• このエントリーをはてなブックマークに追加

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

投資収益率 ROI 367% の衝撃!

2020-05-07 22:40

    629d2745fa98a26e1df56329e57c63fc6ebd7c74
    FORRESTER
    エグゼクティブサマリー
    リッチレリバンスForrester Consultingに委託して、Total Economic Impact™(TEI)調査を実施し、Relevance Cloudソリューションスイートを導入することで企業が実現できる投資収益率(ROI)を調査しました。この調査の目的は、組織に対するRelevance Cloudの潜在的な経済的影響を評価するためのフレームワークを読者に提供することです。

    Relevance Cloudの実装に関連するメリット、コスト、リスクをよりよく理解するために、Forresterは、Relevance Cloudソリューションスイートでさまざまな製品を使用して数年の経験を持ついくつかの顧客にインタビューしました。Relevance Cloudは、マーケティング担当者が顧客のライフサイクル全体でパーソナライズされたエクスペリエンスをイノベーションおよび開発するための機能を提供するプラットフォームです。Relevance Cloudの製品には、Discover(検索と参照のカスタマイズ)、Engage(コンテンツのカスタマイズ)、Recommend(製品のカスタマイズ)、およびBuild(パーソナライゼーションイノベーションのためのAPIベースのサービス)が含まれます。

    b34f1d9a9ebefbc13d4dc5560beb65c196d4a544
    e
    コマースのパーソナライゼーション エンジンは、何年もの間、オンライン小売業者に商品とコンテンツのレコメンドを提供してきました。オンライン パーソナライゼーション テクノロジーは成功を収めています。これは、小売業者の測定可能な増分売上と利益を促進し、eビジネスのプロフェッショナルはパーソナライゼーションの取り組みを投資の最優先事項として強調し続けているためです。物理的小売とデジタル小売の融合によりオムニチャネルが普及するにつれて、これらの異なるチャネルで買い物をする顧客は、パーソナライズされたコンテンツとエクスペリエンスを期待するようになります。この観点から、パーソナライズされた商品のレコメンド、コンテンツ、プロモーションなどのテクノロジーは、真のオムニチャネル エクスペリエンスを実現し、価値を追加し、エンゲージメントを生み出す準備ができています。

    リッチレリバンスは顧客エンゲージメントを高め、より高い販売を促進します
    5つの既存長期契約の顧客へのインタビューとその後の財務分析では、これらのインタビュー対象の組織に基づく複合組織がリスク調整済みROIと図1に示すメリットを経験していることがわかりました。複合組織の説明については、リンクより資料をダウンロードして付録Aを参照してください。


    複合組織の分析では、実装コストが1,636,569ドルであるのに対し、7,640,654ドルのメリットがあり、合計で正味現在価値(NPV)は6,004,085ドルになります。


    Relevance Cloud
    により、複合組織は全体的なオンライン販売収益が10% 増加し、ソフトウェアコストの削減、店内およびコールセンターのパーソナライゼーションによる顧客体験の一貫性の向上、エンゲージメントの増加、顧客へのコンバージョンの増加、時間の短縮などの追加のメリットを体験しました。そして、市場への投入、およびマーケティング戦略を迅速に最適化し、大規模なリアルタイムのレコメンドを提供する機能も向上しました。

    6677284dfc886106afa149be2d82a8f7617ca44b
    リンクより Forrester
    の資料をダウンロード


    利点
    :
    複合組織は、インタビュー対象の企業から報告されたものを表す、以下のリスク調整済み現在価値のメリットを経験しました。

    • Relevance Cloudによるパーソナライズの結果、少なくとも10%の収益の増加。 リッチレリバンスを使用してパーソナライゼーションを実施した顧客のコンバージョン率と平均注文額(AOV)は高く、組織は売上の増加を報告していました。組織では、Relevance Cloudの結果として1年目にオンライン収益が10%増加し、3年目には15%に増加しました。売上高の増加によるこの利益は、3年間の分析で平均685万ドルと定量化されています。
    • 従来のベンダーマーケティングソフトウェアソリューション メンテナンスコストの削減。組織は、従来のレコメンデーション ソフトウェア ソリューションをリッチレリバンスに置き換え、3年間で約106万ドルを節約しました。
    • クロスチャネルパーソナライゼーションにより、顧客体験の一貫性が向上しました。組織は、POSサービスタブレットおよびカスタマーサービス担当者向けのデスクトップを通じて、店内販売員がパーソナライゼーションデータを利用できるようにするクライアントアプリケーションを開発、初期の概念実証(POC)により、店舗の収益が7%増加し、店舗の返品が2%減少したことが確認されました。
    • 顧客エンゲージメントの増加。 リッチレリバンス以前の環境のオンラインチャネルで何らかの形のレコメンドを持っていた組織では、Relevance Cloudの導入により、エンゲージメント率が76250%増加しました。
    • より高いコンバージョン率とその他の主要なパフォーマンス指標。インタビューした組織が経験および測定したその他の主要業績評価指標には次のものがあります。
    1. コンバージョン率が89%増加しました。ある小売業者は、ショッピングの一環としてリッチレリバンスを通じて商品レコメンデーションを使用したオンライン顧客のセグメントの既存のコンバージョン率が89%上昇したと報告しています。
    2. 15%から54%の範囲のバスケットサイズの増加。インタビューした多くの顧客が、リッチレリバンスを利用した顧客のトランザクションあたりの平均アイテム数の増加を報告しました。
    3. 訪問者1人あたりの需要が20%増加します。あるオンライン小売業者は、4週間のセッション数に対する訪問者の一人当たりの平均総収益が46ドルから55ドルに上昇したと述べています。
    4. 通常の顧客と比較して、Engageサービスを使ったコンテンツのパーソナライズに対する顧客の商品購入率は3倍に増加します。ある高級小売業者は、購入を行えるレコメンドコンテンツを作成し、これをリッチレリバンス のEngageを通じて、ホームページとすべての製品ページにプッシュしました。顧客がこのパーソナライズされたレコメンドコンテンツをクリックすると、平均的な顧客に比べて購入率が3倍になることがわかりました。これは、商品購入の可能性とコンテンツのパーソナライゼーションの間に強い相関関係があることを示しています。
    • インタビューした組織は、リッチレリバンスの迅速なイノベーション プラットフォームによる市場投入までの時間の短縮、さまざまなマーケティング戦略を迅速に最適化および実装する能力の向上、大規模なリアルタイム推奨を提供する能力の向上、高度に自動化された特定の意思決定など、定性的なメリットも経験キング・オブ・ザ・ヒルの方法論を用いたメイキングを 経験しました。


    リンクより Forresterの資料をダウンロード

    費用:
    複合組織は、次のリスク調整済みコストを経験しました。

    • サービス料金。 複合組織は、3年間の分析でリッチレリバンスに合計$ 1,256,014の料金を支払いました。
    • プロフェッショナルサービス料金。 複合組織では、Relevance Cloudの初期実装と継続的な展開のためのプロフェッショナルサービス料金として197,122ドルが発生しました。 これらのプロフェッショナルサービス料金には、契約全体の実装、統合、最適化のためにリッチレリバンスに支払われる料金と、初期展開のためにサードパーティベンダーに支払われる料金が含まれます。
    • 内部実装コスト。 複合組織によってRelevance Cloudの展開と進行中の個人化プロジェクトに割り当てられた内部リソースは、3年間で183,433ドルと定量化されました。


    リンクより Forresterの資料をダウンロード

    開示
    読者は次の点に注意する必要があります。
    ›調査はRichRelevanceから委託され、Forrester Consultingから提供されました。 競合分析として使用するためのものではありません。
    Forresterは、他の組織が受け取る可能性のあるROIについて想定していません。 Forresterは、読者がレポートで提供されるフレームワーク内で独自の見積もりを使用して、RichRelevance / Relevance Cloudへの投資の適切性を判断することを強くお勧めします。
    RichRelevanceはレビューを行い、Forresterにフィードバックを提供しましたが、Forresterは調査とその調査結果に対する編集上の管理を維持し、Forresterの調査結果と矛盾する、または調査の意味を不明瞭にする調査への変更を受け入れません。
    RichRelevanceはインタビューに顧客名を提供しましたが、Forresterは、インタビューには参加しませんでした。

    お問い合わせは、こちらまで:takashi.miyatani@algonomy.com

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。