• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

アクセスジャーナルNO.74(2019年9月16日)殺人事件の背後に仮想通貨トラブル説
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

アクセスジャーナルNO.74(2019年9月16日)殺人事件の背後に仮想通貨トラブル説

2019-09-16 07:00
    〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

            アクセスジャーナル <メルマガ版>

        政・官・財、マスコミ、闇社会と、あらゆる巨悪を追及!

                    2019年9月16日号:VOL.74

    〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


    _/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

     1.あの殺人事件の背後に、仮想通貨トラブル説も

     2.今週の相場展望(9月9日~9月13日)&MY注目銘柄

     3.<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(742)
        再生ファンド「MTM」に疑義あり(続)

     4.アフリカの某国駐日大使が、大使館を勝手に転売!?

     5.秋葉原・大手電機卸会社(大家)に送った質問状に、
       なぜか詐欺疑惑会社が「法的手段も考えております」と回答

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ★1.あの殺人事件の背後に、仮想通貨トラブル説も
    ----------------------------------------------------------------------

     仮想通貨販売を巡っては詐欺疑惑が出ているものがひじょうに多いことから、
    トラブルが絶えない。そして、なかには投資したカネの回収を巡って暴行や傷
    害、最悪の場合は殺人事件にまで発展することもあるようだ。

     本紙既報分でいえば、暴行や傷害に関しては、「オウケイウェイヴ」(3808。
    セントレックス。松田元社長)が深く関わる仮想通貨「ウォービット(wowbi
    t)」のトラブルの件はその典型例といえそうだ。

     一般人なら仮想通貨で損しても泣き寝入りするところだが、おいしい話に乗
    って資金を投じる反社会勢力もけっこういるようだ。そして彼らの場合、そも
    そも“泡銭”だから一般人より簡単に投じるものの、損しても、その暴力性を
    ちらつかせ簡単には諦めない。

     本紙既報分でもそうした勢力の関わりが指摘されているケースとして「ウ
    ォービット」以外にも「WFC」、「カーコイン」、「タオコイン」と「ク
    ベーラ」などが上げられる。

     そして、ここに来て、ある殺人事件についても別の仮想通貨絡みではないか
    との説も出ている。
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。