• このエントリーをはてなブックマークに追加

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Shopify との連携

2020-12-09 11:23

    オンラインショップ時代の新しい幕開けとも言える、2020年。
    小売業者の皆さんは、自分たちはどうしたらいいのだろうか、とお悩みなのではないでしょうか?

    これから、本格的なオンラインショップを立上
    げるのなら、Shopify がお勧めです。

    4446b6b5176766a6420b80b00c1e3d282bcfc7bb
    Shopifyの登場は、Amazonや楽天などの大型ショッピングモールでの商品運用に疲弊したEC事業者が、自社内でのECサ
    イト運用に対する意識が高まっていき、自社運営サイトの重要性を再認識した結果だと言われています。Shopifyは全世界175カ国、100万店舗以上のストアで利用されている世界最大のECプラットフォームで、グローバルでの流通総額はなんと10兆円を超えています。デザイン性とカスタマイズ性の高さで人気を博しているShopifyですが、自社ECサイト構築および既存サイトからのデータ移行が可能で、現代のECサイト構築プラットフォームとして高く評価されています。通常の在庫がある商品はもちろん、コンテンツ・ダウンロード商材、ドロップシッピングなどの製品販売にも対応、初期費用がいらず月額課金制です。

    Shopifyには「テーマ」と呼ばれる多様なデザインテンプレートが用意されており、サイトのデザインをカスタマイズできます。テーマは100種類を超えており、9つの無料テーマも存在します。在庫や配送の管理に関しても、独自の管理画面を用意しており、発送の抜け漏れを防ぐ仕組みを構築しています。さらにECの売上や在庫もスマホアプリから簡単に管理できるため、いつでもどこでも自社サイトの状況を把握することが可能です。もちろん、ECサイトを始めるにあたり必要な決済システムも充実しており、クレジットカード決済やコンビニ決済、代引きに対応しています。

    Shopifyが開放しているAPIを使う事で、独自アプリの作成だけでなく、パーソナライズ レコメンデーションなどの外部システムと連携することができます。例えばPOS連携を行えば、実店舗での在庫管理もオンライン上から行えますし、リッチレリバンスの提供するパーソナライズ レコメンデーションを利用すれば、顧客情報のみならず、サイト訪問者の行動履歴、実店舗での購入履歴から、各個別のお客様が最大限の関心を示している商品について、パーソナライズされたレコメンドを行う事が可能になります。リッチレリバンスでは2020年の12月にSpotify Plusと連携できるコネクターを発表させて頂きました。

    (英語記事:リッチレリバンス Spotify Plusとのコネクター連携を発表)

    Power of Data

    オンラインサイトでの頭の痛い種の一つが、在庫管理と補完商品のオススメです。在庫が無い場合に、代替え商品はどうしますか?メイン商品に併せて販売すべき補完商品と付属商品はどうしますか?クロスセルで売上を上げなければならないのに...

    Spotifyを利用しつつ、訪問者の振舞いデータ、そして、商品データの力を使用して、オンライン上で先進のマーチャンダイズシステムを容易に構築できます。どのように構築するかに興味がある方は、是非、下記の動画をご覧ください。


    お問い合わせは、こちらまで:takashi.miyatani@algonomy.com

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。