岡ソル @arng_sol
    そうそう、今朝8月3日のまとめしてておもったんだけど、ファーブルと一緒に現れたもう一人は名乗ってないんだよね  


    KURAMOTO Itaru @a33_amimi 
    @arng_sol 名乗ってないですねー.ニールの部下っぽいメガネとある誘拐犯も名乗ってないですし… 


    テイル@SOL埼玉班 @Tailchaser 
    ファーブル・レンブラントは穏健派、太宰が強硬派だっけ?  


    tet @tet_rw 
    @tos 31アイスクリーム今日までが31%オフか…  





    ※Twitter上の、文章中に「3D小説」を含むツイートを転載させていただいております。
    お気に召さない場合は「転載元のアカウント」から「3D小説『bell』運営アカウント(  @superoresama )」にコメントをくださいましたら幸いです。早急に対処いたします。
    なお、ツイート文からは、読みやすさを考慮してハッシュタグ「#3D小説」と「ツイートしてからどれくらいの時間がたったか」の表記を削除させていただいております。
    banner_space.png
    久瀬視点
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。