• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • 【ドキュメンタリストの穴】第九十九回 生放送を終えて【青柳拓】

    2021-07-07 21:30
    330pt
    ドキュメンタリストの穴

    第九十九回のタイムシフト視聴は3週間後まで視聴可能!
    下記URLよりお楽しみください!

    (※7月23日(金)の23時59分59秒まで視聴可)
    https://live.nicovideo.jp/watch/lv332471659


    INDEX

    ■about ニコニコチャンネル【ドキュメンタリストの穴】

    ■お知らせ

    ■from スタッフ二号

    ■現場写真

    ***************

    ■about ニコニコチャンネル【ドキュメンタリストの穴】

    8f8347f038157602b618a31539b3c44091c71e9d

    <番組について>
    □ニコニコチャンネル【ドキュメンタリストの穴】(=通称【DQ-ANA】)は、「ドキュメンタリスト」専門の対談番組です。毎回、毎回様々なジャンルのドキュメンタリー・劇映画や表現者たちをゲストに招き、心の深淵と作品について話し合います。


    <生放送>
    □月1回・2時間程度の対談生放送を予定しています。


    <ブロマガ>
    □最新情報・生放送の予定といった「更新情報」のほか、毎回の対談に併せた「対談の感想」「編集後記」などが配信されます。


    <料金>
    □【ドキュメンタリストの穴】のすべてのサービスをお楽しみいただくにはチャンネル入会が必要です。「月額330円」ですべてお楽しみいただけます。


    <チャンネル会員・非会員のサービスの違い>
    □対談生放送の【前半部分は無料】チャンネル会員・非会員どなたでも視聴可能です。
    □対談生放送の【後半部分から有料】チャンネル会員のみ、対談の続きが視聴可能です。

    □ブロマガの「更新情報」は無料です。チャンネル会員・非会員どなたでも閲覧可能です。
    □ブロマガの「対談の感想」「編集後記」はチャンネル会員のみ閲覧可能です。

    ***************

    ■お知らせ

    青柳拓監督の最新作『東京自転車節』はポレポレ東中野より、7/10(土)~上映スタート!ぜひご覧ください!

    □映画『東京自転車節』公式サイト
    http://tokyo-jitensya-bushi.com/

    ea6098df657a7848409dbda0e042e1999c9499a8

    (撮影:森谷博)

    ***************

    ■from スタッフ二号

    <第九十九回生放送を終えて>

    リスナーを経て、本日はゲスト!
    697032fa68fefc149d7fbe48841d93a73553c066
    (撮影:森谷博)

    今回の【ドキュ穴】ゲストは青柳拓監督!新作『東京自転車節』は監督ご自身がデリバリードライバーとなったドキュメンタリー。ということでデリバリー用のバックパックがスタジオに登場!思いのほか大きくてイメージより四角い形状に、映画のメインビジュアルが貼りつけられています。当番組はモノクロ配信ですので伝わりづらいですが、メインビジュアルのピンクカラーがドライバーとしての異彩を放っています。

    もともと【ドキュ穴】のリスナーということで、毎月のニコ生を楽しく視聴してくれていた青柳監督。対談前半から緊張しているご様子……大丈夫!ここは【ドキュ穴】ですもの!

    対談の前半にはなんと、スペシャル電凸、映画『沈没家族』の加納土監督登場!
    本作に出演している加納さんから「ぼく、怒ってるよ……!」っと衝撃的な一言で衝撃が走るものの、「……っていうのは冗談で、沢山の人に観てほしいね!」と、公開直前に緊張する青柳監督を応援してくれたのでした。ありがとうございます!

    今回の映画の鑑賞ポイントは、MC金田曰く「騙されに行け! or 騙されるな!」

    コロナ禍の東京、フリーランスのクリエイター、貧困の若者、田舎の青年、フードデリバリー……沢山の要素が詰まった『東京自転車節』は、最近のホットワードがちりばめられた作品でもあります。実際にそういった要素を感じてもらうこともできますが、【ドキュ穴】独自のご提案は、そ 
  • 【ドキュメンタリストの穴】第九十八回 生放送を終えて【小川紗良&山崎裕】

    2021-06-29 20:00
    330pt
    ドキュメンタリストの穴

    第九十八回のタイムシフト視聴は3週間後まで視聴可能!
    下記URLよりお楽しみください!

    (※7月19日(月)の23時59分59秒まで視聴可)
    https://live.nicovideo.jp/watch/lv332458977


    INDEX

    ■about ニコニコチャンネル【ドキュメンタリストの穴】

    ■お知らせ

    ■from スタッフ二号

    ■現場写真

    ***************

    ■about ニコニコチャンネル【ドキュメンタリストの穴】

    d15efa8cb5c9f021d305d285960cc673c07bc100

    <番組について>
    □ニコニコチャンネル【ドキュメンタリストの穴】(=通称【DQ-ANA】)は、「ドキュメンタリスト」専門の対談番組です。毎回、毎回様々なジャンルのドキュメンタリー・劇映画や表現者たちをゲストに招き、心の深淵と作品について話し合います。


    <生放送>
    □月1回・2時間程度の対談生放送を予定しています。


    <ブロマガ>
    □最新情報・生放送の予定といった「更新情報」のほか、毎回の対談に併せた「対談の感想」「編集後記」などが配信されます。


    <料金>
    □【ドキュメンタリストの穴】のすべてのサービスをお楽しみいただくにはチャンネル入会が必要です。「月額330円」ですべてお楽しみいただけます。


    <チャンネル会員・非会員のサービスの違い>
    □対談生放送の【前半部分は無料】チャンネル会員・非会員どなたでも視聴可能です。
    □対談生放送の【後半部分から有料】チャンネル会員のみ、対談の続きが視聴可能です。

    □ブロマガの「更新情報」は無料です。チャンネル会員・非会員どなたでも閲覧可能です。
    □ブロマガの「対談の感想」「編集後記」はチャンネル会員のみ閲覧可能です。

    ***************

    ■お知らせ

    小川紗良監督(撮影:山崎裕)の最新作『海辺の金魚』は全国公開中!
    ぜひご覧ください!

    □『海辺の金魚』公式サイト
    https://umibe-kingyo.com/

    □小説版『海辺の金魚』
    https://amzn.to/3xVNFBo

    94413bb44060fdce7d63b8e5aac29c44c484ea86
    (撮影:森谷博)

    ***************

    ■from スタッフ二号

    <第九十八回生放送を終えて>

    今月の【ドキュ穴】は映画『海辺の金魚』が絶賛公開中の、小川紗良監督&山崎裕(撮影)さん!

    前半の対談は小川監督からスタート。

    af5d08168728179f0f370b40c3e668f019360149
    (撮影:森谷博)

    2019年に制作された本作品の撮影時、小川監督は23歳!

    金田「監督と山崎さんとは56歳差ですね!」

    山崎さんに撮影をオファーするため資料を届けに行ったら、偶然鉢合わせた話には、後半の山崎さんも「運命かなって(照)」とおっしゃるなど、お二人の深い縁が感じられるホッコリエピソードでした。
    「現場に在るものを撮る」という山崎さんのスタイルと小川監督の現場でのあり方が上手くマッチした結果、2019年というコロナ禍以前の世界で撮影された本作には、その時にしか撮れなかったワチャワチャした熱量と距離感、そして場の偶然的必然性が奇跡が、23歳という年齢の小川監督の手によっておさめられています。2021年の初夏の現在に公開となったことも、作品を堪能できる良きタイミングになっていて、

    小「今、ぜひ劇場でご覧ください!」

    という小川監督の熱い思いがしっかり伝わる対談でした。

    話は、撮影現場となった鹿児島県・阿久根市の話題へ。

    ロケ弁がとても丁寧で美味しかったこと、都内近郊では決して撮ることのできない美しい風景が沢山あること、小川監督が観光大使を務めていることなど、土地や水・食べ物への縁もまた深い様子。特に朝ごはんとして毎回食べていた木原屋さんのお弁当には、ありとあらゆるロケ弁をマスターしてきた山崎さんも、思わず写真をSNSに載せてしまうほど!「食は見た目も大事」といいますが、写真を見ているだけで阿久根市の食文化に憧れを感じますね!

    最後はMC金田の質問で、ア 
  • 【ドキュメンタリストの穴】青柳拓【第九十九回】

    2021-06-23 19:00
    ドキュメンタリストの穴

    INDEX

    ■第九十九回対談生放送のお知らせ

    ■about ニコニコチャンネル【ドキュメンタリストの穴】 

    ■about DQ-ANA

    ■guest 青柳拓

    ***************

    ■第九十九回対談生放送のお知らせ


    □タイムシフト予約をすると、放送後も一定期間視聴が可能になります。
    □対談生放送の【前半部分は無料】チャンネル会員・非会員どなたでも視聴可能です。
    □対談生放送の【後半部分から有料】チャンネル会員のみ、対談の続きが視聴可能です。
    □全対談終了後、【質問コーナー】があります。どなたも無料でご参加いただけます。

    2021年7月2日(金)【20:00】生放送!

    7月の【ドキュ穴】は新作映画『東京自転車節』の青柳拓監督!
    初登場の青柳監督のお人柄や映画についてなど深掘りします!
    コロナ禍の東京を宅配自転車便で駆け抜ける自分の姿を撮影した入魂のセルフドキュメンタリー。そこに映っているものは「時代」か?「自分」か?それとも?

    この夏の話題作『東京自転車節』を引っさげて『ひいくんのあるく町』の青柳拓監督の登場です!

    対談終了後「質問コーナー」(無料)がありますので、コメント参加でどんどん質問してね!

    □映画『東京自転車節』公式サイト
    http://tokyo-jitensya-bushi.com/

    □映画『東京自転車節』公式twitter @tokyo_jitensya
    https://twitter.com/tokyo_jitensya

    □青柳拓監督公式twitter @otogisyrupz
    https://twitter.com/otogisyrupz

    89750056d111c9f3b9fd972343f0249565789f90

    ***************

    ■about ニコニコチャンネル【ドキュメンタリストの穴】

    <番組について>
    □ニコニコチャンネル【ドキュメンタリストの穴】(=通称【DQ-ANA】)は、毎回様々なジャンルのドキュメンタリー・劇映画や表現者らをゲストに招き、心の深淵と作品について話し合います。


    <生放送>
    □月1回・2時間程度の対談生放送を予定しています。


    <ブロマガ>
    □最新情報・生放送の予定といった「更新情報」のほか、毎回の対談に併せた「対談の感想」「編集後記」などが配信されます。


    <料金>
    □【ドキュメンタリストの穴】のすべてのサービスをお楽しみいただくにはチャンネル入会が必要です。「月額330円」ですべてお楽しみいただけます。


    <チャンネル会員・非会員のサービスの違い>
    □対談生放送の【前半部分は無料】チャンネル会員・非会員どなたでも視聴可能です。
    □対談生放送の【後半部分から有料】チャンネル会員のみ、対談の続きが視聴可能です。

    □ブロマガの「更新情報」は無料、チャンネル会員・非会員どなたでも閲覧可能です。
    □ブロマガの「対談の感想」「編集後記」はチャンネル会員のみ閲覧可能です。

    ***************

    ■about DQ-ANA

      
    【ドキュメンタリストの穴】は毎回様々なジャンルのドキュメンタリー・劇映画や表現者に切り込んでいく対談番組です。フィクションとノンフィクションが交差したような複雑・難解な時代。“事実は小説より奇なり”な現実を生きる私たちがどのように生きていけるか……当番組独自の見解で、物事を立体的に捉えていきます。制作秘話や、時事問題的な話し、最新作情報等……普段は聞く事の出来ない、コレやアレの話し等、固い部分と柔らかい部分を取り混ぜて核心に迫る!そんな楽しいひと時を、リスナーのみなさんと一緒に過ごします。
    社会にコミットメントして何かを発信したり行動したりする人たちを「ドキュメンタリスト」と位置づけてご紹介!

    ***************

    ■Guest01 青柳拓

    青柳拓(あおやぎ・たく)プロフィール

    1993年山梨県生まれ。日本映画大学卒。映画監督。
    卒業制作『ひいくんのあるく町』(17)を全国公開され注目される。
    岩淵弘樹・大崎章・七里圭など映画監督らの下で現場経験を積む。2021年美術手帖の特集「ニューカマー・アーティスト100」に2020年代を切り開くニューカマー・アーティストの一人として選出される。
    新作映画『東京自転車節』が2021年7月より全国公開予定。

    **************