• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

club Zy.ロングインタビュー seek(MIMIZUQ / Psycho le Cemu)ロングインタビュー 第2回(全4回) seek「こういうエピソードを話せるのも、先輩の皆さんが活動を続けていくれてはるからだと思います。」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

club Zy.ロングインタビュー seek(MIMIZUQ / Psycho le Cemu)ロングインタビュー 第2回(全4回) seek「こういうエピソードを話せるのも、先輩の皆さんが活動を続けていくれてはるからだと思います。」

2019-12-10 18:00
    0c4ba5909198cbdb774d85829dc49b9f612a3ed8476640b669e4249c688b683eeafb76f6d68d9f2b


    昨年8月に新バンド、MIMIZUQを結成、そして今年はPsycho le Cemuの20周年ということで、多くのライブ活動をこなしてきたseek。そんな彼がこの秋から“seekのFish Dance Hour”という企画を立ち上げ、何やら面白いことを目論んでいる模様。
    さっそく、その企画の立ち上げから、今の活動、そして昨今の音楽シーンに思うことなどを、じっくり語ってもらった(インタビューは4回に渡って掲載予定)。

    Interview:海江敦士



    seek : こういうエピソードを話せるのも、先輩の皆さんが活動を続けていくれてはるからだと思います。



    ――ここでseekさん自身、どういうアーティストに影響を受けて、どんな風にヴィジュアル系に関わっていったのかを紐解きたいと思います。
    seek
    :実は本日、いろいろ資料を持ってきてまして(姫路Betaや貴重なチラシなどの画像)。

    ――うわ~! これ

    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。