• このエントリーをはてなブックマークに追加
会員無料3:29
拳功房 寸勁組手
  • 再生
    3
  • コメント
    0(会員のみコメント可能)
  • マイリスト
    0

登録タグ

 単推手のように、右手を互いに触れ合わせ、右拳のみで突き合います。 当然、相手もよけたり崩したりしてきますが、それをかいくぐり、どう自分の突きを当てるか? この組手を行うと、なぜ武壇八極拳で寸勁や捨身法、右手の纏手が多用されるか、よくわかります。 一度突きを打たれて、その手を引かず再び突きを打たれると、受けることが難しい。 また、それでも相手が反撃してきたら、逆に捨身法でカウンターをとるか、右手で巻いて受けるかをしなければなりません。 これらが武壇八極拳の戦法です。 また、攻撃には八極拳が有効ですが、八極拳の攻めに対しては、太極拳の引き崩しが有効です。 型では前招や後招です。 右手に小さなナイフを持って突いたり斬ったりする戦いをイメージすると、こうした攻防にリアリティが生じてきます。(山田)

この動画のデバイス別視聴環境
PC Windows・Mac
スマートフォン iPhone・iPad・iPod
Android・その他スマホ

ニコニコ動画の推奨環境