• このエントリーをはてなブックマークに追加
■佐倉みさき/8月23日/24時05分
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

■佐倉みさき/8月23日/24時05分

2014-08-24 00:05
    佐倉視点
    banner_space.png
     ここでのリーダーは、ファーブルと呼ばれる恰幅のよい聖夜協会員だ、ということは、なんとなくわかっていた。
     そいつのことは、初めて会った時から、あまり好きではなかった。
     知的にも冷静にもみえたけど、それでもどこか、子供っぽくも感じていた。こちらをみる目は昆虫を観察するようだった。その視線には子供じみた残虐性が乗っていた。
     私はこの数日間、久しぶりにロープでしばられて床に転がっていた。――いや、久しぶりでもないか。ひと月に2度もこんなことがあれば、充分高頻度だ。
     日付けの感覚はあまりない。たぶんここにきて、3日か4日か。
     扱いはニールのマンションにいたころとそれほど変わらない。食事はこちらの方がましで、毎食同じサンドウィッチとパックに入った牛乳が出た。でもニールのマンションよりも快適だということはなかった。とは違い、ここの人たちは、常に私に注意を払っていた。広くはない、でも物がないせいで妙に広く感じる部屋の前には、常に人の気配があった。部屋には鍵が取りつけられていた。天井には監視カメラがあり、いつも視線を感じていた。
     私はずいぶんよく眠った。
     ほかにすることがなくて、できるだけ目を閉じていた。
     想像よりも動揺はなかったように思う。ノイマンといるあいだは、誘拐されているという感じでもなかったけれど、それでも誘拐生活はそろそろひと月になる。慣れたくもないけれど、人は誘拐にだって慣れるのだろう。
     私はひたすら、フローリングの上で、状況が変わるのを待っていた。
     そしてその機会は、今夜、ようやく訪れたようだった。 
     
           ※

    「とても光栄なことですよ」
     と、ファーブルは言った。
     嬉しげな声だった。
    「メリーが貴女に会いたがっています」
     メリー。何度も聞いた名前だ。
     ――今の聖夜協会で、もっとも権力を持っている女性。
     どうして、いまさら?
     これまでほったらかしだったくせに。
     理性的に考えると、それほど悪い話でもないように思った。まさか最高権力者が、自ら私にナイフを突き刺す、ということもないだろう。
     でも直感は正反対だった。
     なぜかぞくりと、背筋が震えた。
     ファーブルの指示で、私のロープが外される。彼は決して、ひとりきりでは私の前に姿を現さない。私は腕についた縄の跡を、何度が手のひらでこする。
     今はまだ、抵抗するつもりはなかった。
     ――メリーか会うというのなら、会ってやろうじゃない。
     そう決める。
     なぜ私が悪魔なんだ。一通り、文句を並べてやりたかった。
     体格の大きな男ふたりが、私の左右に立ち、それぞれ腕をつかむ。私は比較的素直に立ち上がる。口にガムテープを張られ、その上からマスクをつけられる。
    「参りましょう」
     とファーブルが言った。
     こいつを困らせるためだけに暴れまわろうかと思ったけれど、それを想像しただけでやめた。

           ※

     マンションを出る。
     前に白い車が停められている。
     それに乗せられるのだとわかった。
     男のひとりが後部座席のドアを開き、そのとき、声がきこえた。
    「おい」
     ファーブルたちが振り返る。
     そこには、眼鏡をかけた男がいた。誰かが小さな声で、「ホール」と呟いた気がした。
    「お前たち、本気で悪魔をメリーに会わせるつもりか?」
     笑うような声で、ファーブルが応える。
    「メリー自身が、それをお望みです」
    「ふざけるな」
     その眼鏡の男の声は、どこか理性的に聞こえて、そのことがむしろ怖ろしかった。
    「悪魔は悪魔だ。メリーは優しすぎる。彼女を守るのが、私たちの役割だろう」
     彼はふいに、走り出した。まっすぐに私の方向に。その手に銀色の、小さなナイフが握られているのがわかった。
     ファーブルも、私の両側の男たちも、それに反応できなかったようだった。
     私は目を閉じることもできなかった。
     なんだか上手く状況が呑み込めなくて、馬鹿みたいに一直線に近づいてくるそのナイフをみていた。
     その時だった。
    「ふざけんなよ」
     怒鳴り声が聞えて、私の前に、知っている背中が現れた。
    読者の反応

    ひびき @h62b8kingfivese 2014-08-24 00:05:34
    ここでみさきち視点て~


    しろくろパンダ@3D小説wiki編集班 @Miraclekurami 2014-08-24 00:06:06
    まだとべこん来ねえーーー  


    ほうな@bellアカ @houna_bell 2014-08-24 00:06:26
    って更新エエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエ  


    Aot(3D小説bell没入中) @aot_sol 2014-08-24 00:07:03
    久瀬えええええしぬなああああ  


    子泣き少将@優とユウカの背後さん @conaki_pbw 2014-08-24 00:07:53
    は、はよ!更新はよ!  


    ふぁんたま@甘党。 @10amatoo 2014-08-24 00:09:35
    これもう13時まで待たせる気ねーじゃんwww


    ちえみ@3D小説 @witchick 2014-08-24 00:08:06
    ファーブル恰幅がいいのか 太ってて子供じみた視線とか嫌な大人だなおい  





    ※Twitter上の、文章中に「3D小説」を含むツイートを転載させていただいております。
    お気に召さない場合は「転載元のアカウント」から「3D小説『bell』運営アカウント( @superoresama )」にコメントをくださいましたら幸いです。早急に対処いたします。
    なお、ツイート文からは、読みやすさを考慮してハッシュタグ「#3D小説」と「ツイートしてからどれくらいの時間がたったか」の表記を削除させていただいております。
    banner_space.png
    佐倉視点
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。