• このエントリーをはてなブックマークに追加
■山本美優/12月24日/22時
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

■山本美優/12月24日/22時

2014-12-24 22:00
    山本視点
    banner_space.png

     22時になる10分ほど前に、私は偉人たちの部屋をあとにして、最後の扉の前に移動した。
     それからの10分間は、奇妙に長く感じた。
     私はじっと、そのときがくるのを待って、そして。
     22時ちょうどに、扉の前で、言った。
    「サンタはいない」
     口に出すと、想像よりも悲しい言葉だな、と感じた。
     サンタクロースがいないことなんて、ずいぶん前から知っていたはずなのに。
     私は心のどこかで、サンタクロースの存在を信じていたのかもしれない。
     かちり、と小さな音をたてて、扉が開く。

           ※

     まずみえたのは、サンタクロースの後姿だった。
     ――この人が、センセイ?
     久瀬くんの手がかりを持っている人。
     彼はサンタクロースの上着を着て、帽子をかぶり、部屋の奥のデスクに向かって、座っていた。
    「座らないのか?」
     と、くぐもった声が聞こえた。
     部屋には赤と白のクロスがかかった丸いテーブルがある。その上には銀色のトレイにのった、ティーカップがふたつ。それと、白いカプセルがあった。
    「失礼します」
     私はそう答えて、椅子に腰を下ろす。
    「よくきたね。君を待っていた」
    「どうして、私を?」
    「前に会ってからずいぶん経つけれど、元気にしていただろうか」
    「まあ、それなりに」
    「私からのプレゼントを君はまだ持っているかな」
    「プレゼントってあのスマートフォンですか?」
    「そうだ」
     なんだか会話が、もどかしかった。
     私は久瀬くんのことを尋ねたいのだ、ストレートに。
     でも、センセイは呑気に言う。
    「すまないが、紅茶に薬を入れてくれないか。カプセルを飲むのはどうも苦手だ」
    「え、はい」
     私はテーブルの上にあったカプセルを手にとり、開く。
     中の粉末が、紅茶におちて、じわりと解けた。
    「ああ、薬は棚の中にある」
     え?
    「これじゃなかったんですか?」
     たいへんだ。間違った薬を入れてしまったのだろうか。
     私は慌てて、右手にある、白い棚を開く。
    「白いカプセルの……」
     と、センセイがいった。
    「やっぱりこれじゃないですか?」
     なんだか、すれ違いを感じる。
     私は紅茶を手に取り、センセイのデスクの隣にあったサイドテーブルに運ぶ。
    「そう、ありがとう。紅茶をこちらに」
     少し遅れて、センセイはそう言った。
     センセイはずいぶん疲れているようだった。
     意識が、朦朧としているのだろうか?
    「よければ、君も紅茶を
    「……ありがとうございます」
     センセイに勧められて、紅茶に口をつける。
     冷めていた。味は、よくわからない。少し苦すぎるような気もする。
     私は意を決して、久瀬くんのことを尋ねようとして、そのとき。
    「君はまだ久瀬くんを捜しているのだろうか?」
     勢いよく答える。
    「もちろんです」
     そのために、ここに来たのだ。
    「残念だが、彼はもうどこにもいない」
    「……どういう意味ですか?」
    「君からみれば、私がすべての元凶にみえるだろうね」
     どうして?
     このひとが、どうして悪いことになるんだ。
     長時間緊張していたせいだろうか、ふ、と平衡感覚がなくなった。
     眠気? これは――
     その直後。
     どこかから、なにか、小さな声が聞こえたような気がした。
    読者の反応

    パイロ亭@川越ソル @pyroteeeeeeeee
    あと2時間!  pic.twitter.com/EJRf2iect9
    196e2b5d31b50fbc6bc931a4c588dd29d1d056d9

    あしか(蜜柑) @asika809
    えっ?ん?倒れた!?


    鯱海星 @syati_hitode
    先生は目が見えて無いか、人形が置いてあって録音された声を再生してるかのどっちかだね





    ※Twitter上の、文章中に「3D小説」を含むツイートを転載させていただいております。
    お気に召さない場合は「転載元のアカウント」から「3D小説『bell』運営アカウント( @superoresama )」にコメントをくださいましたら幸いです。早急に対処いたします。
    なお、ツイート文からは、読みやすさを考慮してハッシュタグ「#3D小説」と「ツイートしてからどれくらいの時間がたったか」の表記を削除させていただいております。
    banner_space.png
    山本視点
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。