• このエントリーをはてなブックマークに追加
【ボクタク】視聴者へ開沼博より予告【開沼博】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ボクタク】視聴者へ開沼博より予告【開沼博】

2013-02-20 13:00


    INDEX

    ■出演者・開沼博あいさつ

    ■第二回生放送予定



    ********************

    ■出演者・開沼博あいさつ


     不法就労外国人、過激派、偽装結婚プロモーター、ヤクザ、チーマー、売春婦……。彼らはときに「アウトロー」や「アンダーグラウンド」と評され、まるで遠い国のできごとのように語られてきた。しかし、彼らが身を置く世界とは、現代社会が抱える矛盾が具現化された「ムラ」に過ぎない。そして、「あってはならぬもの」として社会からきれいに“漂白”されてしまった「ムラ」の中にこそ、リアリティはある。

     モノと情報は過剰なまでに溢れ、街は清潔で安全に見える現代の日本。景気の悪化や精神的な不足感をどれだけ持ち出してきたとしても、その「豊かさ」を否定しきることはできない。しかし、いつの時代、どこにおいても、その社会から「貧困」が消えたことはないのと同様に、それが日本に残っていることも確かだ。ネットカフェ難民、生活保護、フリーター、ワーキングプア……。今も残る「貧しさ」とは、いかなるものなのか。

     池袋のマクドナルドで出会った2人の少女、リナとマイカ。チェーン居酒屋を舞台に男性を接待し、ときに援助交際へと発展する通称「移動キャバクラ」のオーナーママだ。聞きなれない生業に勤しみ、偶然の接点を頼りに共同生活を送る少女たちの姿から、ステレオタイプでは片付けられない、現代日本の貧困に潜む真実が見えてくる。現代の「豊かさ」と「貧しさ」の先に潜む現実の実態は。

    ********************

    ■第二回生放送予定

    ◎【2013年 2月 21日(木)22:00~】
    番組URL
    http://live.nicovideo.jp/gate/lv126798716


    ◎対談テーマ
    ※開沼博著 ダイヤモンドオンライン連載「闇の中の社会学」より第4回『マックで眠るホームレスギャルの「キャバクラ」開業の理由』
    http://goo.gl/d4QoO

    ※烏賀陽弘道著 JBPRESS連載『スリーマイルからフクシマへの伝言』(その1~その5)
    http://goo.gl/sNjK0


    ◎参考webサイト
    (参考)
    ※JBPRESS
    http://goo.gl/BTNqL

    ※ダイヤモンドオンライン連載「闇の中の社会学」
    http://goo.gl/emeBe
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。