• このエントリーをはてなブックマークに追加
「逆行する精神」と、今夜は生放送!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「逆行する精神」と、今夜は生放送!

2014-10-18 12:20

    author:岩SHOW


    先のプロツアー「タルキール覇王譚」は、ニコ生でも大変多くの視聴者を釘付けにした。世界のトップに輝くのはどのデッキなのか、どのカードが成り上がるのか。トップ8が決定した瞬間から始まる争奪戦、そしてそれを経た上での思いがけもしなかった値上がりなどなど…その影響力は凄まじい。
    そうやってトッププロ達が踏み固めたカードの価値・メタゲームを踏まえて、世界中のプレイヤーがマジック取扱い店舗にて開催される「Game Day(ゲームデイ)」というイベントで限定プロモやプレイマットなどの賞品をかけてしのぎを削るのだ…どうも、岩SHOWです。


    今回のプロツアーでは、タルキールのメインテーマである「楔3色」のデッキが大活躍。特に青白赤のジェスカイ、そして白黒緑のアブザンはその数と、決勝戦にまで残るという実績から無視できないカラーリングとなっている。所謂「強カラー」と言って良いだろう。《カマキリの乗り手》も《包囲サイ》も、3色を使うのに十分に値する強烈なクリーチャーだ。《マナの合流点》や各種占術土地、《森の女人像》などマナサポートに事欠かない今、デッキの色を3色にすることはメリットの部分がデメリットにほぼ勝っているのだ。

    3色でデッキを組むことが肯定されているこのスタンダード環境で、まずプレイヤーはどの3色=クランを用いるのか、選択を迫られることになる。


    14cb1599cb2791c3fa895eca7bb08ba10d6a8b4b


    アブザン:《包囲サイ》《真面目な訪問者、ソリン》《風番いのロック》《森の女人像》《クルフィックスの狩猟者》《思考囲い》《アブザンの魔除け》《太陽の勇者、エルズペス》…数え上げればキリがない、パワーカードのオンパレードミッドレンジという広い括りで定義されているが、カードの採用枚数などはプレイヤーによって大きく異なる。自分が使いやすい形を見つけよう。



    823a5c0f874a0eec8b49068bb62add0f604614d4


    ジェスカイ:《カマキリの乗り手》《ゴブリンの熟練扇動者》《道の探究者》が早いターンから打点の高いクロックを形成し、《ジェスカイの魔除け》などの優れた呪文でサポート。あるいは本体に火力を撃っては《時を超えた探索》などで補充するというバーン・モードという勝ち手段も持ち合わせる、「ジェスカイ・ウィンズ」はデッキリストも美しいものだ。また《ジェスカイの隆盛》を用いたコンボデッキも、プロツアーでは数多くみられモダンのみならずスタンダードでも強力であることを示した。



    47c69f945212ae890a498549777f9e394343ea70

    スゥルタイ:《血の暴君、シディシ》が世界中のデッキビルダー・墓地愛好家の心を鷲掴みにしている。《神々との融和》《サテュロスの道さがし》でモリモリとライブラリーを掘り進み、《奈落の総ざらい》や《エレボスの鞭》で決める。各種探査呪文も強力で、可能性を感じさせるクランではあるが…その構築にはかなりの手腕を問われることに。細やかな調整を行って初めて、デッキが機能するようになるだろう。


     
    8edf6d5fe2c6e62b7000cf64e0860620c85e5508

    マルドゥ:前評判が非常に高かったクラン、マルドゥ。特に存在感を放っていたクリーチャー《軍族の解体者》は、プロツアーの晴れ舞台では暴れまわることが出来なかった。しかし発売初週のSCGでの成績などを見るに、可能性は感じられるカラーではある。また、前評判が高かったということは多くのプレイヤーがカードを購入しているということであり、それらの減価償却もかねて、店舗大会ではまだまだ多くその姿を見ることになるだろう。コントロール寄りに組むのが良いのかも?



    69842ad9f63a2dfe69b7be66be16506ceaf0ba7e

    ティムール:先のプロツアーでは、あの「フィンケルトロン」「閣下」こと殿堂入りプレイヤージョン・フィンケル氏が《書かれざるものの視認》をメインカードとした緑信心系のデッキを用いていたことで話題となった。ポテンシャルの高いカードはそろっている、あとはアブザンや緑黒信心に勝るポイントがメタゲームの中で浮かび上がるか否か…


    どのクランを選ぶのか。戦いはそこから始まっている…いるのだが。僕が今回、「とことんスタンダード生放送」で使用する予定のデッキの1つは「第6のクラン」を選んでみようと思う。それは…



    「ジャンド」

    ・黒・からなる、正式にはクランではなく「断片」。このアグレッシブなカラーを使ったデッキに挑戦したい。実はフェッチランドが《血染めのぬかるみ》《樹木茂る山麓》と2種類もあって、色マナは安定しているから問題なく組めるのだ。果たして、コンセプト外にある3色はこの環境で戦っていけるのか?楽しみにしてほしい。主流に抗い、逆行する精神。これが実を結ぶかは…正直なところ本番にならないとわからないw


    というわけで再度告知!

    「BIG MAGIC LIVE:ゲームデイ&"BMO"直前!とことんスタンダード放送」

    日時:10/18(土) 19:30から放送予定

    番組内容:とことんスタンダードを回す!先のプロツアーで活躍したデッキや、可能性を感じるデッキなどなど、複数のデッキを用いた試合風景をお届け。プレイングしている岩SHOW&リュウジの雑談・リアルタイム解説つき

    出演者:岩SHOW・リュウジ

    生放送ページ
    http://live.nicovideo.jp/watch/lv196880693


    本日19:30より開始ということで、現在使用するデッキなどの準備真っ最中!楽しい放送に出来るよう精進しますので、皆様是非ご覧ください!プロツアー帰りのリュウジの「ゆるすぎる現地リポート」なんかも聞けるかも?こうご期待!

     

     というわけでまた今夜お会いしましょう、本日ゲームデー参加の方は優勝目指して暴れちゃってください!それでは、健やかなマジックライフを!

     

     

     

     

     

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。