• このエントリーをはてなブックマークに追加
■八千代雄吾/8月17日/21時
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

■八千代雄吾/8月17日/21時

2014-08-17 21:00
    八千代視点
    banner_space.png
     アカテからの電話を受けたが、雑談ばかりで、中身のある話はほとんどなかった。
    「結局、あんたは今回の件に、どう関わってるんだい?」
     とオレは尋ねた。
     ホールと名乗るスイマの部屋にはメモがあった。タイムカプセルと、英雄の証に関するメモ。
     その字には見覚えがあった。アカテのものだ。
    「雄吾。取り返しのつかない失敗をしたら、どうする?」
     とアカテは言う。
    「取り返しのつかない失敗ってのが、上手く想像できないね」
     とオレは答える。
     アカテは笑った。
    「その通りだよ。どんな失敗であったとしても、なんとかして取り返そうとするしかない。つまり、それがオレの状況だ」
    「詳しい話は聞かせてくれないのかい?」
    「ああ。そろそろ切るぞ」
    「友達なのに、つれないねぇ」
    「友達にだって話せないことはあるさ」
    「あんたのせいで、オレはミュージックプレイヤーを失くした」
    「そりゃ逆恨みだ」
     君はあのミュージックプレイヤーを手放したかったんだろう? と言って、アカテは電話を切った。

           ※

     アカテは、聖夜協会には所属していない。そのはずだ。
     でも親父――先代のドイルとは仲がよかったはずだから、なにかしらのコネクションがあっても不思議ではない。ホールに情報を回せるようなコネクションだ。
     でも、ホールが「英雄の証」を手に入れるのを手伝って、あいつになんの得があるというんだ。
     ――今回の件は、複雑だ。
     大きく分けても、みっつの立場があるように思う。
     ひとつ目はもちろん、聖夜協会。その中でも色々なごたごたがあるようだが、とりあえずひとつまとまる。他人事のようだが、オレもこのカテゴリに入る。
     ふたつ目はわけもわからないまま、その聖夜協会のごたごたに巻き込まれている者たち。たとえば久瀬太一。たとえば悪魔――佐倉みさき。彼らは本来なら圧倒的に弱いはずだ。でも色々なことが、彼らを中心に動いている。久瀬太一が「友達」と表現する人物が気になる。おそらくその「友達」によって、久瀬太一は聖夜協会と対立できる場所まで押し上げられている。
     だがアカテは、そのどちらにも含まれない。もっと別の――より真相に近く、なにもかもを俯瞰し、聖夜協会と久瀬太一の対立をセッティングしている集団。そんな影が、以前からちらつく。これをゲームだとするなら、そのルールとなるような者たち。物語だとするなら、筆者にあたるような者たち。
     ――制作者、か。
     そう名乗った人物がなにものなのか、オレは知らない。そちらの陣営にいると断言できるのは、あの雪という女性。そしておそらくアカテ。
     ――加えて、センセイ。
     根拠はない。でもキーになりそうな人間を無理やりに振り分けるなら、そうなる。センセイが消えなければ現状の何もかもが発生していない。
     ――なんにせよ、メリーだ。
     わけのわからない聖夜協会の全貌を知っているのは、おそらく彼女だろう。センセイがいなくなったあとの協会を作ったのは彼女だ。ある少年を英雄にして、プレゼントに群がる人々を従えている。でも一方で、彼女は聖夜協会を統率してはいない。彼女自身は望みを口にせず、協会内でどんな対立があろうが、それを自らは収めない。ただ「次にプレゼントを贈られる相手」を指名する立場にある女性。メリー。
     ――彼女のカテゴリは、聖夜協会でいいのか?
     メリーはまるで、ルールの一部のようだ。
     これがゲームだとするのなら、このゲームは誰が、なんのために用意したんだろう? これが物語だとするのなら、この物語は誰が、誰ののために用意したんだろう?
     考えれば考えるほどわからなくなる。外側の、大きな構造がみえない。
     オレが求めているのは、ささやかなプレゼントひとつだけだ。 
     でもそれを手に入れるためには、意外なほどに大きな構造を理解する必要があるのかもしれない。

           ※

     オレはホテルのベッドに寝転がって、目を閉じる。
     ――君はあのミュージックプレイヤーを手放したかったんだろう?
     とアカテは言った。
     その声が耳の奥で反響する。 
     あの古臭いミュージックプレイヤーを亡くしたのは、先月の終わりのことだ。
    読者の反応

    inamura @onthedish 2014-08-17 21:08:04
    取り返しのつかない失敗っていうのが赤い手のことなのかな。3つめのカテゴリの人たちはそれを取り戻そうとしている?  


    タケヲ @tkyk_enisi 2014-08-17 21:08:44
    @sol_3d ミュージックプレイヤー詳細くるといいな、、、  


    なかめ @huyusirone 2014-08-17 21:12:09
    悪魔は英雄に血を流させたとかなかったですっけ?  


    ラピス @rapiss 2014-08-17 21:14:32
    真相に近づいてるようで近づいてない、肝心なとこが見えない感じですげえもやもやする    





    ※Twitter上の、文章中に「3D小説」を含むツイートを転載させていただいております。
    お気に召さない場合は「転載元のアカウント」から「3D小説『bell』運営アカウント(  @superoresama )」にコメントをくださいましたら幸いです。早急に対処いたします。
    なお、ツイート文からは、読みやすさを考慮してハッシュタグ「#3D小説」と「ツイートしてからどれくらいの時間がたったか」の表記を削除させていただいております。
    banner_space.png
    八千代視点
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。