• このエントリーをはてなブックマークに追加
創価学会プレゼンツのJAZZコンピCDのクオリティにJAZZファン困惑!!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

創価学会プレゼンツのJAZZコンピCDのクオリティにJAZZファン困惑!!

2013-02-16 09:27
    芸能界の深部にまでその根を張り巡らせる創価学会だが、ブラジルを中心とした世界の著名人も多く信者として抱えている。
    そんな海外信者の中でも最も影響を持つ人物と言えばグラミー賞に14度も輝いているJAZZ界の巨匠ハービー・ハンコックだ。

    2006年来日の際に語られたJAZZコンピレーション・アルバムが販売開始となりJAZZファンが揺れている。

    「悔しいですが凄いラインナップなんですよ。そりゃグラミー14回のハービー・ハンコックと9回のウェイン・ショーターが2トップですからね。ロベルト・バッジョの信心なんて目じゃありませんよ(笑)よくある寄せ集め音源のJAZZコンピじゃなく、未公開のライブ版音源なんかを入れてて圧倒的なんですよ。大作先生がJAZZの醍醐味は即興なんて言ったのが功を奏してるという噂です。2枚組で2200円という価格も魅力ですね(笑)これは創価学会の音楽事務所・財団法人民主音楽協会(通称M
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。